*

日経新春杯2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/01/21 重賞レース考察・予想

日経新春杯2022(中京芝2200m)の予想です。

1月16日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はステラヴェローチェ、ヨーホーレイク、フライライクバード、クラヴェルなど。中京競馬場の芝2200mで行われるGIIです。

 

[PR] 文字通り…特大お年玉!衝撃的な的中結果を見よ!!

無料予想63万円獲得

先週…いえ…いきなり今年の最高値!

昨年を振り返っても最高額かもです♪

━━━━━━━━━━━━━━

--無料予想の実績--

01/09 中山1R 着順:2-6-9

馬連:14.4倍×4,000円

3連複:120.8倍×2,000円

3連単:680.2倍×500円

【払戻計:639,300円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

愛知杯・日経新春杯前の軍資金稼ぎに。

軍資金稼ぎと言うかそのまま勝ち逃げでもOKです!

→朝イチ稼げる無料予想

馬連だけ、3連複だけ乗るのもおすすめ。

投資金額は100円~など初心者さんでも乗りやすいです♪

 

日経新春杯 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

日経新春杯はどんなレースになりやすいのか?

例年は京都芝2400mで開催されるハンデ重賞。京都競馬場の改修工事に伴い、昨年に引き続いて中京競馬場でのスクランブル開催になる。

京都芝2400mと中京芝2200mは求められる適性が全く異なる条件。中京芝2200mはスタート直後と最後の直線で2回急坂を登ることになるタフな条件で、なおかつ向こう正面から下り坂になるコースレイアウトのためにロングスパート勝負になりやすい。

前半部分はスローペースになったとしてもスパート地点が早くなることで先に仕掛けた馬はバテてしまうことが多く、JRA全場の芝2200条件の中でも最も差しが決まりやすい癖の強いコースと言える。

昨年の日経新春杯はタフな馬場で中盤も緩まないラップになったため、最後は最後方に位置していたミスマンマミーアが大外一気で差し込んできました。他のコースではキレ負けするようなパワータイプの差し馬がこの条件だけは長く良い脚を活かして差し込んでこれる、そんなイメージのコースだと思います。

 

今年はどんなレースになりそうか?

京都金杯デーの中京競馬場の芝は特に癖のないフラット馬場だったのだが、先週の3日間開催になって突如としてイン先行勢が圧倒的に有利な反則馬場に変貌。もう3日間を通して外を回した差し馬の成績は絶望的でしたし、先週時点での中京の芝はもう前に行くかインを通れる馬が圧倒的に有利でした。

今週は土曜日の芝レースを見た限りある程度はイン先行組が有利に見えましたが、それでも渥美特別ではダノンドリーマーが外から突っ込んできましたし、愛知杯でもデゼルやソフトフルートが外から突っ込んできて3、4着に走りました。中京芝2200mは中京の芝レースの中でも最も差し追い込みが決まりやすい舞台ですし、今の馬場なら展開次第で普通に外差しも決まっていいんじゃないでしょうか。

 

ざっと出走メンバーを見てみると、前走の中京新聞杯を逃げ切ったショウナンバルディが坂井騎手となれば何が何でもハナを奪いに行くはず。中日新聞杯ではそれで楽逃げが叶って押し切りましたが、今回はアフリカンゴールド、トップウイナー、マイネルフラップなど競りかけてきそうな馬も割といる。どの騎手も中日新聞杯を超スローペースで逃げ切られた記憶がある事から後続のプレッシャーもきつくなりそうで、ある程度ペースが流れてスパート地点も早くなりそうな感じがします。

先ほど書いた通りで今週の中京芝は条件や展開次第では外差しもズバッと決まりそうな馬場状態。それでいて中京芝2200mらしいタフなロングスパート勝負になるのであれば、典型的なこの条件らしい<□□■■>タイプのレースになりそう。とにかくラスト1000mでどこまでも伸び続けられるようなスタミナ型差し馬が狙い目に見えます。

 

考察まとめ

【レース質】後半1000mのロンスパ勝負<□□■■>

【狙えるタイプ】後方からでもいいのでとにかくラスト1000mを早く走れるロンスパ差し馬

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

日経新春杯 2022の印

◎フライライクバード

もうこの馬はゆったり追走してロングスパート性能を活かす【□□■■】条件の申し子のような馬で、そういうレースになりやすい中京芝2200mに凄まじい適性の高さを見せている。もうこれまでの戦績を見ても中京芝2200mか、そうでないかでパフォーマンスが完全に変わっており、あんまり他のコースでの結果を鵜呑みにしない方がいい。

この馬はちょうど昨年の日経新春杯ウィークに中京芝2200mを走っており、その時の走破時計2:11:2は同じ週の日経新春杯より0.6秒も速いもの。ほぼ馬なりで抜け出して上がり時計は日経新春杯とほぼ同じという部分を見ても、おそらく昨年の日経新春杯に格上挑戦で出走していれば圧勝していた可能性が高い。

前走は初の古馬重賞挑戦でちょっと物足りない結果に終わったが、前述の通りでこの馬は中京芝2200m以外の結果はほぼ無視して良さそう。ロンスパ性能とスタミナ、タフ馬場適性が同時に問われる中京芝2200mでこそこの馬の良さは出るはずで、今回は前走から一気にパフォーマンスを上げてくる可能性が高い。

この厩舎は中京芝2200mを大得意にしていますし、1週前にCWで素晴らしい時計を出して仕上がりも文句なし。主戦が今回乗れないのは痛いですが、この騎手ならじっくり脚を溜めて後半部分でこの馬の良さを出してくれそう。枠も文句ないところを引けましたし、ここはこの馬が最も信頼できると思います。

 

【対抗 ◯3 マイネルウィルトス】

アルゼンチン共和国杯の前あたりから明らかにCW調教の動きが一変しており、どうやら本格化した可能性が高そう。札幌記念ではラヴズオンリーユーと小差に走れましたし、アルゼンチン共和国杯もスローの流れを大外から捲り気味の競馬でロスが大きいながら2着と結果を出した。この2戦を見てもこの馬は一瞬のキレではなく後半1000mで長く脚を使うようなレースで強いんだろう。

前走のチャレンジカップは超スローの流れで加速ラップ区間で外を捲る競馬では走れないのも当然。マイネル軍団の馬はデムーロが乗ることでパフォーマンスを上げることが多いですが、この馬に関してはデムーロのスタートの遅さがマイナスに働いている感じもしました。

今回はゆったり追走できて後半のロングスパート性能を活かせる中京芝2200mはいかにも合いそう。今の馬場を考えると内枠も良いですし、荒れ馬場は苦にしないので相対的にロスなく運べそう。当初は本命も考えたが、なかなか仕掛けどころが難しくなりそうなレースで鞍上が川須・・・という点から相手評価までが限界だった。

 

【単穴 ▲6 ヤシャマル】

見た目に派手さはないが、じわじわと根性溢れる脚で伸びてくるいかにもなキズナ産駒。どうも高速馬場の根幹距離では他馬に決め手で劣ってしまう感じがあり、タフ馬場の非根幹距離でスタミナが活かせることで一気にパフォーマンスを上げそう。それはキズナ産駒前半に言えることで、有馬記念で2着に好走したディープボンドやエリザベス女王杯でアカイイトとステラリアがワンツーしたようにこの血統は非根幹距離重賞に異常に強い。

前走の中日新聞杯は1コーナーでごちゃついてしまってスローペースを最後方。物理的に無理な展開になってしまったが、それでも最後はじわじわと伸びていましたし、ペース流れていれば突っ込んできた可能性もありそう。

オープン昇級後でもいつもとは違う先行策をとったエプソムカップを除けば安定して走れており、新潟記念で馬場バイアスを考えればほぼ差のない競馬をしていたクラヴェルが今回人気するのであればこの馬も評価して良さそう。新潟記念の時よりも2kgハンデが縮まれば逆転は十分に可能だと思います。

いかにもアカイイトのように初の非根幹距離重賞で一気にパフォーマンスを上げそうな感じがしますし、今の馬場を考えれば極端に外を回さなくても済むこれぐらいの枠は良さそう。松田騎手も世間のイメージよりはだいぶ乗れる騎手ですし、ここは重い印を打ってみたい。

 

【特注 ☆14 プレシャスブルー】

もう8歳になる馬なのだが、どうもこの馬は昨夏ごろから一気に本格化してきた印象。七夕賞ではイン先行しか来れない馬場で豪快に外を捲って差のない競馬でしたし、オクトーバーSでは大外から豪快に追い込んでその後に福島記念を圧勝するパンサラッサと僅差。3着以下を大きく突き放したのをみても脚力は相当なもんでしょう。

中日新聞杯では超スローペースを最後方というだけでも厳しかったが、直線で前が詰まって捌けずにほぼ追えずでレース終了。その前走の大敗と8歳馬というだけで今回は全く人気がないが、普通に今回のメンバーの中でも末脚の破壊力ならナンバーワン級ではないかと思います。

その末脚の質も軽い馬場でスパッとキレるようなタイプではなく、タフな馬場で長く良い脚を活かしてこそのようなタイプ。いかにもな<□□■■>タイプの差し馬で、近走は芝2200mを使われていないだけで条件的にはドンピシャか。

昨年の日経新春杯でもミスマンマミーアが大外一気で突っ込んできたように、中京芝2200mは展開次第では追い込みも普通に決まる条件。ある程度ペース流れて差しが決まる展開になれば、この馬の豪脚は非常に魅力的に見えます。

 

【△2 クラヴェル】

極限まで溜めて末脚を活かす競馬で本格化。確かにGIで3着に走ったというのは立派なのだが、エリザベス女王杯は完全に差し向きの流れでしたし新潟記念も外差し馬場が完全に向いていました。今回は特に馬場や展開が味方するかは微妙なところで、それでいてハンデが増えるとなるとこれぐらいの評価が妥当か。

 

【△4 ステラヴェローチェ】

まぁ普通に考えて能力は最上位。ただ、道悪馬場の神戸新聞杯、阪神芝3000mの菊花賞、そしてタフな舞台でタフな展開だった有馬記念の全てを上位好走しており、それでいて中2週でなぜ日経新春杯に使うのかさっぱりわからない。57kgを背負うのも酷に見えますし、もう余力がなくて何もできない可能性が多分にあるんじゃないでしょうか。

 

【△10 ヨーホーレイク】

皐月賞やダービーの戦績を見る限り、その時点での能力では今回のメンバーでは上位。ただ、このクロウキャニオンの家系はことごとく早熟タイプの馬が多く、古馬になって重賞で好走した馬は0頭。休み明けで成長しているよりも他馬に追いつかれている可能性を危惧したくなる。

 

【△12 エフェクトオン】

ここに来て本格化してきている感じで、重賞でも展開や馬場が向かない中で善戦。今回は差しが決まるレースになる可能性もありそうですが、どちらかというと長く良い脚を使うよりは【□□□■】タイプで小回りで一瞬の決め手を活かして良さそう。若干ズレる分で△評価としました。

 

【△16 トラストケンシン】

ハーツクライとエルコンドルパサーの血を併せ持つ馬で、いかにも中京芝2200mが合いそうなロンスパ差しタイプ。中日新聞杯もスローで展開が向いていませんが、七夕賞の内容などをみてもプレシャスブルーよりは純粋な脚力で劣ると見ました。

 

印まとめ

◎フライライクバード
◯マイネルウィルトス
▲ヤシャマル
☆プレシャスブルー
△2,4,10,12,16

勝負度 D

 

買い目

日経新春杯の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

さて、新年にもなりましたし、、、

毎年恒例のメルマガお年玉企画を実施したいと思います!

創刊7年で数多くの皆様にお読み頂いているメルマガ。もう最近は購読者が400人を超えて500人に達するかという勢いになっており、メルマガ発行を依頼しているレジまぐの方でも屈指の人気メルマガとなっております。

そんなメルマガですが、この1月に読み始めるのが最もお得な期間になっております。毎年、この期間はお年玉企画として特典満載となっております。

今年のお年玉企画はコチラ・・・(まぁ毎年ほぼ変わりませんが笑)

 

[1] 2021年JRA全場分の全レース分析Excelデータをプレゼント

1月1日〜31日限定で2021年分のJRAの全会場分のレース分析データをまとめてプレゼントいたします。

これから年始の予想をする上でまだまだ2021年のレース分析データは必要になると思います。それらを全会場分まとめてお年玉企画としてプレゼントいたします。

と言ってもメルマガを読まれていない方は「全レース分析データ」とは何かわからないと思いますので、サンプル版として2018年の函館競馬場の全レース分析データだけお試しダウンロードできるようにしておきます。

函館コース全レース分析データ(2018年)

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、このようにJRAの全レースのデータをExcel形式で毎週配信しております。どのレースのレベルが高いのか、どのレースを重視、軽視すればいいのか、などが一目瞭然にわかるようになっております。

その全レース分析データの2021年版を全てお年玉特典としてプレゼントいたします。期間は前述の通りで1月1日〜31日限定になります。その期間にメルマガをご購読頂ければ入手できる企画になります。

 

[2]「ざっくりイメージ種牡馬ファイル2022」をプレゼント

継続購読特典として用意しております「ざっくりイメージ種牡馬ファイル」ですが、新種牡馬もデビューして若干内容が古くなってきたので2022年の最新版に更新いたしました。

ざっくりイメージという名前でもわかるように、各種牡馬が「このコースで好走率が良い」というような詳細なデータを示したものではなく、ざっくりとこんな感じの特徴があるよ、というのをたくさん紹介しております。サンプルを見ていただいた方が早そうなので載せておきます。

今回の改訂版でドレフォンやシルバーステートなどの新種牡馬も一挙に掲載となりました。今、走っているほとんどの種牡馬はこれ一冊でカバーできております。お正月で暇を持て余している方にも読み応え満載な内容となっております。

 

こちらは1/1〜1/16までの期間限定ダウンロードとなります。(1)のプレゼントよりも早めに締め切りますので、お早めにダウンロードの方をお願いいたします。

 

これら、お年玉プレゼント用のダウンロードページへのリンクとパスワードに関しましては、1/1(土)に配信したメルマガに詳細を記載しております。本日以降にご購読頂ければすぐにGETできますので、この機会にぜひご検討ください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も1月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

札幌2歳ステークスの予想を公開!

札幌2歳ステークス2019(札幌芝1800m)の予想です。 8月31日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

【金鯱賞2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

金鯱賞2020(中京芝2000m)の考察です。 3月15日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【2016】マーチS / 有力馬考察(バスタータイプ、ドコフクカゼなどの徹底分析)

今日は3/27(日)に行われるマーチSのレース考察を行います。中山ダート1800mで行われるGIII

記事を読む

京王杯SC [2] 特注血統ニジンスキー

友人から薦められていま「ラブライブ!」を暇な時間に見ているのですが、まさかここまでハマるとは思いませ

記事を読む

【フェアリーS2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

フェアリーステークス2018(中山芝1600m)の考察です。 1月7日に中山競馬場で開催され発

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

スプリングS [2] マイル適性が活きる舞台

阪神大賞典は残念なニュースが入ってまいりました。 トーホウジャッカル回避 これでゴールド

記事を読む

アイビスサマーダッシュの予想を公開!

今週はアイビスサマーダッシュとクイーンステークスが行われますね。 アイビスサマーダッシュは

記事を読む

愛知杯2022の予想を公開!

愛知杯2022(中京芝2000m)の予想です。 1月15日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【ユニコーンステークス2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ユニコーンステークス2018(東京ダート1600m)の考察です。 6月17日に東京競馬場で開催

記事を読む

スパーキングレディーカップ2022の予想を公開!

スパーキングレディーカップ2022(川崎ダート1600m)の予想です。

【プロキオンステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

プロキオンステークス2022(小倉ダート1700m)の考察です。

【七夕賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

七夕賞2022(福島芝2000m)の考察です。 7月10日に福島

7月1週のレース回顧〜ラジオNIKKEI賞は◎フェーングロッテンから大本線的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

CBC賞2022の予想を公開!

CBC賞2022(小倉芝1200m)の予想です。 7月3日に小倉

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑