*

京成杯2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

京成杯2017(中山芝2000m)の予想です。

1月15日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はコマノインパルス、イブキ、マイネルスフェーン、サーベラージュ、ベストリゾートなど15頭を予定。中山競馬場の芝2000mで行われるGIII戦です。

 

昨日行われた愛知杯は・・・

1着:◯マキシマムドパリ 1番人気

2着:◎サンソヴール 10番人気

3着:△クインズミラーグロ 6番人気

で大穴サンソヴールが予想通りの展開から2着に粘り込んでくれての本線万馬券!!

今週末は雪の影響で中京と京都が順延になるなどイレギュラーな感じですが、愛知杯の的中の勢いそのままに重賞全的中といきたいところです。

ちなみに今日の平場の厳選予想は紅梅ステークスを予定してましたのでお休みとさせていただきます。

 

sponsored link

2017年注目必須の指数サイト
●北条流新競馬指数が熱い●

各ブロガー、会員より熱い視線の漢。
かくいう私も驚かされた新指数論。

北条直人

何がすごいのか!??
※無料版は全開催版の前半1〜6レースまで見放題

以下的中実績で信用性を得たい。(一部抜粋)

2017年1月7日(土)



2017年1月8日(日)

指数予想は自分でやって体験してみないと価値がわからない。
まずは無料で。北条流新競馬指数を今週試してる方はコチラ。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

そして無料の実力がわかって、
7レース以降のコラボ指数を見たい方は
【コラボ放題プラン】月額1,980円をご用意。

 

2017年1月8日(日)(一部抜粋)

参考買い目はこのプランで見れる特典。
※うまコラボを使いこなす北条が推奨する買い目だと去年はこんな感じの結果。(一部抜粋)

2016年12月24日(土)

お申込みの前にコラボ指数の精度が気になる場合
【先週までの指数、結果】【星川オフィシャルブログ】で確認。
それからでも遅くはない。


北条流新競馬指数を月額1,980円ぐらいならという方はコチラ。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

買い目を提供されるのは嬉しいことだが、
もちろん自分で予想をして的中させた方が競馬は楽しいはず。

そんなアナタのサポートを全面的にできるのがうまコラボ。
あなたの競馬予想力を高めるシステムがうまコラボ。

今アナタが競馬をやっていて、

こんな気持ちが少しでもあるなら、うまコラボが全面的にサポート。
なぜなら、このシステムを使えば北条の買い目提供はもちろんだが、
今までの自分の予想が、情報不足でマト外れな予想をしていたと気づくことになるだろう。

わからない事があれば星川が対応入ります。
>>> コチラからメールアドレス登録

 

京成杯2017

予想の根拠はコチラです

こんなレベルの低いレースを重賞にしてしまって良いのか、という感じのレース。

毎年、京成杯はメンバーレベルが低いが、今年は世代レベルが低いことで例年以上に酷いメンバーレベルになった印象。ホープフルステークスと同じ舞台ながら飛車角落ちのようなメンバー構成で、どれも似たり寄ったりの能力水準となると印が絞りにくい。

つまりは悩むということはメンバーレベルが拮抗しているというわけで、今年の京成杯は15頭のどれが突っ込んできてもおかしくない一戦。予想は難解なレースだが、ロジカルな能力比較と過去のこのレースのデータを駆使して挑んでみたい。

 

まず、今回の出走馬の多くが前走ホープフルステークス組と葉牡丹賞組。走破時計で言えば葉牡丹賞組の方が0.3秒速いが、馬場差を考慮すればレースレベルはホープフルSの方が上。

ただ、ホープフルSはかなりの前傾ラップの消耗戦になって時計が引き上げられた感じあり、レイデオロのパフォーマンスを比較して考えてもホープフルSと葉牡丹賞の2レースにはあまりレベル差はなさそう。そうなると2着馬のマイネルスフェーンとコマノインパルスのどちらが強いか、というのが焦点か。

葉牡丹賞2着のコマノインパルスは2着といってもレイデオロが強すぎただけで、3着以下は突き放す走り。おそらくレイデオロさえいなければクラシック候補と騒がれていたはずで、ここは見逃してはいけない。

その突き放した3着がアサギリジョー。スタートで遅れたと言ってもコマノインパルスとは完全に差があった内容で、ここには明確な力差があると見て良さそう。

そのアサギリジョーが未勝利で勝っている相手がマイネルスフェーン。短期間での成長はあるだろうが、この対戦比較を考えてもマイネルスフェーンはアサギリジョーとそこまで変わらない能力差と言える。そしてホープフルSで大体同じくらいの脚色(内外差を考慮して)を見せたベストリゾートもマイネルスフェーンと同じくらいの能力と見ていいか。前走はペース向いただけにあれよりも良い内容はなかなか望めないはずでもある。

つまりこうして見ていくと葉牡丹賞、ホープフルSあたりのメンバーの中で関東馬の大将格と言えるのはコマノインパルスと考えて良さそう。この馬の能力が少し抜けていて、あとはどんぐりの背比べのようなメンバーレベルと考えていいと思います。

 

ただ、能力比較をここで終わらせていてはダメか。

まず大前提として「今年の京成杯のメンバーレベルは相当弱い」ということを忘れてはいけない。京成杯のメンバーの大多数が葉牡丹賞やホープフルS組の関東馬なわけで、そこのレベルが低いということは未知の魅力ある関西馬が遠征してきて一気に逆転していく可能性は十分にありそう。

実際に今年の3歳馬のレベルを考えても、関東馬はレイデオロやアウトライアーズなど一部の馬はレベルが高いが、その馬以外の全体のレベルが相当低い印象。

逆に関西馬はサトノアーサー、カデナなどクラシック級の馬も出てきてはいるが、関東よりはだいぶ底辺のレベルが高そう。

一見すると関東馬だけの能力の比べ合いで予想を終わらせてしまいそうですが、今回に関しては「強いかもしれない」未知の馬を見つけていく必要があると思います。

 

そして、最後にデータを今回は借用しましょう。特に重視したいデータは・・・

◯1番人気 (2-4-1-3)

×牝馬 (0-0-0-8)

×前走新馬組(0-0-1-13)

の3つあたりか。

 

毎年レベルの低いレースと言われながらもこのレースは相対的に1番強いとみられている馬は複勝率7割程度には走るレース。ある程度、人気でも強いとみている馬は信頼していいか。

そして冬の中山芝だけに牝馬の好走はほぼない。今回もなかなかインパクトある勝ち方をした牝馬が数頭出てきているが、そこまで全て手を広げていると点数が絞れない。

そして最後は1戦1勝馬の成績が極端に悪いこと。新馬戦はスローペースからの瞬発力勝負だけで終わることがほとんどですが、この京成杯はミドルペースからの持続力勝負になりがち。まだ適性がほとんど分かっていない上にレース慣れしていない1戦1勝馬はこのレースでは危険ということでしょう。

 

上記のロジカルな能力比較と、京成杯のデータ傾向から、ガッチリと当たり馬券を掴んでいこうと思います。

 

京成杯2017の印

本命 ◎コマノインパルス

本命は人気でもコマノインパルスの能力を信頼する。

低レベルなメンバー、そして低レベルな関東馬の中での大将格という位置付けですが、よほど未知の馬が何頭も大駆けしてこない限りは馬券圏内は堅そう。

前走もレイデオロさえいなければクラシック候補と騒がれていただろうレースぶりで、突き放した3着馬のアサギリジョーとマイネルスフェーンの力関係を考えても、レイデオロがいない今回のメンバーならば威張れるはず。

前走は大外枠だったことで外差しの競馬になったが、新馬戦を見てもスタートは速くて自在性あるタイプ。今回は絶好の5枠8番を引いたので出たなりの中団〜好位あたりでの競馬になるか。

基礎体力、追ってからの反応、自在性など全てを総合して考えても、力関係がはっきりしているメンバーの中ではこの馬が最上位と見て良さそうで、ここは人気でも軸として信頼。

 

対抗 ◯バリングラ

対抗は意外かと思われるかもしれないがバリングラが面白そう。

新馬戦をムーアで先行策から快勝し、期待されて臨んだ前走のジュニアカップでは期待はずれの6着。もともとは堀ブランドの人気先行タイプの馬だったが前走の敗戦で一気に人気を落としている感じ。

ただ、前走の敗因ははっきりしており「中山マイルが忙しすぎた」ことがほぼ全て。新馬戦でも豪腕ムーアが押しまくってやっとやっと直線で反応していたような馬ですし、前走も馬込みの中で川田騎手が押しても押しても全く反応せず、ラスト100mぐらいでようやく反応するもその時点ではゴール前で時すでに遅し、という感じの内容でした。

ここ2戦の内容を見ても明らかにマイルは短そうで、ここでの距離延長は間違いなくプラス。530kgを超える大型馬なので器用さもなくエンジンのかかりが遅いので大外枠も確実にプラス。新馬戦のエンジンかかってからの伸びなどを見ても、素質は間違いなく一級品だと思うので、今回は外からガシガシ石橋脩騎手が追ってくれれば2年前のベルーフのような大外一気まであると見ています。

連闘策が懸念されそうですが、もともとこの馬はホープフルSに登録があったように陣営は確実に2000mへの距離適性を感じているはず。天下の堀厩舎が無理遣いで連闘策などしてくるはずもなく、大型馬だけにここはジュニアカップを叩いて本番と考えたほうがいい気もします。

 

ちなみにファストネットロック産駒の距離不安に関しても少し。日本で走っているファストネットロック産駒はブラヴィッシモ、メラグラーナ、イッテツなど短距離馬ばかり。

ただ、これは豪州産のファストネットロック産駒の持ち込み馬だということが大きそうで、このバリングラは日本では珍しい愛国産のファストネットロック産駒。父は短い距離で活躍した馬でしたが、欧州ではファストネットロック産駒は中距離を十分にこなす血統ということで認知されており、先日の香港ヴァーズで3着に好走したワンフットインヘヴンや2年前の英オークスを勝ったクオリファイなどGIで活躍している馬も多数。社台としてもわざわざ豪州産ではなく愛国産で持ち込み馬を買ってきたんですから中距離路線で期待している馬とも予測できます。

 

単穴 ▲ポポカテペトル

三番手は思ったよりも人気がないポポカテペトルに期待。

恐らくは前走の500万で5着だったことで「大したことない」と見限られている感じの人気だと思いますが、もう前走の敗因は馬場とペースが全て。

13.1 – 12.3 – 13.4 – 12.9 – 12.9 – 12.7 – 12.1 – 11.8 – 11.4 – 12.4

超スローペースで逃げたダノンディスタンスと2番手のアルメリアブルームがそのまま粘り込んだ行った行ったのレースになってしまい、位置が取れなかったこの馬はただ回ってきて5着という結果に。

しかもこの時期の阪神の芝は完全な外差し馬場。内枠を引いてしまったこの馬は伸びないインで詰まりながらほとんどまともに追えず。それでいて0.2秒差の5着ならば悲観する内容ではないでしょう。

馬のキャラとしては全兄マウントロブソンと完全に被る印象の馬で、ディープインパクトっぽくないスタミナ持続力型。中山芝2000mの持続力勝負なんてベスト条件と言えそうで、馬場バイアスとペースに泣いた前走からの一変は十分にあるはず。

新馬戦は4着馬を大きく突き放したかなりのハイレベルレースで、2着馬のシャドウマリアは次走であっさりと未勝利勝ち。3着馬のナムラマルもよほどのことがない限りは次走で未勝利を勝つはず。明らかに関東よりも全体レベルの高い関西でこれだけのレベルのレースを経験している馬ならば、今回の東征で一気に関東を制圧してもおかしくない。

 

特注 ☆

この馬も関西からの刺客としては非常に面白そう。

未勝利勝ちまでにだいぶ時間がかかったが、もうレース選択が悪すぎたとしかいえない感じで、今までの勝ち馬を並べてみても、ペルシアンナイト、リスグラシュー、カデナと重賞で活躍できるレベルの馬ばかり。前走の2着馬ハローユニコーンも相当強そうな馬ですし、今見えている単純な能力比較ではこの馬が最上位と見てもいいかも。

それでも本命にしなかったのは血統がちょっと怖いから。冬の中山芝の2000mで父ダノンシャンティで母父がクロフネ。いかにもマイル前後くらいが向きそうな馬で今回の距離延長で伸びない、という可能性は十分にあり。コーナー4回のコースも初めてになるのでこれぐらいまでの評価にした。

 

△マイネルスフェーン

まぁ来てもおかしくないマイネルスフェーンはこのぐらいまで。

関東馬の能力はコマノインパルス以外はおそらくどっこいどっこい。それならば人気しているこの馬をわざわざ上位評価で買う必要もないか。

 

△サーベラージュ

1戦1勝のサーベラージュは期待もあれば不安も大きい。

新馬戦の内容は間違いなく強い内容。ただ、スローペースからの終いだけのレースでしたし、とにかくこのレースは1戦1勝馬の成績が悪い。なんだか状態不安もあるようなので、それならばこれぐらいの評価でいいか。

 

△サンティール <穴推奨>

牝馬ということがネックだが前走の内容が強かったサンティールも面白い。

前走は淀みない流れを突き抜けての圧勝で、走破時計を見ても昇級して通用しておかしくない時計。ハービンジャー産駒が良く走るレースなので突っ込んできてもおかしくはない。

 

△イブキ

血統的な魅力もあれば不安もあるイブキはこれぐらいまで。

とにかく京成杯はキングカメハメハ産駒が走るレース。その点を踏まえれば今回唯一キングカメハメハ的な要素を持つこの馬を評価するのもわかる。そしてルーラーシップ産駒は明らかに距離が伸びてパフォーマンスを上げる傾向があるので2000mになるのも良いだろう。

一方でルーラーシップ産駒はデカくてスッと動けないという欠点もありそうで、朝日杯FSのダンビュライトの走りなどを見ても馬込みの競馬がダメな可能性もありそう。イメージとしてはマンハッタンカフェ産駒に近い感じで、内枠と多頭数は不安な面があると見ている。

 

△ベストリゾート

ハービンジャー産駒でもベストリゾートは半信半疑。

前走はハイペースで展開的には向いていたレース。マイネルスフェーンとは内外の通った差とも見えるが、この馬もそこまでロスがあった内容には見えない。ここは抑えまで。

 

△アサギリジョー

一応の抑えでアサギリジョーも入れておく。

前走内容を見る限りコマノインパルスとは力差がある感じはするが、それ以外のメンバーはどっこいどっこいなはず。実際にマイネルスフェーンを未勝利で倒していますし、前走だけで切らないほうがいいかも。

 

印まとめ

◎コマノインパルス
◯バリングラ
▲ポポカテペトル

△マイネルスフェーン
△サーベラージュ
△サンティール <穴推奨>
△イブキ
△ベストリゾート
△アサギリジョー

勝負度D

 

推奨買い目

中央競馬の重賞の買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様は本日配信しましたメルマガにて閲覧ください。

なお、メルマガでは重賞予想の買い目以外の平場の勝負レースも配信しております。ご興味ある方は下記より購読登録をお願いいたします。

 

<ご登録はコチラから>

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

[PR]
□■□■□■□■□■□■□■□■□

第64回 日経新春杯(G2)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
日経新春杯【◎−穴】1点無料公開
ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場だけに一線級は少ないが、賞金の高いG2ということで重賞で勝ち負けしている実績馬が参戦。また、ハンデ戦なので準オープンや1000万を勝ったばかりの格下馬が加わり、実力差と斤量差を的確にジャッジすることが馬券的中に向けた最大のポイントと言えよう。

また、各陣営の思惑も様々で、実績馬でも「今の内に賞金を加算して春に備えたい」場合もあれば、「この後は放牧に出すから使ってしまおう」という場合もあるように、勝負度合いは全然違う。格下馬も「今年はこの馬に期待しているんだ。ココでも勝負になるはず」と、「使いたい距離の条件がなかったからね。とりあえず使ってみる」とでは、どちらが“買いなのかは一目瞭然だろう。

しかし、公正競馬を謳っている以上、各紙面には当たり障りないコメントしか並ばない。馬券的中のカギとなる“本音”を掴めるのは、関係者と親しくしている人間、つまり弊社情報ルートのような存在に限られている。事実、昨年の的中はもちろんのこと、6番人気アドマイヤデウスから10番人気フーラブライドで決着した一昨年も馬連1万0150円的中をお伝えしているのだ。

もちろん、今年も各陣営から本音を聞き出せる情報収集態勢が整っている。そこで、今週は弊社シンクタンクに初めてご参加される方に限り、日経新春杯の【◎−穴】1点馬券を無料公開する。コレは必見と付け加えさせて頂こう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第64回 日経新春杯(G2)

本物の情報で馬券を獲りたい方は必見
日経新春杯【◎−穴】1点無料公開
ココをクリック!

関連記事

小倉大賞典の予想を公開!

うーん、東京の馬場が非常にわからない。雨が降るとある程度読んでいたが降らず、パワーがいることはいるん

記事を読む

ユニコーンS [3] 上位人気馬の短評

今週末から函館開催が始まりますねー。個人的に函館競馬場は大好きなので開催期間中に一度は行きたいんです

記事を読む

ダービー卿CT2017の予想を公開!

ダービー卿チャレンジトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月1日に中山競馬場で

記事を読む

【日経新春杯2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経新春杯2018(京都芝2400m)の考察です。 1月14日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】ダービー卿CTの予想を公開!

今日は4/3(日)に行われるダービー卿チャレンジトロフィーの予想です。中山芝1600mで行われるGI

記事を読む

【フェアリーステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェアリーステークス2020(中山芝1600m)の考察です。 1月13日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【ダービー卿チャレンジトロフィー2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ダービー卿チャレンジトロフィー2020(中山芝1600m)の考察です。 4月4日に中山競馬場で

記事を読む

【京都2歳ステークス2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

京都2歳ステークス2017(京都芝2000m)の考察です。 11月25日に京都競馬場で開催され

記事を読む

ファンタジーステークス2019の予想を公開!

ファンタジーステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 11月2日に京都競馬場で開催さ

記事を読む

京成杯2018の予想を公開!

京成杯2018(中山芝2000m)の予想です。 1月14日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

京阪杯2020の予想を公開!

京阪杯2020(阪神芝1200m)の予想です。 11月29日に阪

ジャパンカップ2020の予想を公開!

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。 11月2

京都2歳ステークス2020の予想を公開!

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の予想です。 11

【ジャパンカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の考察です。 11月2

【京都2歳ステークス2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2020(阪神芝2000m)の考察です。 11

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑