*

月初購読が最もお得なメルマガのご紹介〜土曜日の注目馬

公開日: : お知らせ

猛烈に暑い日々が続いておりましたが、とうとう2018年も9月になりました。早いもので夏競馬も終わって来週から中山と阪神開催が始まりますし、あっという間にGIシーズンがまたやってきそうですね。

今週が札幌、小倉、新潟の最終週。どの競馬場も雨の影響を受けてのタフ馬場になりそうですが、その中でも土曜日の注目馬をまず挙げておきます。

↓↓

↓↓のバナーのクリック先で公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキング

札幌12レースの日高特別よりセレクト。条件も馬場もベストと見て良さそうですし、ここは展開も合いそうな印象。予想よりも人気しなそうなのでこの馬は狙い目かなぁと現時点では思っています。これから予想するので本命にはしないかもしれませんが・・・

 

さて、本日から月変わりで9月になったということで、、、

初月無料キャンペーンを実施しているメルマガは今日から購読いただくのが最もお得となっております!

メルマガの詳細はご案内ページを読んでいただくとして、土日の平場レース予想配信、地方競馬の予想公開、重賞の全頭分析や詳細回顧、そしてJRAの全レースの回顧配信と非常に盛りだくさんの内容をお送りしております。

ここまでのボリュームでの予想と回顧は他では絶対に真似できないと自負しておりますので、ぜひ一番お得ないまの機会に読み始めてみることをオススメします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

先週は4つのオープン競走を全て的中!

先週は4つあったオープン競走をメルマガ限定で予想配信しまして、その4つ全てが的中!参考までにその先週の予想を載せておきます。

 

小倉9R ひまわり賞 サラ2歳OP 芝1200m [勝負度D]

◎8   テイエムアイガテ
◯11 テイエムノサッタ
▲7   カシノティーダ
☆6   テイエムフガエゾ
△4   テイエムウンマカ
△9   ヤマサカタッシャ
△1   ダンツブライト

九州産馬限定戦は現時点で3レース行われているが、今年に関していえばその3レースのレベル差がはっきりしている。かと言って勝ち馬3頭が強いというわけでもなさそうで、ここは未勝利馬の中に能力最上位馬がいると考える。

本命は◎テイエムアイガテの能力が最上位。初戦のコチョウジュニアの新馬戦はペースも遅くて非常にレベルの低い一戦だったが、最後の直線で鞭を入れて大きくヨレておりこの馬に関しては完全に度外視可能の一戦。あのロスさえなければあっさりとコチョウジュニアを差し切っていたのは間違いない。2戦目のテイエムノサッタの未勝利は九州産馬限定戦にしてはかなり厳しいペースを3番手追走。そこから一旦は抜け出すも展開向いたテイエムノサッタにしてやられた感じで負けて強しの内容。前走時計は九州産馬限定戦では抜けていますし、素直に展開的に厳しい中で勝ち馬とタイム差なしだったこの馬が今年の九州産馬の中では一番強いはずだ。

ここ2戦を見てもスタートは速いですし、まずこのメンバーならばテイエムノサッタの未勝利の時計だけ走れていれば勝ち負けになる。安定して最も良いパフォーマンスを発揮できるのは間違いなくこの馬なはずで、それでいて未勝利ならそこまで人気も被らないだろう。ここはこの馬を信頼したい。

対抗は素直に前走時計を信頼して◯テイエムノサッタにします。初戦は位置も取れずに何もできませんでしたが2戦目の前走で一変。展開に恵まれた感じはありましたが、走破時計1:09:1は例年であればひまわり賞の走破時計がこれぐらい。明らかに2戦目で一変した感じでしたし、この時計で走れればまずここでは上位。今回も前半は33秒台になりそうですし、そうなれば能力上位のこの馬が差し込んでくる可能性は高い。

三番手は▲カシノティーダが一気にパフォーマンスを上げてきそう。初戦は後方追走から何もできずに終了。前走は一転して抜群のスタートから先行策をとったが、前半33.5と九州産馬限定戦にしては速いペースを競り合う形に。それでも逃げたダンツブライトを4コーナーで被せて一旦先頭に抜け出しましたし、展開を考えればテイエムアイガテの次に強い競馬をしている。テイエムノサッタの未勝利上位が強いということを考えてもこの馬は今回は面白い一頭だろう。

次点で☆テイエムフガエゾが上位評価。テイエムノサッタの未勝利で3着に走れているように能力はここでも通用。ただ、最後の脚色を見てもテイエムアイガテやテイエムノサッタには劣っていましたし、ここと展開向かずに僅差だったカシノティーダあたりには能力劣りそう。前走はスローペースで時計が遅かっただけで最後は明らかに脚を余していましたし、今回はパフォーマンスをあげてきそうですがどこまで差し込んでこられるか。

<レース結果>
1着:▲カシノティーダ 6番人気
2着:◎テイエムアイガテ 1番人気
3着:◯テイエムノサッタ 2番人気

 

新潟11R BSN賞 サラ3歳上OP ダート1800m [勝負度C]

◎4   ナムラミラクル
◯2   サルサディオーネ
▲3   マイネルバサラ
☆1   リアファル
△7   ローズプリンスダム

新潟ダートは先週の馬場を見ても酷いレベルの前残り馬場。先週の日曜日はダート戦で全てのレースで逃げ馬が勝利するという異常なバイアスが出ていました。土曜日は昼頃から雨が降るという事で、まず先週と似たような先行有利な馬場になるはず。ここは有力馬が後ろで構える馬が多いですし隊列も読みやすいので面白い一戦になりそうだ。

本命は能力最上位の◎ナムラミラクルが人気薄で激走を果たす可能性が高そう。前走のプロキオンSは抜群のスタートダッシュから先行できそうだったが、先行争いでブラゾンドゥリスに前に入られて手綱を引く大きな不利があってほぼ最後方まで下がってしまった。それでも後ろからは絶望的に届かない馬場で最後までグイグイ伸びて差を詰めていましたし、明らかに力をつけてきているというのを感じさせる内容。その前走は距離不足が否めませんでしたし、距離を伸ばせば重賞にも手が届くくらいのところまで来ている気がします。

その能力の根拠として挙げたいのが2走前の夏至Sでの圧巻のパフォーマンス。かなりの高速馬場ではあったが前半1000m=57.9は今年最速の通過タイムで馬場差を考えなければフェブラリーステークスよりも速いペース。当然のごとく先行した馬はほとんど大敗しているが、この馬だけは2番手から抜け出しての快勝。この内容を見ても先行力を持久力を活かす競馬さえできればオープンでまず勝ち負けになっていいはず。

以前は1700mでも勝ち鞍があるようにコーナー4回の舞台も1800mの距離もおそらく問題ないはず。1800mは一度使われて負けていますが、この時は前半1000m=60.4という鬼ペースを逃げての失速なので致し方なし。今回は圧倒的に先行有利な新潟ダート1800mですし、本格化した今ならまずこの距離はこなせると考えていいはず。

枠順隊列を見ても徹底先行タイプの馬はこの馬より内に入りましたし、この馬より外には先行タイプはほとんどいない枠並び。まず前走のダッシュ力があれば逃げ馬を見る2、3番手は取れるはずで、そこから機動力と持久力を活かして4コーナーで並びかけるような競馬ができればあっさり勝ってもおかしくないんではないでしょうか。

対抗は単騎逃げが見込める◯サルサディオーネで良いはず。怖がりでとにかくマイペースで逃げられるかどうかが全てという馬。前走の柳都Sは同じく何が何でも逃げなきゃダメなアースコネクターが向こう正面に入っても絡んでくる非常に厳しい展開。前半1000m=60.1のハイペースで逃げて直線でも粘って5着の内容は優秀ですし、とにかく自分のペースで行ければオープンでもやれていい。今回は逃げタイプの同型はいませんし、ハンデは51kg。マイネルバサラやナムラミラクルあたりがどれだけ可愛がってくれるかというのはありますが、楽逃げ叶えば押し切りまであっていい。

三番手は叩いて良化が見込めそうな▲マイネルバサラにします。前走のマーキュリーCは休み明けで息ができておらず、アンタレスSは大外枠からハイペースで逃げて失速、とここ2戦はちゃんとした敗因があり。ダイオライト記念ではケイティブレイブとアポロケンタッキー相手にガチンコ勝負で少差で走っている馬ですし、スピードの持続力を活かす競馬ができれば明らかにオープンでは能力上位。シニスターミニスター産駒は新潟ダート1800mで気持ち悪いぐらいによく走りますし、この馬自身もこの条件はベストに近いだろう。前々から早めに仕掛ける形で上位好走を期待。

人気先行型ではあるが☆リアファルはこの条件で1枠1番なら久々の馬券圏内もありそう。前走のブリリアントSは時計自体は遅いのだが、直線で好位からジリジリとずっと伸び続けてあわやの4着。一瞬の脚には欠けるが惰性でバテずに伸びてこられるタイプと見て良さそうで、こういうタイプの馬は新潟ダート1800mで枠なりに位置が取れればそのままなだれ込める。調教も良いので今回は走れるんじゃないでしょうか。

人気になりそうなローズプリンスダムは枠順と乗り替わりがマイナス。ここ2戦は柴田大知騎手と松田騎手がテンから勢いをつけて前付けしてこの馬の惰性で粘り込める特性を最大限に活かしていた感じ。今回は内枠に速い馬が4頭いてこの馬が外目の枠となると相対的に位置を落としそうで、この馬は位置を落とした分最終着順も落としそうなタイプ。こういう馬であるというのも石川騎手は予習せずに乗りそうですし、変に中団で脚を溜めて回ってくるだけで終わる可能性を危惧したい。もし石川騎手が積極的に乗って来た時のために抑えの印は打った。

<レース結果>
1着:◯サルサディオーネ 3番人気
2着:◎ナムラミラクル 4番人気
3着:△ローズプリンスダム 2番人気

 

新潟10R 朱雀S サラ3歳上OP 芝1400m [勝負度D]

◎4   コウエイタケル
◯15 アイライン
▲14 ワンスインナムーン
☆9   ショウナンライズ
△7   シベリアンスパーブ
△1   トウショウドラフタ
△6   トーセンデューク
△3   ジューヌエコール

新潟芝は土曜夜から日曜の昼間にかけてずっと雨が降り続くという天気予報。今まで高速馬場が続いていた今開催の新潟芝コースも流石に日曜日は馬場悪化が濃厚でかなり時計のかかるレースになりそうだ。展開を見てもワンスインナムーンの単騎逃げが確実でそれを追いかけるのがショウナンライズぐらいしかいないメンバー構成。ある程度前目の位置から渋化馬場をじわじわと伸びてこられそうな馬に向きそうだ。

本命は絶好条件替わりで◎コウエイタケルが久々の激走を見せそうだ。既に7歳になり若干の衰えはあると思うが、近走に関しては果敢に重賞に挑戦して相手が強すぎたというのと1200mやマイルなどこの馬の適性外条件を使われての凡走が続いている感じ。以前は1200mも走れる感じではあったが、最近のこの馬の走りを見ていると1200mではスピード負けする感じでベストは間違いなく1400m。安土城Sでは直線半ばまではあわやの手応えで伸びていたが、その後にどん詰まりでの0.7秒差の9着。あのレース内容を見ても得意の1400m戦で大してメンバーの強くないオープン戦なら十分にやれていい。

メンバーや枠並びを見てもワンスインナムーン、ショウナンライズの次くらいのポジションは間違いなく取れるはずで、枠順から考えてもラチ沿いの3番手という絶好のポジションが取れるはず。この馬は昨秋にほぼ同じようなパターンで新潟芝1400mの信越ステークスで2着に走れており、その時も雨降る馬場で内枠から先行してそのままスルスルと抜け出しての好走だった。もう今回はそのデジャヴのような競馬になりそうですし、ここまで隊列がわかりやすいメンバー構成なら先行タイプが競り合って差しが突っ込んでくるような流れにもならないはず。連戦の疲れさえなければまず突っ込んでこれるんではないだろうか。

対抗はこちらも条件替わりが良さそうな◯アイラインが有力。戦績を見ても東京芝1400mにやたらと好績が集中している左回りの1400m巧者。それでも近走は本格化を見せてきた感じでそれ以外の条件でも強い競馬を見せている。2走前のパラダイスSでは今回と同じような渋った馬場でしっかりと伸びてきていますし、スローを考えればロードクエストをあわや差し切るかの3着は優秀な内容。前走は距離不足で脚を余した格好だったので今回の距離延長と左回りコース替わりはプラスだろう。

差し馬ではありますが近走を見てもスタートは速い馬ですし、今回は外枠にスピードがなさそうな地方所属馬が揃ったので中団外めくらいの位置が取れそう。中団ぐらいから外目を末脚伸ばせればまず突っ込んでこれると見ています。

三番手は半信半疑な部分もあるがここまで展開恵まれるとわかっていれば▲ワンスインナムーンでいいか。CBC賞はハイペースの逃げで失速、函館スプリントSはハナを取りきれずに失速、とここ2戦は敗因はあるのだが、以前のこの馬だったら普通に走れていたはず。ちょっと近走を見る限りでは昨年の絶好調期のこの馬にはない感じがします。

昨年もこのレースを勝利はしましたが、最後は差し馬の強襲をギリギリ凌いでの勝利でしたし本質的に1400mは若干長いはず。久々に楽な単騎逃げが打てるという点で相手にしましたが、やっぱり出来落ちで直線は失速という可能性も考慮はしておきたい。

逃げるワンスインナムーンの2番手の位置にスッとつけられそうな☆ショウナンライズも格上挑戦だが好走の可能性は高い。前走は完全に前残りに恵まれたのは確かだが、今回もメンバーレベルは1600万ぐらいのものですし隊列は落ち着きそう。ニューイヤーSで僅差の4着に走れているようにオープンでも相手や展開次第という感じですし、この相手ならやれていいはず。

大穴だがシベリアンスパーブは一撃あっておかしくない。昨秋の信越Sはインをするすると伸びて4着とこの条件への適性はありそう。ここ2戦は米子Sが超高速馬場で時計勝負に対応できずに回ってきただけ。バーデンバーデンCは明らかに短い1200mに対応して、なおかつタフ馬場で最内を突いての5着なら上出来だろう。道悪馬場は(1-2-1-1)と大得意にしている馬ですし、上手く捌ければここは大穴を開ける可能性あり。

<レース結果>
1着:▲ワンスインナムーン 1番人気
2着:☆ショウナンライズ 3番人気
3着:◎コウエイタケル 6番人気

 

小倉11R 小倉日経OP サラ3歳上OP 芝1800m [勝負度D]

◎5   レトロロック
◯7   エンヴァール
▲6   タムロミラクル
☆3   マサハヤドリーム
△2   キョウヘイ
△8   スーパーマックス
△4   テイエムイナズマ

頭数も少なくメンバーレベルも低い一戦。展開と適性が非常に重要になりそうだが、ここはそのどちらもベストに見える◎レトロロックが一変を見せてくれそうだ。この馬はとにかく3走前の関門橋Sの内容が秀逸。淀みない流れを中団前目追走から抜群の手応えで押し上げていっての差し切り勝ち。倒したプロフェットは重賞勝ち実績ある馬ですし、最後は加速ラップでまとめて後ろを突き放した内容は非常に優秀。母父ロベルトの持続力型のディープインパクト産駒で機動力とスピードの持続力が活かせる小倉の舞台がベスト条件なんだろう。

オープン昇級初戦の福島民報杯はタフ馬場で先行馬多数で位置が取れず。ハイペースの中を途中から押し上げて力尽きた格好で度外視できる内容。前走の都大路Sは物足りない感じはあるが、高速馬場で道中ペースが緩まずに徐々に位置を落として直線ではキレ負けしていた感じ。関門橋Sだけ走ればここは時計指数的にも勝ち負けになって良さそうですし、このメンバーで浜中騎手となればまず位置を取りに行くはず。逃げるエンヴァールを見る2番手のポジションさえ取れればまず勝ち負けだろう。

◯エンヴァールは能力は劣りそうだがどう考えても単騎逃げで展開は向きそう。メンバーを見渡してもまず十中八九この馬が逃げることになりそうですし、騎手に作戦を指示する藤原調教師で外人騎手となれば逃げ戦法を取るだろう。ダイワメジャー産駒で逃げの競馬は合いそうですし、レトロロックが番手から可愛がってくれれば十分に逃げねばれていい。4番手評価予定だったが土曜の小倉の馬場がかなり速かったのでベタに前残り狙いで対抗に。

三番手は久々の芝になるが▲タムロミラクルがやれて良さそう。近走を見ても脚を溜めて一瞬の決め手を活かしてこそという感じであんまりダート馬っぽくない印象。ディープインパクト産駒ですし、新馬戦は小倉芝2000mで2着に走っている馬。決して芝で頭打ちでダートに行ったわけではなく、芝は単にずっと使っていなかっただけという感じ。器用に立ち回れてシュッと脚が使えるタイプなので芝は合っていそうですし、この程度のメンバーなら上位に来れてなんら不思議はない。

四番手は今回のメンバーなら上位だろう☆マサハヤドリームにします。前走の福島テレビOPは馬場も展開も全てが向いての辛勝。ハイペース消耗戦だとはいえ時計はかかりすぎですし、ほとんど評価に値しないレース。米子Sも超低レベルなメンバーで相対的に3着に走っただけですし、ここ2戦の結果だけで人気するなら嫌いたいタイプ。ただ、今回もかなり相手は弱いですし、平坦の小倉コースは適性上位。この頭数なら最後に差し込んできて2、3着には走ってきそうだ。

<レース結果>
1着:◎レトロロック 4番人気
2着:◯エンヴァール 2番人気
3着:△キョウヘイ 3番人気

 

今日もメルマガでは平場のレースを多数配信予定!

重賞レースの詳細予想や買い目及び平場レースの予想はメルマガ限定のコンテンツとなっておりますので、ぜひこの機会に購読を検討してみてください。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

本日から購読いただくのが最もお得となっております

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

今日から購読頂くのが断然お得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

本日から購読いただくのが最もお得となっております

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

10/2(火)に行われる順延分の阪神開催の予想について

本日の開催も中止となっておりました日曜日の阪神開催ですが、JRAの方から発表があり、、、 **

記事を読む

年末のご挨拶とメルマガお年玉特典のご案内

さて、とうとうついに2017年も残すところ今日1日となってしまいましたね。 本当は今日は高校サ

記事を読む

2015年の感謝・反省並びにリニューアルのお知らせ

今日で2015年も最終日!! 改めまして、本当にたくさんの読者の方がこのサイトに訪れてくれたこ

記事を読む

有馬記念特別企画「全頭完全診断」実施!

もういくつ寝ると「有馬記念」ですよ。私はそろそろ年賀状の準備をせねばと、来年はひつじ年なので村上春樹

記事を読む

メルマガ特典「2歳馬番付」&リプライサミットのお知らせ

福山雅治の結婚は驚きました!! 訳あって家にツアーDVDとかがいっぱいあるので結構福山雅治は身

記事を読む

メルマガ「ムック企画」実施決定!

今月より配信しております徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では毎週、重賞のまとめデータに回顧デ

記事を読む

【臨時告知】ツイキャス第二弾のお知らせ

どうも、こんにちわ。KAZでございます。   おかげさまで先週の「桜花賞展望〜

記事を読む

8月にイベント出演することになりました〜!

えぇと、一部メルマガ会員の方にはお知らせしておりまして、既に参加仮申請をかなり頂いておりましたが、こ

記事を読む

年末年始の配信スケジュールについて

2016年も1年間、中央競馬お疲れ様でした。 有馬記念ウィークがまさかの3日間開催ということで

記事を読む

メルマガ簡易リニューアルのお知らせ&今週末も全レース予想配信!

さて、日本代表の最終選考などにうつつを抜かしていたらもう金曜日になってしまいました。つい、先週の中央

記事を読む

【天皇賞(秋)2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2018(東京芝2000m)の考察です。 10月28日に東

菊花賞は歴史的なスローでスタミナいらず〜土日の予想結果など

さて、菊花賞の回顧記事も先週に引き続いて非常に遅くなってしまいました。

菊花賞2018の予想を公開!

菊花賞2018(京都芝3000m)の予想です。 10月21日に京

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。

富士ステークス2018の予想を公開!

富士ステークス2018(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑