*

【京成杯オータムハンデ2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

公開日: : 最終更新日:2017/09/08 重賞レース考察・予想

京成杯オータムハンデ2017(中山芝1600m)の考察です。

9月10日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はグランシルク、ダノンプラチナ、マルターズアポジー、マルターズアポジー、ボンセルヴィーソ、ブラックスピネル、ロードクエストなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIII戦です。

 

sponcered link

【高配当専門!3連単12点で配当500万越えをだした!】

高配当馬券を獲りたい人は、このサイト以外見なくて大丈夫です。

このサイトの使い方は

【公開された予想を、そのまま買うだけ!】

秋競馬で大逆転を狙っている人は、ぜひチェックしてみてください!
コチラ(無料)

9月の新潟記念週には、100万越え馬券をトータル6本もたたき出しました!!

そして、12点で500万超えの高配当!
2日 新潟8R 3連単12点 配当:5,296,900円

さらに、先日のキーンランドカップ(G3)では200万を超える高配当!
27日 札幌11R 3連単16点 2,282,600円

そしてさらに、同日600万超えの超高配当!
27日 新潟9R 3連単60点 6,805,060円

秋競馬で大逆転を狙っている人は、ぜひチェックしてみてください!
コチラ(無料)

 

京成杯オータムハンデ 2017 考察

過去5年のレース傾向

紫苑ステークスのところでも書いたが、この京成杯オータムハンデもここ2年を区切りとして全く別のレースに様変わりした印象。

もともと秋の中山開催の芝コースは野芝100%の超高速馬場でしたが、2014年の馬場改修により2015年以降は全く別の馬場に・・・

過去5年の走破時計だけを見ても明らかで、、、、

2016年=1:33:0

2015年=1:33:3

〜改修期間〜

2013年=1:31:8

2012年=1:30:7

2011年=1:31:9

ご覧の通りで改修前の京成杯オータムハンデは安田記念よりも早い走破時計が普通で、2012年には1600mレコードの1:30:7という破格のタイムが出ました。

それが改修後は2年連続で1分33秒台での決着。しかも2年連続で外を回した差し馬が勝利しており、傾向も一変したと考えていいでしょう。

 

<2016年>

 

<2015年>

2年連続で1、2着馬は外を回して差してきて、3着馬は伏兵がロスなく立ち回って差してきた感じ。ただ、昨年にしてもトウショウドラフタの距離適性があれば3着もこの馬が外から突っ込んできた感じでしたし、普通に差しは決まるレースになっている感じ。

2015年のフラアンジェリコは強風の影響で前が止まった影響もありますが、それでも中山芝コースの開幕週というイメージ以上に差しは決まるレースだと思います。

 

 

レースラップ傾向&展開予測

超高速馬場時代は騎手意識も前に行くのでミドル〜ハイペースで進んでいたが、馬場改修後のここ2年はどちらかというとスローペース寄りのラップに。

それでもここ2年は外から差しが決まっており、よほどのスローで進まない限りは差し脚ある馬に向くレースと考えて良さそうだ。

今年に関していえばマルターズアポジーという存在がいるおかげで、まずスローペースにはならないはず。2017年のマイル重賞は安田記念以外はスローペースで落ち着いていたが、今回はそんなことにはならないはず。

 

血統傾向

中山で行われたここ3年はサンデーサイレンスとボールドルーラーとノーザンダンサーを併せ持つ馬が3連勝中

末脚の質が問われるという点でサンデーサイレンスが、そして中山コースの重賞に適性高いボールドルーラー持ち、なおかつ底力を付け加えるノーザンダンサーという配合が相性良いようです。

近年はベタにディープインパクト産駒も走っていますが、ある程度タフさも併せ持っているディープ産駒の方が走る印象があります。

 

走破時計予想

過去5年の中山コースで行われた京成杯オータムハンデの時計を見てみると、、、

2016年=1:33:0

2015年=1:33:3

〜改修期間〜

2013年=1:31:8

2012年=1:30:7

2011年=1:31:9

 

前述の通りで、改修前後で時計レベルは変わっており、1秒半くらいは時計がかかるようになってきている。

それに加えて今回の京成杯オータムハンデのポイントはマルターズアポジーという典型的な逃げ馬が出走してくること。この馬は自分のペースで逃げるのが特徴なので変にスローにはならないはずで、この馬の気持ち良いペースで行けばそれなりに流れるはず。

マルターズアポジーが関屋記念を逃げ切ったレースラップを見てみると、、、

12.4 – 11.1 – 11.7 – 11.4 – 11.3 – 11.1 – 11.0 – 12.2

12.4 – 23.5 – 35.2 – 46.6 – 57.9 – 69.0 – 80.0 – 92.2 (35.2-34.3)

かなりの楽逃げだった関屋記念の時点で前半のペースはここ2年の京成杯オータムハンデと同じくらい。

マルターズアポジーはスタートが抜群に速いのでハナは確実としても、今回はボンセルヴィーソ、ウインフルブルームと同じくスタートが速くて先行策を取ってくる馬もおり、さすがに前走よりはテンは速くなりそう。

マルターズアポジーが作ったペースを差してくる役者も揃っており、普通にここはメンバーランクBをつけて良さそうなレース。ここ2年よりもペースは流れると考えれば、、、

1:32:7〜1:33:0

ぐらいで決まると考えるのが妥当でしょうか。

 

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の京成杯オータムハンデの想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 グランシルク 2.8
2 ダノンプラチナ 5.1
3 マルターズアポジー 5.7
4 ボンセルヴィーソ 7.3
5 ブラックスピネル 7.5
6 ダノンリバティ 10.5
7 ウキヨノカゼ 17.6
8 ダイワリベラル 21.8
9 アスカビレン 24.4
10 ガリバルディ 28.0
11 マイネルアウラート 42.5
12 トーセンデューク 56.8
13 ロサギガンティア 66.0
下位の馬はどれが除外されるか微妙

 

※ロードクエストはどうやら回避の模様です。

いかにも軸として買いやすそうなグランシルクがちょっと抜けたオッズになるはず。単勝以上に連や複、あとは2着付けなんかも売れそうです。

その後はダノンプラチナマルターズアポジーボンセルヴィーソあたりが無難に実績的に売れる感じなるとは思いますが・・・

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

この馬は血統を見てもじり脚なので中山コースしか走らない馬。前任の鞍上はこの馬で待機策ばかり取って良さをほとんど活かせておらず、2走前のダービー卿チャレンジトロフィーも後ろからの位置で差してくるも届かず。そりゃグランシルクと同じ位置からでは負けるに決まっている。それでもこちらの方が斤量1kg重くて少差なら能力は示した。

今回はマイネル軍団の重用を受けて積極策が出てきた鞍上にチェンジ。最近の重賞を見ても積極策で好走目立っていますし、マルターズアポジーが引っ張るペースを5番手以内で競馬できれば非常に面白い存在だと思います。

 

今日はもう1頭、一撃あるんじゃないかと思っている大穴の方も載せておきます。

↓↓↓

(上記バナー先のブログ説明文に答えが書いて有ります)

この馬は準オープン勝ちの内容を見てもどこかで重要で穴を開ける馬。

確かに折り合い面に不安はありますがスプリンターではないはずで、3走前は外伸び馬場でインを突いて失速、2走前はスプリント戦で大外ブン回しで差し届かず、前走は乗れない鞍上で最後方から大外ブン回しと敗因は明確。それでも前走は最速上がりですし、今回フラアンジェリコをやっても驚けません。

 

月初購読がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2017年もなんと9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月初の今からご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

函館記念2020の予想を公開!

函館記念2020(函館芝2000m)の予想です。 7月19日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

京都2歳S [1] 2歳戦線に異常あり

タイトルが『西部戦線異状なし』みたいになりましたね。私このレマルクの小説が非常に好きでして第一次世界

記事を読む

【函館2歳S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

函館2歳S2017(函館芝1200m)の考察です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

レパードS [1] 新潟ダートの好走脚質を知る

さて、今日は暑いのでジムに行きたいんですが、19時から池袋で用事があるので、そこまでに色々作業が終わ

記事を読む

【2016】キーンランドC / 枠順&展開考察(シュウジ、ソルヴェイグ等の枠順は如何に)

今日は8/28(日)に行われるキーンランドカップのレース考察を行います。札幌芝1200mで行われるG

記事を読む

【青葉賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

青葉賞2017(東京芝2400m)の考察です。 4月29日に東京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【小倉記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

小倉記念2018(小倉芝2000m)の考察です。 8月5日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【函館スプリントS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

函館スプリントS2017(函館芝1200m)の考察です。 6月18日に函館競馬場で開催され発走

記事を読む

【札幌記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

札幌記念2019(札幌芝2000m)の考察です。 8月18日に札幌競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【ダービー卿チャレンジトロフィー2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ダービー卿チャレンジトロフィー2018(中山芝1600m)の考察です。 3月31日に中山競馬場

記事を読む

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

日経新春杯2021の予想を公開!

日経新春杯2021(中京芝2200m)の予想です。 1月17日に

愛知杯2021の予想を公開!

愛知杯2021(中京芝2000m)の予想です。 1月16日に中京

【京成杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯2021(中山芝2000m)の考察です。 1月17日に中山

【愛知杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

愛知杯2021(中京芝2000m)の考察です。 1月16日に中京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑