*

10月1週のレース回顧〜筋骨隆々のムキムキなサラブレッドはいいですよね〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2021年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

ようやく緊急事態宣言が終了。飲み屋は大好きなのですが、なかなか家にずっといるとお酒は飲まないもので、今回の緊急事態宣言で5キロほど痩せてしまいました。これが解除となって再び飲み屋に繰り出すとなると一気に体重が戻りそうで怖いところ・・・

本当に神奈川県から全く出ない生活を続けていたので、ちょっと今週末から盛岡の方に行ってこようかと思います。南部杯観戦は昨年も行ってきましたが、◎アルクトスが勝って大本線で決まったおかげで旅費がサクッと全て浮いて良い旅になりました。

 

というわけで、先週の競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は重賞から特にあげる馬がいなかったので平場からこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

もともと新馬戦や2戦目の内容から強い馬だと見ていましたが、今回のパフォーマンスはまさに圧巻でしたね。翌日のオープン競走と同タイムでの圧勝でしたし、この馬はいずれ重賞を勝つ馬だと思います。

 

<スプリンターズステークス レース結果>
1着:☆ピクシーナイト 3番人気
2着:▲レシステンシア
 2番人気
3着:無印シヴァージ 10番人気
8着:◎クリノガウディー 6番人気

モズスーパーフレアが軽快に飛ばしているように見えましたが、実際のテン3ハロンは33.3で大して速いペースではなく。今の馬場を考えても前にいなければ話にならないレースで、上手く立ち回った馬が上位独占となりました。

ピクシーナイトは強い馬だとは思っていましたが、ここまでスムーズな競馬ができるようになるとはもはや驚きですね。もう見た目からして筋骨隆々でムキムキの素晴らしいサラブレッドで、モーリスとキングヘイローの底力をこれでもかと凝縮したような馬に見えます。これは福永騎手がいう通りで凄い馬になるんじゃないでしょうか?ロードカナロアに比肩する馬になることを期待してしまいます。

父はシャティンで勝利していますし、今の香港スプリント路線は比較的手薄。普通に香港スプリントは勝てそうな気がしますが果たして。

 

レシステンシアはスプリント仕様のテンスピードの速さがついてきたので崩れなくはなってきているのですが、どうもこの距離で構える競馬ではキレ負けしてしまいますね。やっぱり1400mで行き切る競馬がベストなんでしょう。そういう条件でのビッグレースがないのが致命的。

 

シヴァージは血統的に上級スプリント戦でも対応できる可能性があり、これまで見せてきた素質も一級品。位置さえ取れればそこそこやれそうだが、まぁ位置は取れないだろうと見てプレ予想では印を打ったものの最終的に無印としました。それがあの位置からスムーズな競馬でレシステンシアと接戦。最初からこの競馬をやっていれば・・・というのがGI本番で判明したという難しい激走でしたね。それにしても吉田隼人騎手の充実度は素晴らしいものがあります。

 

本命にしたクリノガウディーはスタートで若干出負けしたのが痛かった。そこからリカバーして位置を取りに行こうとして掛かり気味になってしまいチグハグな競馬になって脚を余していました。素質は十分にGIで通用すると思うので、岩田康成騎手が継続騎乗ならまだチャンスはあると思います。

 

<凱旋門賞 レース結果>
1着:無印トルカータータッソ 13番人気
2着:◯タルナワ
 2番人気
3着:◎ハリケーンレーン 1番人気

ここは上位人気の馬たちはそれなりに強いと評価するも、その中でアダイヤーとスノーフォールは若干危険。ハリケーンレーンとタルナワ上位とした予想はほぼ間違っていなかったと思います。いやー、トルカータータッソは若干考えたんですけど、なかなかここまで激変するとは思いもせず。

昨年のダービーで凱旋門賞2着のインスウープと接戦。2走前にはドバイシーマクラシック4着のウォルトンストリートに先着していましたから能力的にはギリギリ足りる可能性もありとプレ予想では△印も若干考えましたが、枠順を見て流石に外を回して突っ込んで来るのは無理だろうと判断。それが外外を回して突き抜けましたからね・・・アドラーフルグの血は偉大というのもありますが、もっとちゃんとドイツ競馬も見なくてはと反省する結果になりました。

 

本命にしたハリケーンレーンは本当にいい馬。ピクシーナイト同様に筋骨隆々でムキムキな馬体なのですが、そういう馬にありがちなズブさがなく、センス抜群で追ってビュンと反応するので不発が少ない。決め手勝負には弱いとのことですが、この馬はこれからの欧州長距離路線を引っ張るような存在でしょう。香港ヴァーズあたりに出てきたら圧勝しそうです。

 

タルナワは昨年のオペラ賞勝ちの実績から道悪OKと見られていたようですが、これまでの走りや実際の走法を見てもどう考えても良馬場向き。シャマーダル産駒でフットワークからも日本競馬への相性も良さそうで、もしエリザベス女王杯に来てくれたらスノーフェアリー並の衝撃を見せてくれそうなタイプの馬だと思います。BCターフでの圧巻の末脚を見ても、暮れの香港カップあたりに出てきたとしても凄いパフォーマンスを見せてくれるんじゃないでしょうか。

 

アダイヤーはキングジョージが少頭数の割に速いペースからの持続力勝負になったので、この血統背景(父フランケル×母父ドバウィ)からも日本で走っていたら芝1400mの激流レースとか小回り芝1800mでスピードを押し出す競馬で活躍しそうなタイプという見解。実際のレースぶりを見ても途中からクロノジェネシスの進出に反応して引っかかりましたし、ちょっと2400mの多頭数レースを走るにしては前向きすぎる感じがします。

それでもあの無理矢理な競馬で4着に粘るんですから相当に強いですね。ハリケーンレーンとは今後の主戦場が変わってきそうですが、このゴドルフィンの3歳2頭は世界の競馬を引っ張っていく存在だと思います。

 

<シリウスステークス レース結果>
1着:◯サンライズホープ 4番人気
2着:△ウェスタールンド
 5番人気
3着:▲ブルベアイリーデ 2番人気
5着:◎サクラアリュール 7番人気

ここは一番最初の予想時点でサンライズホープ本命、その後にブルベアイリーデ本命に変えるも、どちらも不安要素はある割にかなり人気になるということで、買えそうな穴馬を探し出してその2頭にぶつけるという予想にしましたが、穴馬の◎サクラアリュールが足りずに当初の本命2頭が好走。予想自体はそこまで間違っていなかったと思います。これで三連複5,000円ならベタベタなサンライズホープ本命予想とかでもよかったかもしれませんね。

このレースは特にレベルが高くもなかったのであまり書くことはないのですが、ちょっとゴッドセレクションの1番人気はやりすぎだったでしょう。今年の兵庫チャンピオンシップもジャパンダートダービーも近年稀に見る凡戦でしたから、そりゃ古馬の一線級とガチンコでやればこういう結果になっても驚けない感じ。これで中井騎手のせいにしている人は競馬の予想のやり方や競馬に対する姿勢を根本から考え直したほうがいいとは思います。

 

そんなわけでGI2つを含む重賞3つはハズレ。スプリンターズステークスは大して惜しくもなかったですが、凱旋門賞とシリウスステークスは予想の道筋はほとんどあっていたと思うので、あとはハマるかどうかという感じでしょう。そのあたりは運も関わってくるのでその時を待ちたいと思います。

重賞はダメだったのですが、先週は土曜競馬がどうしたもんだというぐらいに無双状態にほぼ全レースが的中(汗)しかもほぼ全てのレースが印通りの本線的中になりましたし、ここまで当たると競馬って楽しいもんですね。その土曜のおかげで先週は大幅プラスで終了。ここで土曜の的中レースを簡単に紹介させていただきます。

 

[10/2(土)] 中山3R サラ2歳未勝利 ダート1800m

◎9   サトミノマロン
◯14 セイカフォルゴーレ
▲11 グルートン
☆10 クルル
△3   ワカミヤプレスト
△13 テイエムアジアダン
△5   エコロドラゴン
△1   キガサ
△4   ウィンターアゲイン

[馬場]A=高速 [バイアス]イン先行 [展開]ハイ [レース質]順当 [勝負度]F

【レース見解】

前走好走馬がズラリと揃ってなかなかメンバーは揃った感じ。台風の影響残る馬場+前走で前に行った馬が多いことを考えてもペースは速くなりそうで、いくら高速馬場と言っても2歳戦の中山ダート1800mなら如実にスタミナが問われるレースになるはず。ここは単純に能力上位の馬から評価していきたい。

【本命 ◎9 サトミノマロン】

初戦はスタートこそ抜群だったが、内枠で砂を被ってしまいズルズルと下がってしまったのが致命的。勝負所から大外をぶん回して最後は3着まで突っ込んできたが、ゆったりとした流れで勝ち馬が加速ラップでまとめたことを考えてもよくここまで差し込んできただろう。

その前走内容を見てもスタートは速いですし、今回は外目の枠を引けたことで揉まれて下がる可能性は減った感じ。調教にも乗っている横山武史騎手の継続騎乗になりますし、前走の経験と反省からも今回は位置を取って早めに外に出して揉まれない競馬をしてくるはず。今回はスムーズな競馬で前走見せた脚を使うことができれば、未勝利では脚力上位なんじゃないかと思います。

【対抗 ◯14 セイカフォルゴーレ】

キングズベストとサウスヴィグラスの持続力を併せ持った馬で、母セイカフォルトゥナ同様に使いつつ良くなりそうな感じ。その見立て通りに2戦目の前走で一気にパフォーマンスを上げましたし、前半1000m=61.9という2歳未勝利では超ハイペースの展開で早め先頭から2着なら明らかに未勝利では上位なはず。前残り馬場になりそうですし、今回も先行力を押し出すような競馬ができれば順当に上位争いになるか。

【単穴 ▲11 グルートン】

もうダート短距離でも順番は近かった馬で、じりっぽさを見せていたアイルハヴアナザー産駒なので距離延長が合う可能性はありそう。血統的に使っていって良くなると思いますし、鞍上がまともな騎乗をすれば上位争いになっても。

【特注 ☆10 クルル】

初戦は芝1400mでデビューとなったが、最後まで力強く伸びてはいたが芝ではキレ負けだった感じ。馬格もあってパワーあふれる伸びを見せるのでダートは合いそうですし、ミュゼスルタン産駒は血統的にはダート適性あっていいはず。ここで変わっても。

【△3 ワカミヤプレスト】

ハービンジャー産駒ながら前走は初ダートで一変。普通ならこの馬の位置が勝ち時計だったはずで、2着馬が次走で中京の2歳レコード時計で勝ち上がったのを見ても上位2頭が強すぎた。ここに入っても指数は見劣りしないのでやれてもいいんじゃないだろうか。

【△13 テイエムアジアダン】

初戦はゆったりとした流れで勝ち馬の直後のインから完璧に立ち回っての2着。今回は一気にペースが上がりそうですし、アジアエクスプレス産駒なのでスタミナ問われると距離不安を見せる可能性あり。

【△5 エコロドラゴン】

初ダートだった前走は勝ち馬が強かった感じで、普通ならこの馬のところが勝ち時計ぐらいなはず。ただ水の浮くダートで序盤の位置がそのまま着順になった感じがしますし、今回は前走よりも地力が問われる馬場でどこまでやれるか。

【△1 キガサ】

初戦は水の浮くダートだが最後はグイグイ伸びて3着。戸崎の継続騎乗は心強いですし、アイルハヴアナザー産駒なので使っての上積みもありそうだが、初戦の完全タイム差は+3.4。果たしてどこまで指数を跳ね上げられるか。

【△4 ウィンターアゲイン】

クリエイターII産駒らしく前走は初ダートで一変。大きく離された3着だったが、この血統は使い込んでいくうちに相手なりにパフォーマンスを上げそう。

【推奨買い目】

三連複 9,14→11,10,3,13,5,1,4 (11,10,3,13,5相手は重ね買い) 本線

ワイド 9→11,10,3 抑え

【買い目及び予想のポイント】

ここは揉まれない競馬なら一気にパフォーマンスを上げそうな◎サトミノマロンが本命。相手も未勝利では抜けていそうな◯セイカフォルゴーレが信頼できると見て2頭軸。と言ってもこの2頭が普通に人気なので大して妙味なし。上手く3頭目が荒れてくれるといいのだが・・・

<中山3R レース結果>
1着:△ワカミヤプレスト 8番人気
2着:◎サトミノマロン 2番人気
3着:◯セイカフォルゴーレ 1番人気

 

[10/2] 中京6R サラ3歳上1勝クラス ダート1800m

◎10 ヴォワドアンジェ <次走注目馬>
◯8   アルーブルト
▲2   モズマゾク
☆9   サトノスカイターフ

[馬場]B=やや高速 [バイアス]フラット [展開]ハイ [レース質]中荒れ [勝負度]F

【レース見解】

前走逃げた馬が多く、それに加えて積極策を取りそうな若手騎手も多い。いかにも前傾ラップのハイペース戦になりそうな感じで、とにかく前に主張するような馬、騎手よりもワンテンポ置いて仕掛けられるような馬が合うか。

【本命 ◎10 ヴォワドアンジェ】

父カーリン×母父エーピーインディの血統イメージそのままという感じの馬で、キレはないが揉まれずにスピードを活かせばバテずに伸びてくるタイプ。未勝利勝ちは2着以下を突き離して強い内容でしたし、わらび賞はハイペースを早めに仕掛けて5着なら普通のレベルの1勝クラスでは上位なはず。ここ2戦は内枠でもろに揉まれこんで何もできなくてノーカウントでOK。今回は揉まれない外目の枠は間違いなく良いと思いますが、やたらに先行タイプが多いメンバー構成なので50kgの新人角田騎手がどういう騎乗をするかはポイントになります。

【対抗 ◯8 アルーブルト】

ここに入れば能力は断然上位。ただマイルでもじっくり溜めなきゃダメだった馬で若干距離が不安。今回のメンバーなら自然と差しに構える展開になりそうだが、鞍上が幸騎手となると変なところで動く騎乗にならないかは心配。

【単穴 ▲2 モズマゾク】

グランプリボス産駒で距離には限界がありそう。近走は適性より長い距離を使われることが多く、1800mなら未勝利勝ちの内容からもこなせていいだろう。今回は展開が向きそうなのですが、このキツい使い詰めローテは果たしてどうなのか。出来落ちは怖い。

【特注 ☆9 サトノスカイターフ】

ディープ産駒にしてはパワーもある馬でここ2戦はどちらも展開が向かず。母父マインシャフトでアメリカ要素が強い配合なのでダートをこなしても良さそうですし、配当妙味からもアウサンガテよりはこちらを買いたい。

【印まとめ】

【推奨買い目】

ワイド 10→8,2,9

三連複 10→8,2,9

<中京6R レース結果>
1着:◎ヴォワドアンジェ 8番人気
2着:◯アルーブルト 1番人気
3着:▲モズマゾク 3番人気
4着:☆サトノスカイターフ 7番人気

[10/2(土)] 中京7R サラ3歳上1勝クラス 芝1600m

◎5   サマートゥリスト
◯3   ジャスティンカフェ
▲2   ミツルハピネス
☆15 シュライエン
△9,13,16

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [レース質]中荒れ [勝負度]E

【レース見解】

1勝クラスにしてはかなり豪華なメンバーが集まった一戦。普通の1勝クラスを好走できるぐらいでは厳しそうで、上のクラスでも好走できるような馬が馬券圏内の条件。中京芝は馬場が荒れてきても外からの差しがそこまで決まらないのが最近のトレンドですし、インからスムーズにタフ馬場を苦にせずに伸びてきそうな馬を評価したい。

【本命 ◎5 サマートゥリスト】

デビューは遅れたが初戦は既走馬相手にスローペースを大外ぶん回しでいきなり2着。2戦目ではスタートを決めて中京マイルで圧巻のパフォーマンスを見せましたし、この馬はタフ馬場の1400m~マイルなら相当に強そう。昇級初戦の前走は当然1番人気に推されたが、大逃げ馬が出る特殊な展開になって前に壁を作れなかったのが響いた感じ。今回は内枠で前に壁を作って運ぶことが出来そうですし、中京マイルは未勝利を圧勝した舞台。最終週のタフ馬場も合いそうなので今回は巻き返せると思います。

【対抗 ◯3 ジャスティンカフェ】

新馬戦では中京のタフ馬場のマイル戦を完勝。アルメリア賞では血統的に合いそうもない超スロー瞬発戦で上がり32.5という鬼脚を使って2着。この2戦を見ても普通に強い馬だろう。アーリントンCはさすがに馬場が悪くなりすぎて直線でミスステップしてしまって全く走れず。前走はスローペースで展開に恵まれた2頭に粘られただけに見えますし、ここは普通に能力上位だろう。最終週のタフ馬場も合うと思います。

【単穴 ▲2 ミツルハピネス】

この馬は新潟での未勝利勝ちが圧巻のパフォーマンス。間隔を開けずに臨んだスイートピーSでは完全に掛かってしまって何もできず、折り合い面に不安があることを露呈。前走は休み明けで大幅馬体増で動ききれなかったのもあるが、鞍上が折り合いでビビッて構えすぎて脚を余したのが敗因。今回は叩き2戦目で一気に上昇しそうですし、気性面からマイルも合いそう。最終週の荒れ馬場も問題ないので、この枠からロスなく運べば上位争いになるだろう。

【特注 ☆15 シュライエン】

母父モンズーンの影響が出ておりキレはないが持続力を活かしてこその馬。前走は休み明けながら骨っぽいメンバーが揃ったレースでいきなり2着に走りましたし、こういうタイプは使ったほうが良くなりそう。引き続き有力に見えます。

【△13 ヴェールクレール】

前進気勢の強いリオンディーズ産駒だが、当たりの柔らかい騎手が乗り続けていることで折り合いは良くなってきている印象。これまでのレースを見ても1勝クラスでは上位だと思いますが、休み明けで後方から外を回す競馬になりそうな点で脚を余してくれないだろうか・・・

【△9 ウインドラブリーナ】

もともとは今回と同じ中京マイルで未勝利を勝っている馬。近走は芝1200mを使われているが、血統的に父ジャングルポケット×母父ディープで極端なスピード血統でもないですし、ここ2戦で完全に脚を余しているレースぶりからも延長は良さそう。岩田康誠騎手なら上手く制御しながら運ぶと思いますし、ハイレベル戦だが大穴はこれじゃないだろうか。

【△16 タウゼントシェーン】

もともとの素質は相当に高いと思うが、能力的なもの以外で走れていない感じ。前走は久々に好走したが、ひょっとすると北海道の滞在競馬が合っていた可能性。今回は栗東からの遠征でまともに走るんだろうか。

【印まとめ】

【推奨買い目】

三連複 5→3,2,15→3,2,15,9,13,16 本線ベース

三連複 5,3→2,15,9,13 重ね買い

三連複 5,3→2,15 重ね買い

【買い目及び予想のポイント】

ここは◎サマートゥリストが絶好条件で巻き返せると思うが、まぁ今のファンはこういう馬を見逃すわけはなく。ハイレベル戦で相手が絞れたので買いますが、配当的にはあんまり妙味があるようには見えません。

<中京7R レース結果>
1着:◯ジャスティンカフェ 1番人気
2着:◎サマートゥリスト 2番人気
3着:▲ミツルハピネス 5番人気

 

[10/2(土)] 中山9R 芙蓉S サラ2歳OP 芝2000m

◎2   グランドライン
◯3   ミッキーブンブン
▲10 ドグマ
☆8   ラーグルフ
△1,4,9

[馬場]B=やや高速 [バイアス]フラット [展開]スロー [レース質]中荒れ [勝負度]E

【レース見解】

千葉県は金曜日に台風の影響で大雨が降ったが、金曜夕方からは雨が止んで土曜日は晴れ予報。今開催の野芝100%の馬場なら道悪馬場にはならないはずで、芙蓉Sが行われる頃には普通に乾いた馬場になっていそう。

この時期の2歳馬にとっては中山芝2000mは距離も長いし急坂もあるしでかなり過酷な条件。普通にスタミナがあって能力上位の馬が有利になるはずで、ここはあんまり能力がバレていない伏兵の一発を狙ってみたい。

【本命 ◎2 グランドライン】

一目見ただけでわかる大跳び走法の馬で、初戦は東京マイルのスローペース戦で完全に脚を余して5着。そのアライバルの新馬戦は上位馬がその後に軒並み活躍するハイレベル戦でしたし、そんなレースでこれだけ走れていれば上出来と言っていい。2戦目の未勝利戦は超低レベルなメンバー相手にスローで逃げ勝ったが、次走内容を見る限りほとんど能力を発揮していなかったと見ていいはず。

今回とにかく評価できるのは新潟2歳Sで8着のレース内容。おそらく今年の新潟2歳Sは超ハイレベル戦だったはずで、実際の例年の勝ち時計は5着のスタニングローズぐらいのところ。この馬は最後まで外から伸びて8着好走でしたし、例年ならば4着相当でここでも上位人気の一角になって良さそう。今年の新潟2歳Sがハイレベルだったおかげでその強さが目立っていない感じがします。

その新潟2歳Sは跳びが大きいこの馬にとってはマイルのスロー瞬発戦はあまり合っていない感じがしましたし、もっと距離を伸ばしてスタミナが活きるレースの方が良さそう。今回は一気の相手弱化で距離延長というのは良さそうですし、右回りも一度経験しているというのは良いはず。新潟2歳Sでも最後までしっかり伸びていたのを見ても、このメンバーなら十分に通用していいんじゃないだろうか。

【対抗 ◯3 ミッキーブンブン】

初戦は後方からになったが、強烈な末脚を見せて圧巻のパフォーマンス。レース回顧でも札幌2歳Sに行っても有力と書きましたし、そんな馬がオープンに出てくれば普通に上位か。現状は極端な脚質ですしそこに横山典弘騎手となると後方ポツンのリスクはあると思います。

【単穴 ▲10 ドグマ】

初戦は超スローペースを後方待機で4コーナーから外を回って圧巻の差し切り勝ち。父キタサンブラックとは違うピッチ走法の強烈な差し脚が持ち味で、初戦後のコラムで柴山騎手が「重賞級かも」という評価をしていた。そんな馬だけにルメール騎手への乗り替わりはかわいそうだが、まぁこのレースでルメールを乗せるということは普通にいい馬なんだろう。

【特注 ☆8 ラーグルフ】

初戦は位置が取れずで後方からになり超スローペースを差し損ね。2戦目でスタートが改善して好位からの競馬ができて完勝。ここ2戦でスローしか経験していないが、ロベルトのクロス持ちなのでスタミナ勝負の方が得意な可能性あり。未知な部分はあるが穴としては面白いか。

【△1 コナブラック】

初戦はハイレベルな新馬戦だったとはいえ2頭には離されての3着。2戦目の未勝利はかなりレベルが低かった印象で、2着馬アランヴェリテは次走で惨敗。この馬の勝ち時計も完全タイム差+1.7なら大して評価はできないだろう。今回はサンデーレーシング+戸崎騎乗で人気になりそうだが、上積み評価しても抑えが妥当。

【△4 ビヨンドザファザー】

例年はハイレベルになりやすい新潟ダート1800mで最初に行われる新馬戦だが、今年に関して言えばそこまでレベルは高くなかったか。カーリン産駒でキレないダート馬に見えるが、デムーロのコラムでは騎手も調教師も「芝向き」とのコメント。まぁ一枚抑えてもいいんじゃないだろうか。

【△9 トーセンクレセント】

初戦は超スローペースで評価は難しいが、勝負所でスルスルと上がっていけた脚力と立ち回りセンスはまずまず。その初戦でマイネルアルザスを子ども扱いしているのを見てもそこそこやれてもいいんじゃないだろうか。

【消5 エルパソ】

初戦内容を見ても芝ではスピード不足。さすがに厳しいんじゃないだろうか。

【消6 サラーラ】

格上挑戦でさすがに厳しいんじゃないだろうか。

【消7 マイネルアルザス】

使うごとに良くはなっているが、前走の未勝利勝ちは完全にスローに恵まれた印象。トーセンクレセント、ラーグルフに子ども扱いされていてはここでは・・・

【推奨買い目】

三連複 2→3,10→3,10,8,1,4,9 本線ベース

三連複 2→3,10,8 重ね買い

三連複 2,3,10 重ね買い

馬連 2→3,10,8 ボーナス

単勝 2 グランドライン ボーナス

【買い目及び予想のポイント】

ここは新聞紙面の印などを見ても◎グランドラインが5番人気以下で買えそう。先週のクラウンドマジックの走りを見ても新潟2歳Sのレベルは高いと思うので、ここはまだバレ切っていないうちに新潟2歳S組は出たとこ買いで狙いたい。

相手は普通に能力上位と見ている◯▲を2列目にしての三連複。重ね買いをしつつ馬連と単勝をボーナス気味に買いたい。

<芙蓉S レース結果>
1着:☆ラーグルフ 4番人気
2着:◎グランドライン 5番人気
3着:◯ミッキーブンブン 2番人気

 

なかなかここまでホイホイ当たる日というのも珍しいですが、今週末もこんな感じの無双デーを作りたいものです!

毎回当たるわけではありませんが、メルマガではこんな感じで土日に平場の徹底予想を配信しております。ご興味ある方はぜひこの機会にメルマガを読み始めてください。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初のいま購読いただくのが最もお得になっております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

月初の今日からお読みいただくのがお得なメルマガのご紹介

さて、2021年も10月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初のいま購読いただくのが最もお得になっております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

8月3週のレース回顧〜小倉記念は10番人気◎アールスターから印4点で本線的中!やはり夏の小回り重賞は得意かも

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月1週のレース回顧〜どうか次の週末も競馬がありますように(祈)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜極端な馬場の時のレースの難しさ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月4週のレース回顧〜平穏な土曜から大波乱の日曜に

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

9月3週のレース回顧〜3日間開催お疲れ様でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月3週のレース回顧〜相対的に1番人気に妙味が出る時代かな〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月3週のレース回顧〜朝日杯はやはり牡馬のものだった

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

8月2週のレース回顧〜エルムSは大穴◎ハイランドピークから的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月3週のレース回顧〜ばら撒くイメージの3列目多点買いの是非〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

9月2週のレース回顧〜秋競馬開幕週は雨、馬場、風全てが難しく・・・

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

10月4週のレース回顧〜富士Sは◎サトノウィザードから印上位大本線で的中もやっぱりGIを当てたい!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

菊花賞2021の予想を公開!

菊花賞2021(阪神芝3000m)の予想です。 10月24日に阪

富士ステークス2021の予想を公開!

富士ステークス2021(東京芝1600m)の予想です。 10月2

【富士ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2021(東京芝1600m)の考察です。 10月2

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑