*

2月2週のレース回顧〜競馬に絶対はないということをまざまざと感じました〜

公開日: : レース回顧

2024年2月2週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬のレースの回顧を重賞レース中心に行ってまいります。メルマガではもっと詳細なレース回顧を配信しておりますので、ご興味ある方はそちらを見てみてください。

 




 

金土とほぼ徹夜していて満身創痍だったというのもありますが、日曜の夕方にバタッと倒れて月曜日は体調最悪で一日中寝ておりました(>_<) 佐賀記念の予想もあげられずで大変失礼いたしました。

熱は出ていないので風邪なのかはわかりませんが、今年に入って3回目ぐらいのダウンなのでちょっと体調には気をつけないとなぁと。だいぶおじさんなので週末の徹夜続きも体に響いている可能性ありそうなので、スケジュールにも余裕を持って行かなければですね。

後ほど書きますが、日曜日の小倉8レースがあまりにショッキングな結果だったので、それでメンタルから体調をやられた可能性もあり・・・(苦笑)

 

 

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は共同通信杯からこの馬をピックアップします。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

今回はもう敗因が明白中の明白ですからね。おそらく1800mの距離は短かったと思いますし、青葉賞か京都新聞杯ローテからダービーには出走してくるんじゃないかなと見ています。

 

<共同通信杯 レース結果>
1着:無ジャスティンミラノ 4番人気
2着:無ジャンタルマンタル 1番人気
3着:無パワーホール    9番人気
10着:◎ショーマンフリート 6番人気

うーん、スローペースになるのはわかりきってましたが、ここまで歴史的な超スローペースというのはなかなか想像できず・・・もう後ろの馬ではどうしようもできないラップで単純に前に行った馬で上位独占。

こういうレースになりそうなのは想定していたんですが、本命のショーマンフリートがスタート直後に壮絶な不利。対抗のベラジオボンドがスタートで出遅れ。これでは仕方ないですね。もともと勝負度Fでしたが、不確定事象で諦められる結果でした。

毎年、共同通信杯ローテが有利な皐月賞ですが、果たしてここまで超スローになってしまうとジャスティンミラノは人気になるんですかね??このままだとジャンタルマンタルが1番人気と見ていますが果たして。

 

<京都記念 レース結果>
1着:▲プラダリア     3番人気
2着:無ベラジオオペラ   1番人気
3着:消バビット      9番人気
9着:◎マテンロウレオ   4番人気

こちらも騎手のコース取りだけで全てが決まってしまう馬場で、なおかつ人気馬とそれ以外の差が大きそうで妙味があんまりないだろうなぁと見ていたレース。実績的には最上位だったルージュエヴァイユが距離不安でぶっ飛んで、バビットが2番手からでも最内を通って好走となかなか難しいレースになりました。

いかにもプラダリアとベラジオオペラはメンバーレベルに恵まれた中で相対的に走れた感じがあるので、どちらも大阪杯では厳しそうに見えますがね・・・

 

<クイーンカップ レース結果>
1着:◯クイーンズウォーク 1番人気
2着:☆アルセナール    3番人気
3着:△ルージュスエルテ  4番人気
7着:◎テリオスサラ    5番人気

クイーンズウォークは前走レース後回顧でも重賞級と書いたので、こちらを本命も考えたのですが、大外枠でサフィラを抑えての1番人気かぁということで対抗まで。テリオスサラは戸崎騎手が完璧に乗ってくれましたが、東京マイルの時計勝負ではキレ負けしてしまいました。

結果的にノーザンファーム生産馬が上位独占。サフィラだけが難しい血統で尚且つ調教微妙で馬体減で凡走。アルセナールとルージュスエルテが一気にここまで上昇するというのを予想できたとて、配当がこの安さですからそもそもあまり勝負するレースではなかったでしょう。

 

もう先週末に関しては重賞は妙味なしと割り切っていたので、平場のレース勝負で考えていました。土曜日はたくさん当たって楽しい日になりましたが、日曜日はもう「競馬に絶対はない」という絶望的なレースにぶち当たって、その夕方から寝込むことになりました(苦笑)

今まで何年も競馬をやってきましたが、この絶望的な結末は初めてかもしれません。ようやく火曜日になって立ち直りかけていますが、これからレース回顧をしていくたびにため息をつきそう。そんなレースが日曜日の小倉8レースでした。

↓↓↓

[2/11(日)] 小倉8R サラ4歳上1勝クラス ダート1700m

◎5   インテンソ
◯7   ダノンボレロ
△1,2,3,4,6,10,11

[馬場]C=標準 [バイアス]フラット [展開]ミドル [勝負度]F

【レース見解】

若手騎手限定戦だがそこまで速い馬がいないメンバー構成。ウィービースティかインテンソが先手を奪って隊列はすぐに落ち着きそうですし、前有利の展開になるんじゃないだろうか。

【本命 ◎5 インテンソ】

新馬戦は世代限定の1勝クラスを勝った強敵フルングニルに終始2番手で競りかけられるかなり厳しい逃げ。並の馬なら3コーナーぐらいで脱落していると思うが、この馬は残り100m地点ぐらいまでは抵抗していましたし、普通に水準レベルの能力はありそう。

その後は地方交流を2戦使ったが、初戦の能登厳門賞で倒したプラティクレールは中央の1勝クラスでも通用している馬。フレンドリーサドル特別にしても勝ち馬トリプルループは中央の2勝クラスでも健闘していますし、2着シャドウノエルもその後に中央で1勝クラス勝ち。地方交流とはいえ普通に中央1勝クラスレベルにあったと思います。前走はダート1400mの超ハイペース戦で全く典型向かなかったのでノーカウントでいいでしょう。

今回は前走比でかなり楽なマイペース先行策が打てそうですし、新馬戦のレース内容や地方交流で戦ってきた相手を考えてもここは普通にやれていいはず。押し切りまで期待したい。

【対抗 ◯7 ダノンボレロ】

ノーザンファーム産でもともと期待されていて、初戦の芝もスタートで躓いただけで悪くない競馬。前走は長距離ダート2400mの高速馬場スロー戦ではありましたが、スタートから勝負所、追っての加速センスまで他馬と全く素質が違いましたし、特殊条件だから勝てたような感じには見えませんでした。潜在スピードからこの条件も問題なさそうですし、鞍上も若手限定戦で佐々木騎手。あっさり2連勝も十分。

【△1 ウィービースティ】

アイファーシアトルの未勝利の内容から素質はありそう。笠松でのレースぶりも余裕のあるものでしたし、前走は高速馬場の超ハイペース戦でスムーズな競馬はできていない。前走のテンスピードから言ってもハナに行けそうなので変わり身はあるかも。

【△2 スマートハンター】

前走は休み明けで位置が取れずで何もできなかった。今回は叩き2戦目で位置が取れれば前進あっていいか。

【△3 マカンマカン】

ワンダーブレットの1勝クラスはじっくり溜めて最速上がりで差してきていた。調教は動いていますし、ダートで乗り方次第でやれてもいいんじゃないだろうか。

【△4 スカパラダイス】

器用に馬群を捌いて差し込んで来れる馬。毎回上手く乗られている感じがするので、今回は永島騎手がどれだけスムーズに乗れるか。

【△6 ミユキザストロング】

2-3走前のレース内容を見てもこのクラスの1700mでは上位。前走は休み明けで高速馬場で動ききれなかった感じですし、今回は2戦目で上積みあっても。

【△10 クールジャーマン】

前走は調教良かったとはいえ距離延長で上昇。前走は上位2頭が強かった感じがしますし、今回の相手ならやれないか。

【△11 サンライズスコール】

前走は直線で馬群を捌けずで不完全燃焼。このクラスでの一連のレース内容からも能力上位でしょうし、スムーズに捌ければここもやれていい。

【推奨買い目】

ワイド 5→7 抑え

単勝 5 インテンソ 本線

三連複2頭軸流し 5,7→1,2,3,4,6,10,11 本線

馬連 5→7 ボーナス

【買い目及び予想のポイント】

ここは人気薄で◎インテンソが面白そうだが、断然人気の◯ダノンボレロが抜けて強い可能性も割とありそう。単勝に期待しつつ、2頭軸の3席目が人気薄を来てくれないかなぁというイメージで。

<レース結果>
1着:◯ダノンボレロ    1番人気
2着:△ミユキザストロング 8番人気
3着:△クールジャーマン  6番人気
中止:◎インテンソ     5番人気

本命に推奨した◎インテンソが楽にハナを切ってマイペースの逃げ。相手は◯ダノンボレロは人気でも強いと見ていて、この2頭のマッチレースだろうと。インテンソが勝ってくれたら最高で単勝も買いつつ、ダノンボレロが強いパターンも想定してワイド馬連も購入。それ以外の人気馬が女性騎手が乗っていたりで3席目は荒れそうだったので、三連複2頭軸流しも購入して3着には人気薄が来い!という買い方。

このキャプチャ画像は4コーナー地点ですが、この時点で◎インテンソは抜群の手応えで◯ダノンボレロは促しながらで少し距離が忙しそうな手応え。もうインテンソの単勝はGET確定で、ワイドと馬連もGET確定だろう。あとは3着に人気薄が来いと思っていたら人気薄の△ミユキザストロングが手応え良く上がってきて「これは来た!!」と。正直、このあたりからミユキザストロングしか見ておりませんでした(汗)

新横浜のWINSのシアターホールで見ていたのですが、あまりにも驚きすぎてこういう時は声をあげられないんだなと・・・なかなか週末に1度あるかないかの会心の予想が一瞬でこういう結果になるということで、競馬に絶対はないということをまざまざと感じました。なので、私が「自信絶大!!」と予想を出した際も、こういう結果になることもあるということは覚えておいてください(苦笑)

幸い、人馬ともに無事(川端騎手はXを見る限り、ダメージは凄そうなのが心配ですが・・・)なのは良かったですが、予想的にあまりにショックすぎて日曜日はこのレース以降の記憶があんまりありません。このレースがショックすぎて体調を崩した可能性もあり(汗)

まぁこういう事があったのならば、良いこともあるでしょう。と前を向いて頑張るしかないですね!!

 

というわけで、土曜日にスカッと的中したレース(といってもどちらもゴール前で交わされて配当が半減したのですが泣)のことも書いておきましょう。

↓↓↓

[2/10(土)] 京都2R サラ3歳未勝利 ダート1900m

◎7   アンバードール
◯5   メイショウソナタ
▲10 カズヴィトシャ
☆3   ジュンラトゥール
△4,8,9

[馬場]D=やや重い [バイアス]フラット [展開]ロンスパ [勝負度]F

【レース見解】

前走スマートリアファル組の馬が人気しているが、あのレースは馬場レベルSの超高速馬場のスロー戦で全くスタミナが問われていない。今回は馬場レベルD想定のタフな馬場でのダート1900mになりますし、スタミナ要素が問われることで人気馬が崩れる可能性はありそう。

【本命 ◎7 アンバードール】

初戦は前半1000m=63.6でしっかりペース流れた上に終いが加速ラップというハイレベル戦。勝ち馬フォーエバーヤングはこの世代の最上位のダート馬のようですし、2着馬シーリュウシーはすでに未勝利勝ち、3着馬バロンドールはブルーバードカップでも3着に走りましたし、そこで差のない4着ならこの馬はどう考えても強い。

2戦目のブルーサンの未勝利は超ハイペースを前付けして流れに戸惑った感じで、前走のサンドブラストの未勝利は馬場レベルSの高速馬場のスローペース戦を後ろからで完全に脚を余していた。

今回はタフ馬場のダート1900mで2戦目のような脚をなくすような流れにはならなそう。おそらく初戦に最も近いレース質になると思いますし、しっかりとダートでスタミナが問われるレースになればバロンドールと接戦できているこの馬は普通に勝てるのでは?

【対抗 ◯5 メイショウソナタ】

前走は初ダートだったが水が浮く馬場のスロー戦でスタミナがほとんど問われないレースに。半兄にテーオーロイヤルやメイショウハリオがいる配合ですし、この馬は乾いたダートでスタミナが問われた方がいいんじゃないだろうか。カズヴィトシャとの着順は入れ替わっていいと見ます。

【単穴 ▲10 カズヴィトシャ】

前走は初ダートで2着に走ったとはいえかなり低調なメンバーレベル。水が浮く高速馬場のスローペース戦を前々で競馬ができたのも良かったですし、レースラップを見ても前走はほとんどスタミナが問われていない。今回は良馬場のダート1900mで前走とは求められる適性が全く変わりますし、それでいて断然人気なら崩れてくれないだろうか。

【特注 ☆3 ジュンラトゥール】

前走でタフな京都ダート1900mを使ってパフォーマンス上昇。もうワンランク指数を上げてくればここで足りても。

【△4 アドマイヤエイジア】

初戦は水が浮く馬場の超スロー戦で位置を落とさずに回ってきただけ。今回はタフな馬場のダート1900mになりますし、スタミナ勝負ならパフォーマンスを上げてきても。

【△8 マテンロウノカゼ】

初戦は超スローペースの逃げに恵まれた感じも。特にダート血統というわけではないですし、ここでどこまでやれるだろうか。

【△9 ヒロイックロイ】

前走は初ダートだったが4コーナーの位置を落とさずに回ってきた。非力な河原田騎手から剛腕の岡部騎手に替わることでレースぶりはガラリと変わりそうですし、スタミナを活かす競馬で変わり身があっても。

【推奨買い目】

単勝 7 アンバードール 本線

馬連 7→5,10,3,4,8,9 (7→5,10は重ね買い) 本線

馬単 7→5,10,3 ボーナス

【買い目及び予想のポイント】

ここはカズヴィトシャが良馬場でも化け物だったらそれまでですが、スタミナがはっきり問われれば◎アンバードールが強そう。単勝5倍つくなら面白いと思います。なんとか勝ち切ってほしい。

<京都2R レース結果>
1着:◎アンバードール   2番人気
2着:◯メイショウソウタ  3番人気
3着:☆ジュンラトゥール  6番人気

→ここは断然人気のカズヴィトシャが普通に飛ぶよ、という予想でその通りになったんですが、2−3着が逆なら配当倍でした・・・

 

[2/10(土)] 京都9R こぶし賞 サラ3歳1勝クラス 芝1600m

◎8   ポエットリー <次走注目馬>
◯5   オフトレイル

[馬場]C=標準 [バイアス]外伸び [展開]スロー [勝負度]F

【レース見解】

少頭数ながら拮抗したメンバーでレベルもまずまず。朝日杯FS上位の馬が人気になりそうだが、オッズほどの能力差はなさそうで、馬場の良い部分を通れそうでまだ能力を出し切っていない次走注目馬に期待してみたい。

【本命 ◎8 ポエットリー】

新馬戦では素晴らしい末脚を見せてダノンマッキンリーの2着。気性がめちゃくちゃなせいで活躍できていないが、ダノンマッキンリーはまともなら重賞級の馬だと思いますし、そんな馬と互角の走りができているこの馬も強いはず。

2戦目の未勝利勝ちは馬群から抜け出した途端に外にヨレて矯正するので精一杯で着差がわずかなのも気にする必要なし。こうやまき賞は途中で捲られてポジションを落とした上に直線で外に出した時に大きく外にヨレて途中からレースを脱落するような競馬に。追ってもモタれ通しだったが、それでも最後に伸びてこの着差にまとめたんだからこの馬はまだ見せていない素質が相当にありそう。

今回は唯一まともに走れた右回りコースに戻りますし、ここ2戦がまともに乗れていなかった永島騎手からリーディング争いの坂井騎手なら間違いなく鞍上強化。スムーズな競馬ができれば頭まであっていい。

【対抗 ◯5 オフトレイル】

デビューから2戦をみてもタフな馬場の京都マイルはベスト。ファー産駒で完全な欧州血統ですし、今回のメンバーでは最も晩成傾向になりそう。今回は間隔を空けて調教の動きも抜群ですし、おそらくここで一気にパフォーマンスを上げてくるか。舞台適性も合うのでここが対抗評価で。

【無1 タガノデュード】

マイルに転向してから良さは出てきているが、前走の朝日杯FSはハイペースで展開が向いた印象。レースレベルが高かったようにも見えませんし、自己条件に戻って威張れるレベルなんだろうか。

【無3 ルミッキ】

前走はイン有利の超高速馬場でスムーズな競馬ができていた。初戦のレース内容を見てもタフな馬場は合わなそう。

【無9 カエルム】

現状はじっくり溜めて差す競馬が合いそう。白梅賞はハイペースで外伸び馬場でハマった感じがありますし、ここでどこまでやれるか。

【推奨買い目】

単複 8 ポエットリー

ワイド 8→5

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬◎ポエットリーがいるが買い方が非常に難しい。オッズ次第にはなるがシンプルに単複を買うのが良さそうだ。

<こぶし賞 レース結果>
1着:◯オフトレイル  5番人気
2着:◎ポエットリー  6番人気

→ここは印2点で完璧な予想でしたが、最後の最後にルメートルさん差さなくても(汗)

 

先週は小倉8レースショックで絶望的な心持ちになりましたが、まぁその分今週末は良いこともあると信じて。フェブラリーステークスは現地観戦を予定しているので、東京競馬場で大きくドカンと小倉8レースの分も当てたいと思います!

月曜日に寝込んでしまって佐賀記念の予想をあげられず失礼したので、雲取賞はその分ドカンと当てたく思いますのでそちらもご期待ください!!

 

2024年も2月になりましたが、2月もメルマガ購読特典をご用意しております!!

 

[1] 馬券の買い方マニュアル2024をプレゼント

以前作成しました「馬券の買い方マニュアル」の最新バージョンを作成しました。こちらは反響が大きかったので、2月もプレゼント継続といたします。こちらは2/28までのダウンロード期限となっております。

 

 

[2] 2月開催分(中山・京都・阪神・小倉・東京)コースガイドをプレゼント

これまでに何回か競馬場ガイドを作成配布しましたが、この度2024年バージョンにコースガイドもリニューアルしました。2月開催の競馬場の分を2月特典で配信します。こちらは2/28までのダウンロード期限となっております。

 

 

こちらの2月特典は2月2日(金)に配信しますメルマガにて入手方法などご案内しますので、そちらをご参照ください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年も2月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

3月3週のレース回顧〜2強オッズになりそうな皐月賞

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月2週のレース回顧〜中京芝はカオス馬場、馬券の方は悶絶に続く悶絶〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月2週のレース回顧〜データ傾向とは真逆の結果が続く重賞レース〜

2024年3月2週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬のレースの回顧を重賞レース中心に

記事を読む

11月1週のレース回顧〜JBCも含めて怒涛の競馬週間でございました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月4週のレース回顧〜メリークリスマス!今年の中央競馬もあと1日〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月2週のレース回顧〜天下のルメールを嫌うタイミング〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月3週のレース回顧〜衝撃の156頭除外によるカオスな開催に〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月1週のレース回顧〜日曜東西メインはともに長期休養明けが勝利!時代は変わるものです〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月3週のレース回顧〜久々に雨が降った週末、道悪って懐かしかったですね。

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週目の新馬戦プレビュー(東京開催最終週に大物は現れるか?)

2020-2021シーズンの新馬戦プレビューになります。今シーズンは新馬戦もしっかりと注目していこう

記事を読む

函館2歳ステークス2024の予想を公開!

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース予想です。

7月2週の中央競馬レースプレビュー 〜川田騎手も休養宣言でジョッキー2大巨頭が不在〜

7月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【函館2歳ステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館2歳ステークス2024(函館芝1200m)のレース考察です。

【函館記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2024(函館芝2000m)のレース考察です。 7月14

7月1週のレース回顧〜猛暑到来で馬も心配になる時期ですね(汗)〜

2024年7月1週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑