*

【セントウルS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

公開日: : 重賞レース考察・予想

セントウルステークス2017(阪神芝1200m)の考察です。

9月10日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はフィドゥーシア、ファインニードル、メラグラーナ、ダンスディレクターなど。阪神競馬場の芝1200mで行われるGII戦です。

 

sponcered link

【阪神競馬場に強い無料予想】セントウルステークスG2

今週から中山競馬場・阪神競馬場開催となり、
やっとシーズンに近づいてきたか!とワクワクしているのは僕だけでしょうか!

シーズンに金欠になって競馬ができない。なんてことにならないように、
【阪神競馬場】を徹底分析して、まずは今週のセントウルステークスをとりたいと思います。

僕が利用するのはうまコラボという指数サイト。

【他の指数サイトと比較しても圧倒的な的中率の高さがあります。】

うまコラボ6月阪神競馬場、全96レース
うまコラボのコラボ指数推奨上位6位までの馬から
【三連単平均的中率 44.8%(43/96)】
6月4日(日)だけで見ると↓

市場の三連単的平均中率は10%と言われていますので、

的中率だけで見ると、4倍以上もあります。

あとは回収率です。

これから、うまコラボの過去実績より、

【阪神競馬場で、どういった条件だったときに回収率100%を超えてきたか】

分析結果を公開します。
セントウルステークスは、回収率を超える条件に当てはまってましたので、
ぜひ今週のレースの参考にしてください。

さらに、今ならコチラからアドレス送信で、

【無料登録+セントウルステ—クス予想無料+1〜6レースまでの予想無料】

という超お得なメニューになってるので、この機会を逃さないようにしてください。


コチラ(無料)

では、分析結果です。

まず、うまコラボの指数予想の前提として【血統適性】がはいります。
出馬表確定後、各競走馬の血統適性から、相性のいい強い馬を上位から教えてくれます。
その後、スピード指数や他要素を組み合わせて、
最強に走る馬たちを上位から順位付けしてくれます。
このデータが最新で最高に精度が高い予想です。

ですので、ここでは、【どのレースを選べばいいのか】
に注目して、過去データより分析した結果を公開します。

※三連単だけに注目視して分析しています。
単勝・複勝・馬連・馬単などを馬券に組合せると、もっと回収率が見込めます。


1、日曜日

土曜日の結果より、最新データを反映させた指数が公開されます。
【芝条件の合う馬、走れている馬、調子のいい騎手】
==========================================
6月阪神競馬場 日曜日のレース 全48レース
【三連単的中率 54.2%(26/48)】
【回収率 107.5%】
==========================================


2、前半戦1〜6レースまで

うまコラボの精度を確認してもらうために、すべての会員に、

前半戦1〜6レースまでの予想が無料
で見れるようになってます。
※今週はセントウルステークスも無料で見れます。
※後半戦7〜12レースまでは月額1,980円で申込可能です。
==========================================
6月阪神競馬場 前半レース 全24レース
【三連単的中率 50%(12/24)】

【回収率 137.7%】

6月4日(日)阪神1R↓

==========================================


こんな単純な要素だけで絞っても、勝ててます。

しかも、今回の絞り方は、


【うまコラボを無料で使える条件のみで絞ってます】

まだ見たことない人、気になってるけど使ったことない人。
今週から使ってみてはいかがですか?


コチラ(無料)

 

セントウルステークス 2017 考察

過去5年のレース傾向

秋の短距離路線の大一番スプリンターズステークス。その最重要前哨戦という位置付けになっているセントウルステークス。

過去のスプリンターズステークスの歴史を見てみても、勝ち馬のほとんどがセントウルステークスとキーンランドカップの2つから出ており、ポッと出のサマースプリント活躍馬では太刀打ちできていない現状。それだけ有力馬はセントウルステークス始動が多いということで、秋のスプリント路線の中でも2番目に権威のあるレースと言えるんじゃないでしょうか。

 

そんな格のあるステップレースなのになんですか?このメンバーは・・・・

最近のスプリント路線の地盤沈下はヒドいヒドいと思ってはいましたが、心の中には「有力馬はセントウルステークス始動だからなぁ」と思っていましたが、ふたを開けてみればセントウルステークスもサマースプリントシリーズと全く変わらないメンバーレベル

カレンチャン

ロードカナロア

ハクサンムーン

ビッグアーサー

といったスプリント路線のトップホースがここをステップレースにスプリンターズステークスに向かっていったのがセントウルステークスで、本番を見据えた仕上げのために夏に使われた馬や3歳馬に不覚を取るというのが毎年のパターンだったわけですが、今年はそういう上がり馬を迎え撃つ立場の馬が一頭もいない・・・

まぁこれは現在のスプリント路線のトップホースであるレッドファルクス、レッツゴードンキといったところがマイル兼用馬だというのも理由にありそうで、セントウルSを使うぐらいならスプリンターズS始動にして、あわよくばマイルチャンピオンシップから香港に・・・という思惑もあるんでしょう。ただ、それにしてもヒドすぎるメンバーレベル。

1番人気に推されそうなフィドゥーシアにしても3走前にオープンを初めて勝った時は9番人気で全く人気がなかった馬。そんな馬が1番人気に推されるほどのメンバーレベルなわけで、もう今年のセントウルステークスは過去のデータとか格とか一切関係なく、阪神開幕週の芝1200mで行われるオープン特別ぐらいの感覚で予想したほうがいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみに夏に行われた芝1200mの重賞4つは1番人気が全て馬券外という結果。

三連複の配当は全て1万を超えていますし、基本的に全てのレースで人気馬がぶっ飛んで伏兵が馬券に絡んで荒れたと考えていいか。それだけ今のスプリント界は中心となる馬がいないので、展開や馬場次第でどんな馬でも突っ込んでこれると考えていいはずです。

 

そんな低レベルなスプリント界において重要なのは馬場と展開でしょう。

セントウルステークスは阪神芝開幕週に行われるレースですから、常識的に考えて有利なのは前に行く馬。近2年は逃げ馬が2連勝ですし、基本的に外を回して差し届くのはスプリンターズSでも期待できるような実績馬だけ。今年はそんな馬はいないというのは前述の通りですからもう有利なのは前に行く馬でしょう。

 

 

レースラップ傾向&展開予測

阪神芝1200mはJRAの芝1200mのコースの中では一番スタート位置の形状がマトモだという印象。

小倉芝1200mと中山芝1200mはスタート直後からずっと急な下り坂が続くので、前半のラップがかなり速くなる。そのため小倉芝1200mは下級条件でも当たり前のように前半3ハロンが33秒台前半になりますし、中山芝1200mもかなり前半のペースが速くなります。

一方で京都芝1200mはスタート直後に登り坂がある(これ意外に知らない人多いかも)ので、前半のペースが速くならないのが特徴。前半のペースが速くならないのに4コーナーに下り坂があって直線が平坦となればもう前へ行く馬が断然有利なのは当然か。

それらと比べると阪神芝1200mは比較的フラットなコース形態。

最初の200mはほぼ平坦でそこから一気にコーナーにかけて下り坂になり、最後の直線で急坂が待ち受けるというコース形態。

スタート直後の急な下り坂というわけではないので、小倉芝1200mよりはテンのスピードが緩みますし、それでもコーナーから下り坂に入っていくので先行馬は勢いがつきやすく、一般的なスプリント条件と同じく前に行く馬は有利になりやすいコース

おおよそ前半33.5付近で通過することが予想されるが、それぐらいのペースであれば十分に前は残れるだろう。今年はフィドゥーシアがあっさりとハナを奪えそうなメンバー構成で、前半33秒台後半になる可能性も十分にありうる。

 

血統傾向

スローペースになった2014年は2、3着がディープインパクト産駒になりましたが、基本的にそれ以外の年を見ても、それなりにペースが流れれば非サンデーサイレンス系が上位に好走してくるスプリント戦らしい血統傾向。

2014年以外で父サンデーサイレンス系の好走はダイワメジャー産駒2頭と例外的に外から突っ込んできたアンシェルブルーのマンハッタンカフェのみ。ダイワメジャー産駒は昨今のスプリント重賞の成績を見ても、サンデーサイレンス系の中では例外的に爆走していますし、このレースも基本的には、、、

非サンデーサイレンス系+ダイワメジャー産駒が走る

と考えておけばいいんじゃないでしょうか。

近2年はストームキャット系のパワー型の先行馬が走っていますね。急坂もありますし、軽すぎないパワーとスピード兼用タイプがいいんじゃないでしょうか。

 

走破時計予想

過去5年のセントウルステークスの時計を見てみると、、、

2016年=1:07:6

2015年=1:07:8

2014年=1:07:4

2013年=1:07:5

2012年=1:07:3

阪神の秋開催は野芝100%なのでそれなりに時計が早いのは当然のこと。まぁ近年は6月の阪神開催も超高速馬場になってしまっているので、阪神がパワーの必要な競馬場という認識が薄まりつつある気もしますが・・・

過去5年の走破時計を見ても大体が1分7秒台の中盤で収まっている感じ。スプリント戦なのでペースが極端に緩むことはあまりないですし、普通に走ればこの秋開催の馬場なら1分7秒5ぐらいは出ると思います。

ただ、前述の通りに今のスプリント路線は相当レベルが低い印象。馬鹿みたいな超高速馬場でハイペースになった函館スプリントステークスを除けば、CBC賞、北九州記念、キーンランドカップとどれも条件戦と大して差のない走破時計でしたし、今回も同じメンバーレベルならばそこまで時計は早くならないか。

そしてメンバーを見渡してもフィドゥーシアの楽逃げが濃厚。さすがに2015年の前半34.0ほど遅くならないにしても、そこまでペースは早くならないはずで全体時計も引きあがらないはず。

1:07:7〜1:08:0

ぐらいの走破時計が濃厚と見ます。

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前のセントウルステークスの想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 フィドゥーシア 4.3
2 ファインニードル 5.5
3 ダンスディレクター 5.7
4 メラグラーナ 6.0
5 アルティマブラッド 8.7
6 スノードラゴン 10.6
7 ラインミーティア 11.0
8 ヒルノデイバロー 15.5
9 ラヴァーズポイント 32.8
10 ミッキージョイ 34.1
11 アドマイヤゴッド 38.2
12 ツィンクルソード 44.0
13 ミッキーラブソング 48.2
14 ナガラオリオン 52.1
15 プレイズエターナル 53.8
16 ワキノブレイブ 88.0

 

近走成績+いかにも展開が向きそうなフィドゥーシアを現代競馬の目の肥えたファンは1番人気にするはず。例年のような断然人気馬がいて、そちらに意識が集中するようなレースになればいかにも狙えそうな馬ですが、今年はこの馬に意識が集中するようならどうでしょうか。

その後の人気は大混戦になりそうで、ファインニードルダンスディレクターメラグラーナが2〜4番人気のどこかに入る感じになりそう。現代競馬のファンは休み明けを非常に嫌いますが、ここは他に買う馬がいないのでダンスディレクターは普通に売れるでしょう。

ラインミーティアはアイビスサマーダッシュでハマった感が強いので、こういう馬は前走で重賞を勝っていてもファンには相手にされません。鞍上が西田騎手ということもあって全く人気にならないと思います。それこそ新潟記念のタツゴウゲキのように。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

今回はよほど嫌な枠順ではない限り、この馬から大きく狙ってみたいというのが火曜時点での見解。

もうこの馬の近走の敗因はほとんどが「枠順」と明白。ここ4戦の枠順を見れば・・・

1枠1番

8枠17番

8枠18番

8枠18番

前に行って粘りたいタイプの馬にとってこの枠順は最悪。

2走前は外枠から自分の競馬でないながらも3着馬とは0.1秒差。北九州記念2着馬のナリタスターワンとも枠順差考えればこちらの方が強いパフォーマンスをしている感じで、今のスプリント界のレベルを考えれば十分に足りるはず。

なんせエポワス程度で能力を維持していれば重賞を勝ててしまうのが今のスプリント路線。そのエポワスよりも去年断然活躍していたこの馬が先行策をとって今回は復活します。

 

今日はもう1頭、危ないと思っている人気馬の方も載せておきます。

↓↓↓

(上記バナー先のブログ説明文に答えが書いて有ります)

この馬はなぜか道悪がダメっていう敗因になっているんですが、過去に京都の道悪馬場でとんでもない末脚で勝っているのを見てもそれが敗因ではないはず。

大型馬で馬群を捌くのがダメみたいで、最近の4勝は全て外枠を引いて馬群の外を回しての差し切り勝ち。今回はフルゲートで開幕週の馬場。普通に外を回して届くとは思えません。

 

月初購読がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2017年もなんと9月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月初の今からご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

富士ステークス2020の予想を公開!

富士ステークス2020(東京芝1600m)の予想です。 10月24日に東京競馬場で開催され発走

記事を読む

新潟2歳S [4] 枠順発表!明暗を探る

ちょっと今週末に新潟に行く予定でしたが、バタバタしており結局行けないことに。。。今開催は行けなさそう

記事を読む

【AJCC2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2020(中山芝2200m)の考察です。 1月26日に中山競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

淀短距離ステークスの予想を公開!

高校サッカーの決勝戦を見てます。個々のテクニックの高さで勝負する前橋育英と組織力で勝る星陵って感じで

記事を読む

阪神牝馬S [4] 枠順発表!明暗を探る。

今日はちょっと御殿場に用事でお出かけ。 車が今ちょうどないもんで電車で行かなければならないので

記事を読む

日経新春杯2017の有力馬考察と中村俊輔について

日経新春杯2017(京都芝2400m)の考察です。 1月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【スプリングS2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

スプリングS2017(中山芝1800m)の考察です。 3月19日に中山競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

京都牝馬ステークス2018の予想を公開!

京都牝馬ステークス2018(京都芝1400m)の予想です。 2月17日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

【関屋記念2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

関屋記念2020(新潟芝1600m)の考察です。 8月16日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

ファンタジーステークス2019の予想を公開!

ファンタジーステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 11月2日に京都競馬場で開催さ

記事を読む

1月2週のレース回顧〜年明けから重賞が難解な結果ばかりで困ります(汗)

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

日経新春杯2021の予想を公開!

日経新春杯2021(中京芝2200m)の予想です。 1月17日に

愛知杯2021の予想を公開!

愛知杯2021(中京芝2000m)の予想です。 1月16日に中京

【京成杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯2021(中山芝2000m)の考察です。 1月17日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑