*

11月5週のレース回顧〜まさしくこれぞ史上最高の一戦、あっぱれアーモンドアイ!

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2020年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

絶賛、史上最高レベルの二日酔いの中でこの文章を書いております(>_<)

その原因も全ては昨日のジャパンカップ。あまりにも凄まじいメンバーが揃ったということで、家で一人で見るのも、、、ということで競馬仲間の家で飲みながら観戦することに。

そんなこんなで昼過ぎからずっと飲んでいた上に、夜は地元の飲み屋の常連さんからの招集がかかって2軒ほどハシゴ。普段はそんな人気銘柄ではないのですが、ジャパンカップがあまりにもすごいレースだったということで、皆さんすごく興奮されていて競馬の話ができる人と飲みたかったんでしょう。

私、個人的には大したことない競馬歴の中で史上最高のメンバーが揃ったと思っていましたし、実際のレース内容、結果もまさしく歴史に残るようなものだと思っていました。あくまでも私個人の意見だと思っていましたが、私を遥かに超える競馬歴50年以上の人生の先輩が「今まで見てきたレースの中で一番凄い」とおっしゃられていたのは感慨深かったです。

そんなわけで市井の競馬ファンたちと「アーモンドアイは史上最強馬なのか」「サイレンススズカと一緒に走ったらどっちが勝っただろう」「キセキ何してんだ!」などなど、楽しい酒宴を繰り広げていたらこちらも史上最高の酒量になったようで、菊花賞翌日のコントレイルぐらいの状態であります・・・この二日酔いもジャパンカップの良い思い出、ということでしっかり回顧をしていきましょう!

 

まずは恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週はジャパンカップよりこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

3頭にばかり注目がいきますが、普通に考えてその3頭と遜色がない競馬ができていたこの馬はこちらのイメージの数倍強いのでは・・・?

なんだか地味なイメージではありますが、今まで負けているのは化け物級の馬ばかり。どこかであっさりとGIを勝利してもおかしくない気がしております。

 

<ジャパンカップ レース結果>
1着:△アーモンドアイ 1番人気
2着:◯コントレイル 2番人気
3着:▲デアリングタク 3番人気
8着:◎キセキ 6番人気

安易にトーラスジェミニかヨシオが逃げるんだろうと見ていましたが、まさか自分の本命のキセキが主張して逃げるとは思ってもおりませんでした(苦笑)そもそもヨシオなんかとは初速の速さが違うと見て逃げられないだろうと思っていたんですが、それらの馬よりも内枠を引いてしまったことと、あまりにも抜群のスタートを切ってしまったことで「よし行こう!」となったんでしょうね。

角居先生も引退までに残されたGI勝利のチャンスは、キセキのジャパンカップとサートゥルナーリアの有馬記念だけ。そんな中でジャパンカップで「化け物3頭に勝ちにいくには」という競馬をすることはもう少し考えても良かったかもしれません。ただ、あそこまでの大逃げになったのはゲートが開いてからの複合的要素だった感じはしますね。

もう個人的な馬券は1000m=57.6の時計を見た時点で諦めました(苦笑)これが東京芝1800mの高速馬場なら「サイレンススズカの再現!」と期待しましたが、今のタフ馬場で東京芝2400mなら絶望的です。そんなペースで逃げながらキセキは2:24:1で8着ですよ。めちゃくちゃに強い競馬をしていると思います。正直なところの本心はそのロングスパート性能をもう少し常識的な形で引き出して欲しかったと思いましたが、3冠馬3頭に勝ちにいく選択をした浜中騎手及びキセキ陣営には拍手を送りたいです。

 

さて、話題を3強の方に変えましょう。

まさか、この史上最高の決戦が3強の1、2、3番人気でそのまま決まるなんて思ってもいませんでしたが、それぞれの3頭のレースぶり、騎乗ともに個性が出ていて何度でもレース映像を見ていられますね。

アーモンドアイのルメール騎手はスッと位置をとって直線でも特に外には出さず。もうルメール騎手がアーモンドアイの能力を心底信頼している、というのがわかるレースぶりでした。実際に平場のレースで見ていると「あのポジションを通っちゃうと今の東京芝は伸びないのに・・・」と思うような部分を通っていましたが、ジャパンカップのアーモンドアイの伸びを見ていたら「馬場バイアスなんてあったっけ?」と錯覚してしまったほどです。そんな名馬の評価を落としてしまったことは陣営に素直に謝りたい。あっぱれアーモンドアイです!

コントレイルの福永騎手はきっと朝に芝を歩いていたんだろうなぁというコース取り。位置をとってじわっと外に出すコース取りは今の東京芝ではベストだったと思いますし、まさしく今の現役ナンバーワンジョッキーと言える騎乗だったんじゃないでしょうか。

デアリングタクトの松山騎手はいつもの構える競馬ではなく位置を取りにいきました。多くの人はデアリングタクトは後ろからの競馬になって厳しいと見ていたと思いますが、今をときめく松山騎手は勝つための位置を取ってきました。直線で不利を受けてしまいましたが、やはり3冠馬との出会いは騎手を変えるんですね。

もうこんな感じで三者三様、15頭全てにドラマがあるようなレースでしたね。定期的に見返したくなるような素晴らしいレースだったと思います。

 

<京阪杯 レース結果>
1着:△フィアーノロマーノ 3番人気
2着:☆カレンモエ 1番人気
3着:消ジョーアラビカ 12番人気
4着:◎アンヴァル 7番人気

ここは買いたい馬が5頭しかおらず、レッドアンシェル、リバティハイツ、シヴァージと言った人気馬がさっぱり買いたくなかったのでBOX馬券を買っておりました。一応ワイドと馬連は当たったもののこれでは若干トリガミ。本線で購入していた本命の◎アンヴァルがあと一歩の4着だったので、まぁこれは運の問題ですかね。予想は間違っていなかったと思います。

 

<京都2歳S 結果>
1着:◎ワンダフルタウン 3番人気
2着:△ラーゴム 2番人気
3着:◯マカオンドール 7番人気

ここは◎ワンダフルタウンには自信があって、相手も穴なら◯マカオンドールと見ていたので、綺麗に決まってくれましたね。まぁ相手も堅いと見ていたのでそこまで買わなかったですが、割と完璧な予想だったと思います。

 

土曜日はわりかし勝つことができたんですが、日曜日がそこまで当たらず。土曜日の勝ち分を放出してほぼトントンぐらいで終了。

土曜日のキャピタルSでハナ差の馬連を逃したり、京阪杯で◎アンヴァル4着に泣いたり、などなどその辺りの差が逆だったら大きく勝てていたので悪くはない週だったかと思います。徐々に調子も戻りつつある感じですね!

今週末もGI、チャンピオンズカップがありますし、楽しみつつバッチリ当てられればと思います!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

4月2週のレース回顧〜超ハイレベル疑惑の皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月3週のレース回顧〜衝撃の156頭除外によるカオスな開催に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月3週のレース回顧〜雨と展開は読むのが至難〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かない

記事を読む

8月3週のレース回顧〜小倉記念は10番人気◎アールスターから印4点で本線的中!やはり夏の小回り重賞は得意かも

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月5週のレース回顧〜なんだかんだで日本人はミルコが好きなのだ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月5週のレース回顧〜キーンランドCは◎ライトオンキューと◯エイティーンガールで的中!夏競馬もあと1週頑張りましょう

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月2週のレース回顧〜歓喜の瞬間-重賞3戦3勝達成-〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月1週のレース回顧〜砂上のアーモンドアイ誕生

さて先月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞レースの簡単な回顧(詳細回顧は

記事を読む

1月4週のレース回顧〜タフ馬場になるほど騎手の巧さが際立つ〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

日経新春杯2021の予想を公開!

日経新春杯2021(中京芝2200m)の予想です。 1月17日に

愛知杯2021の予想を公開!

愛知杯2021(中京芝2000m)の予想です。 1月16日に中京

【京成杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯2021(中山芝2000m)の考察です。 1月17日に中山

【愛知杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

愛知杯2021(中京芝2000m)の考察です。 1月16日に中京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑