*

金鯱賞2022の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2022/03/17 重賞レース考察・予想

金鯱賞2022(中京芝2000m)の予想です。

3月13日に中京競馬場で開催され発走時刻は15:25です。出走馬はジャックドール、レイパパレ、サンレイポケット、アカイイトなど。中京競馬場の芝2000mで行われるGIIです。

 

[PR] 金鯱賞2022無料予想

現在・無料予想8週連続的中~

中央はもちろん地方も強く・・

毎週的中+上手く回収してくれます!

━━━━━━━━━━━━━━

=中央×無料予想=

・2/26 八代特別  回収率162%

・2/20 小倉大賞典 回収率534%

・2/06 東京新聞杯 回収率127%

=地方×無料予想=

・3/02 エンプレス杯   回収率119%

・2/23 ユングフラウ賞  回収率357%

・2/16 報知グランプリC 回収率240%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

ここの無料予想の特徴は・・

◎的中率重視で約2ヶ月間的中

◎堅いレースもトリガミ避ける

◎人気薄入れて500%高回収率

金鯱賞もプラス収支+高回収率を期待です(●^ ^●)

→金鯱賞の無料予想

↑からメルマガ登録後(無料)にレース前夜確認。

地方は名古屋大賞典・黒船賞・浦和桜花賞・ダイオライト記念を公開予定です!

 

金鯱賞 2022予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

金鯱賞はどんなレースになりやすいのか?

3月に施行時期が移ってからしばらく経つが、いまや大阪杯の最重要前哨戦としての位置付けのレースに。昨年こそギベオンが逃げ切って大波乱となりましたが、それ以前は人気のヤマカツエース、スワーヴリチャード、ダノンプレミアム、サートゥルナーリアが順当に勝利しており、ここが始動戦の人気馬がその人気に応えて勝つケースが多い。

中京芝2000mは坂の途中からのスタートでなおかつ1〜2コーナーが急で向こう正面は軽い登り坂。そのために前半から中盤部分はまず間違いなく緩むラップ構成になりやすく、向こう正面の途中からなだらかな下り坂になるのでスパート地点が早くなって長く良い脚を問われる条件と言える。前半がスローペースでもロンスパ性能が問われてなおかつ直線でも急坂があるので、割と差しが決まりやすい条件と言えるでしょう。

 

ラップ平均は大体こんな感じ。前半部分はほぼ間違いなくスローペースになりますが、かといって東京競馬場のように直線だけの瞬発力勝負にはならず、向こう正面からじわっとペースが上がって最後は外からの差し馬も届くことが多い舞台です。

ただ、最近の中京芝2000mの重賞レースはもう前に行ったもん勝ちのようなレースの連続。2021年は中京芝2000mで3回ほど重賞が行われていますが、金鯱賞のギベオン、鳴尾記念のユニコーンライオン、中日新聞杯のショウナンバルディと全て逃げ馬がそのまま押し切って勝利。最近のトレンドでいえば中京芝2000mの重賞は前残り狙いというのもアリかもしれない。

 

今年はどんなレースになりそうか?

土曜日の中京芝はなかなかびっくりするほどの高速馬場。最終レースの1勝クラスの芝1400mでは前半3F=34.2のペースで前残りで1:20:3の時計が出ましたし、恋路ヶ浜特別では微妙なメンバーレベルだった中で2勝クラスの芝2000mで1:59:2の時計が出ました。

こんな前残りの高速馬場となると、メンバーレベルも高くてジャックドールが淀みないペースで引っ張るだろう金鯱賞はかなりの高速決着になりそう。1分58秒台前半は確実に出そうで、1分57秒台に突入してもおかしくなさそうです。

今の馬場でジャックドールの中盤を緩めないミドルペース逃げで隊列も縦長となるとまず後方から外を回す組では厳しそう。基本的にイン先行でロスなく立ち回れる馬、その上で高速決着に対応できそうな馬を狙いたい。

 

考察まとめ

【レース質】高速馬場の持続力+立ち回り勝負になりそう。<■□■□>

【狙えるタイプ】イン先行でロスなく立ち回れる馬。

 

 



 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

金鯱賞 2022の印

◎ポタジェ

母父ヴァイスリージェントのダート血統が前面に出ている上に所属厩舎がステイヤー厩舎ということもあって、とにかくキレずバテずでじわじわと伸びてくる馬。普通はこういう馬は小回りコースが得意なのだが、この厩舎の馬は広いコースで伸び伸びと走らせる育成しかしていないために大箱コースの持続力勝負こそがベスト条件。

昨年の一連のレースを振り返っても、金鯱賞、新潟大賞典、毎日王冠とどれもスパッとはキレないながらもじわじわと伸びて上位好走。天皇賞(秋)は東京コースの極限のスロー瞬発戦なんて合うはずがありませんし、それでこれだけ走れれば上出来。AJCCはこの厩舎が苦手としている中山芝2200mでなおかつ休み明けで仕上げ途上では負けてもやむなしという感じでしょう。

今回は叩き2戦目で調教が明らかに良化していますし、中山コースから広い中京コースに変わるのもプラス。今の高速馬場なら前が止まりませんし、ジャックドールが作る淀みない流れでキレが問われなそうなのも良いか。絶好枠で今回の鞍上なら毎日王冠と同じような騎乗をしてくれそうですし、ここはじわじわ伸びて粘り込めると思います。

 

【対抗 ◯3 ジャックドール】

自分の競馬さえできればこの馬は今の馬場なら止まらないだろう。そう考えるのも前走の白富士SがGIII級のメンバーが揃って内容も優秀だから。

<白富士ステークス>
12.8 – 11.3 – 11.8 – 11.8 – 11.7 – 11.8 – 11.5 – 10.9 – 11.4 – 12.4
12.8 – 24.1 – 35.9 – 47.7 – 59.4 – 71.2 – 82.7 – 93.6105.0 – 117.4 (35.9-34.7)

白富士ステークスは高速馬場でペース流れたことを考えても1:57:4という走破時計は優秀でハイレベル戦。ジャックドールが刻んだ1800m地点通過時計は1:45:00で、馬場レベルが同等だった毎日王冠の走破時計とほぼ同じ。中盤を全く緩めずに逃げて後半1000mを58.0でまとめられては差し届く馬もいないはずで、こういう競馬さえできればこの馬はパンサラッサと並んで芝中距離の個性派として重賞戦線で活躍していく馬になるだろう。

同型がそれなりに多いとはいえ枠は良いところが引けましたし、おそらくショウナンバルディ、ポタジェ、レイパパレあたりは番手でいいという考え。今の馬場ですんなりハナなら止まる可能性はあんまりなさそう。

ただ、藤岡佑介騎手は本当にこういう時に意味不明な騎乗をすることがたまにありますし、川田騎手のレイパパレに早めに来られて予想以上にプレッシャーがキツくなる可能性も。断然人気の逃げ馬はリスクが付きまといますし、信頼しすぎないようにしたい。

 

【単穴 ▲10 レイパパレ】

昨年の大阪杯覇者で最近のレース内容を見ても2000mまでなら現役最上位級と見て良さそう。宝塚記念、オールカマー、エリザベス女王杯とどれも掛かり気味に先行して早め先頭でラスト200m地点では先頭。そこからは明らかに距離が長くて止まった感じですし、今回は距離が2000mならこの馬の強さを見せられそう。

香港カップは最初から出していく気もなかったスミヨンのよくわからない乗り方に泣いた感じで、今回は主戦の川田騎手でなおかつジャックドールという目標がいるのもこの馬には良さそう。ジャックドールが淀みなく飛ばしてくれれば折り合いもつけやすいでしょうし、スムーズな競馬ができればあっさりまであってもいいか。

 

【特注 ☆7 シャドウディーヴァ】

もう左回りでしか走れない典型的なサウスポーで、府中牝馬ステークスで上がり33.1で大外一気を決めた末脚を見ても左回りコースなら現役牝馬では最上位級。ジャパンカップでも最内を突いてあわやの競馬ができていましたし、最後に止まったのは距離が長かっただけで牡馬相手のGIIなら通用して良さそう。

今回はベスト条件の左回りの芝2000mになりますし、鞍上も中京マイスターの福永騎手。馬場の事も誰よりも理解しているこの騎手なら今の馬場で外を回すとは思えませんし、おそらくインに潜り込んでイン突きを狙うはず。差しタイプの中で最も好走するイメージが湧くのはこの馬です。

 

【△1 ショウナンバルディ】

逃げて中日新聞杯を勝利しているが、岩田騎手のコラムを見る限り逃げにはこだわっていない感じ。おそらく今回はジャックドールに行かせてのラチ沿いの2,3番手狙いの競馬になるか。キングズベスト産駒で基本的には時計のかかる馬場が得意だとは思うが、超高速馬場の小倉記念でスムーズな競馬ができずもそこそこ走れていますし、高速馬場が走れないわけではなさそう。どう考えてもイン好位で馬場に恵まれそうですし、中京巧者なのにここまで人気がないなら抑えておきたい。

 

【△2 ギベオン】

昨年大穴を開けた馬だが、よくよく馬柱を見てみると中京コースだけはいつも見せ場十分のレースぶり。母父ヴァイスリージェントが強く出すぎて一切キレないディープインパクト産駒になっている感じで、決め手が問われずに渋とさを活かせる中京コースが合うんだろう。

昨年は時計のかかる馬場での激走だったが、その後に超高速馬場のマイル戦で2戦連続そこそこ走れているのを見ても高速決着は問題なさそう。今回はジャックドールの逃げならキレを問われることもないでしょうし、西村騎手なら絶好枠を活かしてラチ沿い2,3番手ぐらいを取りに行きそう。2年連続の怖さはある。

 

【△4 ソフトフルート】

前半ゆったり運んで後半4ハロンのロングスパート勝負に持ち込むと強い馬で、そんな特殊な適性ゆえに中京コースで非常に強い。高速馬場は向かないタイプだとは思うが、それでもこの馬はゆったり運べばラスト1000mはかなり速い時計で走れそう。岩田望騎手もコメントから継続騎乗でスタートには気をつけそうですし、この騎手のキャラを考えると直線ではインに突っこんでいきそう。こういうタイプの差し馬でもイン突きならハマる可能性はありそう。

 

【△8 アラタ】

あれよあれよという間に強くなっていったいかにも遅咲きなキングカメハメハ産駒。これまで見せている特徴からはタフ馬場に強い小回り持続力タイプという感じだが、キングカメハメハ産駒は2000mの高速決着にやたら強い傾向がありますし、母サンシャインも小倉芝で1分57秒台の持ち時計があるなら対応してきても良さそう。

 

【△12 ランブリングアレー】

タフ馬場の中山牝馬Sや小倉大賞典での好走もあるが、ディープインパクト産駒で友道厩舎所属というのを見ても本質は綺麗な馬場の広いコースでこそ良さが出るタイプか。愛知杯やヴィクトリアマイルでは非常に強いパフォーマンスを見せていますし、マイルにも対応できるスピードがあるなら今の馬場はこなしそう。藤岡康太騎手はこういう外枠からでもスッとラチを取りに行く事もありますし、ここまで人気ないなら抑えておきたい。

 

【△13 サンレイポケット】

昨秋から明らかに本格化しており、天皇賞(秋)とジャパンカップで連続4着ならここでは上位。前走は休み明けで条件も展開も向かなかった京都記念で3着好走。今回は叩き2戦目で中京コースというのは良さそうなのだが、予想以上の高速馬場で大外枠というのがどうか。なんだかんだで位置を落として外を回ってはきつい感じがします。

 

印まとめ

◎ポタジェ
◯ジャックドール
▲レイパパレ
☆シャドウディーヴァ
△1,2,4,8,12,13

勝負度 C

 

買い目

金鯱賞の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

 

そんな気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読料がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も3月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、気張らずにお試し読みをしていただくために、2021年の11月より、、、

メルマガを完全初月無料とさせていただきます!!

これまでも初月無料キャンペーンを実施しておりましたが、翌月の購読は必須で実質1ヶ月の購読料金で2ヶ月読むことができるというものでした。それがこれからは最初の1ヶ月間は完全無料になります。

お試しで読み始めてもらって合わなかったら購読停止していただければ一切の購読量がかかりません。今までよりもはるかにメルマガ購読のハードルが下がるかと思いますので、これを機にぜひメルマガをお試しいただけると嬉しいです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

チューリップ賞2019の予想を公開!

チューリップ賞2019(阪神芝1600m)の予想です。 3月2日に阪神競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

京王杯SC [1] ダイワメジャー/フジキセキは時代遅れ?

東京芝1400mで年に2回しか行われない重賞の一つがやってくる!! もう東京芝1400mは新聞

記事を読む

東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2019(東京芝1800m)の予想です。 11月16日に東京競馬場

記事を読む

愛知杯2022の予想を公開!

愛知杯2022(中京芝2000m)の予想です。 1月15日に中京競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

札幌記念2017の予想を公開!

札幌記念2017(札幌芝2000m)の予想です。 8月20日に札幌競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】AJCC / 枠順&展開考察(ディサイファ、サトノラーゼン等の枠順は如何に)

今日は1/24(日)に行われるAJCC(アメリカジョッキークラブカップ)の枠順&展開考察を行

記事を読む

札幌2歳ステークスの予想を公開!

札幌2歳ステークス2019(札幌芝1800m)の予想です。 8月31日に札幌競馬場で開催され発

記事を読む

ファルコンステークス2022の予想を公開!

ファルコンステークス2022(中京芝1400m)の予想です。 3月19日に中京競馬場で開催され

記事を読む

【2016】エルムSの予想を公開!

今日は8/14(日)に行われるエルムステークスの予想です。先週の小倉記念は悶絶のクビ差で大万馬券を逃

記事を読む

阪神牝馬S [2] スマートレイアーは短距離馬である

今話題になってますキム・ミンヒョク事件。 あれはダメでしょ、今まで見た中でも一番ひどいですよ、

記事を読む

秋開催が始まるので「競馬場徹底攻略ガイド」のプレゼント企画をやります!

さて、気づいたら2022年もあと4ヶ月で秋競馬が今週末から始まります。

9月4週のレース回顧〜トライアルも終わって菊花賞の全貌が見えてきました〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

オールカマー2022の予想を公開!

オールカマー2022(中山芝2200m)の予想です。 9月25日

神戸新聞杯2022の予想を公開!

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の予想です。 9月25日に

ながつきステークス2022の予想を公開!

ながつきステークス2022(中山ダート1200m)の予想です。

【神戸新聞杯2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

神戸新聞杯2022(中京芝2200m)の考察です。 9月25日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑