*

黒船賞2017の予想を公開!

公開日: : 地方レース考察・予想

黒船賞2017(高知1400m)の予想です。

3月14日に高知競馬場で開催され発走時刻は17:00です。出走馬はドリームバレンチノ、キングズガード、ブラゾンドゥリス、ニシケンモノノフ、グレイスフルリープなど12頭。高知競馬場1400mで行われるJpnIII戦です。

佐賀記念の印通り大本線以降、快音響かせることができていない地方競馬予想ですが、今日の黒船賞はなかなか買いたいレース。東京大賞典(1着:◎アポロケンタッキー 2着:◯アウォーディー 3着:▲サウンドトゥルー)以来の勝負度Bで臨んでみようと思います。

 

メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、早いもので今年も3月になりました。

当サイトが発行している徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」は、絶対に当たるというメルマガではありません。

 

ただ、加入頂いている方はお分かりかと思いますが、、、

「毎週それなりに結構当たります(汗)」

ですが、週末の予想配信がメインコンテンツというわけではなく、きちんと週末に勝負レースの配信は行っておりますが、それよりも重賞、平場を含めたレースの回顧、分析を一番の売りとしています。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

お値段は週刊Gallopや週刊競馬ブックを読むのと同じ料金。ですが、これだけは断言できますが、、、

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

おかげさまで発行1年足らずの当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様のランキングで7位になるまでになりました。

スクリーンショット 2016-03-01 9.01.34

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

当メルマガは「初月無料キャンペーン」を実施しております。

月初にご購読頂ければその月は無料で全ての内容をお読みいただくことができます。

クオリティで不満にさせることはまずないと思いますので、少しでもご興味を抱かれた方は試しに一月でもご購読頂けると良いかと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

黒船賞 2017予想

過去のレース傾向

黒船賞は過去5年のレース傾向を見れば非常にわかりやすいレース。

このレースは重要なポイントが2点あり、まず1つ目は4コーナーでのポジショニングでレースのほぼ全てが決まる事。

かといって最初からずっと同じポジショニングで決まる事はほとんどなく、高知競馬場は3〜4コーナーの傾斜が緩いので地方競馬の中でも極めて捲りが決まりやすいコース。仕掛けどころは早くなりがちで、その結果として4コーナーでポジションを取れている馬がそのままなだれ込む傾向。

 

そしてもう1つ重要なポイントはとにかくリピーター率が高いレースであるという事。

先行力があって出入りの激しい展開に対応できる馬、ということで適性が非常に問われる条件。中央馬の常連はきっちりと毎回走ってくるレースで、今年も過去に好走歴ある馬は重要視したいところだ。

 

黒船賞 2017 の印

本命 ◎グレイスフルリープ

本命は枠順と展開が絶好に見えるグレイスフルリープに期待してみたい。

この馬はもともとあんまり強くないと思っていたんですが、後々見返してみるとサマーチャンピオンは評価できる内容。走破時計1:25:7も優秀ですし、相手が弱かったとはいえ2着以下を突き放したこの馬は別次元のレースをしていました。

その後の3戦は敗因が明確で、テレ玉杯オーバルスプリントはスタート直後に躓いてレースにならず。ファイナルSは前半33.8という超ハイペースを2番手追走で最後に失速。根岸Sは追い込み馬が上位を独占したレースで、それでもラスト150mくらいまでは見所十分の競馬でした。

その根岸Sの内容を見る限り、ニシケンモノノフやモンドクラッセあたりと能力差はなかった感じですし、そのニシケンモノノフとモンドクラッセは次走で好走。サマーチャンピオンのレース内容を見ても、この馬はコーナー数の多い地方コースの方が向いていそうで、ここは一気にパフォーマンスを上げてくる可能性が高そう。

メンバーを見ても中央馬に何が何でも逃げたいという馬はおらず、唯一その可能性があったニシケンモノノフはこの馬より内枠に。他に先行馬がいない時は奇策の逃げを打つことが多い横山騎手ですが、典型的な逃げ馬が外にいるのにそこに内から競りかけていくとは思えず、ここはグレイスフルリープがハナを奪えるはず。この馬より外にもそこまで競りかけてくる馬もいませんし、久々に逃げの競馬が叶いそう。

確かに相手はサマーチャンピオンの時より強いですが、逃げの形が取れてかつコーナー4回の地方コースへの適性大という読みさえ正しければ、ここは一発あっていい気がします。

 

対抗 ◯ニシケンモノノフ

対抗は普通に考えればニシケンモノノフでいいはず。

前走はフェブラリーSであわやの5着。力負けというよりは距離適性の差で負けたという感じで、1400mの距離ならば現役でもトップクラスの存在と言っていいだろう。

2走前の根岸Sではグレイスフルリープと同じく不利な先行策で粘っての5着。兵庫ゴールドトロフィーでは途中被される厳しい競馬ながら勝利を収めており、ここもグレイスフルリープの逃げの2番手から競馬を進めれば崩れる可能性は低いはず。

 

単穴 ▲ブラゾンドゥリス

三番手評価はブラゾンドゥリスにしました。

この馬は陣営が頑なに1400mを使っているんですが、3〜4走前のレース内容を見る限り中距離馬だと思うんですよね。師走Sではドリームキラリさえ潰れた外差し馬場を先行策で3着。あの内容を見ても重賞級の能力あることは間違いないはず。

かなりタフな中山コースや福島コースで好走しているように持久力勝負は向くはずで、同じ1400m戦でも中央のスピード勝負よりは地方のコース向きな感じ。それなりにダッシュ力あって鞍上が内田騎手なら位置も取ってくれるでしょうし、ここは上位争いしてくると見ています。

 

特注 ☆ドリームバレンチノ

コース自体は合うドリームバレンチノだが今回は半信半疑。

途中から一気に動いて最後までバテずに走りきるのが特徴の馬だが、良績のほとんどが重馬場と不良馬場に集中している馬でもある。脚抜きの良い馬場で自ら動いて押し切るのが好走パターンで、良馬場だとその勢いが削がれる印象。月曜に高知開催がないので今の馬場はわからないが、日曜が良馬場だったことを考えてもそこまで悪い馬場にはならないはず。

そして、衰え知らない馬とはいえ今回は明け10歳の休み明け。さすがにそろそろ馬の衰えはくるはずで、そのタイミングはこうした緩めた後の初戦だろう。能力そのままなら突っ込んできてもいいが、今回は怪しいタイミングでもある。

 

△ キングズガード

キングズガードはおそらく脚質的に地方競馬は合わない。

どちらかというと芝馬のように脚を溜めて一瞬の脚を使いたいタイプ。根岸Sでも追走に精一杯で最後は脚が鈍っていたのを見ても、途中から動かなければいけない地方のコースは合わなそう。そこに加えて常に自然体で乗り良くも悪くも無理しない藤岡兄騎手なら後ろで控えてそのままというパターンも濃厚だろう。

 

 

印まとめ

◎グレイスフルリープ
◯ニシケンモノノフ
▲ブラゾンドゥリス
☆ドリームバレンチノ
△キングズガード

勝負度C

※昼過ぎにオッズを見てBでいいか決めようと思います。おそらくグレイスフルリープは5番人気で穴で買えると思うんですがねぇ・・・

勝負度を上げる時の理由としては

(1)買いたい馬の人気がない=グレイスフルリープはおそらく5番人気

(2)相手もはっきりとわかる=多分ニシケンモノノフで大丈夫

(3)買いたくない人気馬がいる=キングズガードはおそらく地方合わない

(4)点数が絞れる=相手印4点ならば絞れるはず

という感じの考え方に当てはまる時。さすがに勝負度Aほどの自信はないですが、今回はかなり面白いレースだと思うので、できれば勝負度Bでいきたい感じ。まぁオッズを見守りましょう。

グレイスフルリープ三連系売れすぎです!恐らくうち以外にもどっかが本命で勝負度上げたんでしょう。これじゃあBの割には合わないのでCに落とします。

 

推奨買い目

三連複 ◎→◯▲→◯▲☆△ 本線ベース

三連複 ◎◯→▲☆△ 本線重ね買い

三連複 ◎◯→▲☆ 本線重ね買い

三連複 ◎◯▲ 大本線

三連単 ◎→◯▲ ボーナス

多分、ニシケンモノノフが相手でいいと思うんですが、内枠でぶっ飛ぶ可能性はゼロではないのでブラゾンドゥリスと2頭を2列目に並べる形にしようと思います。

もし地方コースへの適性大きくてグレイスフルリープが逃げ切った場合は特大ボーナスというイメージで買ってみたいです。

 

[PR]

「競馬はビジネスである」様のサイトスペースをお借りしまして、いま一番アツイ情報サイトのご紹介をさせて頂きます。

運や勘、競馬新聞や競馬情報情報誌から得られる情報で馬券を購入し、全く的中しないことに疑問を持たれてても時間の「無駄」であることは言うまでも御座いませんが、それでも諦めずに僅かな「夢」に縋りつくのは愚の骨頂で御座います。

競馬は宝くじでは御座いません。決して運に任せるのではなく、あらゆる情報を元に分析し、予想し、「的中」という二文字を掴み獲るものです。その上で会員様へお願い申し上げます…どうか我々に”その役目”をお任せ頂けないでしょうか。

関係者を筆頭に幅広く太いパイプから流れてくる情報は、メディアも注目しない大穴伏兵馬の存在さえも把握することが可能になると言われております。もちろん出走馬の力関係や各陣営の情報も”ざら”であり、それにより高額輩出が想定されるレースを選出することも十分可能であると言われております。

“その道のプロ”の思惑から当サイトの情報は成り立っているのです。予想や偶然に頼り高額輩出が想定されるレースを厳選している訳ではございません。明確な根拠に基ききっちり的中を狙えるレースのみを選定しているからこそ情報として成り立つのです。

私たちSiteでは無料提供の買い目通りに馬券を買うだけで、1週平均50万円の配当を実現します。

“その道のプロの情報”を試して、今週末からは勝ち組になりませんか??

 

<無料登録はコチラから>

↓↓↓

関連記事

【2016】名古屋大賞典の予想(アウォーディーらの評価は?)

今日は3/17(木)に行われる名古屋大賞典のレース予想を行います。名古屋1900mで行われるSIII

記事を読む

JBCレディスクラシックの予想公開!

JBC一発目はJBCレディスクラシック。正直去年の第一回開催はメーデイア以外勝てる見込みがなく、面白

記事を読む

北海道2歳優駿の予想公開!

なかなか週中の地方重賞までカバーしている競馬ブログも珍しいでしょう?かゆい所に手の届く、なおかつ配当

記事を読む

【2016】浦和記念の予想を公開!

今日は11/22(火)に行われる浦和記念のレース予想を行います。浦和2000mで行われるJpnII戦

記事を読む

【2016】東京シンデレラマイルの予想を公開!

今日は12/30(金)に行われる東京シンデレラマイルのレース予想を行います。大井1600mで行われる

記事を読む

兵庫ジュニアグランプリの予想を公開!

リプライサミットの関東開催も3週間前となりましたので再度告知をしてみます! *********

記事を読む

ダイオライト記念2017の予想を公開!

ダイオライト記念の予想 ダイオライト記念2017(船橋2400m)の予想です。 3月15日に

記事を読む

【2016】桜花賞の予想(モダンウーマンらの評価は?)

今日は3/23(水)に行われる桜花賞のレース予想を行います。浦和1600mで行われるSI戦です。

記事を読む

【2016】マイルグランプリの予想を公開!

今日は10/26(水)に行われるマイルグランプリのレース予想を行います。大井1600mで行われるSI

記事を読む

【2016】佐賀記念の予想(マイネルバイカらの評価は?)

今日は2/11(木)に行われる佐賀記念のレース予想を行います。佐賀2000mで行われるJpnIII戦

記事を読む

【天皇賞(春)2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

天皇賞(春)2017(京都芝3200m)の考察です。 4月30日

【クイーンエリザベスII世カップ2017の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

クイーンエリザベスII世カップ2017(沙田芝2000m)の考察です。

しらさぎ賞2017の予想を公開!

しらさぎ賞2017(浦和1400m)の予想です。 4月26日に浦

【青葉賞2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

青葉賞2017(東京芝2400m)の考察です。 4月29日に東京

【天皇賞(春)2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

天皇賞(春)2017(京都芝3200m)の考察です。 4月30日

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑