*

京成杯2024の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2024/01/18 重賞レース考察・予想

京成杯2024(中山芝2000m)のレース予想です。

1月14日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はアーバンシック、バードウォッチャー、ジュンゴールド、ハヤテノフクノスケなど。中山競馬場の芝2000mで行われるGIIIです。

 

[PR] 無料情報で的中を目指すならこのサイトしかない!

三連複もワイドも…

イケてる無料情報

2024年も無料情報で勝つならココです!

━━━━━━━━━━━━━━

無料情報:三連複

・エリザベス女王杯

→14,550円/243%

・菊花賞

→6,280円/121%

・秋華賞

→6,280円/110%

・凱旋門賞

→7,400円/148%

・スプリンターズS

→6,930円/122%

——————–

無料情報:ワイド

・琵琶湖特別

→7,000円/140%

・カウントダウンS

→13,800円/276%

・ジングルベル賞

→20,500円/410%

・万両賞

→10,800円/216%

・北総ステークス

→9,000円/180%

━━━━━━━━━━━━━━

今週の無料情報は…

日経新春杯:公開

5千円が2万円になるので今年も笑いたい人はチェック推奨!

→日経新春杯:無料情報

↑からメルマガ登録(無料)して、レース前夜買い目を見てください。

 

京成杯 2024 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

京成杯はどのようなレースか解説します

概要・データ

中山芝2000mで開催される3歳限定のGIII戦。皐月賞と同じ舞台で行われるので一見するとレベルが高くなりがちだが、近い時期にGIのホープフルSがありますし、本当に素質が期待されている馬は共同通信杯を使うのでそこまでメンバーが揃わない。ここをステップにクラシックで好走したのは近年ではソールオリエンスだけです。

 

あんまりメンバーレベルが高くない事もあって、これまでキャリアを積んできた馬よりも前走新馬勝ちの馬が素質の高さで圧倒することが多い傾向。複勝率4割超えはなかなかのものです。また、前走葉牡丹賞組の成績も非常に良いですね。

前走で1800m以下を使ってきた人気馬は散々な結果。これはこの時期の中山芝がタフな馬場になっている事が要因だと思いますが、先週の1勝クラス戦でもマイルからの距離延長のファビュラススターが勝利したりと今年の中山芝は高速設定なので例年よりもスタミナが問われない。あんまり2000mデータを今年は気にしないほうがいいかもしれません

 

レースラップ

中山芝2000mはスタート直後に登り坂がありますし、キャリアの少ない3歳馬同士のレースということで前半ペースが上がることは稀。前半はスローペースで進みますが、向こう正面から下り坂になるのでラスト4ハロンぐらいの瞬発戦になりがちなレースです。

 

血統傾向

冬の中山芝で開催されるレースということでスタミナ要素が重要で、サドラーズウェルズ持ちやハービンジャー、ノヴェリストなどの欧州血統。日本の芝でも走れる素軽さがあるような欧州血統の馬が走りやすいレース。

ただ、今年の中山芝は例年より明らかに高速設定の馬場で、有馬記念もハーツクライ+スピード血統のドウデュースが勝利。2、3着もドゥラメンテ産駒で4、5着がディープインパクト産駒。ホープフルSも1着がスワーヴリチャード産駒で2着がマイラー血統のシユーニ、3着がディープインパクト系のキズナ産駒でしたし、明らかに例年よりもスピードやキレが問われる馬場になっている。

実際に平場の芝レースを見てもシルバーステート、キズナ、グレーターロンドンのようなディープインパクト産駒ばかり走っていますし、一方でステイゴールド系は大不振。例年ならばこの時期に強みを活かせるステイゴールド系がこの高速馬場では良さを活かせていないんでしょう。

というわけで、過去の好走血統からいうとスタミナタイプが優勢なのですが、今年の京成杯は高速馬場の高速決着でディープインパクトの血を持つ馬、およびそれに準ずる主流血統の馬が走りやすいレースになると見ます。

 

今年の京成杯を予想する上で重要なファクターを解説します

馬場・トラックバイアス

12月の開催から全く雨の影響を受けずに来ており、中山芝は1月開催に入っても高速馬場。土曜日の最後に雪が降りましたが、まぁ少し時計がかかるくらいでほぼ影響はないと見ます。

土曜の中山芝レースの最大の特徴は完全にイン有利馬場だったということ。外を回して差し込んできた馬はほとんどいませんでしたし、それだけ高速馬場で立ち回りとスピードが問われる馬場設定です。

 

展開想定

まだキャリアが浅い馬が多いのでどれが行くかは難しいところ。どの馬が行くにしても石橋脩騎手のレイデラマールや坂井騎手のジュンゴールドあたりが早めに動きそうですし、単純な前残りのレースになるイメージはない。といっても今の馬場で外を回す差しは厳しそうなので、上手くインを立ち回れるタイプの馬が有利になるか。

 

ノーザン・ルメール・川田の取捨

ルメール騎手は京成杯のこれまでの成績は複勝率80%。ほぼ間違いなく馬券に来ちゃう実績。このレースは新馬戦からの臨戦も良いですし、今の馬場を考えると絶好の枠を引きましたね。

ノーザンファーム生産馬は特に有利というわけではないレース傾向ですが、今年は過去最多の6頭が出走。2戦2勝のアーバンシックやジュンゴールドは普通ならホープフルステークスに出走している馬だと思いますし、ノーザンファームのラインナップも例年以上でメンバーレベルも例年以上だと思います。そういうわけで今年はクラシックに繋がるレースになるのでは?

 

[結論] どのような馬を狙えばいいか

想定するレース質

高速馬場の中山芝でのロンスパ立ち回り戦

 

狙える馬のタイプ

インをロスなく立ち回って高速決着に対応できるタイプ or とにかく速い上がりを使えそうな大物

 

嫌える馬のタイプ

例年の京成杯で好走しそうな鈍足スタミナタイプ

 




 

京成杯 2023の印

◎アーバンシック

デビューから2戦2勝。前走の百日草特別は圧巻の内容だったが、これは過去のこのレースと比較しても評価できる内容。

百日草特別は早い時期に東京の芝2000mを経験できるということで毎年ハイレベルになりやすく、過去8年を見ても、7頭がその後に重賞を制覇して、4頭がその後にGIで馬券圏内に好走している。この馬の走破時計1:59:4はそんなハイレベルな百日草特別のレコード時計になりますし、使った上がり33.2は歴代2位の記録。それだけを見てもこの馬が重賞級、クラシック級なのがわかるでしょう。

今回の調教を見てもダービー3着馬のハーツコンチェルトを子供扱いしていますし、素質が高いのは明らか。曽祖母にウインドインハーヘアでディープインパクトの血は持っているようなものですし、全く同じ配合のレガレイラが暮れのホープフルステークスを完勝したことからも今の高速馬場の中山芝向きのキレとスケールを持っている。

調教内容やこれまでの2戦のレース内容を見ても、ストライドが大きくてエンジンが掛かるまでに時間が必要なタイプという印象。間違いなく中山芝2000mよりは東京芝2000mの方が合うタイプで今回の課題は中山コースだと思うが、どう見てもポテンシャルはこの馬とジュンゴールドが抜けているように見えるのにオッズは3強。しかも唯一負ける可能性があると見ていたジュンゴールドが大外枠を引いてしまったことを考えると実質的にこの馬の1強と言っていいんじゃないだろうか。

おそらく皐月賞やダービーも狙えるレベルの馬だと思いますし、例年このクラスの馬は京成杯に出てきません。調教師のコメントを見ても「精神面の成長が顕著。やる気になっているのでポジションも取れるはず。何とか勝ち切ってほしい。」という内容。どう考えても前走内容からして普通ならホープフルSに使うところですが、そちらに行かずにここを使ってきたのは昨年のハーツコンチェルトで賞金を逃し続けて青葉賞ローテを踏まざるを得なかった反省からでしょう。スタートを決めて位置さえ取れればバードウォッチャーはあっさり交わせそうな馬がほぼ同じオッズで買えるならここはコース適性を少し無視してでも世代最上位の素質に期待したい。

 

【対抗 ◯2 バードウォッチャー】

新馬戦は一見すると素晴らしい勝ち方ではあるが、どうもレースレベルが疑問。

走破時計1:50:3は2023年の東京芝1800mの2歳新馬&未勝利で2番目に遅い時計ですし、かといってレース上がり34.4は特筆すべきものでもない。これだけのスローペースとなると、強い馬が出ていた場合はラスト2ハロン目が11秒前後になるものだが、この馬の新馬戦は11.5で先行馬のレベルはかなり低かったはず。後方から末脚を伸ばしたこの馬にとっては前との差を詰めやすかったはずで、新馬戦の内容だけ見ると一線級の馬とは断言しにくい。

国枝厩舎は牝馬では素晴らしい成績を収めているものの牡馬はさっぱり。国枝厩舎特有の”2戦目での上昇”も牡馬ではそこまでありませんし、実際の調教を見ても未勝利のサトノエピックに手応え劣勢で先着されたというのはどうなんでしょう。

アパパネの子供たちを見ても、牡馬に出たラインベック、ジナンボーあたりはディープインパクト産駒でもキレない持続力型でしたし、牝馬に出て軽さが出たアカイトリノムスメしかクラシック期は活躍できませんでした。この馬は父がディープインパクトではなくブラックタイドになるわけですし、ラインベックやジナンボーよりもスケールが落ちる感じがします。

人気を分け合う3頭の中ではスケール的に一枚劣るという評価でしたが、土曜の馬場を見ても枠はこれ以上ない最高のところを引けた感じ。

京成杯でルメール騎手は通算で複勝率8割の数字を残しているわけですし、少々スケールが劣っても内枠から完璧にエスコートされたら上位に来ちゃいそうな感じがします。

 

【単穴 ▲15 ジュンゴールド】

新馬戦はラスト1ハロンだけの競馬で凄まじいキレを見せて加速ラップで勝利。2着のロードバルベーラも弱い馬ではないですし、このレースだけを見ても素質は相当。2戦目の黄菊賞は少頭数で相手に恵まれたのは事実だが、この馬が残した数字は弱い馬では出せないもの。以下に3歳ダービーまでの時点で後半1000mを57秒台で走った馬を並べてみるが、、、

1位…ダノンキングリー (57.3)  ※3歳2月
1位…ジオグリフ (57.3)     ※2歳6月
3位…コントレイル (57.4)    ※2歳11月
4位…カレンブーケドール (57.6)  ※3歳5月
4位…イクイノックス (57.6)   ※2歳11月
4位…サリエラ (57.6)      ※2歳11月
7位…カンパニー (57.7)     ※3歳4月
7位…アスクビクターモア (57.7) ※2歳9月
7位…ポッドボレット (57.7)   ※2歳11月
7位…チェルヴィニア (57.7)   ※2歳8月
7位…ダノンエアズロック (57.7) ※2歳10月
8位…ジュンゴールド (57.8)    ※2歳10月

もうご覧の通りでGI馬、クラシックホースがズラリ。サリエラは体質が弱くて大勢が遅れているだけで今年にGIを勝つ可能性は十分ありますし、チェルヴィニアやダノンエアズロックは今年のクラシック路線でも横綱級の評価を受けている馬。唯一、大勢できていないポッドポレットにしても喉の問題があるので、それを除けばほぼパーフェクトに出世していると言っていい。そんなわけでこの馬はここでは最上位のポテンシャルの持ち主だろう。

ただ、土曜日の馬場を見るとこの大外枠はどう考えても嫌。坂井騎手がどう乗るのかわりませんが、どう乗るにしても本来のスタイルを崩すのはキャリアの浅い馬には嫌ですし、この大外枠を引いたにしては人気しすぎ。素質は評価しても外を回るリスクで評価を落としました。

 

【特注 ☆4 エコロマーズ】

もし今回波乱が起きるとすればこの馬ぐらいしか見当たらない。

初戦のレースぶりからなかなか優秀な立ち回りタイプと評価していたが、その後の2戦はどちらもマイルのハイレベル戦で後手を踏んでレースに参加できず。アスター賞、サウジアラビアロイヤルカップと共に時計が速すぎてレース上がりも速すぎた感じ。

おそらくベスト条件は小回り1800m-2000mと見ているので今回の距離延長は良さそう。今の中山芝はディープインパクト祭りでシルバーステート産駒はやたらに走っていますし、今回の出走メンバーで父ディープ系で能力的に買えるのはこの馬ぐらい。土曜の馬場を見ても内枠からロスなく立ち回れる馬は恵まれそうですし、最高に上手く立ち回ってセコく2、3着はこれないだろうか。

 

【無8 ハヤテノフクノスケ】

新馬戦は後半1000m=58.6のハイレベル戦で勝ち馬ミスタージーティーはホープフルSでも不利がなければ3着に走っていた馬。ただ、通ったコース取りを考えると明らかにミスタージーティーの方が強そうで、この馬は全くコースロスのない最内を通れていた。

未勝利勝ちも一見すると圧勝ですが、メンバーレベルが微妙でなおかつ雨の影響で体力差がしっかりと出るような馬場コンディション。早めに動いたことで後ろはバテてしまって差がついた感じで、岩田騎手が上手く乗ったと言える内容だったか。

例年の京成杯ならこの馬ぐらいで勝負になると思うが、今年はノーザンファーム生産馬が6頭出走で、なおかつ2戦2勝のエリートも出走。今の高速馬場の中山芝も合わなそうですし、おそらく才能の違いであっさり置き去りにされるんじゃないだろうか。青森産のウインバリアシオン産駒が走るとしたら例年の時計がかかる京成杯でこそだと思います。

 

【無14 ダノンデサイル】

これまでのキャリア3戦を見ても、母父コングラッツの影響が出ていてキレないスタミナ型。ここ2戦はヨーロピアンで時計のかかる京都芝が向いていましたし、前走の京都2歳Sは直線で前が詰まったとはいえ速い流れで前が潰れる展開が向いた。今回は高速馬場の中山芝ではあっさりキレ負けして終わりそうだ。ベタに外枠も嫌です。

 

印まとめ

◎アーバンシック
◯バードウォッチャー
▲ジュンゴールド
☆エコロマーズ

勝負度 F

 

買い目

京成杯の買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

さて、新年にもなりましたし、、、

毎年恒例のメルマガお年玉企画を実施したいと思います!

創刊9年で数多くの皆様にお読み頂いているメルマガ。メルマガ発行を依頼しているレジまぐの方でも屈指の人気メルマガとなっております。

そんなメルマガですが、この1月に読み始めるのが最もお得な期間になっております。毎年、この期間はお年玉企画として特典満載となっております。

今年のお年玉企画はコチラ・・・

 

[1]「ざっくりイメージ騎手ファイル2024」をプレゼント

昨年作成しました「ざっくりイメージ騎手ファイル」の最新バージョンを作成しました。凄まじいボリュームになったのでお正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

   

JRAのほぼ全ての騎手はもちろん短期免許で来日している外人騎手まで全て網羅しました。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

 

[2]「ざっくりイメージ種牡馬ファイル2024」をプレゼント

昨年作成しました「ざっくりイメージ種牡馬ファイル」の最新バージョンを作成しました。凄まじいボリュームになったのでお正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

 

[3] 馬券の買い方マニュアル2024をプレゼント

以前作成しました「馬券の買い方マニュアル」の最新バージョンを作成しました。お正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

 

 

[4] 1月開催分(中山・京都・小倉・東京)コースガイドをプレゼント

これまでに何回か競馬場ガイドを作成配布しましたが、この度2024年バージョンにコースガイドもリニューアルしました。ひとまず1月開催の競馬場の分をお年玉特典で配信します。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

 

[5] 2023年JRA全場分の全レース分析Excelデータをプレゼント

メルマガで配信しました2023年分のJRAの全会場分のレース分析データEXCELをまとめてプレゼントいたします。

これから年始の予想をする上でまだまだ2023年のレース分析データは必要になると思います。それらを全会場分まとめてお年玉企画としてプレゼントいたします。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

と言ってもメルマガを読まれていない方は「全レース分析データ」とは何かわからないと思いますので、サンプル版として2018年の函館競馬場の全レース分析データだけお試しダウンロードできるようにしておきます。

函館コース全レース分析データ(2018年)

 

もうお年玉特典だけで2ヶ月分の購読料に値するぐらいのものを用意しました。例年以上にボリューム満点で盛り沢山なお年玉企画となっておりますので、ぜひともこの期間にメルマガ購読をご検討してみてください!!

こちらのお年玉特典は1月2日(火)の18時に配信しますメルマガにて入手方法などご案内しますので、そちらをご参照ください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【宝塚記念2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2021(阪神芝2200m)の考察です。 6月27日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

クイーンカップ [1] 危険なハービンジャー産駒2頭

てっきり佐賀記念を水曜日だと思っていました(汗)まぁ本命はマイネルクロップでしたが、ソリタリーキング

記事を読む

中京記念2023の予想を公開!

中京記念2023(中京芝1600m)の予想です。 7月23日に中京競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

シンザン記念2023の予想を公開!

シンザン記念2023(中京芝1600m)の予想です。 1月8日に中京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【函館記念2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

函館記念2022(函館芝2000m)の考察です。 7月17日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【毎日杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

毎日杯2021(阪神芝1800m)の考察です。 3月27日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

京王杯2歳ステークス2023の予想を公開!

京王杯2歳ステークス2023(東京芝1400m)の予想です。 11月4日に東京競馬場で開催され

記事を読む

クイーンステークス2021の予想を公開!

クイーンステークス2021(函館芝1800m)の予想です。 8月1日に函館競馬場で開催され発走

記事を読む

【レパードステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

レパードステークス2018(新潟ダート1800m)の考察です。 8月5日に新潟競馬場で開催され

記事を読む

【札幌2歳ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

札幌2歳ステークス2022(札幌芝1800m)の考察です。 9月3日に札幌競馬場で開催され発走

記事を読む

さきたま杯2024の予想を公開!

さきたま杯2024(浦和ダート1400m)の予想です。 6月19

【宝塚記念2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

宝塚記念2024(京都芝2200m)のレース考察です。 6月23

6月3週のレース回顧〜まなみ騎手重賞勝利おめでとう!その裏でブログ配信以外のメインレース全的中(汗)〜

2024年6月3週の中央競馬レース回顧です。前の週に行われた中央競馬の

マーメイドステークス2024の予想を公開!

マーメイドステークス2024(阪神芝2000m)のレース予想です。

米子ステークス2024の予想を公開!

米子ステークス2024(京都芝1600m)のレース予想です。 6

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑