*

【2016】東京大賞典の予想を公開!

公開日: : 地方レース考察・予想

今日は12/29(木)に行われる東京大賞典のレース予想を行います。大井2000mで行われるJpnI戦です。

 

東京大賞典は地方交流のG1=Jpn1レースとなりますので、サイトにて無料公開とさせていただきます。

買い目のみメルマガ会員様専用ページでの公開となりますので、そちらはご了承ください。

 

東京大賞典 予想

大井2000mで行われるダート中距離路線のGIは地方馬にとって最も酷な舞台。近年でも最充実期のサミットストーンやハッピースプリントでなんとか一矢報いることができた感じで、今回はそういった馬がいないのであれば中央馬同士の運動会になることは確実。その中央馬同士の現在の力関係というのがどうなっているか、というのがこのレースの鍵になるか。

チャンピオンズカップ当時にも書いたと思うが、現在のダート中距離路線はホッコータルマエ引退以降は主役不在の停滞期。その隙間を縫ってサウンドトゥルーとノンコノユメという差しタイプの2頭が台頭してきたが、ダート路線で展開任せというタイプのこれらの馬は真の王者とはいえそうもなく、展開が向かないレースでは未だにコパノリッキーが主役を張れるようなレベルと言っていい。

そんな停滞期だからこそ、ダート替わりでアウォーディーが一気に主役にまで登りつめられた。もちろんこの馬は別の時代に生まれていてもそこそこ強いダート馬として注目されていたはずだが、恐らくはエスポワールシチーやトランセンド、スマートファルコンといった強力な先行馬がいる時代であれば2番手以下の馬として扱われていたと思う。それでもこれといった弱点がないこの馬が今のダート界の中心と考えていいだろう。

チャンピオンズカップこそサウンドトゥルーが勝利したが、あれはノースヒルズのコパノリッキー潰し大作戦を田辺騎手のブライトラインがあまりにも早いタイミングで実行してしまい、肝心のアウォーディーまで早めに動かなければいけない展開になり、後方待機のサウンドトゥルーに絶好の展開をアシストしてしまった可能性が高い。それでいてあの着差ということを考えれば、まずアウォーディー>>サウンドトゥルーという能力比較で考えればいいだろう。

 

次に考えたいのは展開だ。

まず揉まれたくないコパノリッキーの逃げというのは確実か。それをアウォーディーが2番手からマークし、その直後あたりにアポロケンタッキーがつける、という展開が容易に想像できる。コパノリッキーはスタートがあまり上手くないので、もしかするとハッピースプリントのハナやアウォーディーのハナの可能性まで少し想定はしておきたい。

コパノリッキーという馬は、ベストはマイルというスピードタイプの馬で、1800m以上になると展開にかなり左右される馬。スピードが活かせる淡白なレースになれば1800m〜2000mでも強い競馬ができる馬だが、逆にダートっぽいタフなレースになるとあっさりと負ける印象。その意味でこの馬は武豊騎手と田辺騎手に完璧に乗られていた印象がある。その2人の中でも帝王賞で早めスパートで大圧勝を見せた武豊騎手は圧巻の騎乗だった。

そんな武豊騎手がアウォーディーに乗るからこそ、コパノリッキーの強さは否が応でもわかっているはず。チャンピオンズカップでノースヒルズ陣営が明らかにコパノリッキーをブライトラインで潰しにかかったのを見ても、あれは「最大のライバルはコパノリッキー」という武豊騎手の助言があったと見てほぼ間違いなさそうで、今回はブライトラインというラビット役がいないとはいっても、少頭数で自ら乗るアウォーディーが2番手の位置を取れそうとなれば、決してコパノリッキーに楽をさせる競馬はしてこないはずだ。イメージとしてはもう直線入り口でコパノリッキーを被せてねじ伏せるような競馬をしたいはずで、恐らくはそんな展開になればコパノリッキーは3着すらないと思います。

 

ただ、ここにアウォーディーという馬の難しい点があり、この馬は先頭に立つとソラを使う、というのが武豊騎手と陣営の共通意見(そこまで極端にソラを使っているようには見ていて思いませんが)。武豊騎手としては早めに先頭に立つと遊ぶのでギリギリまで2番手に溜めたい気持ちはありながらも、コパノリッキーは早めに潰さなければ怖いことは知り尽くしている。

選択肢A:4コーナーぐらいからコパを被せに行って早め先頭で押し切る

選択肢B:直線ギリギリまでコパを遊ばせて最後の最後で差し切る

このどちらかを武豊騎手が選ぶかで後ろについてくる馬の名前が変わるはずだ。特にコパノリッキーは選択肢Aならば馬券外確実だろうが、選択肢Bの場合は頭まである可能性がある。

アウォーディー自身はどちらの選択肢を選んでも、まず勝ち負けにはなると思うが、今回に関してはこういった難しい判断を迫られる以上、この馬を本命ではなく。アウォーディーに汚れ役をやってもらった上で、最大限に展開が向きそうなアノ馬から狙ってみたいと思っている。

というわけで予想の発表。

 

 

 

本命はにしました。

前述の通り、アウォーディーは2番手からコパノリッキーをどこで潰すにせよマークする形の競馬になりそう。武豊騎手としてはサウンドトゥルーやノンコノユメよりも自分が乗っていたコパノリッキーを潰すことの方に意識は行くはずで、恐らくは早めに潰すパターンになると思います。

かといって、先行タイプがほとんどいないこのメンバーで序盤からハイペースになるとも思えず、アウォーディーが早めにコパノリッキーを潰しにかかったとしても、サウンドトゥルーやノンコノユメがズバッと差して頭までくるほどは展開が差し向きにはならないはず。そう考えればアウォーディーを見れる位置で競馬ができそうなこの馬は展開が絶好と考えていいでしょう。

この馬は以前から近い内にダート界を背負う存在になる、と公言してきた馬で、シリウスSのレース後の回顧コメントは以下のような内容。

「休み明けながら和田騎手の積極性で位置が取れた。最後まで交わせなかったのは仕上がりの差のはずで、距離は長ければ長い方がいい。イメージ的には「少頭数」「長距離」「タフ馬場」が合いそうな馬で、いかにも地方交流の長距離ダート戦は合いそう。そういうレースに使ってきた場合はアウォーディーのように圧勝する可能性はあり。まだ若い馬ですしいずれGIはひとつくらい取れる馬だと思います。」

もう、この「少頭数」「長距離」「タフ馬場」というのは今回の舞台の事を言っているようなもので、しかもアウォーディーがコパノリッキーを潰しにいくという展開もこの馬にとってはベストと言っていいはず。

前走は中央のダート1800mのGIの流れでは少し忙しかった感じですが、それでも最後は差し込んできてノンコノユメと差のない競馬。距離が伸びることは間違いなくプラスで、タフ馬場で位置が取れそうな今回は少なくともノンコノユメに逆転されることはなさそう。

心配なのは秋5戦目というローテーションですが、それ以外に関しては今回は絶好すぎる狙い目と言える馬。鞍上が追える内田騎手に替わるのも、この馬のキャラクターを見れば絶好に思えますし、今年最後の地方GIはこの馬から大きく狙いたいと思います。

 

 

対抗は◯アウォーディーで仕方がない。

いくらコパノリッキーを自分で潰しにいく競馬を迫られるとはいえ、少頭数の2000m条件でこの馬が今崩れる可能性はゼロといって良さそう。揉まれても全く問題ない馬ですし、よほどのキレ者が何頭もいない限りは3着は堅いですし、まず2着には来ると思っていいはず。

 

 

三番手は▲サウンドトゥルーにしました。

本命馬が3番手くらいから抜け出してアウォーディーと最後の直線でデッドヒートになると考えると、残りの座席は1席。コパノリッキーがアウォーディーに潰されるパターンを第一と考えれば残り1席は最も末脚がキレる馬が突っ込んでくると考えるのがベターか。

そうなれば去勢後のノンコノユメとは確かな力差がありそうなサウンドトゥルーで3席目も堅そうな印象を受ける。チャンピオンズカップは完璧に立ち回っての勝利とはいえ、4コーナーでほぼ同位置にいたノンコノユメよりは今の充実度は確実に上。ここも差し切って頭まであるかは微妙ですが3着内は有力とみています。

 

 

もし、アウォーディーの武豊騎手がソラを気にしすぎて仕掛けが遅れた場合は☆コパノリッキーが逃げ粘れるはず。

2000mは距離的にギリギリなはずですが、なんだかんだでこの距離のGIを3勝もしている馬。しかもその3勝全てが道悪馬場での積極策という内容で、それを考えれば今回も嫌いすぎるのはどうかという気がします。ただ、2番手につけるアウォーディーの仕掛けどころ次第で1着〜5着ぐらいまでガラッと変わってきそうで、そういった意味では今回は中心視するのは危険な馬といって良さそう。

 

 

ノンコノユメは残る座席を考えると今回は望み薄。ただ、去勢明けの馬は馬体が戻って来る3戦目ぐらいに良く走る傾向あり、今回は調教もここ2戦よりは動いている印象。ルメールが完璧に乗った際はサウンドトゥルーに先着する可能性も少しはあるかなと見ています。

 

最後に抑えの抑えでカゼノコを少し。道悪馬場で直線一気が決まる展開になれば、ハマった時の末脚はサウンドトゥルーやノンコノユメにも劣らないものあり。まぁ常識的に厳しいですが、大本線相手での三連複が万馬券なので少しぐらい抑えていても問題ないんじゃないでしょうか。

 

 

印まとめ


◯アウォーディー
▲サウンドトゥルー
☆コパノリッキー
△ノンコノユメ
×カゼノコ

勝負度B

昨晩まで年内最後の勝負度Aでドカンと狙おうと思っていたのですが、大本線で買おうと思っている馬券のオッズが少し狙われている感じで安いのと、本命馬の使い詰めの状態面が気になったので、「限りなく勝負度Aに近い勝負度B」くらいの狙いにしておきます。

 

買い方はメルマガ会員専用ページのみの公開とさせていただきます。パスワードは先週の週末用のダウンロードパスをお使いください。

↓↓↓

http://keibabusiness.com/?page_id=7551

 

関連記事

ニューイヤーカップ2018の予想を公開!

ニューイヤーカップ2018 (浦和ダート1600m)の予想です。 1月10日に浦和競馬場で開催

記事を読む

名古屋グランプリ2017の予想を公開!

名古屋グランプリ(名古屋2500m)の予想です。 12月14日に名古屋競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

マーキュリーカップの予想を公開!

ちょっと今週は木曜日から外出で予想ができなくなるので、いつもは月〜土曜までにやっているタスクを月〜水

記事を読む

さきたま杯の予想を公開!

本日夜はメルマガにて全レース分析データを配信いたします! 新潟開催分の全レース分析を入手するの

記事を読む

スパーキングサマーカップの予想を公開!

今日は自転車で横浜から熱海までロングライドしてきました。 減量もトレーニングも順調で、1日10

記事を読む

エンプレス杯2019の予想を公開!

エンプレス杯2019(川崎ダート2100m)の予想です。 2月27日に川崎競馬場で開催され発走

記事を読む

京浜盃2018の予想を公開!

京浜盃2018 (大井ダート1800m)の予想です。 3月28日に大井競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

サマーチャンピオン2018の予想を公開!

サマーチャンピオン2018 (佐賀ダート1400m)の予想です。 8月14日に佐賀競馬場で開催

記事を読む

【2016】ユングフラウ賞の予想(モダンウーマンらの評価は?)

今日は2/3(水)に行われるユングフラウ賞のレース予想を行います。浦和1400mで行われるSIII戦

記事を読む

サマーチャンピオンの予想を公開!

サマーチャンピオン2019(佐賀ダート1400m)の考察です。 8月14日に佐賀競馬場で開催さ

記事を読む

【キーンランドカップ2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

キーンランド2019(札幌芝1200m)の考察です。 8月25日

8月3週のレース回顧〜WINS横手で競馬観戦してきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

北九州記念の予想を公開!

北九州記念2019(小倉芝1200m)の予想です。 8月18日に

札幌記念2019の予想を公開!

札幌記念2019(札幌芝2000m)の予想です。 8月18日に札

札幌日刊スポーツ杯の予想を公開!

札幌日刊スポーツ杯2019(札幌芝2600m)の予想です。 8月

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑