*

【秋華賞2017の予想ヒント】想定1番人気ファンディーナ考察

公開日: : GIレース考察・予想

秋華賞2017(京都芝2000m)の考察です。

10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はファンディーナ、アエロリット、ディアドラ、ラビットラン、リスグラシューなど。京都競馬場の芝2000mで行われるGI戦です。

 

PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

 

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。

そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、

「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】

【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7〜12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?

2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。

↓↓
コチラ

 

秋華賞 2017 考察

想定1番人気ファンディーナ考察

今日は秋華賞で1番人気が想定されるファンディーナの考察です。まずは基本的な馬データから。

馬名 ファンディーナ
ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
ドリームオブジェニー(母父ヌレイエフ系)
姓齢 牝馬 3歳
厩舎 高野友和
馬主 ターフスポート
生産 谷川牧場
騎手 岩田康誠

 

デビュー戦を衝撃的な圧勝で飾り、その後もつばき賞、フラワーカップを圧勝して3歳世代では牡馬牝馬問わず最強と評されましたが、皐月賞では1番人気を裏切る7着。秋の復帰初戦のローズステークスでも7着に負けました。

一応、オッズがどうなるか蓋を開けてみなければわからないので想定1番人気としましたが、まず3番人気以内には入りそうなこの馬。今回はこの馬を徹底分析します。

 

まずは衝撃を与えた新馬戦から見てみましょう。

12.7 – 11.7 – 12.4 – 13.1 – 13.5 – 12.3 – 11.9 – 11.0 – 11.4

逃げてこのレースラップを馬なりで突き放しての圧勝。まず今年の3歳世代では牡馬牝馬問わず最もインパクトのあった新馬戦であったことは確実。私もこの馬の新馬戦を見て「全ての勢力図が塗り替えられたなぁ」と思いました。

 

その新馬戦での強さが確信に変わったのがこのつばき賞。

13.1 – 12.1 – 12.9 – 13.1 – 12.9 – 12.6 – 12.2 – 10.7 – 11.0

今回はこのレースラップをファンディーナは逃げたわけではなく、超スローで楽逃げを打っていたタガノアスワドを差し切っての勝利。

どう考えても普通ならタガノアスワドが勝利するレースを余裕で差し切ったのを見ても相当な素材と見えますし、少なくともこういう瞬発力が問われるレースならば相当強い馬と見て良さそう。

 

そんなファンディーナが次に選んだのがフラワーカップ。

12.6 – 11.9 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 12.3 – 12.4 – 11.2 – 11.7

このレースも大して先行馬がおらず、2番手追走から早め先頭で大楽勝。3戦全勝の大楽勝ぶりで、どう考えてもこの世代のトップクラスであることは確定。

ただ、ここ3戦を見てもこのファンディーナが強さを示したのは、

スローペースの瞬発力勝負のみ

スタートセンスは抜群なので前々で競馬ができる強みはありますが、それでもスローの流れを前につけて急加速で振り切る内容ばかり。確かに強い馬ではありますが、これ以外の質のレースになった時にどうなのかなぁという疑念はありました。

 

そのファンディーナが初めて脆さを見せたのが次の皐月賞。

12.1 – 10.8 – 12.2 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.7

初めて経験する多頭数で揉まれこむレース、初めて経験するハイペースでの持続力勝負に対応できずに7着。もちろん牡馬相手に7着なら健闘じゃないかという声もありますが、今年の牡馬クラシックがレベルが低いのは事実で牡馬相手どうこうはあんまり関係ないかも。

このレースで見えたようにこの馬は跳びが大きいので揉まれる競馬が苦手なタイプ。その上で瞬発力をセールスポイントとするのでスローペースからの加速力勝負が大得意というタイプだろう。

そして最後にローズステークス。

戦前から高野調教師が「今回は叩き仕上げ」と明言していましたが、それにしても負けすぎな内容。馬体重+22kgが示す通りに太め残りだったとは思いますが、この馬が怪物級の馬なのであればもう少し格好はつけて欲しかったところ。

ハイペースで休み明けで厳しかったという言い訳がよく聞かれますが、スローぬるま湯からの加速力勝負で3戦3勝。ハイペースの持久力勝負で2戦とも7着というのは偶然なのでしょうか?本当に仕上がりの問題だけなんでしょうか?

 

今になって振り返ってみればファンディーナがデビューから3戦で倒した相手はブルークランズ、タガノアスワド、シーズララバイなどなど。

一番出世している馬で500万勝ちのタガノアスワドぐらいでしょうし、シーズララバイは紫苑Sを惨敗したようにフラワーカップはメンバーレベルが非常に疑問。3着馬がドロウアカード、4着馬がエバープリンセスというのを見ても500万レベルが相場ぐらいのレースだった感じはします。

 

一方でそれなりのメンバーが揃った皐月賞とローズステークスでは7着。道中の追走で脚を使うとデビューから3戦のような唸る手応えは見られませんし、どうもこの馬は瞬発力特化型な馬という印象。

もともと大跳びで加速力勝負が得意な馬と見ていたのでワンターンの芝1800m向きと判断し、その条件に当てはまるローズステークスでは評価してコーナー4回の2000mの秋華賞では評価を下げようと思っていた馬。そのローズステークスで見せ場がそこまでない競馬をした以上、皐月賞と同じく激流ハイラップの消耗戦になる秋華賞でこの馬を評価する理由はない

馬群の中での競馬は皐月賞でしか経験がないという馬ですし、開幕2週目の京都芝コースで行われる秋華賞ではその経験不足は致命的。過去の秋華賞の歴史を紐解いても激流ラップを外目追走でそのまま押し切った馬なんてなかなか見たことありません。しかもそんな強い馬なら仕上がり途上の前哨戦でも結果を出すでしょう。

秋華賞は内枠が断然有利なレース。そんなレースでこの馬は内枠では揉まれるのでマイナス、外枠でもレース性質を考えるとマイナス、という感じ。

 

過去5年の秋華賞の3着内好走馬を見ても15頭中14頭が前走5着以内。前哨戦とはいえ、秋華賞まで間隔が1ヶ月しかないローズステークスで全く仕上がっていない馬が秋華賞で急上昇するはずはなく、ただでさえ色々と難しい3歳牝馬なので好調馬が評価できるのは当然で負けた馬が巻き返すのは秋華賞では厳しい。

ちなみに1頭だけ過去5年で5着以下から巻き返したリラコサージュという馬は重馬場のローズステークスで馬場適性で負けたような馬だった。しかもあの馬は賞金持っていた上に休み明けでは仕上げない藤原厩舎でしたからね〜。高野厩舎にそこまでのノウハウがあるでしょうか。

 

もう危険な匂いしかしないという印象のファンディーナ。

最後に良いことも書いておくと、この馬にとって最大にしてほぼ唯一の拠り所は父がディープインパクトだということでしょう。

もう過去5年でディープインパクト産駒が4勝しているように秋華賞はディープインパクト産駒の独壇場。今年の出走馬の中では数少ないディープインパクト産駒ですし、終わってみれば結局ディープだったね、となる可能性も否定はできない。

ただ、そのディープインパクト産駒という事実はオッズにも反映するでしょうし、それを考えると今年はこの馬を嫌う方向で予想を考えていきたい。

 

考察まとめ

というわけで今日はファンディーナの診断を終わりました。

ほぼほぼ全ていちゃもんをつけましたが、個人的に結構好きな馬ではあるので走られたら走られたで讃えようと思います。まぁ馬券的には拳種次第で切りでもいいかなぐらい。紐に入れるかどうかぐらいでしょうかね。

 

 

最後に現時点で面白いと思う秋華賞の穴馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

前走は成長を認めて印は回していましたが、まさかワンターンの地力勝負であそこまで上位と互角の競馬ができるとは思ってもいませんでした。

2走前の+22kgは成長分だと見て良さそうで春とは別馬になっている印象。前走は力負けというよりは適性差とキレ負けの部分が大きそうで、今回は得意な立ち回りが活かせる内回りコースで週末は雨予報。重馬場では過去2戦2勝をあげており、血統的にも秋華賞で相性の良い系統。

秋華賞は過去の実績よりも近走の勢い。春の実績だけでファンディーナが人気するのであれば、ローズステークスで先着できているこの馬の方が人気的にも妙味大でしょう。とにかく内枠が好走への必須条件ですが1〜2枠あたりを引いて雨でも降れば本命でもいいかなと思っています。

 

【PR】一撃回収で帯封を連発するサイト

※1番人気を軸で馬券を購入してませんか?

それでは競馬は勝てません。激穴情報をお届けします。

 

 

今回紹介するサイトは他のどこのサイトよりも

「帯封馬券」を的中するのに特化した予想を公開しているサイトです。

 

帯封馬券とは?

 

これは100万超えの配当の馬券になります。

つまりたった1レースで100万超えの配当を的中してやろう!

 

というコンセプトで予想を提供しているんです。

「そんなこと出来るの?」思いますよね。笑

 

まずは先週の的中実績をご覧下さい。

 

【先週の的中実績】

10/08(日)東京06R:3歳上500万下

三連単:4ー12ー9(各1000円投資)

回収金額:1,295,900円

 

10/08(日)京都8R:3歳上500万

三連単:10ー15ー7(各100円投資)

回収金額:788,230円

 

10/09(日)東京7R:3歳上500万

三連単:13ー14ー15(各1000円)

回収金額:588,900円

 

上記のような帯封超えの馬券を連発しているんです!

ではなぜこれだけの実績を残すことが出来るのでしょうか?

それは5人のプロの予想家がそれぞれ独自の予想法を出し、

更に意見を出し合って最終結論を出しているからなんです。

予想家の中には元調教師などの競馬関係者もいます。

 

もちろん裏情報も仕入れています。

これだけの実績が出せるのが納得といったことろでしょうか?

そして!ここからが皆様にお伝えしたいことなのですが、

 

このサイト、なんと無料情報でも帯超えを達成しているんです。

無料情報は基本的に重賞の予想が主なのですが

 

先週の重賞レースでも帯超えを達成したみたいです。

 

そして今週の 秋華賞 の予想も、

なんと無料で公開するみたいなんです!

このチャンス、絶対に逃してはいけませんよ!

 

⇒ 無料登録はこちら

関連記事

5月4週のレース回顧〜令和元年のダービー馬はロジャーバローズ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2018の予想ヒント】有力馬分析(モズアスコットやアエロリットなど)

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の考察です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

朝日杯FSの予想を公開!

【朝日杯FS 有力馬の血統分析を無料公開中!!11月は774倍と1900倍を的中!!】 今週は

記事を読む

フェブラリーS [5] 枠順発表!今年初のGIの結末や如何に

一昨日でしょうか。久しぶりに重度の二日酔いにかかりまして、文字通り昼間中ずっと死んでおりました。芋焼

記事を読む

NHKマイルカップ2019の予想を公開!

NHKマイルカップ2019(東京芝1600m)の予想です。 5月5日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

菊花賞2017の予想を公開!

菊花賞2017(京都芝3000m)の予想です。 10月22日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2017の予想ヒント】全頭診断その1

マイルチャンピオンシップ2017(京都芝1600m)の全頭診断です。 11月19日に京都競馬場

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】想定2番人気セイウンコウセイ考察

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

日曜夜時点でのスプリンターズステークス雑感

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

日本ダービー2018の予想を公開!

日本ダービー2018(東京芝2400m)の考察です。 5月27日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

東海ステークス2020の予想を公開!

東海ステークス2020(京都ダート1800m)の予想です。 1月

AJCC2020の予想を公開!

AJCC2020(中山芝2200m)の予想です。 1月26日に中

石清水ステークス2020の予想を公開!

石清水ステークス2020(京都芝1400m)の予想です。 1月2

【AJCC2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

AJCC2020(中山芝2200m)の考察です。 1月26日に中

【東海ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

東海ステークス2020(京都ダート1800m)の考察です。 1月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑