*

ドバイワールドカップ2018の予想を公開!

公開日: : 海外レース考察・予想

ドバイワールドカップ2018(メイダン ダート2000m)の予想です。

3月31日にドバイのメイダン競馬場で開催され発走時刻は日本時間で4月1日の午前1:50です。出走馬はウエストコースト、タリスマニック、フォーエヴァーアンブライドルド、アウォーディーなど。メイダン競馬場のダート2000mで行われるGI戦です。

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

3月11日(日)阪神09R 淡路特別

3連単 04−09−05

獲得金額 1,586,100円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週も「大阪杯の予想」を無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

ドバイワールドカップ 2018予想

ドバイワールドカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

オールウェザーからダートに戻ったのが3年前。それからのレース結果を見てもドバイワールドカップはアメリカ勢の独占市場。

それもそのはずで世界の競馬界の中でダートをメインに生産が行われているのは北米大陸ぐらい。欧州や日本のように芝メインでの生産ではない上にあれだけの巨大な大陸の中から化け物がポンポンと出て来るわけですから、ダート競馬でアメリカ生産馬に勝つことはほぼ無理だろう。

 

ただ、今年関してはここ2年のようなカリフォルニアクローム、アロゲート級の化け物はおらず、昨年2着のガンランナー級も不在。ダートに戻ってからの3年の中では最もアメリカ勢の層が薄いように見えるが、果たして他国の食い込みはあるのかというのがポイントじゃないでしょうか。

 

ドバイワールドカップ 2018の印

本命 ◎ウエストコースト

ここはもう今年のアメリカ勢の圧倒的ナンバーワンホースであるウエストコーストに逆らう必要はない。

昨夏からのロスアラミトスダービー、トラヴァースS、ペンシルバニアダービーの内容がどれも圧巻。そこから挑んだスーパーGIの2戦だったがBCクラシックで3着、ペガサスワールドカップで2着の結果に終わった。

ただBCクラシックで明らかに力負けしたガンランナーにペガサスワールドカップでは食いついており、いまがまさに成長期という感じで力をつけてきている印象。昨年のガンランナーのワールドカップでの走り及びそれ以降のアメリカでの走りを見ても、間違いなくアロゲート失速後の世界ナンバーワンのダート馬だったはずで、その馬が前走で引退した今、世界で一番強い馬はこの馬だろう。

海外オッズでは断然人気になりそうだが、日本オッズではアウォーディーが2番人気になってくれるおかげでそこまで被らなそう。素直にこの馬を信頼すればいいはずだ。

 

対抗 ◯ムブタヒージ

対抗はムブタヒージに大穴で期待したい。

ドバイワールドカップは過去3年の映像を見ればわかるが、もう4コーナーで先頭の馬がなだれ込むケースばかりのレース。この馬はここ2戦はハナを奪うほどのスピードを見せており、恐らくこの枠であれば逃げるノースアメリカの2番手ぐらいの位置が取れそう。

この馬は映像を見ていると一瞬の脚には欠けるが立ち回りと持久力はそれなりにある強化版シャイニービームというイメージの馬。4コーナーをうまく立ち回れれば外からは差してこれないメイダンのダートコースへの適性がよほど高いと見て良さそうで、3歳時にはUAEダービーを圧勝。4歳時にはインを上手く立ち回ってワールドカップで2着に走りましたし、昨年も外枠から先行して4着にまとめました。

その昨年からアロゲートとガンランナーという怪物がいなくなりますし、そこに近いレベルの馬は今回はウエストコーストのみ。ラチ沿い2番手ぐらいからスルスルと抜け出すような競馬ができれば大穴を開けても不思議ないと見ました。

 

単穴 ▲ノースアメリカ

三番手はノースアメリカにします。

前走のあるマクトゥームチャレンジは高速馬場だったとはいえカリフォルニアクロームが樹立したレコードを更新する時計で勝利。この日のスーパーサタデーは多くのレースでレコードが出ていたのであまり信頼はできないが、それでも引き続き高速馬場になるだろうメイダンで時計的な裏付けがあるという点は評価していいはずだ。

恐らくドバウィ産駒のスピード型で前走のように高速馬場でスピードを活かしきる競馬が得意なはずで、今回も枠順を考えればハナに行き切れるはず。前走であれだけのパフォーマンスをしたのですから今回わざわざ控えることはないでしょう。

問題は頭2つぐらい能力抜けているウエストコーストに競りかけられないかですが、前述の通りでメイダン2000mは毎年のように前に行った馬の粘り込みが決まっているので、それならば前走でこのコースのレコードを叩き出している逃げ馬を上位評価にしないわけにはいかないでしょう。

 

特注 ☆ガンナヴェラ

脚質的に厳しそうなガンナヴェラだがフォーエバーアンブライドルドを買うならこちらを買いたい。

ここ2戦はレベルが高すぎてほとんど画面にも登場しないレースだったが、3走前のトラヴァースステークスではウエストコーストとそこまで差がない2着。スタートが遅くて位置が取れないのがネックだが最後にはじわじわと伸びて来るというタイプの馬で、ウエストコーストが前を潰しきればこういう馬が3着に来る可能性はある。

前走は10馬身差の3着という事ですが、今回もウエストコーストとそれ以外の馬の能力差はかなりありそうですし、同じような競馬で3着もありそう。当時は睾丸の病気に侵されていたという事ですし今回は前進あっても。

 

△  タリスマニック

初ダートのタリスマニックは本当にわからないがベタにあまり評価するべきではないか。

昨年のブリーダーズカップ挑戦時に調教のダートコースで良い走りを見せたことからダート転向も視野に入れたとの事だが、こういう逸話は日本競馬でもよくあって大体が走らせて見たらダメというパターンが多い。まぁその発言元がぽっと出の調教師ではなくファーブル師であるという事には敬意を払いたいが、なかなかこういう初ダートが走るイメージは湧かない。

血統的には父メダリアドーロはワールドカップ2着もあってダート適性は全く問題なく、レイチェルアレクサンドラのような怪物も生んでいるのでひょっとしたらダートで化け物という可能性もなくはない。オールウェザーの走り方を見る限りダートも行けそうな感じはするが、実際にウエストコーストなどの一線級と走って通用するかはわからない。

 

△  フォーエバーアンブライドルド

アメリカの人気馬の中ではフォーエバーアンブライドルドが若干危なそう。

この馬は昨年の最優秀牝馬に輝いた馬だがレースぶりを見ていると牝馬とは思えないような豪快なもの。白い馬体からゴールドシップやラニを思い起こさせるような馬で、後方から4コーナーで捲ってじわじわと伸びて差し切るような競馬で3連勝してきた。

ただ今までは牝馬相手しか戦った事がありませんし、今回は前にウエストコーストがいますし、流石に馬場の影響あったにせよレコード時計を逃げ勝ったノースアメリカがそこまで弱い馬とも思えない。今回は4コーナーで捲り切れる展開ではなさそうで、そうなると完全に前残り傾向強いメイダンの2000mで外から差し切れるのかは非常に疑問。恐らく捲ろうとするところでエネルギーを使ってしまって直線は前の馬と脚色同じになってしまいそうな気がします。

 

△  サンダースノー

前走内容を見る限り逃げの競馬ができたときのノースアメリカとサンダースノーには差がありそう。

もともとエピカリスと同程度の能力の馬でしたし、ノースアメリカに勝利実績あるとはいえ、あちらは前走で高速馬場をよどみなく逃げる手で一変した感じも。今回はこちらが外枠を引いてしまいましたし、厳しい競馬になると思います。

 

消 アウォーディー

流石にワールドカップの舞台で日本馬の活躍は難しくアウォーディーも厳しいだろう。

昨年の5着は立派だと思うが、その昨年よりも明らかに衰えが見える現状で、昨年よりもメンバーレベルは下だとしても自身の衰えの方が上回っている感じも。昨年そこまで差がなかったムブタヒージを買うならこの馬でも変わらないという意見もわかるが、その2頭を買うんなら2番人気のこちらではなくムブタヒージを買うのが日本オッズでの戦略だろう。

 

印まとめ

◎9   ウエストコースト
◯4   ムブタヒージ <穴推奨>
▲2   ノースアメリカ
☆3   ガンナヴェラ
△7   タリスマニック
△6   フォーエバーアンブライドルド
△10 サンダースノー

勝負度E

 

推奨馬券

三連複 9→4,2→4,2,3,7,6,10 本線ベース

三連複 9,4→2,3,7,6,10 重ね買い

馬単 9→4,2 本線

三連単 9→2,4→2,4 ボーナス

三連単 9→4→3,7,6,10 ボーナス

 

月初購読がお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も4月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行3年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

ここは以前と変わらず、重賞回顧データを配布します。なるべく月曜中に重賞は回顧をお届けできるようにいたします。

 

【火曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、火曜日の夜にメルマガにて予想を配信しております。

※地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開とする場合がありますのでご了承ください。

 

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

 

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

本日4/1に購読いただくのが最もお得となっております

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

凱旋門賞の予想を公開!

サクッとになりますが、凱旋門賞の予想を公開しておきます。今日は阪神メインで大本線で的中できて、大幅プ

記事を読む

【2017】香港カップの予想を公開!

香港カップ2017(シャティン芝2000m)の予想です。 12月10日に沙田(シャティン)競馬

記事を読む

【凱旋門賞2017の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

凱旋門賞2017(シャンティイ芝2400m)の考察です。 10月1日にシャンティイ競馬場で開催

記事を読む

【香港カップ2018の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

香港カップ2018(シャティン芝2000m)の考察です。 12月8日にシャティン競馬場で開催さ

記事を読む

【ドバイワールドカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイワールドカップ2018(メイダン ダート2000m)の考察です。 3月31日にドバイのメ

記事を読む

【2016】ブリーダーズCフィリー&メアターフの予想を公開!

今日は11/5(土)に行われるブリーダーズCフィリー&メアターフの予想です。 レースが

記事を読む

メルボルンカップ2018の予想を公開!

メルボルンカップ2018(フレミントン芝3200m)の予想です。 11月6日にフレミントン競馬

記事を読む

ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想を公開!

ドバイゴールデンシャヒーン2018(メイダン ダート1200m)の予想です。 3月31日にドバ

記事を読む

【2016】香港カップの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われる香港カップの予想です。 土曜競馬は平場はまずまずでしたが、チャ

記事を読む

【ジャックルマロワ賞2018の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

ジャックルマロワ賞2018(ドーヴィル芝1600m)の考察です。 8月12日にドーヴィル競馬場

記事を読む

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑