*

【ドバイターフ2021の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

公開日: : 海外レース考察・予想

ドバイターフ2021(メイダン芝1800m)の考察です。

3月27日にメイダン競馬場で開催され発走時刻は日本時間の3月28(日)0時30分です。出走馬はヴァンドギャルド、ロードノース、ロードグリッターズ、リーガルリアリティなど。メイダン競馬場の芝1800mで行われるGIです。今回の記事では過去データや血統などを考察いたします。

 

[PR] ドバイターフ2021無料予想はココで決まりだ!!

帰ってきました!ドバイ~~~!!

今週はドバイターフ無料予想あり★

ここで過去のドバイターフ振り返りを…

◎2019年1-4-9人気◎2018年2-4-1人気

◎2017年5-7-2人気◎2016年4-7-1人気

4~9人気がわりと馬券に絡む傾向?

となると、穴馬入れ込みが上手い

ここの無料予想は参考になるはずです!

直近の中京8Rでは・・・

ワイド4-8人気的中/51.2倍×500円

15,000円投資→25,600円獲得

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

レース当日は『ドバイ・インデックス』

ワンクリックで買い目チェックできます↑↑

レース1時間前には情報公開されるので

ギリギリまで悩んでる人・・・

人気薄馬選びに迷ってる人・・

無料で見れるココの買い目は必見です!

無料予想『ドバイ・インデックス』

↑↑ココから無料メルマガ登録後買い目見れます。

提供の買い目はワイドですが

選んだ馬参考に3連複・馬連BOX

同時購入も全然アリなんです!!

 

ドバイターフ 2021 考察

レース傾向

メイダン競馬場の芝1800mで行われるドバイターフ。以前はドバイデューティフリーというレース名だったが、もうドバイターフという名称で定着してきたか。

ドバイシーマクラシックがメイダン競馬場を1周するようなコースレイアウトになっているのに対して、こちらは向こう正面の引き込み線スタート。

スピードタイプの馬も多く出走してくることもあってペースが流れることも多く、最後は長い直線で上質な決め手が要求される。そんないかにもジャパンナイズドされた条件ということもあってか、もう近年のドバイターフは日本馬の独壇場という感じ。

ここには過去5年のレース結果しか書けていませんが、2014年にはあの圧巻のレコード勝ちを見せたジャスタウェイの勝利もありますから、近年は本当に日本馬の独壇場になっています。

それだけ日本からエース級の馬が毎年のように参戦していたかと言われれば別にそんなわけでもなく、昨年のアーモンドアイは別格としてもリアルスティール、ヴィブロス、ディアドラあたりはそこまで期待されていたかと言われれば・・・という感じ。特にヴィブロスが勝利した2017年は日本人のファンの誰しもが「まさか勝つとは!」と思ったでしょうし、それぐらいに今の日本の中距離馬のレベルは高く、それでいてドバイターフは日本馬が走りやすい舞台ということでしょう。

 

こうして過去5年の血統傾向を見ても日本馬ばっかりが走っているおかげで日本の主流血統がドバイターフのトレンドという感じ。ヴィブロスとリアルスティールの2頭だけですが、ディープインパクトの名前をこれだけ刻んでいるわけですし、アーモンドアイのロードカナロアを含めて日本の主流血統で十分に対応できるレースでしょう。

そんなスピードとキレに優れた日本血統がよく走る条件ということもあって、欧州のスタミナ血統はそこまで走らないのが近年の傾向。2015年は父か母父がサドラーズウェルズの馬が上位独占となりましたが、それ以降の結果からはサドラーズウェルズの名前はほとんど読み取れません。

 




 

考察まとめ

というわけでドバイターフの出走予定馬を見ながら簡単に考察をまとめます。

ブックメーカーのオッズを見ても、やはりプリンスオブウェールズS勝ちのロードノースが1番人気想定。それをジェベルハッタ(前哨戦)組のロードグリッターズとアルスハイルが追いかけるような人気で、エクリプスSでエネイブルに迫ったリーガルリアリティが4番人気になるような感じでしょうか。

日本からは富士ステークス勝ち実績こそあるもののGIでは活躍できていないヴァンドギャルドのみの参戦。このレースの日本馬の圧倒的な強さは認めつつも、現地では5番人気ぐらいの伏兵という評価になりそうです。

 

ここは現時点での見解ですが、ヴァンドギャルドはかなりチャンスありなんじゃないかと見ています。

日本の高速馬場のマイル戦でも強い競馬を見せていますが、もともと母スキアはフランスの2100m重賞を勝利しているような馬。決してコテコテのマイラーではないと思いますし、モティヴェイター=サドラーズウェルズとブラッシンググルームを持っているという点も日本の高速馬場ではちょっと不利な感じがしていました。

今回は日本よりは時計のかかるドバイの馬場で距離延長。これぐらいの距離で脚を溜めて末脚を活かす競馬が合いそうですし、能力的にもマイルチャンピオンシップであれだけ走れていれば今回のメンバーなら最上位級だと思うんですけどね。

ロードノースも格は上ですがBCターフのレース内容は微妙ですし、ジェベルハッタ組2頭も日本の中距離レベルに比べれば劣る印象。日本よりもドバイの芝に適性があったヴィブロスと同じように、メイダンの血でヴァンドギャルドが爆走する可能性は割と高いと見ています。

 

とは言っても、まだ全馬のレースや情報などを全て見たわけではないので、これからじっくりと考えて最終予想は土曜日にメルマガで配信しようと思います。

と言うわけで、ドバイターフの考察記事はここまで。それ以外のレースも時間があればこんな感じで明日のお昼ぐらいまでに書き起こしてみたいと思います。そのモチベーションを上げるためにも是非とも以下のブログランキングのバナーを応援クリックいただけますと幸いです。

 

↓↓どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

先週行われたスプリングステークスは印4点に絞った予想としたのですが、その少点数での上位3頭がそのまま走ってくれての大本線的中!!これは気持ちの良い的中でした(^^)

<スプリングステークス レース結果>
1着:◎ヴィクティファルス 3番人気
2着:▲アサマノイタズラ 7番人気
3着:◯ボーデン 1番人気

一年に数回程度は自画自賛できる予想考察のレースが出てきますが、日曜のスプリングステークスはまさにそんな感じの予想でした。(実際のレース予想全文はコチラでご覧になれます)

 

的中メールなどたくさん頂きましたので、ここに簡単に紹介させていただきます。皆様、大きな配当的中おめでとうございます(^_^)

 

by 神田様

 

by どらどら様

 

by winfullbloom様

 

今週末はGI高松宮記念に加えて、マーチステークス、毎日杯、日経賞と日本だけでも4つの重賞があります。

さらにさらに今週末は土曜日にドバイ国際競争もあるので、ドバイワールドカップ、ドバイシーマクラシック、ドバイターフ、ドバイゴールデンシャヒーンと4つの競争が日本でも馬券発売となります。

もう盛りだくさんすぎて月曜から日曜まで競馬のことしか考えられない1週間になりますが、スプリングステークスのようなキレのある予想をお届けできるように頑張ってまいります。以下、配信予定になります。

 

高松宮記念 → 予想全文をブログにて公開予定(買い目のみメルマガ限定)

マーチS → 本命馬のみブログにて公開予定(予想全文及び買い目はメルマガ限定)

毎日杯 → 本命馬のみブログにて公開予定(予想全文及び買い目はメルマガ限定)

日経賞 → 本命馬のみブログにて公開予定(予想全文及び買い目はメルマガ限定)

ドバイワールドカップ → 本命馬のみブログにて公開予定(予想全文及び買い目はメルマガ限定)

ドバイシーマクラシック → 予想はメルマガ限定で公開予定

ドバイターフ → 予想はメルマガ限定で公開予定

ドバイゴールデンシャヒーン → 予想はメルマガ限定で公開予定

 

こんな感じで配信しようかと思っております。ドバイ競争のどれをブログで公開するかはまだちゃんと決めていません。日本での盛り上がりを考えるとドバイワールドカップよりもシーマクラシックの方がいいかな、などなど。

基本的にドバイ国際競争はメルマガ限定での予想公開となりますので、興味ある方はこの機会にメルマガを読み始めてください。初月は無料になるので、あんまり気にせずサクッと読んでいただければと思います。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も3月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【ドバイワールドカップ2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイワールドカップ2019(メイダン ダート2000m)の考察です。 3月31日にメイダン競

記事を読む

【ドバイシーマクラシック2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイシーマクラシック2019(メイダン芝2410m)の考察です。 3月31日にメイダン競馬場

記事を読む

【ドバイW杯デー2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

ドバイワールドカップデー2017の考察です。 3月25日の日本時間深夜に開催され、日本で馬券が

記事を読む

【ドバイターフ2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイターフ2019(メイダン芝1800m)の考察です。 3月31日にメイダン競馬場で開催され

記事を読む

【香港マイル2018の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

香港マイル2018(シャティン芝1600m)の考察です。 12月8日にシャティン競馬場で開催さ

記事を読む

ベルモントステークス2019の予想を公開!

ベルモントステークス2019(ダート2400m)の予想です。 6月9日にベルモントパーク競馬場

記事を読む

【ドバイゴールドシャヒーン2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイゴールデンシャヒーン2019(メイダン ダート1200m)の考察です。 3月30日にメイ

記事を読む

【ドバイワールドカップ2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイワールドカップ2018(メイダン ダート2000m)の考察です。 3月31日にドバイのメ

記事を読む

【香港カップ2018の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

香港カップ2018(シャティン芝2000m)の考察です。 12月8日にシャティン競馬場で開催さ

記事を読む

ドバイワールドカップ2018の予想を公開!

ドバイワールドカップ2018(メイダン ダート2000m)の予想です。 3月31日にドバイのメ

記事を読む

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

10月3週のレース回顧〜雨+風で予想以上にタフになった秋華賞デーの阪神〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

秋華賞2021の予想を公開!

秋華賞2021(阪神芝2000m)の予想です。 10月17日に阪

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10

エーデルワイス賞2021の予想を公開!

エーデルワイス賞2021(門別ダート1200m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑