*

【日経賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2018/03/23 重賞レース考察・予想

日経賞2018(中山芝2500m)の考察です。

3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はキセキ、トーセンバジル、ゼーヴィント、サクラアンプルール、ロードヴァンドール、ガンコなど。中山競馬場の芝2500mで行われるGII戦です。今回の記事ではレースラップ、馬場、展開などを考察いたします。

 

PR【外厩情報を網羅した予想】今週は高松宮記念!!


デイリースポーツ本誌で唯一の女性記者だった「竹下かおり氏」を総監督に置くレープロでは、これまでの情報に加えて外厩情報も網羅した上で最終買い目を提供しています。
ぜひお試しください。→ 高松宮記念の予想を見る

今週も外厩で調整されている馬が多くいますが上位人気馬ですと、
ーーーーーーーーーー
■日経賞(G2)
キセキ
トーセンバジル
ガンコ など

■毎日杯(G3)
インディチャンプ
ブラスワンピース
ユーキャンスマイル など

■マーチS(G3)
エピカリス
ゴールデンバローズ
ロンドンタウン など

■高松宮記念(G1)
ファインニードル
ダンスディレクター
セイウンコウセイ など

ーーーーーーーーーー
この他に、穴馬の外厩調整馬もいます。
馬券に絡むであろう勝負気配があるのはどの馬なのか?
その結論と最終買い目は…→ 高松宮記念の予想を見る

 

日経賞 2018 考察

過去5年のレースラップ

距離が長いレースなので先行タイプがどれだけいるかと鞍上の思惑でペースは如何様にも変わりそう。

2017年と2015年は道中全く緩まなかった結果、非常に引き締まったミドルペースになりましたが、2016年は少頭数のスローペースの超ぬるま湯ラップになりレース上がりが34秒を切るような展開になりました。

今年はロードヴァンドールの単騎逃げが濃厚。鞍上が横山典弘騎手なのでペースを間違える可能性はゼロと見て良さそうで、スローペースにしても淡々と流れるミドルペースを刻むにしても「前へ行く馬が有利なレース」にまとめてくる可能性は高いと見ます。

 

 

馬場分析

今開催の中山芝は毎週のように金曜日に雨の影響を受けたおかげか、例年よりは若干程度時計がかかる馬場。これから気温も上がって芝の生育スピードも上がり、Bコースに変わって高速化する可能性は高いと見ていますが、少なくともAコース開催中はそこまで時計レベルに変化は出ないと見ています。

今週末は木金土日と晴れ予報でかなり気温も上がるので、Aコース終盤と言っても相対的に今までよりはパンパンの馬場でできるおかげで一番時計が速い馬場になる可能性は十分にあり。と言っても常識の範囲内だとは思います。

 

馬場バイアスに関しては先週の日曜日がかなりはっきりした傾向が出ていた印象。特に象徴的だったのはスプリングステークスでのエポカドーロの戸崎騎手のコース取り。

4コーナーまではインをタイトに回りながらも、直線では逃げるコスモイグナーツが最内を通ったのに対してエポカドーロは明らかに外目に出しました。結果的にはエポカドーロが強かったというのもありますが、内目を通った馬は伸びませんでしたし戸崎騎手の判断は正解だったか。

スプリングステークス以外の日曜日の中山芝のレースを見ても、どのレースも外を回している馬ばかりでしたし内目の馬場は相当悪くなっていると見て良さそう。今週は木金土日と晴れ予報で芝の生育は見込めますし内目も回復する可能性はありますが、イメージとしては直線では馬場の中どころぐらいを通ったほうがいいタフな馬場という感じです。

 

展開分析

逃げタイプ

ロードヴァンドール

 

先行タイプ

ガンコ

ノーブルマーズ

 

自在タイプ

サクラアンプルール

ゼーヴィント

トーセンバジル

 

差しタイプ

アクションスター

アルター

キセキ

サイモントルナーレ

ショウナンバッハ

チェスナットコート

ナスノセイカン

ピンポン

 

改めて見てみると大して先行馬はいないレース。まず確実にロードヴァンドールの逃げになりそうで、そうなるとレース展開は横山典弘騎手にコントロールされる事になる。

ロードヴァンドール自体がそこまでキレる馬ではないので、スローペースに落としすぎてもいけないということは継続騎乗の天才騎手は重々承知しているはずで、マイペースで淡々としたラップの逃げを打つ可能性が高そう。前述の通りで先週の中山の芝を見ている限り、外伸び馬場にはなってきたが差し一辺倒の馬場というわけでもないですし、展開利は前目を進む馬にある感じはします。

 

 

考察まとめ

最後に現時点で面白いと思っている穴頭をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で公開中

前走はかなりの低レベル戦で時計も遅いがスローペースでほぼ追わずの勝利なのであまり気にしなくて良さそう。血統イメージ通りにスパッとはキレないスタミナ型で、その持久力と立ち回り力を活かせる今回の舞台は良さそう。

先日の阪神大賞典の結果を見ても、まともな5歳馬が重賞に出ていないから4歳馬が活躍しているだけであって、やはり世代レベルは5歳馬の方が高いはず。ここは立ち回りと持久力を活かせる絶好舞台ですし穴を開けても驚けません。

 

【PR】一撃回収で帯封を連発するサイトをご紹介します!

圧倒的な情報量を武器に、
安定感のある的中+驚異の回収率を実現!

今回紹介するサイトは他のどこのサイトよりも

「帯封馬券」を的中するのに特化した予想を公開しているサイトです。

”帯封馬券とは?”

これは100万超えの配当の馬券になります。

つまりたった1レースで100万超えの配当を的中してやろう!

というコンセプトで予想を提供しているんです。

「そんなこと出来るの?」って思いますよね。笑

しかし、一撃帝王では近走も帯封馬券を含む高額的中を公開しております!

先日も中山03Rで「1045万馬券」炸裂!

その他の的中実績をその目でご確認ください!

その他の的中実績はこちら!

先週も上記のような帯封超えの馬券を連発しているんです!

ではなぜこれだけの実績を残すことが出来るのでしょうか?

それは馬主・生産者側との密接な情報網から得られる

”極秘情報!”

なによりも大切な情報を現場から生で仕入れることができるからこそ

これだけの配当的中できているのだと一撃帝王は言います!

もちろんこれだけでなく確たる予想力が無ければこの結果は得られません。

その結果が、無料情報でも帯超えを達成しているんです。

そして今週の無料情報提供レースは「阪神大賞典」

阪神大賞典にもメディアには乗らない裏情報があるのでしょうか…。

皆さん、このチャンス、絶対に逃してはいけませんよ!

⇒ 無料登録はこちら

関連記事

【函館スプリントS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

函館スプリントS2017(函館芝1200m)の考察です。 6月18日に函館競馬場で開催され発走

記事を読む

福島記念 [1] 異常なまでの血統バイアス

おかげさまでリプライサミット大阪開催はキャンセル分も定員に達したため締め切らせていただきました。たく

記事を読む

【神戸新聞杯2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

神戸新聞杯2018(阪神芝2400m)の考察です。 9月23日に阪神競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

小倉記念2017の予想を公開!

小倉記念2017(小倉芝2000m)の予想です。 8月6日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

プロキオンS [1] 上位人気馬の総評

今日はジャパンダートダービー見に大井競馬場行ってきます。久しぶりに女性競馬予想家のヨコテンさんと多分

記事を読む

【AJCC2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

AJCC2019(中山芝2200m)の考察です。 1月20日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【京都金杯2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京都金杯2017(京都芝1600m)の考察です。 1月5日に京都競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

阪神牝馬Sの予想を公開!

我が横浜ベイスターズの連勝は昨日ストップ。 全てはエレラがボーク取られてしまったことが全てでし

記事を読む

京都牝馬S2017の予想を公開!

京都牝馬S2017(京都芝1400m)の考察です。 2月18日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

フェアリーS [1] 中山マイルでも大事な距離経験

今日はちょっとハードロックの話でも。いまモトリークルーとキッスの来日に誘われてまして、行くか迷い中。

記事を読む

7月1週のレース回顧〜梅雨ってここまで雨降るもんでしたっけ?〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

エクリプスステークス2020の予想を公開!

エクリプスステークス2020(サンダウン芝1990m)の予想です。

ラジオNIKKEI賞2020の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2020(福島芝1800m)の予想です。 7

CBC賞2020の予想を公開!

CBC賞2020(阪神芝1200m)の予想です。 7月5日に阪神

安達太良ステークス2020の予想を公開!

安達太良ステークス2020(福島ダート1700m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑