*

函館記念 [3] マイネルミラノを考える

公開日: : 重賞レース考察・予想

祝!横浜DeNAベイスターズ前半戦首位!!!

巨人との3連戦は本当は横浜スタジアムに行きたかったんですが、チケット売り切れで行けず。自宅で全て観戦していますが、全ての試合で「素晴らしい!」と思える内容でした。

昨日の試合もルーキー19歳の砂田くんがきっちりと7回2失点でゲームを作って、キャプテン筒香が打点よりも重い(初めて見た)レーザービームで鈴木を本塁で差して、9回表は山崎くんがあっさりと3人で締めて、それで9回裏のサヨナラですよ。

ただ、ちょっとサヨナラエラーの村田は可哀想な気もします。

 

ベイスターズファンの心境って・・・

移籍直後→「消えろよ豚!」

1年前くらい→「讀賣さん、不良債権どんまいです」

最近→「さすがに村田可哀想」

 

って感じで虚ろっている気がします。まぁ自分で巨人に行ったんで自業自得なんですが、もはや巨人ファンからも「村田イラネ」的な感じで雑に扱われているのを見るとさすがに可哀想な気がします。そんな村田が横浜スタジアムでサヨナラエラーっていうのもねー。しかもあんなんちゃんと前に出て補給すればミスする必要もないボールだし。

まぁ勝負はこれからです。

最下位の中日までまだ優勝の可能性があるようなシーズンですから気を抜かずにひとつひとつ勝っていきたいです。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

マイネルミラノを考える

函館記念を考える上で重要なことは、

いかにマイネルミラノという馬をちゃんと理解できているか

ということだと思います。この馬もう本当にわかりやすい馬だと思うんですが、どうも陣営と柴田大地騎手はわかってなかったみたい。なんだかなぁという感じ。

この馬はとにかく後ろに脚を使わせる持久力勝負になったら強い馬で、逃げなければ話になりませんし、溜め逃げなんてしても意味がありません。

この馬が逃げた重賞2つのラップを見てみると、

 

【中山金杯】

12.3 – 10.8 – 12.5 – 11.5 – 12.3 – 12.0 – 11.6 – 11.5 – 11.4 – 11.9

 

【中京新聞杯】

12.8 – 11.3 – 12.7 – 12.6 – 12.2 – 12.0 – 11.6 – 11.7 – 11.6 – 12.7

 

このようにコーナーで息を入れることなく、逆に3コーナーからスパートをかけてコーナーで後ろとの差を開こうとする。4〜5ハロンのロングスパート勝負に持ち込もうとします。

今回は溜めても無駄だということがさすがに陣営もわかったと思うので、まず逃げの手を打つはず。そうなるとこのラップが刻まれる可能性が高いのです。

こうなると他の馬にどんな影響が出るか?

 

(1) 捲りたい馬は厳しい展開になる

必然的にマイネルミラノが出るレースは縦長になります。しかもペースが落ちる部分がありませんから、後ろから小回りコースで捲り差しを図りたい馬は、捲る距離は長いわ、早いペースよりも早いスピードで押し上げていかなければいけなくなるので、不器用に捲るタイプは恐らく最後まで脚が持たない可能性が高いです。

 

(2) 内枠の馬は有利になる可能性がある

マイネルミラノが逃げた2つの重賞を見ても、中山金杯は内枠のロゴタイプ、デウスウルトが馬券内に。中京新聞杯でも勝ったディサイファは1枠の馬番でした。

縦長になるということは内が詰まるリスクが減るということ。加えて持久力勝負戦になれば、外を回して無駄なスタミナを使うよりは内からスルスル差してくる馬のほうが断然有利になる可能性が高い。だからマイネルミラノのレースでは内枠の伏兵が台頭してくる。

 

ですから、函館記念でも器用さがなくて縦長の展開を外から捲るしかできないような馬はあんまり評価しないほうがいいと思います。

ダービーフィズ

ラブイズブーシェ

レッドテイヴン

ヴァーゲンザイル

あたりはあんまり評価しない予定。

 

そういう馬よりは中位くらいで競馬ができて、インを上手く立ち回って最後まで脚が持たせられるタイプ。そして何よりマイネルミラノが逃げたレースで上位に来ている馬を評価すべきでしょう。

この馬は前走こそ大敗していますが、フォトパドックを見ても状態は万全のように見えます。厩舎、騎手も乗りに乗っていますし、能力面でもここはナンバーワン評価。これで人気が落ちるのであればこの馬からしこたま買いたいです。なんとか内〜中枠を引いてくれると。。。

 

その馬の名は?

↓↓↓

☆その馬の名はブログランキングで公開中☆

上記ブログランキングの(A)に記載ありますのでチェックしてみてください!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第51回 函館記念(G3)

想定配当50倍超!3点勝負情報

関係者も大勝負する情報を無料公開

詳細はココをクリック

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズ対象レースは、チャンピオンに授与されるボーナスを狙っている陣営の“ヤリ”“ヤラズ”を知ることが重要になる。しかし、この函館記念だけは話が別。なぜならば、本気でチャンピオンを狙うならば、函館記念を選択するのは不利だからだ。

函館記念からチャンピオンを狙うとなると、立地的に次走は札幌記念を使うことがほとんど。しかし、夏競馬で唯一のG2、関係者からは「夏のG㈵」とも言われる札幌記念は一線級が出走し、極めてメンバーレベルが高くなる。今年もトーホウジャッカル、ルージュバックなど参戦予定との話。G3クラスの馬が勝ち負けするにはハードルが高い。過去の例を見ても、連続好走できたのは札幌記念が函館開催となった年のトウケイヘイローのみで、しかも極端な道悪馬場だった。

すなわち、函館記念で厚く狙うべきはサマーチャンピオンシリーズを度外視の『ココがメイチ勝負』の馬。既に当社は「やっぱり函館の水がよっぽど合うんだろうね。デキは最近の中では一番。コレなら一発あるよ!」と盛り上がっている“激穴情報馬”の存在を独占入手済み。この馬が馬券に絡むようなら馬連50倍以上も見込めそうとの話。今週はこの馬を含めた妙味タップリの函館記念3点勝負を無料でお伝えする。ぜひ当社の情報は見ておいて頂きたい。

予告の重賞競走は3点以内で的中!

3連単ならこの配当!

オークス(GI)

◎−▲的中

2万0150円的中

皐月賞(GI)

◎−▲的中

1万2360円的中

中日新聞杯(G3)

◎−○的中

5万0580円的中

↓ ↓ ↓ 今すぐ無料で確認する ↓ ↓ ↓

→→関係者も大勝負する函館記念の3点勝負情報を特別に無料公開←←

関連記事

オールカマーの予想を公開!

【あの予想サイト、登録してみたらこんな感じだった!】 今「スマートウィン」というサイトが色々な

記事を読む

京王杯SC [4] 枠順発表!明暗を探る

先週は東京競馬場にNHKマイルカップを見に行きましたが、今週は特に予定がないので土日は家で野球とサッ

記事を読む

【京都新聞杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京都新聞杯2017(京都芝2200m)の考察です。 5月6日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

セントウルS2017の予想を公開!

セントウルステークス2017(阪神芝1200m)の予想です。 9月10日に阪神競馬場で開催され

記事を読む

プロキオンS [3] 枠順発表!明暗を探る

さて、昨日はスポーツ界でかなり大きなニュースがあったと思うのですが全く日本では話題にならず、

記事を読む

【2016】中京記念 / 有力馬考察(ダッシングブレイズ、トウショウドラフタなどの徹底分析)

今日は7/24(日)に行われる中京記念のレース考察を行います。中京芝1600mで行われるGIII戦で

記事を読む

フィリーズレビュー [1] 桜花賞に繋がらないトライアル

先週は競馬もサッカーも散々。 まぁそういう週もあって仕方ないとは思いますが、ダブルパンチを食ら

記事を読む

目黒記念の予想を公開!

目黒記念 印 ◎レコンダイト ◯ファタモルガーナ ▲メイショウカドマツ ☆ヒットザター

記事を読む

フローラS [2] 危険そうな人気馬

わがベイスターズは7連敗で連敗を止めてなんとか勝利をあげることができました。 昨日のヒーローは

記事を読む

【2016】札幌記念 / レース考察(札幌芝2000mで行われるGII戦を徹底考察します)

今日は8/21(日)に行われる札幌記念のレース考察を行います。札幌芝2000mで行われるGII戦です

記事を読む

【阪急杯2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

阪急杯2018(阪神芝1400m)の考察です。 2月25日に阪神

【中山記念2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

中山記念2018(中山芝1800m)の考察です。 2月25日に中

【阪急杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

阪急杯2018(阪神芝1400m)の考察です。 2月25日に阪神

金盃2018の予想を公開!

金盃2018 (大井ダート2600m)の予想です。 2月21日に

たんぽぽ賞2018の予想を公開!

たんぽぽ賞2018 (佐賀ダート1400m)の予想です。 2月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑