*

プロキオンステークス2021の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2021/07/15 重賞レース考察・予想

プロキオンステークス2021(小倉ダート1700m)の予想です。

7月11日に小倉競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はウェスタールンド、ダノンスプレンダー、ワイドファラオ、ナムラカメタローなど。小倉競馬場のダート1700mで行われるGIIIです。

 

[PR] 2021年プロキオンS無料予想!

無料予想は好調を継続中~~!!

先日は国東特別ワイド1点購入で

回収率200%!→(買い目画像

重賞・無料予想も好調なんです!

2021年の春重賞・主な回収率

エプソムC689%・日本ダービー489%

京王杯SC1395%・NHKMC186%

天皇賞春128%・桜花賞222%・高松宮記念183%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

軸馬,穴馬選びが秀逸なんです!

波乱の夏競馬はココの無料予想を参考にしてください◎

[プロキオンSの無料予想]

↑こちらからレース前夜買い目チェック◎

土曜日も無料予想あるのでそちらから様子見OKです!

 

プロキオンステークス 2021予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

プロキオンステークスの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

今年のプロキオンステークスは小倉ダート1700mで行われるわけだが、予想におけるポイントはどう考えても「ハイペース濃厚の展開」だろう。

もう見渡す限り逃げ先行馬が集まったようなメンバー構成で、内枠のメイショウワザシとメイショウカズサは揉まれるとダメなタイプ。外枠を引いたメイショウウズマサは1400mでもあっさりハナが奪えるぐらいにテンに速い逃げ馬ですし、それ以外にタイガーインディもハナ主張を示唆。とりあえず出馬表を見ただけでハイペースになるのは間違いなさそう。

それに加えて、土曜日の小倉ダートが凄まじい超高速馬場になったことで騎手の前への意識が強くなりそう。これが中央場所のコーナー4回の1800mなら逆に牽制しあってスローペースなんてこともありそうだが、小倉ダート1700mはもうテンから勢いをつけて死ぬ気で追っつけなければハナなんて奪えません。「何が何でも逃げたい」「できれば逃げたい」馬同士が競り合えばあっと驚く超ハイペース戦になるんじゃないかと見ています。

それだけでも先行馬はキツそうだが、おそらくウェスタールンドが3〜4コーナーで一気に捲る競馬をしてくるはず。昨年のエルムステークスのような脚で一気に捲り切られてしまえば前半で無理をした先行馬はなすすべがないはずで、もう差し追い込みのオンパレードのような結果になる可能性が高いと見ます。

というわけで予想の発表。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

プロキオンステークス 2021の印

本命 ◎ペプチドバンブー

一時は芝を使われていたが、近3走はダートを使われてまずまずのパフォーマンス。結果が出ているレースと出ていないレースと分かれているが、どのレースでも最後はしっかりと末脚を使えておりあとは展開次第という感じなんだろう。

2勝クラス勝ちは東京ダート1600m、3勝クラス勝ちは芝のマイル戦となっているが、未勝利勝ちも1勝クラス勝ちも今回と同じ小回りダート1700mでのもの。その2つのレースを見てもコーナリングセンスも抜群でスムーズに立ち回りながら最後に末脚を使えており、相当に小回りダート1700m条件に適性が高いように見える。その後はなぜか小回りダート1700mを一度も使われていないのだが、今回は満を辞してここを使ってきたという感じか。

近走を見ても後方から毎回のように最速上がりを使えている馬ですし、まずハイペース確実だろう今回はドンピシャで展開が向きそう。展開が向いたとしても小回りの速い流れで上手く押し上げられずに不発に終わる差し馬も多いでしょうが、前述の通りでこの馬は小回り適性抜群なのでスーーーッとウェスタールンドと同じような脚で上がっていける可能性が高い。

鞍上は重賞未勝利ですが、この馬の未勝利勝ちの際に小倉ダート1700mで圧巻のパフォーマンスを見せてくれたコンビ。無闇に外を回さずにタイトに捌いてくる傾向ある騎手ですし、最後までしっかり追えるのでこういうダートの差し比べに騎手の適性も合いそう。ここは展開ハマればそのまま突き抜けても驚けないのでは?

 

【対抗 ◯12 ダノンスプレンダー】

今までほとんど強いと思ったことがない馬だが、前走のアンタレスSはハイペースを途中で押し上げる競馬で4着と大健闘。徐々にオープン重賞の流れに慣れてきた感じで、そろそろ脚の使い所次第で重賞でもやれて良さそうな感じがします。

その前走のアンタレスSやカノープスSでの勝負所のレースぶりを見ても、大型馬ながらスルスルとコーナーで動いていける器用さがあるタイプ。その一方で直線で追って良さが出ない感じもあるので、これまで使われていないだけで小回りダート1700mはいかにも合いそうな感じがします。

前走でハイペースを経験している点も良いですし、自在に競馬ができる点も魅力。そして何より鞍上が川田騎手というのが強調できるポイントで、先週も小倉競馬で無双と言えるような活躍を披露。過去2年の小倉ダート1700mの複勝率は57%と圧巻の数字ですし、もう川田騎手が乗るというだけで上位評価にしておいていいんじゃないでしょうか。

 

【単穴 ▲9 ウェスタールンド】

前半部分でじっくり運んでの後半勝負なら現役最上位級の馬たちとも戦える馬で、昨夏のエルムステークスや昨秋の浦和記念を見てもきついカーブでもスイスイと上がっていけるコーナリング加速力が最大の武器。そんな馬だけに小回りダート1700mでハイペースで差しが決まる展開というのはこれ以上ない条件なはずで、まぁ普通に考えて上位評価が妥当だろう。

懸念材料はやはり9歳になる年齢面か。先日の帝王賞のノンコノユメの激走を見てもセン馬は高齢でもやれる馬が多いとは思うが、そろそろ能力衰えても何らおかしくなく、陣営コメントを見ても若干太めな印象もある。人気を考えても相手候補までとしたい。

 

【△1 メイショウワザシ】

叩いて叩いて上昇する典型的なアイルハヴアナザー産駒。小倉ダート1700mはベスト条件に見えますが、基本的に揉まれてダメな馬なので1枠で先行馬多数というメンバーでどうするか。西村騎手なら無理矢理に逃げるという選択肢もありそう。

ハイペースで先行馬は展開が向かなそうですが、この馬は先行タイプの中ではハイペースを味方にできそうなタイプ。上手くポジションを取ってちょうど良いタイミングで動けるかが鍵ですが、皆が差し馬を狙うタイミングでこういう馬が粘り込むのもよくあることです。

 

【△2 アヴァンティスト】

これまでの戦績を見てもベスト距離はダート1400m。前走を見ても絶好の手応えからマイル戦で伸びあぐねているのを見ても若干距離は長そう。ただ、ダート1400mは1700mと親和性が高いこともありますし、上手くインで溜める競馬ができればチャンスはありそう。

 

【△4 マリオマッハー】

中京コースのようなタフな舞台で前が止まって差してこれるタイプ。今回はどう考えてもハイペースで展開が向くとは思うが、そこまで基礎スピードがある馬ではないので小回りの小倉はあんまり合わなそう。まぁ成長分もあるでしょうし、今のこの馬の能力で小回りでどこまで差し込んでこれるか。

 

【△7 ナムラカメタロー】

叩き良化型の持続力タイプで、マーチステークスは展開が向かない中でよく頑張ったと言える内容。さすがにアンタレスステークスはペースが速すぎて何もできなかったが、この条件でうまく立ち回れば十分にやれて良さそう。まぁ重賞の小牧騎手をどこまで信用できるかという問題はある。

 

【△8 ワイドファラオ】

基本的にはハナを切ってスピードを活かしてこその馬。ただ、最近は福永騎手が「これではダメだ」ということから控えて揉まれる競馬も教えているような感じあり。かしわ記念でも最内を立ち回ってまずまず健闘できましたし、さきたま杯でも3着に走ることができていた。

まぁ基本的には前に行く馬ということで展開は向かないと思うが、こういう超ハイペース濃厚なレースは得てして好位ぐらいからじわっと動いた馬が粘り込むのはよくあること。そういう競馬を教えつつある馬で、なおかつ百戦錬磨の福永騎手が騎乗。この騎手ならハイペースで前がキツくなる展開を踏まえた競馬をしてくると思いますし、それなら印は抑えておいた方がいいんじゃないでしょうか。

 

【△15 スマートダンディー】

これまでの戦績を見てもベスト距離はダート1400m。一連のレース内容を見ても絶好の手応えからマイル戦で伸びあぐねているのを見ても若干距離は長そう。ただ、ダート1400mは1700mと親和性が高いこともありますし、展開が向けばチャンスはあるか。

 

【消10 サンライズホープ】

先行力が武器の馬だが、大型馬で不器用さがあるタイプで小回りコース向きの馬ではなさそう。近2走に関しては完全に恵まれた感じですし、今回は先行馬が多すぎておそらくこの馬のテンの速さでは位置が取れなそう。豊前Sのように後手を踏む展開になりそうですし、前に行けたところでハイペースで展開向かないだろう。不安要素しかない馬が2番人気濃厚ならバッサリ切りたい。

 

印まとめ

◎ペプチドバンブー
◯ダノンスプレンダー
▲ウェスタールンド
△1,2,4,7,8,15

勝負度 C

 

買い目

プロキオンステークスの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

土曜日の競馬は唯一、勝負度Cを打った函館3Rが大本線で的中!!実際の予想文は以下の通りになります。

↓↓↓

[7/10(土)] 函館3R サラ3歳未勝利 芝1200m

◎5   アルムファーツリー
◯16 シーロンシャン <次走注目馬>
▲1   フェアリーバローズ
☆13 ハートフルデイズ <穴推奨>
△2,3,4,6,7,14

[馬場]B=やや高速 [バイアス]フラット [展開]ミドル〜ハイ [レース質]中荒れ [勝負度]C

【レース見解】

この時期の未勝利戦(しかも牝馬限定)にしてはかなりメンバーが揃った一戦。ただ、近走好走馬がそのまま能力も上位かといえばそんなわけではなさそうで、まだスプリント戦を使われていなかったり近走ダートを使われて良さが出ていないような馬の巻き返しがありそうです。

【本命 ◎5 アルムファーツリー】

もともと昨年秋の2歳未勝利のハイレベルな芝1200mで常に上位争いになっていた馬で、この時期で勝ち上がっていないのはおかしいような馬。ダート適性ない産駒が多いエピファネイア産駒ながらずっと適性外のダートを使われていたのが勝ち上がれなかった要因で、なぜここまでダートにこだわったのか陣営のローテ判断に疑問は残る。

そんなローテから前走は格上挑戦で芝1200mを使われたが、全くスピード負けすることなくスッと好位を確保。ところが3コーナーで派手に躓いてしまって実質2馬身ほどは位置を下げるロス。最後はじわじわ伸びて健闘したが、おそらく躓く不利がなければ3着はこの馬だっただろう。

今回は格上挑戦でもアクシデントなければ馬券に絡めたような馬が未勝利に登録。先ほど書いた通りでダートを無駄に使われていたせいで勝てていないだけなので芝1200mでは明らかに上位だと思いますし、馬場や展開を考えても絶好枠からスムーズな競馬ができそう。前が若干やり合いそうなのでその争いに参加せずに好位で構える競馬を選びそうな大野騎手もいかにもハマる気がします。

【対抗 ◯16 シーロンシャン】

アーモンドアイやサートゥルナーリアのイメージからロードカナロア産駒は距離不問と思われがちだが、実際は圧倒的に1400m以下の成績が優秀。この馬も母が芝1200mで連対していた馬ですし、ここ2戦は距離を短くしてパフォーマンスを上げてきた感じあり。前走は合計2回も詰まる不利があって不完全燃焼の競馬。今回はさらに距離短縮になりますが、やはりロードカナロア産駒は1200mでこそ。この短縮でさらにパフォーマンスを上げてきて不思議ない。

【単穴 ▲1 フェアリーバローズ】

ロードカナロア産駒で近親にアパパネがいる超良血。ここ2戦は短距離にシフトしてパフォーマンスを上げてきており、前走もハイペースで前崩れの中を好位から抜け出して3着なら十分に評価できるか。どうもクロフネっぽさが出ているためか決め手に欠ける印象はあるが、今回は1枠1番で鞍上ルメールとなるとこれ以上は評価は下げられない感じ。なんせルメールの函館芝1200mの複勝率は60%超えだ。

【特注 ☆13 ハートフルデイズ】

初戦は小倉芝1200mでセンス抜群の競馬を見せて最後までグイグイ伸びて3着に好走。その時の1着馬バルドルブレインが上のクラスでも通用しており、2着馬ジョーレイラニも次走で未勝利を突破。それらとの比較からもこの馬は芝1200mの未勝利なら普通に上位なはず。その後の2戦はダートが合わなかったのが敗因の全てに見えますし、今回は芝替わりでガラリ一変があって良さそう。今年の函館芝は極端にイン有利にも見えませんし、函館芝1200m得意な池添騎手とジャスタウェイ産駒でここまで人気ないなら穴候補はこれだろう。

【△2 パラマウント】

位置が後ろからになるのはネックだが良馬場の芝1200mでは今まですべてのレースで最速上がりを記録。今回は久々で初の洋芝でパフォーマンスを上げてくる可能性もありそうで、印には加えておいたほうが良さそうだ。

【△3 ウインカンターレ】

ここ2戦は短距離を使われて良さを見せているが、どうも前走内容を見てもセリシア同様に追ってから甘さがありそう。優秀なスピードはあるので見せ場は作ると思うが、そこから最後にひと脚が使えるだろうか。

【△4 セリシア】

先行力と持続力は明らかに未勝利で上位なのだが、母父クロフネの色が強く出ておりとにかくキレに欠ける。芝でもダートでも一押し足りないレースが続いており、今回も見せ場は作りそうだが最後は他馬に決め手で劣りそうなイメージ。

【△6 カワカミカリーナ】

アスクキングコングの未勝利などでハイペースで逃げて上位に粘っていたりと能力があるのは確かだが、これまでのレースぶりを見るにベストは左回り。前走はハイペースだったとはいえ超高速馬場で同型不在のマイペース逃げでギリギリ3着。今回は前走よりもメンバー強化でペースもきつくなる感じはします。どこまで粘れるか。

【△7 ディキシー】

父ロードカナロアで母バーバラという短距離の良血。その配合からも平坦スプリント戦がベストだと思いますし、今回は休養効果とベスト条件への条件替わりで一変に期待したい。

【△14 ゼログラヴィティ】

父はスプリントGI馬を何頭も輩出しているアドマイヤムーン。ヴァラークラウンなどの兄弟の活躍距離を見ても母系も短距離が強いんだろう。そう考えると初戦の惨敗は別に気にしなくてよさそうで単純に距離が長かっただけかも。今回は血統的なベスト条件で一変あってもいいはず。

【推奨買い目】

単勝 5 アルムファーツリー (8倍想定)

馬連 5→16,1,13,2,3,4,6,7,14

三連複 5→16,1,13→16,1,13,2,3,4,6,7,14

【買い目及び予想のポイント】

ここは格上挑戦でも通用するだろう◎アルムファーツリーが3〜5番人気で買えるなら普通に妙味十分だろう。相手は荒れる可能性がありそうなので広めに流して、なんとか配当を跳ね上げる馬が突っ込んできてほしい。

<レース結果>
1着:◎アルムファーツリー 5番人気
2着:△ウインカンターレ
 6番人気
3着:▲フェアリーバローズ 1番人気

大野騎手が素敵すぎる完璧な騎乗を見せてくれました!土曜日で一番自信があるレースだったので的中できてよかったです(^^)

たくさん的中報告をいただいたので簡単にご紹介します。

 

by マサ様

 

by ズッコケ7様

 

by ゴん氏様

 

by uma様

 

とは言っても、土曜はこの的中だけだったので、日曜はさらに大爆発できるように頑張ります!

個人的に最も好きな競馬場が函館ということもあって、ちょっと気合を入れて7月は臨もうかなと思っております。そんなわけで平場のレース予想はメルマガにてたっぷりお楽しみいただけますので、ぜひこの機会に読み始めることをオススメいたします。購読はコチラから!

 

また以前にもお知らせいたしましたが、7月のメルマガ会員様向けキャンペーンとして、、、

7月中はメルマガ会員全員に「馬券の買い方マニュアル2021」を無料配布プレゼント

させていただこうと思います。もともとはメルマガ会員様の継続特典用として作成したものですが、これを期間限定でメルマガ会員全員位配布しようと思います。

 

書き出しはこんな感じ。肝心の内容も少しだけ抜粋して紹介します。こんな感じで各章テーマごとに馬券の買い方を書いております。

こんな感じで現代競馬で重要な馬券の買い方を徹底解説しております。現代競馬を楽しむ上で非常に重要な要素だと思いますので、色々なことに役立てていただければと思います。

 

あくまでもメルマガの継続購読特典として作成したものなので、このファイル単独で販売する予定は今のところありません。とはいえ、このファイルを手に入れるためにメルマガ購読開始から数ヶ月お待ちいただくのもどうかと思いますので、、、

7月中はメルマガ会員全員に「馬券の買い方マニュアル2021」を無料配布プレゼント

とさせていただこうと思います。

 

もうこのファイルだけで1ヶ月分のメルマガ購読料ぐらいの価値はあるかと思いますので、今月からメルマガをお読みいただくのが非常にお得になっております。それに加えて、当メルマガは初月無料でお読みいただくことができるので、もう2ヶ月分無料ぐらいのお得なキャンペーン期間だと思っていただいて結構です。

この「馬券の買い方マニュアル2021」は7月1日(木)の23:00に配信するメルマガにてダウンロードいただくことが可能です。

ぜひこの機会にメルマガをご購読いただいて、ついでにファイルもGETしちゃってください。

 

現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今からお読みいただくのが非常にお得になっております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

月初からの購読が最もお得なメルマガのご紹介

さて、2021年も7月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

月初の今からお読みいただくのが非常にお得になっております!

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

日経新春杯2017の有力馬考察と中村俊輔について

日経新春杯2017(京都芝2400m)の考察です。 1月15日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

毎日王冠2017の予想を公開!

毎日王冠2017(東京芝1800m)の予想です。 10月8日に東京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】ローズS / 枠順&展開考察(シンハライト、ジュエラー等の枠順は如何に)

今日は9/18(日)に行われるローズステークスのレース考察を行います。阪神芝1800mで行われるGI

記事を読む

阪神大賞典 [1] AJCCの教訓を胸に

えぇとここ最近で3kgほど痩せました。 昨夏から暴飲暴食続きで10kgほど太ったんですが、ここ

記事を読む

【2016】阪急杯の予想を公開!

今日は2/28(日)に行われる阪急杯のレース予想を行います。阪神芝1400mで行われるGII戦です。

記事を読む

関屋記念2017の予想を公開!

関屋記念2017(新潟芝1200m)の予想です。 8月13日に新潟競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】アーリントンC / 有力馬考察(ボールライトニング、ロワアブソリューなどの徹底分析)

今日は2/27(土)に行われるアーリントンカップのレース考察を行います。阪神芝1600mで行われるG

記事を読む

新潟大賞典 [2] ヒットザターゲットの好走パターン

今朝のチャンピオンズリーグはバルセロナが3−0でバイエルンミュンヘンに勝利。 途中まではなんと

記事を読む

フィリーズレビュー2017の予想を公開!

フィリーズレビュー2017(阪神芝1400m)の考察です。 3月12日に阪神競馬場で開催され発

記事を読む

新潟記念 [3] 枠順発表!明暗を探る

昼から絶賛全レース予想中。 というのもですね、先週は新潟2歳ステークスが大的中があったからいい

記事を読む

【菊花賞2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

菊花賞2021(阪神芝3000m)の考察です。 10月24日に阪

10月3週のレース回顧〜雨+風で予想以上にタフになった秋華賞デーの阪神〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

秋華賞2021の予想を公開!

秋華賞2021(阪神芝2000m)の予想です。 10月17日に阪

府中牝馬ステークス2021の予想を公開!

府中牝馬ステークス2021(東京芝1800m)の予想です。 10

エーデルワイス賞2021の予想を公開!

エーデルワイス賞2021(門別ダート1200m)の予想です。 1

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑