*

日本ダービー[東京優駿]2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/06/02 GIレース考察・予想

日本ダービー[東京優駿]2022(東京芝2400m)の予想です。

5月29日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はダノンベルーガ、イクイノックス、ドウデュース、ジオグリフなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

PR] 無料予想ガチ検証!日本ダービーもこのサイトにお任せ!

先週は1勝1敗もプラス収支!

特に人気薄馬の入れ込みの上手さが

目立った2レースでした\(^o^)/

━━━━━━━━━━━━━━

■無料予想:平安S

三連複33.5倍×500円

【払戻】16,750円

ケイアイパープル7番人気入れてました!

■無料予想:オークス

こちらはハズレるも

スタニングローズ、ナミュール

4番10番人気を入れていました!

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

ダービートライアル的中

■無料予想:青葉賞

三連複54.9倍×500円

【払戻】27,450円

エターナルビクトリ6番人気入れOK

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

今週の無料予想はもちろん

G1:日本ダービー

土曜日の葵Sからベタ乗りしましょう!

→日本ダービー・無料予想

基本的には上位人気3頭・穴馬2頭でBOX配置!これきたら激熱です!!

 

日本ダービー[東京優駿] 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

日本ダービー[東京優駿]はどんなレースになりやすいのか?

いよいよやってきました。日本競馬最高の祭典、日本ダービー。1年の中でも最も位の高いレースで、このレース以外全てハズれている人でも日本ダービーさえ当てられれば一番偉い、と言ってしまっていいんじゃないでしょうか。このブログでもしっかりと的中できるように考察を頑張ってまいります!

 

先週行われたオークスと同じ東京芝2400mで開催されるレース。とは言っても、3歳牝馬と3歳牡馬では東京芝2400m条件の位置付けは変わるもの。牝馬にとってはほとんどの馬が芝マイルまでの経験しかなく、オークスで初めて2400mの長い距離を経験することになります。

一方で牡馬にとっては皐月賞も芝2000mですし、前哨戦で芝2400mを経験している馬も多数。ダービーに出走してくるような馬はほとんど芝2400mを走れるスタミナがありますし、そんなスタミナ面に関してはクリアしている馬同士でいかに東京芝2400mを速く走れるかという部分が重要になります。

 

皐月賞は前半から中盤部分のペースが緩まずに速いペースになりますが、日本ダービーは直線が長い東京芝2400m条件ということもあって中盤部分は緩む傾向。3〜4コーナーあたりからスパートが速くなって、残り1000mのロングスパート勝負になるのがダービーの特徴です。

皐月賞=スピードの持続力と短い直線での一瞬の決め手

ダービー=残り1000mを速く走れるロンスパ性能

皐月賞とダービーのレース質の違いを簡単に現すとこんな感じになるんじゃないでしょうか。

 

後半1000mを速く走れる地力に加えて、最後の直線部分で爆発的な瞬発力を使えるかが重要なレース。過去4年はディープインパクト産駒が4連勝中ですし、ディープインパクト産駒以外でもキングカメハメハやハーツクライ、エピファネイア、ステイゴールド系など瞬発力を備えた血統しか走っていません。

以前はスピードの持続力が活かしやすい立ち回り優勢の馬場になることが多かったおかげで内枠が圧倒的に有利なレースでしたが、ここ数年は東京競馬場の芝傾向が変わってきたこともあって内枠の有利性は消えつつある感じ。過去2年は外から差してきた馬が上位を独占していますし、ちょっと傾向が変わりつつあるというのは考えたほうがいいと思います。

 

今年はどんなレースになりそうか?

今週で東京競馬場は6週目。もう正直、今開催の東京芝は複雑怪奇で凄まじく難しい印象・・・先週も先々週も土曜日は完全な外伸びの差し馬場になりましたが、日曜日のGIレースは先行してロスなく進めた馬が上位独占。馬場バイアスとしては外が伸びる馬場なんでしょうが、ある程度レベルが高くなると位置をとらないとダメという事でしょうか。ここまで難しい馬場もなかなか見たことがありません。

今週はそんな難しい馬場がCコースに変わることでさらによくわからない馬場になる可能性もありましたが、土曜日の芝レースを見る限り高速馬場で癖のないフラット馬場に見えましたし、末脚キレる馬が存分に瞬発力を活かせるような馬場コンディションに見えます。

 

出走馬や陣営コメントを見た感じでは、皐月賞で逃げられなかったデシエルトが先手を奪う可能性が高そう。それにビーアストニッシド、アスクビクターモア、ロードレゼルあたりがついていく形になりそうで、極端なスローペースにはならず平均ペースぐらいで流れるんじゃないでしょうか。

しっかりと追走スピードが問われた中で後半のロングスパート勝負になれば地力ははっきりと問われそう。ここ2年ほどに外が伸びるレースにはならないと思いますが、一方でロジャーバローズが勝った年のように持続力タイプが粘り込めるようなスピード馬場でもなさそう。ロスなく立ち回る事が必要というのは大前提として、地力があってなおかつ直線で速い上がりを繰り出せるいかにもダービー向きな馬が上位に走るレースになると思います。

 

考察まとめ

【レース質】中弛みからのロンスパ瞬発戦。<□□■■>

【狙えるタイプ】ディープ産駒を代表とする王道クラシック血統。

【狙えるタイプ】好位〜中団につけられて末脚の絶対値が高い馬。

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

日本ダービー[東京優駿] 2022の印

◎ダノンベルーガ

この馬に関してはもうこれまでのレース毎に書いてきた自身の回顧をそのまま信頼したい。

「エンジンがかかってからのフットワークは大物感あふれるもの。時計やラップも優秀で次走が共同通信杯でも好勝負。この世代のダービー候補だろう。」<初戦レース後>

「2戦目でスッと好位が取れて楽にジオグリフを突き離した内容は圧巻。やはり新馬戦の時にも書いたようにこの馬はクラシック級。次走が皐月賞だと右回りで加速性能に若干不安あり。それでも力で突っこんでくる可能性はかなりあるが、基本的に皐月賞で軽視してダービーで本命のスタンスでいい。」<2戦目レース後>

「スタートを決めて積極的に位置を取りに行く川田騎手らしい騎乗。外が伸びる馬場で中山コースでこれだけ走るんだからダービーはこの馬が勝つか。2番人気になると思うが本命でいいはず。」<3戦目レース後>

この血統らしくエンジンがかかるまでに時間はかかるが、トップスピードになってからのストライドの大きさは破格。その脚力は皐月賞馬ジオグリフをあっさりと子供扱いするほどですし、この世代の3歳同士で東京コースの長丁場で末脚比べをさせたらこの馬に敵う馬はいないだろう。

前走はそもそもエンジンがかかるまでに時間がかかる馬にとって中山コース自体が合わず。それでいて馬場バイアスも最悪で、本当に負けて強しという競馬。今回の条件替わりはこの馬にとって大いにプラスな上にライバルたちには逆にマイナスになりそう。今年の世代のダービー馬はこの馬でいいんじゃないだろうか。

 

【対抗 ◯6 プラダリア】

未勝利勝ちのパフォーマンスを見た時点で今年のクラシック路線で遅れてきた大物と評価していた馬。さすがにそこからいきなりの青葉賞挑戦ではどうかと思っていたが、相手強化もペースが速くなるのもあっさりと克服して勝利。やはり見立て通りに遅れてきた大物だったか。

父はダービー4連覇中のディープインパクトで、今年の出走馬の中では母系がアメリカのスピード血統でなおかつキレる末脚が使えそうなのはこの馬ぐらい。内枠からスムーズに立ち回れそうな枠を引くことができましたし、消耗が大きそうだった青葉賞の疲労は気になりますが、それさえ克服できればここでもやれていいでしょう。

 

【単穴 ▲13 ドウデュース】

いまいち適性がはっきりしていなかったり前哨戦で高いパフォーマンスを出さなかったりするせいで強さがよくわからなかった馬だが、朝日杯FSの勝利や皐月賞3着の鬼脚を見ても世代上位の能力があるのは間違いなさそう。ハーツクライ産駒にしては器用さがあって折り合いもつくタイプですし、弥生賞であれだけの脚が使えるんだから折り合いさえつけば東京芝2400mの距離も持つだろう。

ハーツクライ産駒だが母父エーピーインディ、母母父ゴーンウェストでスピードが強化されているのでダービー向きな印象。武豊騎手も友道厩舎もダービー最多勝となれば無理に逆らう必要もないか。

 

【特注 ☆11 ジャスティンロック】

プロフィールは地味なのだが、これまでのパフォーマンスは今回のメンバーの中でも最上位級。京都2歳ステークスはなかなかの好メンバー相手にロスだらけの捲り競馬で押し切りましたし、弥生賞はスローペースを大外ぶん回しで脚を余しての4着。皐月賞でも外差し馬場で最も通ってはダメだった最内を突いて最後は差し込んできていましたし、能力は今回の人気勢と大して変わらないはず。

とにかく後半1000mを速く走らせて良いタイプに見えますし、東京コースで速い上がりが問われてどうかはやってみないとわからない部分もありますが、能力最上位級の馬が16番人気まで評価を落とすなら大穴で狙ってみたい。

 

【△3 アスクビクターモア】

ディープインパクト産駒ではあるが、母系のブラッシンググルームとロベルトの影響で決め手に欠けるタイプ。これまでの戦績通りで東京コースよりも中山コース向きに見えますし、極限の決め手が問われるダービーで走るイメージはあまり湧かない。とは言っても皐月賞は外差し馬場の中で1枠から逃げてよく頑張りましたし、今回も内枠から恵まれて好走する可能性はあっていいんじゃないでしょうか。

 

【△15 ジオグリフ】

これまで何度も書いてきているが、ドレフォンは母系の良さを引き出すクロフネのようなイメージの種牡馬。この馬の場合は母アロマティコの切れ味が引き出されているおかげでクラシックでも戦えているが、やはりクロフネと同じような種牡馬と考えると距離は2000mまでがベストか。世代上位の能力があるので掲示板ぐらいには走ってくると思うが、最後は本質的な適性の問題から伸びあぐねそう。

 

【△16 キラーアビリティ】

今年の世代の2歳中距離王。母系がスピード血統のディープインパクト産駒で一見するとダービー向きの配合に見えるが、これまでのレースぶりを見てもこの馬は直線でキレる脚を使えるというよりは後半1000mで長く脚を使えるタイプ。あんまりダービー向きのタイプには見えませんし、馬場バイアス合わなかったとはいえ皐月賞であそこまで負けてしまうと本線評価はしにくい。

 

【△18 イクイノックス】

新馬戦、東スポ杯とどちらも非常に強い競馬で、皐月賞も異例のローテながらしっかり格好をつけて2着。いまさらこの馬が世代最上位級でないという人もいないだろう。

ただ、能力は認めるもののダービーで走りそうなイメージが湧かないというのが正直なところ。だいたい近年のダービー馬はダービーに縁の深い血統構成であることが多いが、この馬は父キタサンブラックがダービー惨敗、母父キングヘイローもダービー惨敗で、母シャトーブランシュも直線が長いコースよりは小回りコースで一瞬の決め手を活かす競馬が得意だった。

この馬のレースぶりを見ても、追い出してスッと反応するギアチェンジ性能が圧巻で、東京コースで長く良い脚を使うというよりは小回りコースでシュッとギアチェンジ性能を活かす競馬の方が合いそう。おそらくルメールは東京芝2400mで大外枠となると先行するはずで、昨年のサトノレイナスのように早仕掛けの競馬になりそう。世代最上位の馬なので掲示板ぐらいには来ると思いますが、早めに仕掛けすぎるとサートゥルナーリアのように最後に止まりそうな感じがします。

 

印まとめ

◎ダノンベルーガ
◯プラダリア
▲ドウデュース
☆ジャスティンロック
△3,15,16,18

勝負度 D

 

買い目

日本ダービー[東京優駿]の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【皐月賞2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

皐月賞2018(中山芝2000m)の考察です。 4月15日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

オークス [2] 4コーナー6〜8番手の法則

今年のGIはフェブラリーSでコパノリッキーが勝った以外は全て1番人気がぶっ飛んでいます。 &n

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ2018の予想ヒント】有力馬分析(モズアスコットやアエロリットなど)

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の考察です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

【ダービー全頭特集】ドゥラメンテ

昨年末の有馬記念でも全頭特集やりましたが、やはり有馬とダービーは競馬界でも特別ということで、今回はダ

記事を読む

【NHKマイルカップ2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

NHKマイルカップ2020(東京芝1600m)の考察です。 5月10日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【天皇賞(秋)2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

天皇賞(秋)2017(東京芝2000m)の考察です。 10月29日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

ヴィクトリアマイル2021の予想を公開!

ヴィクトリアマイル2021(東京芝1600m)の予想です。 5月16日に東京競馬場で開催され発

記事を読む

【スプリンターズステークス2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

スプリンターズステークス2019(中山芝1200m)の考察です。 9月29日に中山競馬場で開催

記事を読む

【2016】天皇賞(春) / 有力馬考察(ゴールドアクター、シュヴァルグランなどの徹底分析)

今日は5/1(日)に行われる天皇賞(春)のレース考察を行います。京都芝3200mで行われるGI戦です

記事を読む

【エリザベス女王杯2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

エリザベス女王杯2018(京都芝2200m)の考察です。 11月11日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

帝王賞2022の予想を公開!

帝王賞2022(大井ダート2000m)の予想です。 6月29日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑