*

菊花賞 [3] スタミナ比べだけでは終わらなそうな今年の菊花賞

公開日: : GIレース考察・予想

すみません、ちょっと昨日風邪っぽい感じでレースの見返しが終わらず、メルマガ配信できませんでした。起きたら喉以外は全快していたので、これからレースを見直して今夜中にメルマガ送ります!お楽しみに。

さて、今朝はなんとか早く起きてチャンピオンズリーグのアーセナル×バルセロナの試合を見ました。

アーセナルは負けるはずのない相手に既に2敗し背水の陣という試合。今季無敗のバイエルンに勝たなければいけない、というミッションインポッシブルな試合だったわけです。

試合内容、結果は録画してみる方もいそうなのであえて触れないですが、恐らく私が今季見たサッカーの試合では一番面白かった!!もう個々の能力、展開の速さ、現代サッカーの最高峰を見ている感じで、一時も目が離せなかったです。

特に両GKのノイアーとツェフがよかったですねー。競馬でもそうですが、強い逃げ馬がいるとレースが引き締まるというのと同じで、凄いGKがいると試合が引き締まります。ただ、それにしてもGKで試合のリズムが決まるっていうぐらいこの2人は凄かった。

あとはあれですね。野球も良いですが、サッカーも良いですね。

野球は投手と打者の間だったり、各チームの戦略をじっくりと楽しめる良さがありますが、サッカーのこの瞬く間に試合展開が変わるスピーディーな感じはこれはこれでたまらない。野球のオフシーズンになる冬は存分に欧州サッカーを楽しもうと思います。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

スタミナ比べだけでは終わらなそうな今年の菊花賞

前回までのエントリーで、菊花賞は、

3000mを走れるかどうかが第一

ということを述べました。そしてその上で下り坂を2度降りるコース形態だからこそ、京都コース経験のある関西馬が有利なデータがでているGIだという仮説を立てました。

では、そろそろどの馬が3000mを走れるのか、という血統、適性検証を行っていきたいところ。

 

私も既に全頭のレースを全部見返して折り合いや走法をチェックしつつ、それぞれの血統から3000mを走れるかどうかを探り始めていますが、ちょっと今年の菊花賞はそれだけで良いのかなぁ、と思っています。

と言うのも、

今年の秋の京都コースは時計が早すぎる

そうなんです、ちょっと今年の秋の京都競馬の時計の早さが異常なんです。

試しに先週行われた芝の特別戦を過去5年と比較してみましょうか。

スクリーンショット 2015-10-21 11.21.47

スクリーンショット 2015-10-21 11.22.17

スクリーンショット 2015-10-21 11.22.49

スクリーンショット 2015-10-21 11.23.16

見てくださいよ、、、

先週の芝の特別戦4レース、どれもだいたい去年より1秒以上時計が早いんです・・・

そして、もう一つ注目したいのが、去年も2年前に比べると時計がかなり早くなっていること。そう、去年でさえも時計が早くなっていたのに、そこに輪をかけて今年はまた時計が早くなってきているんです。

去年の菊花賞は3:01:00というトンデモないレコードタイムが出たのは記憶に新しいところ。去年の3歳世代って大してレベルの高い世代でもないのにそんな時計が出たというのは馬場の影響が相当大きいでしょう。

その去年よりも1週前時点で芝のレースが大体全て1秒以上早くなっているとすれば、、、

菊花賞は今年も超高速決着が濃厚と読むべきでしょう

 

ここまで菊花賞の時期だけ高速決着にいきなりなってきたのは何だか不思議ですよね。昨今、菊花賞のレース意義に疑問が生じてきており、ただスタミナだけある馬が能力もないのに来てしまうこと、レースレベルが低くなってきたことが危惧されてきました。クラシックは競争能力の高い血を次世代に残すことが最大の目的ですからね。

「菊花賞をスタミナだけでなくスピードを競わせるようなレースにする、、、」

そんな裏の力が働いているんじゃないかなーなんて、ここまで時計が早くなっていると勘ぐりたくなる部分もあります。

 

では、どんな馬、血統を狙えば良いのか?

去年のレコードタイムが出た菊花賞よりも馬場自体は早くなりそうな今年の京都の馬場。今週は日曜まで全てが晴れ模様でパンパン中のパンパンの良馬場での開催が濃厚になりそうです。

レコードタイムが出た去年の好走馬を見てみると、

 

1着:トーホウジャッカル 父スペシャルウィーク 母父アンブライドルズソング

2着:サウンズオブアース 父ネオユニヴァース 母父ディキシーランドバンド

3着:ゴールドアクター 父スクリーンヒーロー 母父キョウワアリシバ

 

どの馬を見てもコテコテの長距離血統という感じの馬ではありませんでした。

トーホウジャッカルにしても宝塚記念で4着に来たように中距離戦のスピードにも耐えうる馬。

サウンズオブアースも京都大賞典の超瞬発力勝負で2着に来たようにこの馬も本質的に長距離馬ではないはず。

ゴールドアクターも先日の準オープンの芝2400mを文字通りの圧勝でオープン入り。これから中距離GI戦線にも顔を出してくることはまず間違いなく、血統の力だけではなく強かったから菊花賞で上位に来た可能性が高い。

このように去年の菊花賞を見ても、

もうただ単なるスタミナ比べのレースではなくなってきている気がするのです

 

また、去年の上位3着まで父系にサンデーサイレンスの血があったこともポイントかと思っています。

菊花賞って先行1、2番手を進む馬が全く走らないレースということで有名。つまり惰性で走るのがなかなか難しいレースなんです。

昨年のレースを見返しても上位馬はちゃんと最後の直線で「脚を使って」きた馬でしたし、3000mを走った上で末脚を使えるタイプでないと厳しそう。

京都の超パンパンの良馬場で最後に末脚を使う、となると、いくら3000mとは言ってもサンデーサイレンスのキレは必要になってきているように感じます。

 

特に今年は、先行馬に有力馬が多いとはいえ、先行馬に乗っている騎手たちが百戦錬磨の騎手たちですし、酒井学騎手がスピリッツミノルで大逃げでもやらかさない限り、極端にペースが早くなることはなさそう。富士Sのエントリーでも書いたように、先週の秋華賞のハイペースの印象も騎手心理にあるでしょうしね。

そうなると走破時計は早くなることは間違いない割に、そこまで前半が早いレースにはならないと思うのです。前半が早くないのに全体時計が早いとなると、当然凝縮したスピードが要求されるのはレース後半部分。

こういう菊花賞になれば昨年と同じくサンデーサイレンスの血が濃くないと対応できないレースになる可能性が高いと見ています。

 

ざっくり私なりの今年の血統的狙い目を書くと、

長距離が得意なスタミナタイプを狙うのではなく、3000mも走れるだろう中距離のスピードある馬、血統を狙う

これが現代の菊花賞の狙い方だと思っています。

 

恐らく上がり4ハロンが34秒台が必要になるレースだと思います。

ユウキソルジャーみたいな、能力はないのに血統だけで来た馬の出した上がり3ハロンは36秒でした。もう今の馬場だとこういうスタミナだけあるタイプでは対応できないように感じます。

 

そう考えると、

今年は父ノーザンダンサー系(ハービンジャー、メイショウサムソン)は相当危ないんじゃないでしょうか?

去年と同じくベタな長距離血統がいないせいで、スタミナがあることは確実なハービンジャー産駒やメイショウサムソン産駒が、データ派、血統派に代わりに買われそうな感じのある今年の菊花賞。

ただ、今までの種牡馬の戦績を見ても、ハービンジャー、メイショウサムソンの子供に時計勝負は無理ですし、そもそもどちらもGIでまだ一度も馬券に絡んだことがない馬。その馬が果たして、3000mとはいえ昨年よりも早い馬場になりそうな京都コースで好走できるイメージが全くわきません。

というわけで、twitter等で「ハービンジャーどうっすか?」と色々聞かれましたが、こういった考察の結果、ハービンジャー産駒はほぼ無視する予定。メイショウサムソン産駒も時計勝負ではまず無理でしょう。

 

3回のエントリーを経て、もう狙い目は絞れてきました。

(1)現代菊花賞で狙うべきは、3000mまでは走れそうなスピードタイプ

(2)去年の結果を見ても父はサンデーサイレンス系がベストで、父が菊花賞及び天皇賞(春)で好成績を収めていたり、母父にスタミナ血統がある馬を選びたい

(3)逃げ、先行馬の期待値は低いレースなので、直線である程度の決め手を活かせるタイプが良い

(4)その上で内枠が引ければ最高!

 

いつまでも化石のような菊花賞予想をしていてもしょうがありません。

現代競馬には柔軟な思考で対応することが大切。まだ他の競馬ファンが従来通りのスタミナある馬だけを追っている菊花賞予想の一歩先を行きましょう!

 

今回の分析に当てはまる馬は例えばこのあたりでしょう。

その馬の名はブログランキング(C)で公開中

血統派には長距離重賞で常に嫌われるタイプなんですが、長距離GIが2つとも京都で行われるという事からも、高速馬場と京都が大得意なこの血統は最近無視できなくなってきていると思います。

実際、昨年の菊花賞も大きな不利がなければ3着濃厚でしたし、今年の天皇賞(春)もあわや馬券内の4着でした。この血統は高速馬場では長距離重賞でも無視できなくなってきています。(自身も菊花賞と天皇賞(春)勝ってますしね。。)

馬キャラ的にもこの馬は3000mなら持ちそうですし、不器用なイメージが強いと思うんですがこの馬スタートはかなり上手いんです。今までは外枠を引いて位置が取れなかった印象ですが、内枠さえ引ければある程度の位置は取れるはず。そこでしっかり脚を溜めて直線捌ければ、現代の菊花賞で突っ込んでくるタイプはこういう馬だと思います。

 

菊花賞の予想はこの男にお任せですね


いよいよ今週は菊花賞が行われるなど、G1が連続で開催される競馬シーズンとなりましたね。

来週行われる菊花賞は距離が3,000メートルと非常に長く、
きちんとスタミナがある馬を狙えるかどうかが馬券的中のカギを握るため、
血統が重要な予想ポイントとなります。

そこで参考にして頂きたいのが、
血統評論家「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。


栗山求氏とは・・

テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。


抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や

フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の

配合分析は有名である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』などに

連載を持っており、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016

では監修を務めている。

グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、


抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は
血統評論家として日本を代表する存在である。

無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏の菊華賞の予想は今週土曜日の夕方頃に、菊花賞の予想は24日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。


そんな栗山氏ですが、8月は5週連続で無料予想
で高配当を的中させていて今好調なんです!


8月1日(土)の新潟11R新潟競馬場開設50周年記念では
3連単82,090円をGET。

実際のPAT画面↓


8月8日(土)の札幌11R札幌日経オープンでは
3連単48,730円をGET。

実際のPAT画面↓

8月16日(日)の新潟11R関屋記念では
馬単6,580円をGET。

実際のPAT画面↓

8月22日(土)の新潟11R日本海ステークスでは
3連単28,700円をGET。

実際のPAT画面↓

先週8月29日(土)の新潟11R BSN賞では
3連単51,810円をGET。

実際のPAT画面↓


さらに4月のマイラーズカップでは9万馬券を的中。

実際のPAT画面↓

恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週水曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


是非今週末是は栗山求氏の血統予想を無料でお試しください!


今月は


10/17(土)東京11R 府中牝馬S(G2)

10/18(日)京都11R 秋華賞(G1)

10/24(土)東京11R 富士S(G3)

10/25(日)京都11R 菊花賞(G1)

10/31(土)京都11R 毎日放送賞スワンS(G2)

上記全てのレースの買い目を無料で見ることができます。

是非栗山求氏の買い目とコラムを参考にしてみて楽しんでください!

無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登
録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報
」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏の秋華賞の予想は今週土曜日の夕方頃に、菊花賞の予想は24日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。

関連記事

マイルCS [5] フィエロに安易に飛びつくのは危険

昨日見たテレビで豊田真奈美特集をやっていた。昔、女子プロを見ていたころ、豊田真奈美はそれこそテレビか

記事を読む

【ホープフルステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ホープフルステークス2018(中山芝2000m)の考察です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

フェブラリーS [4] 全てを左右するペース分析

今朝もシャルケ×レアルマドリーとバーゼル×ポルトを観戦。 シャルケは上手いこと守備ブロックも出

記事を読む

宝塚記念 [5] 全頭診断その2

このエントリー掲載時には枠順が発表されてると思いますが、それは明日の午前中にでも書きます。 ま

記事を読む

【阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想ヒント】有力馬診断

阪神ジュベナイルフィリーズ2017(阪神芝1600m)の考察です。 12月3日に阪神競馬場で開

記事を読む

菊花賞[GI]の買い目公開!

  ◎サウンズオブアース ○マイネルフロスト ▲ワンアンドオンリー

記事を読む

エリザベス女王杯は◎ラキシス 〇ヌーヴォの本線決着で三連単的中!

なんだか秋GIの的中率が8割くらいで自分でも気持ち悪いです。恐らく勝因としては現在の京都の馬場を完全

記事を読む

【有馬記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

有馬記念2018(中山芝2500m)の考察です。 12月23日に中山競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【フェブラリーステークス2017の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2018(東京ダート1600m)の考察です。 2月18日に東京競馬場で開

記事を読む

天皇賞徹底回顧 -見解はほぼ的中も不発・・・-

天皇賞(秋)は外から10頭をぶったぎったスピルバーグが初重賞制覇で天皇賞を優勝。見た目からしてスカッ

記事を読む

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日

4月3週のレース回顧〜GI狭間の週は重賞3戦3勝でいざ天皇賞へ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マイラーズカップ2019の予想を公開!

マイラーズカップ2019(京都芝1600m)の予想です。 4月2

フローラステークス2019の予想を公開!

フローラステークス2019(東京芝2000m)の予想です。 4月

オアシスステークス2019の予想を公開!

オアシスステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑