*

大阪杯2024の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2024/04/04 GIレース考察・予想

大阪杯2024(阪神芝2000m)のレース予想です。

3月31日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はローシャムパーク、タスティエーラ、ベラジオオペラ、ソールオリエンスなど。阪神競馬場の芝2000mで行われるGIです。

 

[PR] 阪神競馬場のG1レースならここ!

阪神に強い無料情報

トライアル競走で連勝\(^o^)/

馬券師さん駐在ですかね?

阪神G1の買い目はここにお任せです!

━━━━━━━━━━━━PR

無料情報の実績

・フィリーズレビュー

馬連7点4,200円 30.1倍

馬単7点4,200円 ×

〝126,420円〟獲得

・金鯱賞

三連単36点800円 61倍

〝48,800円〟獲得

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

先週も阪神で高配当

・3/23 阪神5R

馬連7点4,200円 9.4倍

馬単7点4,200円 13.9倍

〝97,680円〟獲得

━━━━━━━━━━━━━━

阪神G1はここでOK!

土曜から無料情報をお見逃しなく(^_-)

→大阪杯・無料情報を確認

↑まずは買い目の中身を無料で覗いてください。

 

大阪杯 2024 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

大阪杯はどのようなレースか解説します

概要・データ

7年前からG1レースに昇格。当初から同時期に開催されるドバイ国際競争に対抗する芝の中距離レースにという名目でしたが、今年のドバイ国際競争に出走する日本馬の面々を見ても全くその名目としては機能していない感じ。G1レースと言いながら実質上はGIIレースぐらいの位置付けになっています。

コーナー4回の小回り芝2000mという条件は古馬混合G1ではこのレースだけ。そんな小回りコースなので先行力や立ち回りセンスが重要に思えますが、根幹距離レースということもあって案外決め手も重要になります。道中の追走スピードも問われるので2200m以上の距離よりもマイルに実績がある馬が走りやすいレースです。

 

普通ならばヴィクトリアマイルに向かうはずの牝馬が大阪杯に出てくるとなれば、それなりに強い馬が多い。そんなわけで牝馬の成績は比較的優秀。

関東馬や6歳以上馬の成績は良くありませんが、メンバーレベルが下がってきているのでこれらのデータを全て気にしていると買える馬がいなくなってしまいます・・・

 

レースラップ

基本的に阪神芝2000mは1〜2コーナーの半径が小さいために前半はスローペースになりやすい舞台。近2年はジャックドールが序盤から飛ばし気味に逃げたので速いペースになりますが、普通ならば前半スローペースからロングスパート戦になりやすい舞台です。

 

血統傾向

大阪杯は1年間のG1レースの中でも特に血統傾向が顕著なレース。とにかくディープインパクトの血を持っている馬が有利で、なおかつアメリカのスピード血統を持っている馬が断然有利な傾向です。

 

今年の大阪杯を予想する上で重要なファクターを解説します

馬場・トラックバイアス

先週は雨の影響を受けましたが今週末は晴れ予報。今週からはBコースに変更になりますし、イン有利の高速馬場になるんじゃないだろうか。

 

展開想定

バビットが除外で逃げ先行タイプが全くいないメンバー構成。もう何が逃げるかさっぱりわかりませんが、ハーパー、ジオグリフ、ステラヴェローチェあたりが逃げ馬候補。どう考えてもスローペースになるでしょう。

 

ノーザン・ルメール・川田の取捨

ルメール、川田はドバイ遠征不在。ノーザンファーム生産馬も根幹距離の割に成績はそこまで良くありません。

 

[結論] どのような馬を狙えばいいか

想定するレース質

小回りコースで追走スピードが問われてマイラーが有利

 

狙える馬のタイプ

スロー濃厚で前に行けそうな馬 or マイル前後の距離で実績ある馬

 

嫌える馬のタイプ

スロー濃厚で後ろからになりそうな馬 or 長い距離でしか実績のない馬

 




 

大阪杯 2024の印

◎ジオグリフ

単純に今回のメンバーに入れば実績最上位。その実績が最上位な上に倒してきた馬がどう考えても強い馬ばかりで、果たして弱いと言われている4歳世代の今回人気になる馬たちがイクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ダノンベルーガなどを倒すことはできるだろうか。

3歳秋以降に不振が続いていたのは調子を落としていたというよりも単純に適性条件に使われていなかっただけ。適性合わないダート戦や距離長い2200mなどを使われてずっと結果が出ていなかったが、前走の中山記念でようやく適性に合う条件に使われてしっかりと結果を出した。結果は3着だったが特殊な馬場で前に行った2頭を交わせなかっただけですし、力負けというわけではないだろう。

これまでの戦績からもコーナー4回の芝2000mはベスト条件だと思いますし、今回は前走の中山記念とさほど変わらないぐらいのメンバーレベルで先行馬不在でスローペース濃厚。絶好枠が引けましたし、前走でハイペースの1800mを先行しているこの馬ならスッと前に行けるのはほぼ確実。馬場、展開、枠の全てが味方しそうですし、明らかに世代レベルが低そうな4歳馬を買うぐらいなら全てが向きそうな5歳の穴馬を買うべきでしょう。

 

【対抗 ◯3 タスティエーラ】

日本ダービーに関しては過去最高の凡戦に恵まれた部分は否めないが、それ以外のこれまでのレースに関してはケチをつけるところはない。スタートセンスまずまずで良い位置が取れますし、自在に動けて操作性も良いタイプ。有馬記念では最後の直線で壮絶な不利がなければ3着争いは際どかったと思いますし、今回のメンバーで有馬記念であれだけ走れいれば明らかに上位と見ていいでしょう。

ここ2戦が長距離を使ってきての2000mへの短縮で行き足つくかが少し気になりますが、1、2、4番の馬がそこまで行き足がつきそうにないので、相対的に良い位置が取れそう。

芝のGIレースでは全く信頼できない松山騎手ですが、唯一信頼できるのは直線の短いコーナー4回の舞台。実際に皐月賞ではアルアインで1着、タスティエーラで2着と実績ありますし、今回も手薄なメンバー構成で内枠から積極的に乗ってくれればここはさすがに上位じゃないでしょうか。

 

【単穴 ▲2 ローシャムパーク】

函館記念やオールカマーの内容を見ても絶対能力は今回のメンバーでは最上位。コーナー4回の2000mという条件自体はベストに近いと思うので、スムーズな競馬さえできれば今回のメンバーなら最後は差し込んできそう。

ただ、前走でも出遅れているようにあまり行き足つくタイプではないのでこの内枠は諸刃の剣。上手くインで脚を溜められる可能性もあればどん詰まりで何もできない可能性もありそう。捌ければ素晴らしい決め手で差し込んできそうですが、自在に動けそうなタスティエーラの方を上位に取ります。

 

【△5 スタニングローズ】

今回と同じ舞台で秋華賞を勝利。これまでの実績や戦ってきた相手を考えても内枠からスムーズな競馬ができれば有力だとは思うが、この長期休養明けはさすがにノーザンファーム外厩仕上げでも走れるんだろうか?半信半疑。

 

【△8 プラダリア】

昨年の一連のレース内容を見ても速い上がりは使えないディープインパクト産駒で、じり足でも対応できるタフな馬場や非根幹距離のGIIでこそという馬。あんまりGIのスピード勝負向きには見えないが、今回はGIとは言いにくいメンバーレベル。内寄りの枠で前目に行けそうですし、何よりも大阪杯の特注血統であるディープインパクトとヴァイスリージェントの両方を持っている点が怖い。

 

【△9 ステラヴェローチェ】

もともとは世代屈指の実力馬だったが屈腱炎で戦線離脱。ようやく前走で復活を果たしたが、さすがにオープンレベルで展開に恵まれればそりゃ勝てるという感じだったか。

今回はいくらレベルが低いとはいえ一気のメンバー強化になりますし、屈腱炎での離脱で馬の絶対能力は落ちているはず。ここは逃げ馬不在でかなり楽なペースでの逃げが叶いそうなので、展開に恵まれてどこまでやれるだろうか。

 

【△11 ベラジオオペラ】

ここ2戦は重賞で連続好走しているが、ボッケリーニ、プラダリアという相手を考えてもそこまでレベルは高くない。今回はメンバーレベルが低いとはいえG1ですし、外枠を引いて相対的に外を回された場合にどこまでやれるだろうか。

 

【△13 ルージュエヴァイユ】

エリザベス女王杯では内枠を利したとはいえG1で2着に走れている馬。今回のメンバーでは実績上位ですし、前走の京都記念はタフ馬場の芝2200mでは長かった感じか。高速馬場の芝2000mになる点は良いと思いますし、あとはBコース開幕週の馬場で外枠をクリアできれば・・・

近走のスタートからの行きっぷりを見ても悪くないですし、エプソムカップでは東京芝1800mで大外枠から先行した経験もある馬。菅原明良騎手ならそういう思い切りの良い騎乗をしてくる可能性もありそうですし、ここまで人気がないなら抑えておきたい。

 

【消10 ソールオリエンス】

キタサンブラック産駒らしいフットワークの力強さはあるが器用さがないタイプ。適性条件は2000m〜2200mぐらいの距離で外差しが決まるタフなレースなはずで、今回はBコース開幕週の高速馬場ではこの馬の良さは活きない。横山武史騎手なので前に行きたいとは思っているだろうが、それでもいけないんじゃないだろうか。

 

印まとめ

◎ジオグリフ
◯タスティエーラ
▲ローシャムパーク
△5,7,8,9,11,13

勝負度 D

 

買い目

大阪杯の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

当メルマガの予想は点数少なく、少額でも大きく配当を増やせるような予想を提供しております。あんまり投資金額が多いとそもそも賭けられなかったりリスクが大きかったりしますもんね。

先日は名古屋城ステークスが印3点で大本線的中!!これ以上ない最高な結果になりましたね。

↓↓↓

<名古屋城ステークス レース結果>
1着:◎テーオードレフォン 4番人気
2着:◯テーオーリカード  2番人気
3着:▲ハピ        1番人気

印3点のみのシンプルな予想で、馬単マルチの裏以外は購入した馬券が全て的中!!!予想のプロセス、印の打ち方や点数、そして買い方までパーフェクトな予想だったと思います。この回収率はなかなか爽快ですね。

 

 

by ゆうけん様

 

by umasan様

 

by ぴろむ様

 

by カリンカリン様

 

by モルタル様

 

by ドナート様

 

みなさま的中おめでとうございます(^^)

うちのブログ、メルマガではお小遣い程度の資金の方でも、少ない点数で買い方を工夫することでドカンと大きな回収が得られれば・・・という考えがベース。

あんまり三連複の多点数流しやフォーメーションだったり、トリプル本命の三連単フォーメーションだったり、お金にものを言わせての多点数買いで的中を拾うような予想はあんまり出したくないなぁと思っております。

そういう考えがベースにあるので、今回のような印3点でシンプルに買った馬券が全て当たる!!という予想はどんな読者の方でも大きな配当を手にすることができるのでベストな予想だったかなぁと思います。まぁここまで完璧な予想は数ヶ月に1回ぐらいだと思いますが、今週末からもこの勢いを継続できるように頑張ってまいります!

今週末も同じくらい爽快な的中を目指しますので、この機会にメルマガを読み始めることをオススメいたします!

 

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年も3月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

エリザベス女王杯 [1] フレッシュな乙女に期待

さて、一週のインターバルを経てまたGIが帰ってくる。今週は京都芝2200mのエリザベス女王杯。私個人

記事を読む

朝日杯FS [4] 距離経験の重要性

寒いですね。非常に寒い。あまりにも寒いのでガルボの気分になって耐えようと思うも上手くいかず。極寒の地

記事を読む

【宝塚記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2022(阪神芝2200m)の考察です。 6月26日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

天皇賞(秋) [2] 全頭診断その1

「下町ロケット」と「釣りバカ日誌」については書いたので、今日は「コウノドリ」について。 今クー

記事を読む

日本ダービー2023の予想を公開!

日本ダービー2023(東京芝2400m)の予想です。 5月28日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

有馬記念 [8] 祭典を彩る16の戦士が決定

いよいよ有馬記念まであと二日・・・ みなさん少しは予想は固まってきましたか? 私は狙い馬

記事を読む

【桜花賞2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

桜花賞2023(阪神芝1600m)の考察です。 4月9日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

ジャパンカップ2018の予想を公開!

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の予想です。 11月25日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

オークスは牝馬3強の1角シンハライトが貫禄勝ち!!

懲りもせずにオークスも東京競馬場に行ってきました。今週末の日本ダービーも行きますから、もしノリで安田

記事を読む

秋華賞2017の予想を公開!

秋華賞2017(京都芝2000m)の予想です。 10月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

羽田盃2024の予想を公開!

羽田盃2024(大井ダート1800m)の予想です。 4月17日に

【天皇賞(春)2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞2024(京都芝3200m)のレース考察です。 4月28日

マイラーズカップ2024の予想を公開!

マイラーズカップ2024(京都芝1600m)のレース予想です。

フローラステークス2024の予想を公開!

フローラステークス2024(東京芝2000m)のレース予想です。

福島牝馬ステークス2024の予想を公開!

福島牝馬ステークス2024(福島芝1800m)のレース予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑