*

京都牝馬ステークス2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/02/25 重賞レース考察・予想

京都牝馬ステークス2021(阪神芝1400m)の予想です。

2月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はビッククインバイオ、ギルデッドミラー、リバティハイツ、シャインガーネットなど。京都競馬場の芝1400mで行われるGIIIです。

 

[PR] 無料予想【連勝街道継続中】

01/23 中山09R 10,000円獲得

01/24 中京08R 33,000円獲得

01/31 小倉08R 13,200円獲得

そして2月も連勝街道↓↓

───────────────

[無料予想]2月13日 阪神12R

3連複1-4-9的中/14.3倍×1,000円

[払戻金]14,300円[回収率]143%

[無料予想]2月7日 小倉8R

馬連5-6的中/19.8倍×3,000円

[払戻金]59,400円[回収率]660%

買い目画像↓↓

───────────────

───────────────

【ときには重賞無料公開もあり】

シンザン記念 36,000円/回収率180%

ポルックスS 57,000円/回収率190%

朝日杯FS  20,750円/回収率208%

香取特別   15,000円/回収率167%

再度山特別  19,750円/回収率198%

───────────────

───────────────

時には重賞無料公開あるので

フェブラリーSや小倉大賞典の無料公開も期待しましょう!

→重賞公開期待の無料情報

無料予想はレース当日公開

さらに高配当見込める『競馬の登竜門』もオススメです!

 

京都牝馬ステークス 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

京都牝馬ステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

例年はそのレース名通りに京都芝1400mで行われているレースですが、今年は阪神開催なので例年の傾向は参考にならず。というわけで、昨年行われた阪神芝1400mの全レースのラップ平均を出してみました。その結果がこんな感じ。

12.3 – 10.8 – 11.4 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 12.2 (34.5 – 35.5)

昨年のレースラップ平均とコース高低断面図を見てお分かりかと思うが、スタートして平坦から下り坂になるコースレイアウトのため、この条件は非常にテンのラップが速くなりやすい。より距離が短い阪神芝1200mよりもテンのラップが速くなることはザラですし、その上で前半飛ばした分で最後の急坂部分で上がりがかかって消耗戦になるのが特徴。競馬ファンが考える芝1400mのイメージに最も近い条件と言って良いんじゃないだろうか。

前半から中盤部分にかけてラップが緩むところがないので、途中で息を入れなきゃいけない馬にとっては厳しい舞台。ワンペースでずっとスピードを維持できて、なおかつ溜めが効いて最後にグッと急坂で差し込んでこれるような馬が有利な舞台です。

 

今年の出走メンバーを見てもアマルフィコースト、アンリミット、イベリス、カリオストロ、ビッククインバイオ、メイショウショウブとやたらに徹底先行タイプの馬が揃った印象。開幕週の阪神芝の馬場を見る限り、圧倒的に先行有利の馬場だったことを考えても先行争いは激しくなりそうで、ある程度は溜めて差してこれる馬が有利になると見ます。

というわけで予想の発表。

 

どんなレースになるかを推理

[コース特徴] 阪神芝1400mはテンのラップが速くなりやすい。その上で最後に上がりがかかる特殊な芝1400m適性が要求される舞台。
[馬場レベル] A=高速
[馬場バイアス]ややイン先行
[血統傾向] 開幕週はキングマンボ系が好走傾向
[レース展開] 先行馬多数でハイペース濃厚
[メンバーレベル] D=やや低調
[想定ラップ] 12.1 – 10.7 – 11.1 – 11.4 – 11.4 – 11.3 – 11.9
[想定時計] 1:19:9
[勝負度] C

※2021年より馬場レベルという基準を設定。基準はS-A-B-C-D-E-Fの7段階。Sが超高速馬場、Fが超タフ馬場というイメージです



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

京都牝馬ステークス 2021の印

【本命 ◎12 シャインガーネット】

この馬はデビュー時からの全てのレースを見ても、スタートが抜群に速くかかり気味に好位を確保して一瞬伸びてくるようなレースぶり。今まで3回ほどマイルの重賞を使われているが、どれも直線入り口までは抜群の手応えで伸びてくるかと思いきや直線で伸びあぐねて掲示板・・・というレースぶりに終わっていた。

そんなキャラクターというだけでも1400m向きというのはわかるが、それを証明したのが3走前の圧巻のパフォーマンス。中京芝1400mのタフ馬場で前半3F=33.9というのはかなりのハイペースだったはずで、それを楽々と好位で追走すると直線は全馬を子供扱いの圧巻のパフォーマンス。2着馬がその後にGIを制覇して古馬重賞でも活躍したような馬で、遠く離された3着馬もその後にオープンまで昇級したことを考えれば凄まじいレース内容だったはず。この馬は芝1400mなら普通に牝馬ではトップクラスの存在と言っていいんじゃないだろうか。

そんなキャラを理解していたために前走の休み明けのマイル重賞では無印評価。もう明らかに距離が長かった感じで、鞍上が終始手綱を抑えるのに精一杯でほとんどレースになっておらず、それでいて3着と0.5秒差ならば上々の内容だろう。今回は叩き2戦目でようやくのベスト条件への出走。前半3F=34秒を切るペースでもこの馬なら楽々と好位で脚を溜められるはずで、直線はズバッと切れて上位争いになると見ていいはずです。

 

【対抗 ◯9 ビッククインバイオ】

マイルでは若干距離が長いので1400mという距離自体は絶好なのだが、今まで結果を出してきた1400mは東京コースですし、東京芝1400mは前半がゆったりと流れやすいので阪神とは違う適性が問われる。その部分で不安要素もあり。

ただ、枠並びを見てもスピードを活かしそうなタイプはこの馬よりも内に集まった感じ。武豊騎手なら無理矢理に競りかける競馬はしないと思いますし、枠なりに5,6番手ぐらいで脚をためる競馬になるか。前走の抜け出し方を見ても1400mなら好位差しで伸びてきそうですし、短縮ショックかかるここは好勝負になるか。

 

【単穴 ▲7 アイラブテーラー】

最近は1200mにこだわって使われているが、条件戦時代の序盤は1400mで連勝した成績。その時のレース内容もなかなか強かったですし、この距離自体には問題はなさそう。

前走は大出遅れになってしまいましたが、パトロールビデオを見る限り座り込んでしまってアクシデントに近いものでしたし、その他のレース映像を見ても再現性はそこまでないか。岩田騎手でこの枠ならスタートさえ出れば直線は馬群の中に突っ込んでいくでしょうし、高速馬場の高速決着を考えれば評価するべきじゃないでしょうか。

 

【特注 ☆4 イベリス】

近3戦を見ても復調傾向。これぐらいの距離で先行してだらっとした脚を使うのが合いそうで、今回は条件や馬場、枠順はベストと見ていいだろう。

今回のメンバーに比べれば牡馬混合GIIだった前走はレベルが高かったと思いますし、前走時計1:20:2ぐらい走れれば今回のメンバーなら粘り込めそう。懸念材料は前走よりも先行タイプが揃ったのでやり合わないかどうかで、酒井学騎手がハナに行くか番手で我慢するかでスムーズにエスコートしてくれれば、、、という感じ。

 

【△10 アマルフィコースト】

1200mでは若干距離が短い馬で、近走はスプリント戦を使われて伸び負けを繰り返している印象。ベスト条件の1400mでは過去に重賞実績もありますし、今回のメンバーでも十分に通用していいぐらいの馬ではあるはず。昨年の京都牝馬Sを見ても1400mならば少々溜める競馬でも最後は伸びてくる印象で、今回は内枠から積極的に出していく馬を見る好位で脚を溜められれば面白いんじゃないだろうか。

 

【△11 アフランシール】

血統イメージや条件戦時代の走りを見ても、追走スピードが問われる激流の芝1400m向き。京成杯オータムハンデは距離が長かった上にバイアスと真逆の途中でまくる競馬での惨敗は仕方なし。前走でもうちょっと見せ場を作れなかったか、という感じはあるが、ベスト条件なら重賞でも通用していい感じはする。

ちょっと大跳びで阪神芝1400mの高速決着だと脚を余しそうな感じがするのと、鞍上が秋山騎手ということでほぼ確実に最後方から外を回す競馬になる点がネック。展開がハマったとして今の馬場で差し込んでこれるかは未知数。

 

【△8 リリーバレロ】

確かに1400m前後の距離では底を見せていない戦績ではあるが、前走は久々だったとはいえ超スローペースで完璧に展開が向いていた。今回は松山騎手ということで人気になると思うが、今回の相手でガチンコ勝負となると通用するかはやってみないとわからない。

それに加えて、この馬はもう6歳にもなるのにまだ9戦しか使えていないという虚弱体質。そんな馬が中1週で関西遠征で果たしてまともな状態で走れるのか?今回が引退レースになるようですし、キャロット会員のために無理矢理に使ってきている感じがします。まぁ今の松山騎手なら印は抑えておきたい。

 

【△15 ギルデッドクイーン】

気性激しいタイタンクイーンの血統ということで折り合いが相当に難しそうな馬。マイルではかかるのでよほど上手く乗らないと長そうで、1400mがベストだがこの距離でも折り合い難はある感じ。今回は乗り慣れた福永騎手で、なおかつ激流でペースが流れそうなのもプラス。

ただ、この大外枠はどう考えてもマイナスだろう。前走も外枠でかかって伸びを欠いていますし、折り合いを気にしすぎて後方に溜めすぎると今の馬場では届かなそうな感じがします。

 

【△1 カリオストロ】

今までのレースぶりを振り返ってみても、揉まれずに先手を奪えなきゃダメなタイプ。この条件は2勝をあげているだけにベストだとは思いますが、今回は同型が揃った感じがしますし、厳しい展開になるか。極端な馬だけにこの1枠1番は諸刃の剣という感じ。行き切れた時の残り目は若干だけ警戒しておく。

 

【△14 ブランノワール】

プチノワールの子供たちは兄ステイオンザトップを見ても一瞬しか脚が使えないタイプ。この馬はロードカナロア産駒ということもあるので、新馬戦以来使われていないが1400mぐらいで脚を溜める競馬が合う可能性あり。ビュンと一瞬の脚は使える馬なので、上手くハマればここは穴を開けてもいいと木曜日までは考えていた。

ただ、そういう馬なのでこの外枠は大幅マイナス。久々の距離で位置は落とすでしょうし、今のイン先行有利な高速馬場でテン乗りの団野騎手はどう乗ってくるのか・・・

 

【△16 リバティハイツ】

近走は前向きな気性を考慮してスプリント戦で活躍していた印象。なおかつ前走はタフ馬場も向いていた感じがあり、今回は距離延長、高速馬場と条件が向かない感じはします。過去に今回と同条件のフィリーズレビューで善戦実績はありますが、それと一緒にしてはいけないんじゃないでしょうか。

 

【△5 マリアズハート】

春雷Sや函館スプリントSのレース内容からも能力自体はこの相手でも通用するのは確か。ただ、今回がキャリアで初めての1200m戦で今回は半年の休み明け。鞍上の藤井騎手も全く信頼ならないですし、まぁ展開は向きそうなので抑えで軽く買うぐらいが妥当か。

 

【推奨買い目】

三連複 12→9,7,4,10→9,7,4,10,11,8,15,1,14,16,5 <34点> 本線

三連複 12,9→7,4,10,11 <4点> 重ね買い

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬の◎シャインガーネットがようやくの1400mに使ってきたならば素直に買おうじゃないか。間違いなく穴人気(1番人気になっても驚かないようにしたい)するとは思うが、それでも混戦オッズになるので配当妙味はありそうだ。

正直、相手で買いたい馬が外枠に入った上に溜めないとダメな馬なので枠順を見てからかなり頭を抱えたレース。まぁ一方でギルデッドミラーのような人気馬が飛ぶ可能性が高まった=荒れる可能性が高まった、と考えられますし、それならば2列目も3列目もかなり広めに買った上で大波乱の発生に期待してみます。

関連記事

チャレンジカップの予想を公開!

【今年は300万円級の大波乱!?阪神ジュベナイルF(G1)はあの馬が荒らす!?】 ★★━━━━

記事を読む

【中京記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

中京記念2018(中京芝1600m)の考察です。 7月22日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【セントライト記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

セントライト記念2018(中山芝2200m)の考察です。 9月17日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

【プロキオンS2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

プロキオンステークス2021(小倉ダート1700m)の考察です。 7月11日に小倉競馬場で開催

記事を読む

アンタレスS [1] 有力馬が揃いタフな一戦が濃厚

今週は平地重賞が二つだけなんですね。 そうなると中山グランドジャンプもちゃんと予想してみようか

記事を読む

【2016】ファルコンS / 枠順&展開考察(シュウジ、トウショウドラフタ等の枠順は如何に)

今日は3/19(土)に行われるファルコンSの枠順&展開考察を行います。中京芝1400mで行わ

記事を読む

【スプリングステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

スプリングステークス2018(中山芝1800m)の考察です。 3月18日に中山競馬場で開催され

記事を読む

フィリーズレビューの予想を公開!

中京新聞杯は馬連、馬単本線的中で◎ディサイファが人気してなかったのでなかなかの配当になりました。あの

記事を読む

【2016】セントウルS / 有力馬考察(ビッグアーサー、ダンスディレクターなどの徹底分析)

今日は9/11(日)に行われるセントウルステークスのレース考察を行います。阪神芝1200mで行われる

記事を読む

京王杯2歳Sの予想を公開!

今「スマートウィン」というサイトが色々なブログやサイトで 紹介されていたので、試しに登録してみ

記事を読む

【レパードステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

レパードステークス2021(新潟ダート1800m)の考察です。

【エルムステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

エルムステークス2021(函館ダート1700m)の考察です。 8

8月1週のレース回顧〜ゲリラ豪雨の中の戦いはテルツェットが勝利〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

クイーンステークス2021の予想を公開!

クイーンステークス2021(函館芝1800m)の予想です。 8月

STV杯2021の予想を公開!

STV杯2021(函館芝2000m)の予想です。 7月24日に函

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑