*

きさらぎ賞2019の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2019/02/08 重賞レース考察・予想

きさらぎ賞2019(京都芝1800m)の予想です。

2月2日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はヴァンドギャルド、アガラス、ダノンチェイサー、エングレーバーなど。京都競馬場の芝1800mで行われるGIIIです。

 

土曜競馬は未勝利戦がサクッと当たって好スタート。

<2/2(土) 京都6R サラ3歳未勝利>
1着:◎パトリック
2着:☆アドマイヤポラリス
3着:◯レッドジェニアル

<2/2(土) 中京7R サラ3歳未勝利>
1着:◯ワダツミ
2着:△ビザンティン
3着:◎サンサルドス

京都の方が三連単まで本線で当てられて、中京の方は三連複が8000円もついたので今日はこれだけで楽々プラスになるかと思いましたが、中盤以降が当たり続かず東京のレディードリー、マスラオのどん詰まりの連続やらテルペリオン太め残りでハイペースやらで結局トントンで終了。もっと勝ちきりたい日でした。

 

<2/2(土) 京都12R サラ4歳上1000万下>
1着:◎ミスズフリオーソ
2着:▲カフジキング
3着:無印ドルチェリア

最後のこれをドルチェリア抜けで取れなかったのが痛かったですねー(>_<)

人気のサトノグリッターがぶっ飛んでくれて本命のミスズフリオーソがきっちり勝手くれたんですがドルチェリアは印が回りませんでした。この分は明日に取り返します。

明日も買いたいレースがたくさんあるので平場を多数配信できるかと思います。ご期待ください!

 

PR)きさらぎ賞は信頼できるサイトの無料情報にお任せ!


ここ10年のきさらぎ賞、6番人気までの馬が3着以内30頭中28頭を占めるレース。
必然的に人気の馬には条件戦での好走歴があって前走2着以内なら30頭中25頭が該当。

きさらぎ賞は人気どころが強いがその中で美味しい配当を見つけてくれるのがこのサイト。
信頼できるこのサイトはどういう買い目を提供してくれるのか。
~今年のアメリカJCCは60万馬券的中!~


無料できさらぎ賞の予想を見に行く!


 

きさらぎ賞 2019予想

きさらぎ賞の週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

例年、少頭数の素質馬による瞬発力勝負になるのがきさらぎ賞。

以前は京都芝1800mというディープインパクト産駒の庭のような舞台で行われていたために「ただディープインパクト産駒を買えばいい」レースだった感じだが、近年は京都芝のタフ化によりそう簡単にはいかなくなってきている。

8頭立てといつも以上に少頭数になった今年のきさらぎ賞。逃げるのはほぼ間違いなくコパノマーティンだろうが、飛ばして逃げるとは思えずスローペースは確実。と言っても今のタフ馬場はスローペースでも弱い馬は止まるはずで、最後の直線はタフ馬場もこなせてしっかりとした決め手を使える馬同士の差し比べになるはず。タフ馬場適性とスローからの瞬発勝負適性をほどよく兼ね備えている馬を狙い撃ちたい。

※このレースを予想している時点で京都競馬場のピンポイント天気予報は15時ぐらいから雨が降り出すとのこと。現時点で馬場がどっちに転ぶかが全くわからないので、最終予想は天気予報がだいたい確定したのちにメルマガにて配信します。

というわけで予想の発表。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

きさらぎ賞  2019の印

本命 ◎アガラス

ここはこの馬の絶対的な能力を信頼して本命に指名する。

もともとデビュー戦当時から抜群の馬っぷりに惹かれていた馬で、その新馬戦が馬なりで後ろを突き放す圧勝ぶり。2戦目こそタフ馬場で厳しい展開を逃げて負けたが、前走はハイレベル戦で直線で前が詰まりながら勝ち負けまで持ち込んだのは地力の証。

母父ブラックホークのスピードを存分に受け継いでいる感じで、レースぶりを見ても暴走してしまうんじゃないかという感じのかかり癖を見せるが、そのスピードが良い具合に制御されれば最後は爆発的な末脚を使えるというタイプの馬。もう血統イメージ的にもキタサンブラックにそっくりな馬と見ていい。

跳びが大きいのでベストは良馬場だと思うが、極端な道悪馬場にならなければ今回のメンバーならば能力の絶対値で抜けているはず。地味ながら今年の3歳世代ならばクラシックも狙えるぐらいの馬だと思いますし、今回のメンバーの中では唯一のノーザンファーム天栄仕上げの馬。鞍上や輸送など心配事もあるが、ここは素直に自分が一番強いと思っている馬を本命にしてみたい。

 

対抗 ◯ヴァンドギャルド

対抗も東スポ杯上位組のヴァンドギャルドでいいだろう。

何度も書いているように東スポ杯2歳Sは世代屈指のハイレベル戦。ニシノデイジーやヴェロックス、クリノガウディーなど上位馬が軒並み次走以降で好走しており、このレースで上位に走れている時点で無条件に強いと判断していいはず。

前走のホープフルステークスは超スローを最後方から進めて全く展開が向かなかった上に直線ではどん詰まり。捌けていれば2、3着は十分にあったはずで、前走に関しては全く能力を発揮できていないと見ていい。

新馬戦はタフ馬場をグイグイ伸びて勝利しているので今の荒れた馬場も問題ないはずで、このあたりはディープインパクト産駒と言っても母父サドラーズウェルズの影響が色濃く出ている感じの馬。良馬場での決め手勝負よりもこれぐらいタフな馬場での追い比べの方が得意な感じはします。

東スポ杯の内容を見る限りアガラスの方が素質は上だと思うので対抗評価としましたが、乗り方一つでこちらが勝利になっても全く不思議ありません。まぁミルコ騎乗で前走どん詰まりのおかげでかなり人気になっているので対抗まで。

 

単穴 ▲ランスオブプラーナ

最大の穴として期待したいのがランスオブプラーナだ。

全く好走馬を輩出しない期待外れの種牡馬のケープブランコの子供ではあるのだが、この馬は未勝利の勝ちっぷりがなかなかのもの。タフ馬場で早めに抜け出して後続を完封しきった内容で、あの勝ちっぷりならば今の京都の馬場ならそれなりにやれて良さそう。

今まで1400mしか経験がなく今回は初の1800mというのが課題にはなりますが、どう考えてもスローペース間違いない少頭数レース。コパノマーティンが逃げるかこのうまが逃げる形になりそうで、どう考えても展開は向きそう。タフ馬場で後続の差し馬の末脚が鈍れば粘り込める可能性はあるんじゃないだろうか。

 

特注 ☆タガノディアマンテ

もう1頭の穴候補としてタガノディアマンテの一撃に期待したい。

この馬は未勝利勝ちが印象的なパフォーマンスで上のクラスでもそこそこやれると評価していた馬。レースセンス抜群で馬込みをスルスルと上がっていけるような自在性がある馬で、抜けた素質はないが荒れ馬場もこなすので今回のようなレースでは相手なりに相対的に走れるはず。

この枠で岩田騎手ならばインベタの番手追走になると思いますし、荒れ馬場も関係なく伸びてくるのでスローの番手からインを突いて伸びてこられるはず。アガラスとヴァンドギャルドは強いと思うが、それ以外の有力馬はタフ馬場を苦にして伸びてこない可能性は十分にありそうで、そうなれば絶好位につけたこういうセンスある馬が馬券圏内にくるんじゃないだろうか。

 

△ メイショウテンゲン

ディープインパクト産駒ということで穴人気しているメイショウテンゲンはそこまで妙味を感じない。ここ2戦を見てもスタートが遅い馬で、ディープインパクト産駒だがそこまでの瞬発力はない馬。前走はタフ馬場でペースが流れたことで展開に恵まれた感じが強く、今回はタフ馬場での瞬発力勝負で後ろから進めるとキレ負けしそう。

 

△ エングレーバー

2戦2勝で人気になっているエングレーバーは走ってもおかしくはないが今回が買い時ではない。

オルフェーヴル産駒でタフ馬場で時計がかかればかかるだけ良いタイプだとは思うが、前走の500万はステゴ、ロベルトが爆走しまくっていた馬場で、内の絶好枠から完璧なインサイドアウトを決めての勝利。今回もタフ馬場自体は良いと思うが、さすがに前走ほど恵まれるレースになるとは思えず、それでいてここまで人気ならばこれぐらいの評価でいいか。

 

△ ダノンチェイサー

人気のダノンチェイサーは今のタフ馬場の京都で距離延長では危なそう。

もともと新馬戦は中京の重馬場で伸び負けての4着。そこからの3戦は高速馬場の1800m→1800m→1600mと軽い条件でしか競馬をしておらず、こうやまき賞で一気にパフォーマンスを上げたのを見ても本質的にはマイラーだろう。

能力的には重賞級だと思うので素質だけでなんとかなってしまう可能性もあるが、おそらくはこのタフ馬場での追い比べになると最後は伸び負けるはず。昨年のカツジのようなイメージで負けてくれることを願います。

 

印まとめ

◎アガラス
◯ヴァンドギャルド
▲ランスオブプラーナ
☆タガノディアマンテ
△メイショウテンゲン
△エングレーバー
△ダノンチェイサー

勝負度 D

 

推奨馬券

三連複 7,3→6,1 本線

三連複 7,3→8,2,4 抑え

三連単 7→3→←6,1,8,2,4 本線

※ここは雨が降ってタフ馬場に変貌した場合はほとんど買いたくありません。ほぼ降らずの想定です。

関連記事

【2016】共同通信杯 / 有力馬考察(ハートレー、スマートオーディンなどの徹底分析)

今日は2/14(日)に行われる共同通信杯のレース考察を行います。東京芝1800mで行われるGIII戦

記事を読む

エルムS [2] 上位人気馬の総評

朝起きてから左耳だけ異様に痛いです。急性中耳炎かなーと疑ってみたりもするんですが、このお盆の時期に病

記事を読む

札幌日経オープン2017の予想を公開!

札幌日経オープン2017(札幌芝2600m)の予想です。 8月5日に札幌競馬場で開催され発走時

記事を読む

大阪杯 [2] キズナの評価は如何に?

もうこの導入部分の内容が半分は野球ネタになることを勘弁ください。 昨日はベイスターズは国吉→エ

記事を読む

【2016】富士S / 有力馬考察(ロードクエスト、ダノンプラチナなどの徹底分析)

今日は10/22(土)に行われる富士ステークスのレース考察を行います東京芝1600mで行われるGII

記事を読む

京都金杯 [3] 隠された馬体重の真実

箱根駅伝は青山学院大学が圧勝で初制覇。実力はあると思っていましたが、ここまで強いとは思いませんでした

記事を読む

【セントライト記念2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

セントライト記念2018(中山芝2200m)の考察です。 9月17日に中山競馬場で開催され発走

記事を読む

【2016】ニュージーランドT / 有力馬考察(アストラエンブレム、レインボーラインなどの徹底分析)

今日は4/9(土)に行われるニュージーランドトロフィーのレース考察を行います。中山芝1600mで行わ

記事を読む

【2016】プロキオンSの予想を公開!

今日は7/10(日)に行われるプロキオンSの予想です。中京ダート1400mで行われるGIII戦です。

記事を読む

CBC賞2017の予想を公開!

CBC賞2017(中京芝1200m)の予想です。 7月2日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」】をぜひこの機会にご購読下さい!

こんにちわ!「競馬はビジネスである」主催のKAZです。 今回は私

小倉大賞典2019の予想を公開!

小倉大賞典2019(小倉芝1800m)の予想です。 2月17日に

フェブラリーステークス2019の予想を公開!

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

京都牝馬ステークス2019の予想を公開!

京都牝馬ステークス2019(京都芝1400m)の予想です。 2月

ダイヤモンドステークス2019の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2019(東京芝3400m)の予想です。

【フェブラリーステークス2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

フェブラリーステークス2019(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑