*

7月4週のレース回顧〜騎手の特徴がはっきりと出た中京記念〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2022年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

昨日、桜島の噴火ニュースが速報で出てびっくりしましたが、鹿児島在住の友人数名に連絡したところ全員、何も気にせずに居酒屋で飲んでいました・・・(汗)

私も鹿児島は本当によく行くので鹿児島人の桜島に対するスタンスはそれなりに理解していますが、本当に噴火で騒いでいるのは鹿児島外の人間だけなんだなと(そりゃ桜島の火口付近に住んでいる方は別でしょうが)

ここまでの噴火でなくても桜島はよく噴火するので、その噴煙を見ても誰も気にしません。大体は風向きを見て洗濯物に影響があるかどうかを気にするぐらい。それだけ生活に桜島が溶け込んでいるということです。

 

せっかくなので鹿児島の食事を並べてみましたが、本当に魚介も鳥も豚も野菜も何もかも美味しくて素晴らしいところです。競馬場がないので競馬ファンは行きにくいかもしれませんが、本当にいいところなので次回の旅行地候補にぜひ入れてみてください。本当に行きすぎていて大体なんでもわかるので、旅行プランの相談でもなんでものります(笑)

 

というわけで、先週の競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は中京記念からこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

準オープン勝ちの強さを見ても、前半から急かさずにじっくり溜める競馬でこそ良さが出そう。今回もその競馬に徹しましたが、さすがに高速馬場の小回りコースのスロー戦では厳しかったですね。それでも最後は凄い足を使っていました。少頭数で差しが決まりやすい馬場ならどこかで重賞を勝てると思います。

 

<中京記念 レース結果>
1着:◯ベレヌス 6番人気
2着:消カテドラル
 10番人気
3着:△ファルコニア 1番人気
10着:◎カイザーミノル 3番人気

ここはコース条件に適性があるのが◎カイザーミノルと◯ベレヌスの2頭のみ、としてこの2頭を上位評価にしていましたが、結果的に本命セレクトを間違えましたね。

カイザーミノルの方はノリさんがこれ以上ないぐらいに完璧な騎乗をしてくれましたが、あれで伸びないあたりは距離の限界なんでしょう。毎日王冠の1レースだけで距離が持つと判断してしまったのは早計だったかもしれません。少しだけ反省。

と言っても、ベレヌスは「逃げられるかどうか」で全てが決まる馬なので、外枠を引いてなおかつベステンダンクが1枠にいる条件で本命にするのは少し勇気がいりました。そんな状況でもなおベレヌスを本命にできるとすれば、鞍上が西村騎手という点じゃないでしょうか。

 

新進気鋭の若手騎手は多数いますが、その中でもしっかりとした騎乗技術があってなおかつ先行意識が極めて高いのが西村騎手と坂井騎手。西村騎手は今回の勝利が重賞2勝目になりましたが、最初の重賞勝ちもギベオンでの金鯱賞での逃げ切り勝ち。とにかく積極的に前に行ってくれることが売りの騎手です。

そんな先行意識が強い騎手で、なおかつベレヌスには乗り慣れているので「ハナでこそ」という認識もあったはず。その西村騎手が乗っていたら、ベステンダンクがいようが外枠だろうが先手を主張する、、、とここまで想像しなければダメだったかなと思います。

同じく先行意識が強い坂井騎手はアーデントリーで4番手の位置を取りに行っていたのでこちらも騎手の色が出てましたね。ただ、アーデントリーはじわっと溜めて乗らないとダメなので坂井騎手とは手が合わなかった感じがします。

 

それ以外でも今回の中京記念は騎手の色がはっきり出た印象。

コルテジアの松山騎手はトップジョッキーの中では屈指の積極騎乗が特徴ですが、今回もベステンダンクの前をとって2番手を取りに行きました。

若手騎手の中ではじわっと溜めて乗る騎乗を得意としている団野騎手はテン乗りでカテドラルを御してきましたし、平場でも先行差しと変幻自在の騎乗を見せている今村騎手はトップハンデの追い込みタイプのカデナをしっかりと上位に持ってきていました。ヴァリアメンテの岩田望騎手が若手らしくなく、じっくり構えて末脚を活かす騎乗をしてきたところも岩田騎手らしいというか。

 

そして、やっぱり凄かったのは川田騎手ですよね。

正直、ファルコニアはズブくて加速が遅いので小回りコースがどうかと思っていましたし、この高速馬場の小倉コースで外枠で厳しいと思っていましたが、許容範囲の位置に収めて勝負所から早めに動かして勢いをつけて差のない競馬。川田騎手じゃなければあんなに動かせていないでしょうし、もういよいよ川田騎手は別次元の領域になってきたと思います。

コース成績を見てもわかりますが、川田騎手のストロングポイントは「位置が取れる」「タイトに捌ける」「剛腕で追える」の3ポイント。それが活かせるのは小回りコースで、だからこそ阪神競馬場と小倉競馬場では異常なぐらいの戦績を誇ります。

また、平場のレースぶりを見ても、各馬の特徴や癖を全て理解してプランを立てているようで、土曜日の大牟田特別なんかはルーラーシップ産駒で跳びが大きいヨシノイースターに伸び伸びと走らせるためにハナを主張。どんなに小さな平場レースでもしっかりと研究を怠っていないんだろうなと感じました。

日曜日の雲仙特別はキレないセリシアに騎乗したことで、当初のプランは積極策で粘り込もうとしていた(テンにはかなり主張していたので)と思いますが、スタートしてすぐに先行争いが激しくなると見極めるとスッと引いて溜める競馬に。最後は潰れた先行馬を尻目に外に出して差し切りました。騎乗技術が日本最高レベルな上に、きっちりと馬を研究しており、それでいてレース中に柔軟に戦法や騎乗プランを変えられる。そりゃリーディング独走するわけですよ(汗)

 

川田騎手に関しては先ほども書いたように阪神競馬場や小倉競馬場のような小回りコースではもう逆らわない方が良さそう。一方で直線スピードが活きる東京コースではもう少しふわっと乗る騎手の方がハマりやすいために成績が少し落ちます。あとはGIレースになるとダノンや中内田厩舎の主戦ジョッキーなので、若干足りない馬や完成度で勝負する馬に乗っている点で少し成績が物足りない感じになっています。

小回りコースでは逆らわない

直線の長いコースやGIレースでは少し嫌う

これが現状の川田騎手の説明書になると思います。

余談にはなりますが、netkeibaで連載されている川田騎手のコラムは凄く面白いです。トップジョッキーがそこまでこだわってやっているのか、という驚きもありますし、これだけの騎手がさらに上を目指そうとしているんだから、予想する側もそれを超えられるように研鑽しなくては、、、という刺激が得られます。読んでいない方はぜひ読んでみてください。

 

重賞以外の平場レースは土曜日は不調で日曜日が好調。

もう土曜日は買った馬(ベッサスタージル、バンブリッジ、ロスコフ、フォドラ、ビップエレナなど)のほとんどが出遅れて、ちょっとさすがにそれはないよ・・・と泣きたくなりました(汗)大体がスタート下手な馬ではないので、そんな馬に出遅れを食らうとさすがに精神的にきついですね。

あとは土日通してですが、横山和生騎手がとにかく乗れていないのは目につきました。大体、スタートで一完歩遅れて流れに乗れていませんでしたし、ベッサスタージルやロスコフなんて新人騎手を見ているような感じ。もう心は9月のフランスに行っているんでしょうか(苦笑)

 

土曜日は本当に流れが向かずで厳しい結果になりましたが、日曜が平場がまずまず当たってくれたおかげで最低限の格好はつきました。先週も土曜がダメで日曜は格好がついたので、ちょっとそろそろ土曜日からちゃんと当たってほしいですねぇ・・・

土曜日が出遅れ諸々など文句を言いたくなる騎乗が多かった一方で日曜日は素晴らしい騎乗を見れました。予想したレースの中でも本当に素晴らしい騎乗だった2鞍を簡単にご紹介しておきます。

 

[7/24(日)] 札幌9R HTB賞 サラ3歳上2勝クラス 芝2000m

◎1   マジカルステージ
◯4   メイショウラナキラ <次走注目馬>
▲2   スズカノロッソ
☆8   ヒューマンコメディ
△10,12,13

[馬場]D=やや重い [バイアス]ややイン先行 [展開]スロー〜ロンスパ [レース質]■□■□ [勝負度]F

【レース見解】

土曜日は雨でタフな馬場になった影響で逃げ馬の活躍が目立たず。ただ、差し馬有利な馬場だったわけでもなさそうで、ハイペースになって前崩れの展開になったり、逆にスローすぎて途中で捲りが入ったりして逃げ馬が厳しいレースが多かった印象。

ここはメイショウラナキラが逃げると思うが、ポールトゥウィンという捲りタイプがいるのが非常に厄介。この馬が捲ってくれば前が止まって差し決着になりそうですし、捲れなければ立ち回り決着になりそう。どちらにも対応できそうなタイプを狙いたい。

【本命 ◎1 マジカルステージ】

この馬のキャリアハイのパフォーマンスは3歳時の忘れな草賞。超高速馬場で後方からになりながら溜める競馬でビッグリボン、エイシンヒテンあたりと接戦できていましたし、おそらくこの馬は溜めて一瞬の脚を活かしてこそか。

その後は矢車賞が非根幹距離のロンスパ戦で適性合わず。1勝クラス勝ちはギリギリまで我慢して早めに仕掛ける競馬で普通に内容。御在所特別は中京芝2000mらしいロンスパ戦で外を回って早めに仕掛ける競馬で適性合わず。そして前走の松前特別は外枠で前に壁が作れずに掛かり気味で、終始外を回って早めに仕掛ける競馬で早々に脚を使ってしまった。

そういう溜めてこその馬なら今回の1枠1番は前に壁を作れて絶好に見えますし、今回は陣営コメントを見てもふわっと溜めて乗ってきそう。鞍上も吉田隼人騎手なら好位ぐらいでそのオーダーに応える騎乗をしてくれるはず。

土曜の札幌芝は恐ろしいほどにロベルト持ちの馬の活躍が目立っていましたし、開幕週の1枠1番でロベルトのクロス持ちのこの馬は今の馬場にも最高に合うんじゃないだろうか。一変に期待したい。

【対抗 ◯4 メイショウラナキラ】

若駒S、つばき賞、若葉Sとどれも馬群の中でハミを噛んでしまってスムーズに走れず、それでいてスローペースでキレ負けしていたような感じ。それが2走前に逃げる競馬を選択すると、相手には恵まれたとはいえ後続を突き放す一方の圧巻のパフォーマンス。道中抑えずに自分のペースで走らせてスピード持続力勝負に持ち込めば普通に強い馬ということでしょう。

12.7 – 10.9 – 12.5 – 12.5 – 12.0 – 11.9 – 11.9 – 11.4 – 11.5 – 11.8

その2走前はレースラップを見ても前半1000m=60.6で極端な超スローというわけではなく、それでいて後半1000mで全て11秒台を刻んで後半1000m=58.6というラップでまとめたのは極めて優秀。最後の1ハロンは鞭を使わずで流し気味の入線でした。

京都新聞杯は鬼ハイペースに巻き込まれてどうしようもなかった感じ。今回は自己条件でマイペースの逃げが叶えば普通に考えて上位だと思いますが、ポールトゥウインという捲りタイプがいるのが本当に厄介・・・

【単穴 ▲2 スズカノロッソ】

タフ馬場不問で立ち回りセンス抜群の差し馬。地味ながらいずれオープンまで行きそうな馬ですし、前走は休み明けでもしっかりと差し込んで2着。今回は叩いて良くなってきそうですし、普通にやれていいでしょう。

【特注 ☆8 ヒューマンコメディ】

渋馬場不問で立ち回りセンスを活かして安定して走れるタイプ。今回はフレグモーネ明けという点と、土曜競馬で出遅れまくりで全く乗れていなかった横山和生騎手が若干の心配要素。

【△10 ジャスティンスカイ】

いかにも友道厩舎の馬らしく、早い時期のスタミナと完成度の優位性を活かして番組選択の妙で連勝した印象。青葉賞は完敗でしたし、こういうメンバー揃った2勝クラスでも特に上位とは言えないか。

【△12 スワヤンブナート】

前走はスローペースに恵まれているが、後半1000m=58.6でまとめた点は立派。今回はペースが流れてどうかだが、素質は高そうなので普通にやれてもいいか。ロベルトを持っている点も良い。

【△13 マイネルエニグマ】

ここ2戦は距離を伸ばしてパフォーマンス上昇。単純にこれぐらいの距離があっていた感じもしますし、今回は外枠がどうかですがロベルト系を持っているなら抑えても。

【印まとめ】

【推奨買い目】

単勝 1 マジカルステージ

馬連 1→4,2,8,10,12,13

三連複 1,4→2,8,10,12,13

【買い目及び予想のポイント】

ここは本来なら次走注目馬の◯メイショウラナキラを本命にしたかったレース。ただ、かなり過剰な1番人気になりそうで、逃げ馬が人気になるとマークも強くなりそう。ポールトゥウィンという邪魔な捲り馬の存在もあって泣く泣く本命から格下げ。捲りが入っても入らなくても対応できそうな◎マジカルステージから単勝、馬連、三連複を買いたい。

<レース結果>
1着:◎マジカルステージ 4番人気
2着:△マイネルエニグマ
 7番人気
3着:▲スズカノロッソ 6番人気

ここは本当にマジカルステージの吉田隼人騎手が神騎乗でした。ふんわり溜めて乗ってこその馬をここまで完璧に持ってきてくれると見ていて爽快でしたね。

それにしても先週の札幌競馬場は土日ともに恐ろしいほどにロベルトの血を持っている馬が激走していました。このレースも父ロベルト系のワンツー。雨の影響はあったと思いますが、乾いても来週の札幌芝でもロベルト系には注目したいです。

 

[7/24(日)] 福島12R サラ3歳上1勝クラス 芝1200m

◎10 オードゥメール
△3,5,7,12,14,15,16

[馬場]D=やや重い [バイアス]外伸び [展開]スロー〜ミドル [レース質]■□□□ [勝負度]F

【レース見解】

福島芝は完全な外伸び馬場。10レースで最内を通って勝った馬が出たので最終がどうなるかだが、そろそろ逃げ馬がインを開けるかも。ここはそこまでペース速くならなそうなので、外枠から好位につけて馬場の良い部分を早めに通れる馬が有利になりそうだ。

【本命 ◎10 オードゥメール】

ここ2戦は結果が出ていないが、2走前は大出遅れ、前走は直線どん詰まりと敗因は明白。もともとテンのスピードはあって位置が取れる馬ですし、前走でどん詰まりをやらかした菅原騎手の継続騎乗となれば位置をとって早めに進路を確保するはず。どう考えても外を通った方が有利になりそうですし、その馬場の良い部分を最もスムーズに選んで走れそうなこの馬は有力だろう。

【推奨買い目】

馬連 10→3,4,5,7,12,14,15,16

6倍つくなら単勝でいいかも

<レース結果>
1着:◎オードゥメール 3番人気
2着:△フラッシュアーク
 1番人気
3着:△スターライトキス 7番人気

ここもオードゥメールの菅原騎手がこれ以上ないぐらい完璧に乗ってきてくれました。この馬は前走で菅原騎手がやらかしていたので、同じ失敗は2度としないという菅原騎手の意地みたいなものを感じましたね。外伸び馬場で全騎手の意識が外伸びに向いた場合のお手本のような騎乗ぶりでした。

菅原騎手は土日の福島で6勝の固め勝ち。どうもこの騎手は以前も固め勝ちをしたことがありましたし、馬場の癖を掴むと手がつけられなくなる傾向があるようです。午前中のレースで菅原騎手がよく来るなと思ったら午後のレースでは印に加えるような工夫が必要になってくるかも。

 

 

こんな感じで中京記念でも平場のレースでも騎手の重要性を非常に感じた週末でした。

自分の中である程度はそれぞれの騎手のイメージ像はできているのですが、それを一度、ちゃんと文章でまとめたいと考えているので、メルマガ読者に向けたプレゼント用としていま文章をまとめております。完成次第、配布板しますので、もう少しお待ちいただけますと幸いです!!

 

以前にブログにも書きましたが、7月はメルマガをお読みいただいた方に「馬券の買い方マニュアル」を無料で配布しようと思います。

 

ちょうど宝塚記念と帝王賞が終わって上半期競馬の区切りがついたタイミングで、この馬券の買い方マニュアルを多くの方に読んでいただきたいと思いまして、今月メルマガをお読みいただいた方には普段ならば継続特典でしか配布していないコチラをプレゼントしたいと思います。

また、同じく継続特典で配布しています種牡馬ファイルの方も最新版に改訂しましたので、今月メルマガをお読みいただいた方には普段ならば継続特典でしか配布していないコチラをプレゼントしたいと思います。

(ただいま「ざっくりイメージ騎手ファイル」も鋭意作成中。こちらも完成次第、メルマガにて配布できるかと思うのでご期待ください)

上半期競馬が終わったタイミングで、あらためて競馬の基本を確認する良い機会かと思います。ぜひこの機会にメルマガを読んでみてください!!

 

※両ファイルともに7月1日(金) 9:00に配信しましたメルマガにてダウンロード可能です。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も7月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

1月2週のレース回顧〜デムルメの2019年のはじまり

さて、先週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かない

記事を読む

9月5週のレース回顧〜秋GI一発目はタワーオブロンドンが完勝〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月1週のレース回顧〜新潟直線競馬の狙い方〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月2週のレース回顧〜エルムSは大穴◎ハイランドピークから的中!〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月4週のレース回顧〜ツイキャスもなんとか無事に終えられた週末でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月4週のレース回顧〜真夏の電撃決戦は15番人気◎メイショウカズヒメ4着に泣く(>_<)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

1月5週のレース回顧〜やはりこの時期はダートの下級条件ですね〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

8月3週のレース回顧〜少額投資でも馬券は買い方次第でなんとかなる〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

11月2週のレース回顧〜エリザベスより衝撃的だった福島の圧逃劇〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

7月2週のレース回顧〜競馬の予想よりも天気の予想の方が難しい週末でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

【チャレンジカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャレンジカップ2022(阪神芝2000m)の考察です。 12月

クイーン賞2022の予想を公開!

クイーン賞2022(船橋ダート1800m)の予想です。 11月3

【チャンピオンズカップ2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

チャンピオンズカップ2022(中京ダート1800m)の考察です。

11月4週のレース回顧〜今年のジャパンカップも外国馬は活躍できず〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

京阪杯2022の予想を公開!

京阪杯2022(阪神芝1200m)の予想です。 11月27日に阪

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑