*

【2016】共同通信杯 / 有力馬考察(ハートレー、スマートオーディンなどの徹底分析)

公開日: : 最終更新日:2016/02/11 重賞レース考察・予想

今日は2/14(日)に行われる共同通信杯のレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGIII戦です。その前に余談を少し。

 

Ca1izAIUUAEQEAX.jpg-large

フジロックの第一弾発表が近づいてまいりました。オフィシャルのtwitterからモザイクでの第一弾の発表が出ていましたので拝借。これを見て文字の長さでどのバンドだとか2chでは大いに盛り上がっています。

恐らく1番上はRED HOT CHILI PEPPERSで堅いでしょう。もう今年はレッチリとの噂がずーっと出ていましたし、10年ぶりにレッチリが苗場に帰ってきます。

2番目もSIGUR ROSで堅そう。私はアイスランド大好き人間なので、シガーロスは一度でいいから苗場で観たかったので嬉しい限りです。

この2つはヘッドライナーと考えて良さそうで、後の1枠が何になるかですね。まぁ無難にTHE STONE ROSESとかになる気がしますが、果たして。。。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

共同通信杯 有力馬考察

早速、有力馬の考察に入ります。netkeibaの上位人気想定の5頭を取り上げてみます。

 

ハートレー

サトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキ、ロードクエスト、そしてこのハートレーが競馬ファンの今年のクラシック五傑という認識じゃないでしょうか。私自身もその評価に異論はありませんし、この馬もサトノダイヤモンドやリオンディーズに適うかどうかは別として間違いなく強いと思います。

前走のホープフルSは超スローのギアチェンジ戦を後ろから大外一気で快勝。2着馬は間違いなく世代上位のロードクエストですし、3着以下を突き放して勝った内容を見てもこの馬は強いです。

3歳の1月〜2月に急成長するディープインパクト産駒ですし、恐らくホープフルSよりもひと回り凄みを増してくる感じ。乗り替わりの不安などもありますが、紛れの少ない東京芝1800mならほぼ間違いなく勝てると思います。

 

スマートオーディン

ハートレーとスマートオーディンは能力が違うとして2頭軸で買う人が結構多そう。ただハートレーは仕方ないにしてもこちらは少し危ないと思っています。

というのも、東京スポーツ杯2歳ステークスはかなり特殊なレースだったこと。

<12.9 – 11.7 – 12.3 – 12.4 – 13.1 – 13.4 – 11.510.911.3

と、ラスト3ハロンだけの競馬になっていますし、とにかくギアチェンジ性能だけで勝敗が決まったレースと言えます。それにメンバーを見ても、2着プロディガルサン、3着マイネルラフレシア 4着キラージョー、5着ハレルヤボーイ、とクラシック一線級とはレベル差がかなりありそうなメンバー構成。

しかも、東スポ杯とは違い4ハロン連続の末脚が要求された萩Sではブラックスピネルにあっさりと負けました。

<13.3 – 11.9 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 11.711.711.411.4

ブラックスピネルのホープフルSでの結果を見ても、あの馬もクラシックの一線級とは差があるはずで、ことハートレーには突き放されています。今回も超スローからギアチェンジ性能だけ求められるレースになれば、再度の好走もあると思いますが、恐らく東スポ杯よりはペースが流れるはず。そうなった時に同じだけ走れる保証はどこにもありません。

新馬戦での最後のギアのかかり方を見ても、東スポ杯でのギアのかかり方を見ても、この馬はとにかく反応良いタイプの馬でマイラーだと思います。皐月賞まではクラシック路線で行くと思いますが、結局はNHKマイルカップで上位争いをするイメージを持っておきたいです。

 

メートルダール

前走はスローペースで前残りの京成杯を大外ブン回しで3着。ただ、その京成杯はメンバーレベルが相当低そう。この馬も今まで一線級とは一度も対戦しておらず、前走の京成杯もせいぜい500万下レベルのメンバー。同じ中山芝2000mでもホープフルSとはメンバーレベルが雲泥の差で、いくら前走が展開が向かない中で好走したと言ってもハートレーに逆転するなんてことは不可能だと思います。

それにこの馬はあんまり足が速いタイプには思えず、前が止まったところを差せる相対的な差し馬だと思います。コーナ−2回の東京コースで自分から絶対的な末脚を使えるタイプにはあんまり思えず、ゼンノロブロイ産駒というところを見ても東京ではキレ負けする匂いがプンプンします。

 

イモータル

前走はマイルでしかも状態不安あり、その上で武幸四郎騎手。そこから距離延長で東京替わりで戸崎騎手に乗り替わりとなれば、誰が見たって狙い目に見えるのは明白。4番人気想定ですが、恐らく玄人がこぞってこの馬をハートレーへの逆転候補と指名しそうなので3番人気になるんじゃないかと見ています。

確かに古馬の重賞レースの予想であれば、前走から明らかに条件が良くなるこの馬は狙い目と言えるんですが、3歳重賞となると、そこに「上昇度」「成長力」を考えなければいけません。

私はTARGETを持ってないので、持っている人(「残り3ハロンの最終定理」さん)に調べてもらったんですが、マンハッタンカフェ産駒は新馬戦の成績が抜群に良い。あとは1月が芝ダートともに成績が良く、内枠も外枠も好走率が変わりませんでした。

これが何を意味しているかといえば、「マンハッタンカフェ産駒は馬格が大きく基礎体力に優れる分、ギアチェンジが下手で馬群を割れない競馬下手な産駒が多い」ということです。

馬格が大きいので、デビュー時から相対的に基礎体力上位なので新馬戦の勝ち上がり率が高い。そして馬格が大きいので1月のパワーのいる芝ダートで異常に走ります。

ただ、その分ギアチェンジが下手くそなので、内枠で馬群を割るような競馬はできません。だいたい思いつくマンハッタンカフェ産駒を見ても、ショウナンマイティやルージュバックなど、不器用だけど大外をぶん回して伸びてくるタイプが多いと思います。この血統は不器用なので多頭数や狭いコースではごちゃついて能力を発揮できないのです。

その点、このイモータルも東京コースに替わることはプラスだと思うんですが、マンハッタンカフェ産駒は最初から馬格が大きい分、成長度もあんまりない印象。クラシックで活躍するマンハッタンカフェ産駒がほとんどいないのもその点が大きいんだと思います。

ですので、2歳時の活躍からイモータルは評価されそうですが、この時期になると成長力に勝るディープインパクト産駒やステイゴールド産駒に一気に抜かれます。古馬になってくると、ようやく大きな馬格に筋力も比例してついてきて晩成型で走る馬も出てきますが、クラシック期にマンハッタンカフェ産駒の活躍を期待するのは酷。今回は玄人層がこぞって買いそうですが、私はヒモかバッサリいこうと思っています。

 

リスペクトアース

新馬戦も何も見どころなく、2戦目の京都2歳ステークスもメンバーレベルが2歳重賞で最低レベルだったから2着に走れた感じ。そんな馬が本当に5番人気になるんでしょうか?恐らくディープ2騎の方が人気すると思います。

この馬もイモータルと同じマンハッタンカフェ産駒で成長度には欠ける感じ。先行馬で展開に恵まれる可能性もあるでしょうが、共同通信杯はガチンコ勝負になりやすく、「展開が向けば」みたいな狙い方はあんまりするべきレースではないように感じます。普通に考えて能力的に足りないでしょう。

 

どう見てもここはハートレーで仕方ないレースと見ています。ただ、相手もスマートオーディンとイモータルで仕方ないと思っている人が大多数いそう。◯と▲は新聞でもブログでもスマートオーディンとイモータルに支配されそうな気がしています。

どちらも2歳時の能力は高かっただけに、2頭ともぶっ飛ぶかと言われればわかりませんが、ハートレー、スマートオーディン、イモータルの3頭でスンナリ決まる可能性はほとんどないんじゃないかと見ています。

 

一角崩しという点ではこの馬に期待しています。

その馬の名はブログランキング(穴)で公開中

ここはきさらぎ賞と同じく、やっぱり終わってみればこういう結果だったか、という狙いをするのがいいんじゃないでしょうか。

 

関連記事

【京成杯オータムハンデ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯オータムハンデ2018(中山芝1600m)の考察です。 9月9日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【京成杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

京成杯2018(中山芝2000m)の考察です。 1月14日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

AJCC [1] ゴールドシップ中心は揺るがない

日経新春杯は能力の劣るビービートレイターを勝たせるためにはあの騎乗しかなかったでしょう。四位騎手は最

記事を読む

大阪杯 [1] GI馬7頭の超豪華決戦を制するのは?

今週は桜花賞1週前で重賞も2つだけ、と重賞4つの週が2週も続いていたので、比較的集中してひとつのレー

記事を読む

福島記念の予想を公開!

【ファンタジーステークスで馬単万馬券、3連単も的中!! サラリーマン→プロ予想家に転向した予想家は

記事を読む

【阪神牝馬ステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

阪神牝馬ステークス2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月7日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

キーンランドC [4] 枠順発表!明暗を探る

土曜は小倉と新潟が雨模様で、しかも小倉はコース替わりと非常に難しそうな日。あんまり勝負はしない日にな

記事を読む

七夕賞の予想を公開!

夏競馬が本格的に始まりました。 夏競馬は芝の中距離の重賞が多いんです。 やはり中距離

記事を読む

【2016】セントウルS / 枠順&展開考察(ビッグアーサー、ダンスディレクター等の枠順は如何に)

今日は9/11(日)に行われるセントウルステークスのレース考察を行います。阪神芝1200mで行われる

記事を読む

【チャレンジカップ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

チャレンジカップ2017(阪神芝2000m)の考察です。 12月2日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日

羽田盃2019の予想を公開!

羽田盃2019(大井ダート1800m)の予想です。 4月24日に

【青葉賞2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

青葉賞2019(東京芝2400m)の考察です。 4月27日に東京

東京プリンセス賞2019の予想を公開!

東京プリンセス賞2019(大井ダート1800m)の予想です。 4

【クイーンエリザベスII世カップ2019の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

クイーンエリザベスII世カップ2019(シャティン芝2000m)の考察

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑