*

根岸ステークス2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/02/04 重賞レース考察・予想

根岸ステークス2022(東京ダート1400m)の予想です。

1月30日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はソリストサンダー、オメガレインボー、ヘリオス、タガノビューティーなど。東京競馬場のダート1400mで行われるGIIIです。

 

[PR] 東海S3連単39750円的中!!

先週メインレースは・・・

6戦4勝の3連単的中!

─────────────────────
23日メインレース
豊前ステークス ×
AJCC    ×

東海ステークス ◎

指数4→1→2位
3連単39750円
22日メインレース
初富士ステークス◎
指数4→1→2位
3連単32770円
長篠ステークス ◎
指数1→5→3位
3連単6020円
小倉城特別   ◎
指数6→2→1位
3連単36470円
─────────────────────



─────────────────────

全体で見ても
指数上位6頭BOX買いで

22日3連単率58.3%
23日3連単率38.9%

こんなデカいのもきました!
無料公開1/22中京1R
指数4→3→1位
3連単60410円
前夜に指数出るので上位から買うだけ↓

根岸ステークス他無料公開はコチラ
無料公開36レースあるので一度中身覗いてください。
ふつーーーうに3連単きちゃいます!

 

根岸ステークス 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

根岸ステークスはどんなレースになりやすいのか?

フェブラリーステークスの前哨戦として東京ダート1400mで行われるGIIIレース。このレースの特徴はとにかく圧倒的に差し追い込みが有利と言うことだろう。

もともと東京ダート1400mは下級条件と上級条件であまりテンのスピードが変わらない舞台で、上級条件になればなるほど直線で速い末脚が使えるかが重要になる。

冬のタフなダートということで非力な先行馬は厳しい馬場コンディションになりますし、なによりこの時期に使うレースのない1200m向きのスピードタイプのダート馬がこぞってここに出走してくることで前半部分が激流ペースになりやすい。それらの要因が複合的に絡んで差し追い込み有利のレースになっているんだろう。

 

前半3ハロンが34秒台前半ぐらいになっている時は当然差し追い込みが有利になるが、35秒ぐらいで一見するとそこまで速くないようなペースでも差し追い込みがズバッと決まる。ここまで差し有利な傾向の重賞レースも他にはないので、今年もその傾向はしっかりと考えた方がいいだろう。

 

前に行った馬が止まって後方にいる差し追い込みが突っ込んでこれるレースということで、根岸ステークスは基本的に短縮ローテが圧倒的に有利。近2年は延長ローテの馬が連対しているが、その2頭はコパノキッキングとレッドルゼルでどちらも1番人気で能力が抜けていた。そういうレベルの馬でなければ基本的には延長ローテは不利で短縮ローテが有利だと考えておきたい。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今年の出走メンバーを見てもオーロラテソーロ、サクセスエナジー、ジャスティン、ジャスパープリンス、テイエムサウスダン、トップウイナー、ヘリオス、リアンヴェリテなど前に行く馬がズラリと揃った印象。例年通りに前崩れで差し追い込みが有利なレースになりそうで、基本的に差し追い込みタイプを重視するべきだろう。

今年のメンバーは短縮ローテの馬が少なく、差しタイプで短縮ローテの馬となるとソリストサンダー、レピアーウィットの2頭のみ。延長ローテの馬が不利というのは変わらないと思うが、今年に関しては同距離ローテの差し馬が中心になるんじゃないでしょうか。

 

考察まとめ

【レース質】とにかく直線での末脚の絶対値が重要<□■□■>

【狙えるタイプ】末脚の絶対値が高い馬

【狙えるタイプ】短縮ローテの馬

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

根岸ステークス 2022の印

◎タガノビューティー

若駒時代から東京ダートコースで末脚を活かす競馬ならほとんど崩れていない馬で、東京ダートは(5-3-1-2)と凄まじい結果。東京コースで馬券圏外となった2戦はどちらも敗因が明確で、ユニコーンステークスは向こう正面で致命的な不利を受けて競馬にならず。武蔵野ステークスは内枠で馬群の中でごちゃついてしまって外に出せず、最後は完全に脚を余していた。

前走のギャラクシーステークスは苦手な右回りコースで58kgを背負っていたことを考えればまずまずの結果。これまでの戦績からも陣営の大目標は根岸S→フェブラリーSと見て間違いないはずで、差し追い込み勢の馬の中では最もコース適性が高くてここに賭ける本気度が高そう。

今回の枠なら直線で外に出しやすいと思いますし、鞍上もカフジテイクの主戦なら根岸ステークスでこういう馬をどう乗ればいいかわかっているだろう。軸としては最も信頼できると判断して本命にします。

 

【対抗 ◯9 ソリストサンダー】

2年連続で武蔵野ステークスを好走。今回のメンバーでは能力もコース適性も上位ですし、何よりも短縮ローテの差し馬はこの馬だけでローテーション的な恩恵も大きい。ハイペースで展開も向きそうですし枠順も絶好。普通に考えれば特に逆らうところはないのだが、エルムステークスでも休み明けでさっぱりだったことがありますし、どう考えてもフェブラリーステークスの叩き台という点で仕上がりがどうだろう。調教を見る限りでは走れる状態にあるとは思います。

 

【単穴 ▲5 オメガレインボー】

じっくり脚を溜めて差す競馬で本格化気配。エルムS、武蔵野S、カペラSとどれも質の違う条件で差し込んでこれたのは評価できると思いますし、今回は圧倒的に差し追い込み有利の根岸ステークスは条件的にも良いだろう。

一点だけ気になるのはカペラステークスを使ってからの延長ローテだという点。このレースは延長ローテが不利で短縮ローテが有利な傾向が出ており、この馬はその点でどれだけパフォーマンスを落とすかが鍵になりそう。

 

【特注 ☆4 スリーグランド】

いかにもな晩成のシニスターミニスター産駒で、バレンタインステークスでタガノビューティーをぶっちぎっている点や武蔵野ステークスで健闘した点を見てもここでも通用するはず。最近は先行競馬もできるようになったが、元々は後方から鬼脚を使ってこそという馬でしたし、今回はハイペースで展開がドンピシャに向きそうな感じがします。

 

【△16 エアアルマス】

揉まれなければGIでも通用するぐらいの馬で、昨年のフェブラリーステークスは1枠からハイペースの逃げを打って最後まで粘って5着。その後は芝を使ったりダート短距離のオープン戦を使ったりと迷走している感じだが、前走は適性外だろう1200mで58kgを背負って強風で差し馬不利の中で3着に走ってきたのは立派。今回は大外枠で揉まれずの競馬ができそうなのは絶好で、控えて差す競馬をするなら展開もドンピシャで向くはず。

そんなわけで今回は走れていいタイミングだとは思うが、近走で短距離戦でテンに出していく競馬をしているところでの延長ローテ。今回はハイペース濃厚で延長ローテで位置を取りに行くと脚をなくしそうで、ルメールがどういう乗り方をするかが鍵になりそう。

 

【△3 モジアナフレイバー】

以前はマイル~2000m路線を使っていたが、最近は1400m~マイル路線を主戦場に。若干、一時期よりは力が落ちた感じもするが、それでも南関のマイル路線では未だにエース級。今回はハイペースで展開が向きそうな感じはするが、なかなか速い上がりを使うようなレースは走り慣れていないので中央の一線級との決め手比べになってどこまでやれるか。

 

【△12 タイムフライヤー】

昨年の根岸ステークスは3着好走も松田厩舎が解散して橋口厩舎に移籍してからは馬が終わってしまった印象。この厩舎は引退調教師から引き継いだ馬以外はほとんど馬を大成させられていない印象ですし、単純に松田厩舎の時とは違う馬になってしまったか。

前走の霜月ステークスは直線で前が詰まって追い出しが遅れているが、果たして捌けていてもどれだけやれていたか。今回は展開は向きそうなので印は回したい。

 

【消7 ヘリオス】

揉まれずにスピードを活かす競馬ができればダート1400mなら現役最強級。ただ、圧倒的に差し追い込み有利な根岸Sを目指すにおいて、その前の2レースを勝つために逃げてしまったのはどう考えてもマイナス。今回は同型がズラリと揃って近2走ほど楽な競馬はできないでしょうし、この枠だと揉まれこむ可能性も。それでいて1番人気を争うぐらいのオッズになるならば今回はバッサリと切りたい。

 

【消11 テイエムサウスダン】

典型的なサウスヴィグラス産駒で外枠から揉まれずに持続力を活かせれば強い馬。今回は外枠を引けたこと自体は良さそうだが、昨年も外枠からほぼ完璧な競馬ができていてあっさりと差し勢に巻き込まれた。差し勢が幅を効かせるこの舞台では厳しいんだろう。やはり戦績通りで地方交流で持続力を活かしてこそ。

 

印まとめ

◎タガノビューティー
◯ソリストサンダー
▲オメガレインボー
☆スリーグランド
△エアアルマス
△モジアナフレイバー
△テイエムサウスダン

勝負度 D

 

買い目

根岸ステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

さて、新年にもなりましたし、、、

毎年恒例のメルマガお年玉企画を実施したいと思います!

創刊7年で数多くの皆様にお読み頂いているメルマガ。もう最近は購読者が400人を超えて500人に達するかという勢いになっており、メルマガ発行を依頼しているレジまぐの方でも屈指の人気メルマガとなっております。

そんなメルマガですが、この1月に読み始めるのが最もお得な期間になっております。毎年、この期間はお年玉企画として特典満載となっております。

今年のお年玉企画はコチラ・・・(まぁ毎年ほぼ変わりませんが笑)

 

[1] 2021年JRA全場分の全レース分析Excelデータをプレゼント

1月1日〜31日限定で2021年分のJRAの全会場分のレース分析データをまとめてプレゼントいたします。

これから年始の予想をする上でまだまだ2021年のレース分析データは必要になると思います。それらを全会場分まとめてお年玉企画としてプレゼントいたします。

と言ってもメルマガを読まれていない方は「全レース分析データ」とは何かわからないと思いますので、サンプル版として2018年の函館競馬場の全レース分析データだけお試しダウンロードできるようにしておきます。

函館コース全レース分析データ(2018年)

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、このようにJRAの全レースのデータをExcel形式で毎週配信しております。どのレースのレベルが高いのか、どのレースを重視、軽視すればいいのか、などが一目瞭然にわかるようになっております。

その全レース分析データの2021年版を全てお年玉特典としてプレゼントいたします。期間は前述の通りで1月1日〜31日限定になります。その期間にメルマガをご購読頂ければ入手できる企画になります。

 

お年玉プレゼント用のダウンロードページへのリンクとパスワードに関しましては、1/1(土)に配信したメルマガに詳細を記載しております。本日以降にご購読頂ければすぐにGETできますので、この機会にぜひご検討ください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も1月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【京王杯2歳ステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京王杯2歳ステークス2021(東京芝1400m)の考察です。 11月6日に東京競馬場で開催され

記事を読む

【フィリーズレビュー2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

フィリーズレビュー2018(阪神芝1400m)の考察です。 3月11日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【セントライト記念2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

セントライト記念2020(中山芝2200m)の考察です。 9月21日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

【マーメイドステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

マーメイドステークス2019(阪神芝2000m)の考察です。 6月9日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

【ダイヤモンドステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の考察です。 2月16日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

【アーリントンカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

アーリントンカップ2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月14日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

アルテミスステークス2018の予想を公開!

アルテミスステークス2018(東京芝1600m)の予想です。 10月27日に東京競馬場で開催さ

記事を読む

スワンステークス2017の予想を公開!

スワンステークス2017(京都芝1400m)の予想です。 10月28日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【スワンステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

スワンステークス2018(京都芝1400m)の考察です。 10月27日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【スプリングステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

スプリングステークス2021(中山芝1800m)の考察です。 3月21日に中山競馬場で開催され

記事を読む

平安ステークス2022の予想を公開!

平安ステークス2022(京都ダート1900m)の予想です。 5月

【平安ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

平安ステークス2022(京都ダート1900m)の考察です。 5月

【オークス[優駿牝馬]2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オークス2022(東京芝2400m)の考察です。 5月22日に東

5月3週のレース回顧〜競馬も難しくどんよりと悲しい1週間でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

ヴィクトリアマイル2022の予想を公開!

ヴィクトリアマイル2022(東京芝1600m)の予想です。 5月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑