*

【2016】プリンシパルS/ レース考察(東京芝2000mで行われるOP戦を徹底考察します)

公開日: : 平場レース考察・予想

今日は5/7(土)に行われるプリンシパルステークスのレース考察を行います。東京芝2000mで行われる3歳限定オープン戦です。1着馬には日本ダービーの優先出走権が与えられます。

 

枠順が出てから平場の予想を始めようと思い、プリンシパルステークスの出馬表を見ていたらかなり面白そうなメンバーで、かつ血統傾向やレース傾向もわかりやすいレースなので、自分がまとめるついでにサイトにも書くことにしました。というわけでご参考までに。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】プリンシパルS 予想考察

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-05-06 14.23.32

1番人気は過去年で全頭が連対しています。この最大の理由はプリンシパルステークスがダービーへの優先出走権が1枠しかないから、ということでしょう。いわばダービーへのラストチャンスにも関わらず、勝たないとその舞台への挑戦権が得られないわけです。青葉賞や京都新聞杯なら2着馬でもチャンスはありますが、ここは勝たなければいけない。

そうなれば「プリンシパルSなら勝てる」という能力が抜けた馬が出てきて、1番人気に推されて力が違って勝ち負けになるというのは想像がしやすいんじゃないでしょうか。

ただ、1番人気が馬券に絡みやすいといっても、ヒモは確実に荒れるレース。基本的には荒れる前提で考えたほうがいいと思います。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-05-06 14.44.12

過去5年でディープインパクト産駒が4勝ともはや独壇場と化している感じのレース。ただ、この4勝の馬は全て1番人気の馬です。ディープインパクト産駒がこのレースに向いているというよりは、能力抜けているディープインパクト産駒の素質馬がそのまま走ったという方が良さそう。

今年はショパンが人気に推されそうですが、アンビシャス、ベルキャニオン、スピルバーグ、トーセンレーヴと比べるとかなり小粒な印象。大外枠を引いてしまいましたし、そこまで評価したくはありません。

強い馬(ディープの素質馬)が順当に走る一方で、その他の馬はとても東京芝コースとは思えない重い馬ばっかり走っています。サドラーズウェルズ系ニジンスキー系、そしてグレイソヴリン系を持っている馬が毎年好走。過去5年で軽いイメージの馬はアルキメデスくらいしか走っていません。

後ほどラップのところでも書きますが、このレースは能力抜けた素質馬以外は重いスタミナ血統が走るレースなのです。その理由をこれから見ていきましょう。

※完全にショパンをディープインパクト産駒と勘違いして文章を書いていたので、ご指摘頂いたので訂正しました。SHO様ありがとうございます!

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-05-06 14.48.53

スローペースになったのは逃げ馬不在で前残りレースになったサムソンズプライドの2013年のみ。後は淡々と流れるレースになりがちで、上がり時計はそれなりに早いですがスローからの瞬発力勝負にはなりません。

これもやはり出走権が1枠というのが大きいんじゃないでしょうか。そのおかげでレースが早め早めに動くということ。それによって最後はバテずに伸びるスタミナ血統がじわじわと馬券内に来るレースだと思います。

また、1頭くらい毎年出てくる素質馬以外は基本的にメンバーレベルはかなり低くなりがち。大して能力差がないどんぐりの背比べのようなメンバーになりがちなので、抜けて強い馬以外はインの好位でバテずに伸び切れる馬が向くレースになりがちです。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。出走メンバーはこんな感じ。

スクリーンショット 2016-05-06 15.07.52

果たしてショパンが1番人気になりますかね。前走は勝ったとはいえ接戦の未勝利戦。鞍上はデムーロでエアグルーヴ一族ですし人気する下地は揃いに揃っているのですが、この枠順がどう受け取られるかでしょう。

スプリングS上位のプランスシャルマンや、あとはnetkeibaでは人気になっていませんが、未勝利勝ちの時計が圧巻のエフティスパークル、500万勝ちのアシュワガンダあたりもそこそこは人気するはずです。

 

現時点でプリンシパルSはこの馬に注目しています。

その馬の名はブログランキングで公開中

 

ぱっと見、人気馬が嫌えそうで面白いなぁとは思ってたんですが、逆に買いたい馬がそんなにいない感じ(汗)枠順、能力、血統などを色々見てもこの馬が最有力な気はします。ここ2戦は全く競馬できていませんが、間隔を開けてきて立て直してきていれば勝ち負けになるでしょう。

 

関連記事

【2/7】平場・特別ハンティング

今日は諸用で東京競馬場に来ています。かなり上の席で見ていますが、寒くて寒くて震えております。

記事を読む

安達太良ステークスの予想を公開!

安達太良ステークス2019(福島ダート1700m)の予想です。 7月20日に福島競馬場で開催さ

記事を読む

白河特別2017の予想を公開!

白河特別2017(福島芝1200m)の予想です。 7月22日に福島競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2/13(土)】平場・特別ハンティング

さて、競馬日が始まりました。 昨日は「うまっぷる」さんと「TAROの競馬」さんのイベン

記事を読む

HTB杯2019の予想を公開!

HTB杯2019(函館芝1200m)の予想です。 6月15日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】豊明S / テレビユー福島賞の予想を公開!

本日は重賞レースもないのでメイン3場の予想を公開してみようと思ったのですが、函館11は全くわからない

記事を読む

2017年6月24日の厳選予想 (花のみちS)

2017年6月24日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。 その日のレースの中で最も

記事を読む

【1/24(日)】平場・特別ハンティング

さて、今日もこの記事をあげたらサクッと中京競馬場にいってきます。 ただ、先ほどネットの指定席予

記事を読む

3場メインレースの予想を公開!

【3週連続高配当的中の無料予想】 「夏競馬は調子が重要」「夏競馬は格より勢い」などと 言われ

記事を読む

【8/27(土)】平場・特別ハンティング

今週は小倉がコース替わり。昨年の傾向でいうとこのコース替わりで外差し馬場がイン伸び馬場に豹変。ただ先

記事を読む

菊花賞2020の予想を公開!

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京

富士ステークス2020の予想を公開!

富士ステークス2020(東京芝1600m)の予想です。 10月2

【菊花賞2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

菊花賞2020(京都芝3000m)の考察です。 10月25日に京

埼玉新聞栄冠賞2020の予想を公開!

埼玉新聞栄冠賞2020(浦和ダート1900m)の予想です。 10

【富士ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

富士ステークス2020(東京芝1600m)の考察です。 10月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑