*

12月2週のレース回顧〜楽しい時も悲しい時も競馬と共に〜

公開日: : レース回顧

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないので、2021年はサクッと短時間で書けるぐらいの量で回顧を続けていければと思います(メルマガでは通常営業でボリュームある回顧を書きます)

 




 

先週は日本でも重賞3つ、香港でGI4つというかなり盛りだくさんなコンテンツ。ただでさえもバッタバタになるところでしたが、金曜日に納棺式、土曜日に葬儀と競馬よりも大事なイベントがありました。

週のはじめから競馬の予想を始めていたので、特に予想を省略したりテキトーに済ませるような事なく終えることができました。フリーランスでこういう仕事をしはじめた時から覚悟はしていましたが、家族の不幸の中で同時に仕事をしなければいけない辛さ、そして逆に仕事があることで悲しみを忘れられるというのもあるなぁと思いました。

 

膵臓がんが判明した時から覚悟はしていましたし、最後の方は毎日病院に通って衰弱していく姿も見てきました。息を引き取った時はなんというか覚悟ができていたのですが、納棺式と葬式はさすがにきつかったですね。それでもしっかりとしなければいけない立場だったり、並行して仕事もしなければいけない状況だったりでなんとか平静を保っていました。

それが土日の競馬が終わって一息ついて、夕飯の買い物でスーパーに行く時に完全に我慢していたものが溢れ出して嗚咽してしまいました。故人の好きだった福山雅治の「誕生日には真白な百合を」という曲を聴きながら散歩しはじめたのですが、さすがに一息ついた状況でそんなのを聴いたらダメでしたね。もうスーパーについた時には泣いた痕を隠すので必死でした。

そんなこんなで、本当にありがとうございました、と夜空を見ながら帰宅いたしました。

 

これが競馬がなかったり土日もお休みできないお仕事じゃなかったら悲しみを抑えきれずに崩壊していた感じがします。本当に楽しい時も悲しい時も私の人生は競馬と共に生きて行くんだなぁ、、、としみじみ感じましたね。

皆様もこれからずっと競馬を楽しんでいただいて、なおかつご存命のお父様、お母様、お爺様、お婆様を大切にしてください。

 

まだ気持ちは落ち着きませんが、ひとまず体の余裕はできたので、最近遠出もできていないので挨拶がてら今週末ぐらいから関西の方に行こうと思っております。

阪神競馬場に行けるかは座席次第でわかりませんが、来週水曜日の園田競馬場の兵庫ゴールドトロフィー、木曜日の名古屋競馬場の名古屋グランプリは現地に見に行こうと思います。どちらも突発的に行くことを決めたのでソロ参戦になると思うので、行かれる方はぜひお声かけください。

 

というわけで、先週の競馬の話に移りましょう。

恒例の先週末の競馬の中で次走に注目したい馬のブログ版。これのフルボリュームverをメルマガでは毎週配信しておりますので、ご興味ある方は読んでみてください。

今週は中日新聞杯からこの馬をピックアップ。

その馬名はブログランキングの先でご覧ください。

↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ

抜群のスタートを切ったのにあっさり下げて自ら展開的に不利に持ち込んだ鞍上の消極性が全て。最後はスローでキレ負けしており、次走が日経新春杯かAJCCなら巻き返していいはず。

 

<阪神ジュベナイルフィリーズ レース結果>
1着:◯サークルオブライフ 3番人気
2着:△ラブリイユアアイズ
 8番人気
3着:△ウォーターナビレラ 4番人気
4着:◎ナミュール 1番人気

トーホウラビアンが逃げたそうな感じだったが、若干掛かり気味だったダークペイジが先頭に。前半3ハロンは34.1とかなり速かったが、中盤は緩んだので後ろの馬は脚を溜められただろう。展開や馬場を考えても開催後半の阪神マイルらしく外枠有利の差し決着になり、完璧な競馬ができたサークルオブライフが外から突き抜けて勝利となった。

ここはもともとメンバーレベルが低いと見ていて、なおかつペース流れて外枠の差し馬有利という見解。今回のメンバーのなかではの中ではナミュールとサークルオブライフの2頭が抜けているはずで、その2頭が差し込んできてワンツー、、、という見解はほぼ合っていたと思うのですが、まさかナミュールがあそこまで酷い競馬になるとは(苦笑)

スタートの出遅れはまぁいいとして、阪神JFなら少々出遅れても力ある馬が普通に勝つし差しも決まるのでじっくり溜めて外を回せば良かったと思いますが、クリスチャンはなぜか奇策のイン突きで馬場の最も悪いところを通ってきました。本当にこれまでクリスチャンは平場でほぼ完璧な競馬をしていただけに、ここでやらかすんかい!!という気持ちでいっぱいです。まぁこれも競馬という感じですね。

レース前にも書いた通りで、今年の阪神ジュベナイルフィリーズは大してレベルが高くなさそうだった感じ。この中ではナミュールとサークルオブライフが抜けていたと思いますし、おそらくこの2頭は桜花賞までは世代の中心になりそう。あとは別路線組からこの2頭より強い馬が何頭出てくるかという感じです。

 

<中日新聞杯 レース結果>
1着:△ショウナンバルディ 8番人気
2着:無印アフリカンゴールド
 17番人気
3着:無印シゲルピンクダイヤ 10番人気
10着:◎アドマイヤビルゴ 2番人気

想定段階から先行馬不在でスローペースだとは思いましたが、まさかここまで遅くなるとはというぐらいにスローペースに。もう鳴尾記念といい2021年の中京芝2000m重賞はなんだかなぁという凡戦ばかりになってしまいましたね。

もうこんなペースになると馬の能力というよりは騎手が前に行く意志があるかどうかだけが大事になった感じで、前に行ったショウナンバルディ、アフリカンゴールド、シゲルピンクダイヤがワンツースリー。スタート良かったのに安易に溜めて不発に終わったラストドラフトやシフルマンあたりの騎手は終わってから名前を見るとなるほどなぁ、と思ってしまいましたね。

そんなわけでかなりの凡戦なので上位に走れたから強いと評価するのはダメ。一方でスローすぎて後ろからで何も出来なかった馬たちはレース映像を見てメモしておいた方がいいと思います。

 

<カペラステークス レース結果>
1着:△ダンシングプリンス 3番人気
2着:◎リュウノユキナ
 2番人気
3着:△オメガレインボー 番人気

当初の想定通りでモズスーパーフレアが逃げて前半3ハロン=32.8の速い流れ。条件戦では楽に先行できていたミスズグランドオーやディサーニングあたりが追走に苦労していたのを見ても相当に追走スピードが問われた感じで、そんな激流の中でもほぼ手を動かさずに4コーナーを回ってきたダンシングプリンスとリュウノユキナの2頭が抜けていたんでしょう。

リュウノユキナは本命にもしたようにこれぐらい強いのはわかっていましたし、ダンシングプリンスも能力を出し切ればこれぐらいやれるのはわかっていました。ただ長期休養明けで内枠で揉まれるリスクがあるということで力を発揮できるか怪しんでいましたが、何の問題もなく走ってきましたね。

三浦騎手はコース別成績を見てもダート短距離だけは非常に優秀。馬のスピード任せでなんとかなる条件は割と得意という事でしょうか。ステイヤーズステークスのヴァルコス、中日新聞杯のラストドラフトと2週連続で芝中距離では酷い騎乗をしているので、現状はもうダート短距離専用騎手と割り切った方がいいかもしれません。

 

さすがに国内重賞3つの回顧でアップアップなので香港の回顧は省略させてください。香港スプリントのアクシデントの影響などもあり4戦全敗に終わってしまいましたが、まぁそんなのは言い訳なのでまた海外競馬も頑張ります。

国内重賞3つと香港はダメでしたが、先週もなんとかプラス収支で終了。土曜に最初に買った中京2レースの的中が全てでしたね。ここで簡単に紹介させていただきます。

↓↓↓

以下、実際にメルマガで配信した内容になります。

↓↓↓

[12/11(土)] 中京2R サラ2歳未勝利 ダート1200m

◎6   テイエムランウェイ <次走注目馬>
◯5   ベルドラゴ
△1,9,10,11
×3,15,16

[馬場]B=やや高速 [バイアス]ややイン先行 [展開]ミドル [レース質]中荒れ [勝負度]E

【レース見解】

中京ダートはスタンダードがイン先行有利馬場。もう未勝利レベルなら前に行った馬が圧倒的に有利でしょうし、ここは内枠から先行できそうな次走注目馬を狙いたい。

【本命 ◎6 テイエムランウェイ】

初戦は逃げられるぐらいの抜群のスタートを切ったが、そこから控えて他馬を行かせたら砂を被って最後方に下がってしまった。2戦目は初戦ほどスタートを出れずに内枠で揉まれる形に。初戦ではズルズルと下がってしまったが2戦目の慣れで砂を被る競馬にも耐えていたとはいえ直線もずっとインを通って伸びきれず。直線で砂を被らない位置に出したら最後まで伸びてきましたし、この馬は揉まれずの先行策がとれた瞬間に一変しそう。

今回はメンバーに恵まれた感じがしますし、初戦ぐらいのスタートさえ切れれば楽に揉まれずの2番手ぐらいのポジションが取れそう。少々揉まれる競馬になっても前走のレースぶりからすればこなして良さそうですし、雨の残る中京ダートなら普通に粘り込めると思います。

【対抗 ◯5 ベルドラゴ】

初戦は福島ダート1150mで最後は素晴らしい末脚。2戦目は超高速馬場で外を回した分でロスが大きかったですし、前走はスタートで躓いて後方からになって脚を余していた。今回は1200mも2回目になりますし相手にも恵まれた。スタートを決めてある程度の位置を取れれば有力だろう。

【△1 リンドラゴ】

初戦はスタート出遅れてコーナーでも外に膨れてまともにレースにならず。そこそこ能力はありそうだが、今回は短縮で前走のような位置取りになると厳しい感じも。2戦目でどれくらい変わるかは微妙なところだ。

【△9 ルルネージュ】

デビューから2戦は同じような指数しか走れなかったが、休養を挟んだ前走は指数的に一気に上げてきた。最後は脚を余していましたし、今回は距離延長でもう少し位置が取れればやれていいはず。

【△10 デルマシルフ】

初戦は2歳新馬にはかわいそうなタフ馬場でノメってまともに走れなかった模様。初戦だけで判断しないほうがいいが、ダートを走れるかは今回でわかるという感じです。

【△11 カレンブルーローズ】

デビューから2戦の内容を見てもスピード性能はありそう。ただ、血統的にそこまでダート要素がないので、今回のダート替わりでパフォーマンスを上げるかはやってみないことには。

【×3 タイガークリスエス】

テンのスピードは抜群なのだが毎回最後に脚が鈍るので体力不足。前走は着順だけ見ると4着だが、凄まじい向かい風の影響で差し馬の末脚が鈍ったことで相対的に粘れた感じ。中京コースといっても普通のコンディションなら最後に何頭かに差されそうだが。

【×15 エールゴージューン】

デビューから2戦を見ても1200mならそこそこ走れそう。今回は初ダートでどれくらいやれるかがポイントになる。

【×16 トニカクビジン】

初戦は前付けできるスピードを見せたが中山コースの急坂部分でパッタリと脚が止まった。今回も中京の坂が鍵だが中山よりマシだと思いますし、雨の影響残ってスピードが活きる馬場になれば。

【印まとめ】

【推奨買い目】

馬連 6→5,1,9,10,11,3,15,16

馬単 6→5,1,9,10,11

三連複 6,5→1,9,10,11,3,15,16

【買い目及び予想のポイント】

ここは◎テイエムランウェイは狙い目だが午前のレースということで玄人層に狙い撃ちされて穴人気しそう。馬連、馬単、三連複でどれかハマってくれれば。

<レース結果>
1着:◎テイエムランウェイ 2番人気
2着:△デルマシルフ
 6番人気
3着:◯ベルドラゴ 3番人気

この戦績でテイエムランウェイが2番人気になってしまう、というのが玄人層しかいない午前のレースの難しさではありますが、ここは買い方も上手くハマって大きい的中にすることができました。週の最初に大きな的中ができればグッと楽になりますね。

 

本当は日曜日の中京2レースと阪神8レースのハナ差が逆ならもっと大きく勝てたんですがねぇ・・・

先々週もこんなハナ差で泣いたレースばかりでしたが、まぁきっと年末の残されたレースのどこかでハナ差で大きな的中をもたらしてくれるんでしょう。競馬なんてそんなもんです。

 

というわけで、競馬があって本当に良かったなぁとしみじみ思う週末でございました。心身ともにこれで一旦は落ち着きますが、一度リフレッシュしてまた週末に全力で臨んでいきたいと思います。

よろしければ今週もブログ及びメルマガをご贔屓お願いいたします(^^)

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2021年も12月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

5月5週のレース回顧〜今年のダービー馬はシャフリヤール!東京芝重賞は外差し馬場の影響を多分に受けた〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

4月1週のレース回顧〜どうか次の週末も競馬がありますように(祈)〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

12月1週のレース回顧〜強烈な西陽と走破時計1:48:5の衝撃〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

3月2週のレース回顧〜ようやく現れたエフフォーリア一強を脅かす存在〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

10月2週のレース回顧〜勝てたのはいいものの勝負度の付け方は反省〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

5月4週のレース回顧〜晩成血統ドゥラメンテが二冠馬を輩出〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週のレース回顧〜本格的な春競馬の終焉〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

2月4週のレース回顧〜競馬は難しく、だからこそ奥深い〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

6月4週目の新馬戦プレビュー(東京開催最終週に大物は現れるか?)

2020-2021シーズンの新馬戦プレビューになります。今シーズンは新馬戦もしっかりと注目していこう

記事を読む

12月3週のレース回顧〜2年ぶりにJRAの競馬場に行ってきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間をかけた回顧だと長く続かないの

記事を読む

CBC賞2022の予想を公開!

CBC賞2022(小倉芝1200m)の予想です。 7月3日に小倉

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑