*

JBC2歳優駿2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/11/25 地方レース考察・予想

JBC2歳優駿2020(門別ダート1800m)の予想です。

11月3日に大井競馬場で開催され発走時刻は17:50です。出走馬はタイセイアゲイン、カズカポレイ、レイニーデイ、ルーチェドーロ、リーチなど。門別競馬場のダート1800mで行われるJpnIIIです。

 

[PR] とにかく地方競馬も中央競馬も勝ちたい方はココがオススメ!

北國新聞杯:回収率280%

天皇賞はガミながらしっかり的中。

→(天皇賞買い目画像

しかし北國新聞杯はワイド280%

ここの無料情報流れがきてます!

━━━━━━━━━━━━━━

◇10/25 菊花賞(G1)

3連複3-9-10/38.1倍×300円

11,430円獲得/回収率212%

◇11/01 北國新聞杯

ワイド5-7/2.8倍×5,000円

14,000円獲得/回収率280%

↓レース前夜見た買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━

最近の無料情報は安定して。。

中央・地方重賞イイ感じです!

京都大賞典→1万3120円/234%

東京盃  →1万7600円/352%

→(買い目画像

ブエナビスタC→2万400円/425%

セントウルS →5万4720円/912%

戸塚記念   →1万4400円/288%

→(買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

そして今週の無料情報は…

JBCクラシック

アルゼンチン共和国杯

地方・中央共に要チェックです!

→激アツ重賞の無料情報

地方はレース当日公開なので、今のうちに無料メルマガ登録しておくと安心です。

 

JBC2歳優駿 2020予想

予想の根拠

昨年までは北海道2歳優駿という名前で行われていた重賞レース。最初にJBC競走に組み込まれると聞いた時は、同じ開催場ないのになんでわざわざ、とも思いましたが、実際にこうやって組み込まれてみると重賞が1つ増えてお祭り感が増していいですね。願わくば、来年はこの競馬の祭典を金沢競馬場なり門別競馬場で生で観戦したいものです・・・

さて、JBC4競走の中で唯一の2歳戦になるわけですが、このレースは「中央所属馬の馬のレベル」が結構重要になる感じ。基本的にはまだこの2歳11月時点では世代トップクラスのダートの大物というのはデビューしてなかったり、まだ芝を走っていたりするわけで、そういう世代トップクラスの馬が出てこないと圧倒的に門別所属馬が地の利もあって有利になる傾向。

一方で2016年のエピカリスだったり、2017年のドンフォルティスのような、中央競馬で後にオープンまで行くような馬が出走してくると門別所属馬では太刀打ちができません。そういうスケールの馬がいるかどうかで、中央馬を狙うのか、門別所属馬を狙うのかを決めた方がいいレースだと思います。

もうエーデルワイス賞のオッズなどを見てもお分かりだと思いますが、中央所属馬ではなく門別所属馬を狙うだけで儲かる時代は終わりました。なんだか、あんまり中央競馬のファンには馴染みのない地方馬を本命にすると勝ち誇った気分になるのはわかりますが、もうその考えでは時代遅れですし、冷静に中央馬と地方馬でどの馬が期待値が最も高いのかを判断して予想したいところです。

というわけで予想の発表。

 

JBC2歳優駿  2020の印

【本命 ◎9 タイセイアゲイン】

ここはもう現2歳世代でも最上位級と評価しているタイセイアゲインがここに出てくれば素直に評価していいはず。考察文でも書いた通りで、このレースのポイントは中央で後にオープンに行くぐらいの素材かどうかを見極めること。エピカリスやドンフォルティスのように芯の入った素材なら門別所属の2歳馬ぐらいあっさりと子供扱いできますし、逆に中央でたまたま1勝したような馬なら地の利ある門別勢に苦戦必至という感じ。

この馬はデビュー戦が超スローだったとはいえ、タフな中京ダートを加速ラップで突き抜けて2着馬に1.3秒の差をつけるパフォーマンス。2戦目ではかなり骨っぽいメンバーが揃ったプラタナス賞を完勝。しかも直線で前が詰まり気味で追い出しが遅れていますし、前が開いて捌いてからの末脚を見ても、スムーズならもっと差をつけての圧勝になっていたんじゃないでしょうか。その前走の2着馬ゴールドレガシーというのも世代最上位の可能性が高い馬ですし、倒した相手関係や時計、レースぶりからもこの馬は普通に評価していいはず。

パイロ産駒ということで距離や門別のタフなダートを心配している人もいるかもしれないが、母がパーソナルレジェンドの系統でダート界の超良血。デルマルーヴルなどを見てもパイロ産駒は距離が持つ馬も出ますし、初戦の中京ダート1800mのレースぶりからもこの馬は短距離向きのパイロ産駒には見えない。

今回は初の門別コースだったり、ナイター競馬だったりと未知な不安要素もありますが、ここ2戦の内容からも普通なら単勝1倍台中盤ぐらいになっておかしくない馬。もう玄人層が地方馬に妙味を見出そうとするからか、そこまでオッズ的に被っていないように見えますし十分にこの馬からでも買えそう。未知な要素は置いておいても相手関係的には前走比でだいぶ楽になりますし、自在に競馬ができるのでハイペースで差し馬向きの展開も問題ないはず。見立て通りならあっさり勝って全日本2歳優駿に向かっておかしくないか。

【対抗 ◯14 サハラヴァンクール】

正直、夏時点までは全く目にも留めていない馬だったが、ここ2戦で脚を溜めて差しに転じる競馬で馬が化けた感じ。特に前走は重馬場とはいえ門別ダート1700mで1:48:9の時計は優秀だと思いますし、少なくともサッポロクラシック組とは同列かそれ以上の評価ができそう。前走2着のモリノオーシャンもフローラルカップで最速上がりを見せて1着と僅差でしたから弱い馬ではないはずです。

半兄が中央でもオープンを勝利して、いかにも徐々に力をつけてきた馬だったサハラファイターですし、この馬も地味ながら力をつけてきている可能性はありそう。今回はハイペース濃厚で差し有利の展開になる可能性が高いですし、外枠からスムーズに差し込んでくることができれば十分に足りていい感じがします。ちょっと人気がなさ過ぎじゃないでしょうか。

 

【単穴 ▲4 オタクインパクト】

父ウインバリアシオンのイメージ通りに不器用ながら長く良い脚を活かして良い馬。デビュー当初は体力がつききっていなかったので捲りがハマらなかったが、いかにもハーツクライの系統らしく徐々に体力がついてきて捲りがハマるようになってきた。

ここ2戦のパフォーマンスは圧巻ですし、前走時計は例年の北海道2歳ステークスの時計と比較しても遜色ないですし、前がやりあってハイペースになりそうなのも差し系のこの馬には展開的には向きそう。

ただ、今回はフルゲート戦の内枠という点がどうだろうか。ここ2戦を見ても豪快に外を回しての捲り競馬しかできなそうですし、11頭立て、9頭立てだからできた捲り競馬も今回は14頭で同じように行くか。またこの内枠も外にスムーズに出せるかは半信半疑なところ。その点で三番手評価までとしました。

 

【特注 ☆13 レイニーデイ】

前走は初ダートで逃げてレコード勝ちの圧勝。そのレコードはすぐに破られることになるが、それでもその勝ちっぷりは素晴らしく、最後まで余裕があったのでこの馬は相当な素質と見ていいだろう。ジャスタウェイ産駒でマスターフェンサーのような豪快なフットワークを活かして良さそうなタイプで、芝時代の走りを見ても控えて差す競馬でも何ら問題なさそう。今回のメンバーで外枠なら構えて差す競馬になると思いますし、岩田望騎手のキャラからしてもそこまで積極的には行かなそう。控えても揉まれることのない外枠というのも間違いなくプラスだと思います。

 

【△8 ラッキードリーム】

いかにもなシニスターミニスター産駒のスタミナタイプで、レースぶりはあんまり目立たないがじわじわとバテずの伸びてくるので今回の舞台でも面白さはありそう。ダート版のアドマイヤマーズのような馬だろう。

この血統にしては揉まれても問題なさそうですし、前走も最内を突いて味のあるレースぶり。あとはここ2戦が時計的に大したことがないので、今回の舞台で一気の時計短縮が求められて対応できるかがポイントだ。

 

【△7 ギガキング】

非常にレースぶりは地味な馬なのだが、折り合いさえつけば最後はバテずにじわじわと伸びてくる馬で、いかにもキングヘイロー産駒っぽい馬。こういうタイプはハイペースの消耗戦が向くはずで、今回は強敵相手でもスタミナを活かせるようなレースになれば好走あっても驚けない。

 

【△11 トランセンデンス】

ここ2戦は父トランセンドのように前々でスピードを活かす競馬になっているが、ブリーダーズゴールドジュニアカップでは脚を溜めて差す競馬であわやの内容。今回のメンバーならば相対的に位置は後ろになりそうですし、まずハイペースで展開は向きそう。この枠なら外目からじわっと進出できそうですし、あんまり人気もなさそうなので面白いんじゃないでしょうか。

 

【△10 シビックドライヴ】

いかにも父カジノドライヴ×母父クロフネという配合の馬という感じで、自分のペースでじわーっと進出できれば持続力を活かして強さを見せるタイプ。ただ、サッポロクラシックカップのように4コーナーで先頭に立つような競馬ができないと脆さを見せる感じもあり、今回は逃げ先行馬多数で自分のリズムで競馬ができない可能性も結構ありそうだ。

 

【△1 ノットリグレット】

前走のサンライズカップは人気を裏切る結果になったが、どうもハイペースを先行して脚をなくした感じ。それ以前のレースを見てもしっかりと脚を溜めた時は差してきていますし、やっぱりこの馬は溜めた方がいいんだろう。今回は陣営コメントを見ても溜めて差す競馬をしそうですし、どう考えてもハイペース必至のメンバーで展開が向く気がします。

 

【△6 ルーチェドーロ】

初戦は函館ダート1000mで圧巻のレコード勝ち。2戦目は今年はメンバーレベルが微妙だった可能性が高いとはいえ、いきなりの函館2歳ステークス挑戦で2着。ここまでのキャリアだけ見ればまぁ今回のメンバーでは最上位ですし、走る条件を選べば頂点を目指せるような馬かと思います。

ただ、ここ2戦であまりにも抜けたスピードを見せている馬ですから相当にスプリント適性が高い可能性。今回は一気の600mの距離延長に加えて、門別のタフなダートをこなせるかも課題。なんせ初戦はレコードが出るような中央の不良馬場でしかダートは経験していません。スピードの絶対値からしてこの馬がハナに行ける感じはしますが、それでも明らかに同型が多くて展開も厳しそう。抑え評価が妥当とみます。

 

【消2 プライムデイ】

初ダートの未勝利戦で2着に3.1秒差をつけて騒がれることとなったが、実際のところは超低レベル戦でタイムトライアル戦に持ち込めたからそういう結果になっただけ。そんな時計だけで前走のプラタナス賞は1番人気になったが、初めて他馬と競馬をすることになって何も対応できず。今回は未勝利勝ちの再現を狙って逃げたいところだが、もうカズカポレイ、ルーチェドーロ、ブライトフラッグなど同型がズラリと揃いましたし、まず楽なペースでは行けないはず。今回も競馬になってあっさり沈むんじゃないでしょうか。

 

【消3 カイカセンゲン】

南関の2歳ダート路線は毎年のように門別からの遠征馬に駆逐されるのが定番。ここ2戦のレースぶりを見ても特に南関のクラシック路線で期待できるような馬でもないですし、前走で接戦の末に倒したフォルメッシがゴールドジュニア競走と平和賞を惨敗。そんな馬と接戦だった馬が門別馬の巣窟に乗り込むなんてさすがに厳しいだろう。

 

【消5 カズカポレイ】

デビューから3戦を見ても逃げたレースでパフォーマンスを上げて控えたレースでは凡走。確かに逃げられればそこそこやれそうなのだが、今年の出走メンバーを見てもズラリと先行馬が揃っており、まず楽なペースにはならないはず。さすがに厳しいか。

 

【消11 ブライトフラッグ】

馬柱だけ見れば見栄えは良いのだが、どのレースも時計的に特筆するべきところはなく、前走のブリーダーズゴールドジュニアカップではマイペースで逃げてノットリグレットに詰め寄られたのを見ても底を見せたか。

今回は4ヶ月の休み明けになりますし、今まで逃げたことしかない馬が一気の相手強化で同型多数。陣営コメントを見ても今回も先行するとのことですし、普通に展開厳しくて無理な感じがします。

 

【推奨買い目】

三連複 9→14,4,13→14,4,13,8,7,11,10,1,6

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは2歳馬同士の重賞ということで何がどうなってもおかしくない未知数なレース。もうメルマガ回顧で世代最上位級と評価した◎タイセイアゲインは信用します。その上でどう考えてもハイペースで先行馬が厳しくなりそうなので、全頭の一連のレースぶりを見た上で、能力ありそうでスムーズに差し込んでこれそうな◯▲☆を2列目に。3列目はどれがきてもおかしくないので広めに流して高めの配当が引っかかってくれることを願います。

関連記事

JBCスプリント [2] 出走馬徹底比較 勝つ馬はどれだ?

どう考えてもマイルチャンピオンシップへ進んだほうがよいと思われるコパノリチャードがJBCスプリントへ

記事を読む

ジャパンダートダービーの予想を公開!

ジャパンダートダービー2019(大井ダート2000m)の考察です。 7月10日に大井競馬場で開

記事を読む

【2016】ダイオライト記念の予想(クリソライトらの評価は?)

今日は3/9(水)に行われるダイオライト記念のレース予想を行います。船橋2400mで行われるJpnI

記事を読む

【マイルチャンピオンシップ南部杯2017の予想ヒント】過去データや傾向などを分析考察します

マイルチャンピオンシップ南部杯2017(盛岡ダート1600m)の考察です。 10月9日に盛岡競

記事を読む

北海道2歳優駿2019の予想を公開!

北海道2歳優駿2019(門別ダート1800m)の予想です。 10月31日に門別競馬場で開催され

記事を読む

【2016】佐賀記念の予想(マイネルバイカらの評価は?)

今日は2/11(木)に行われる佐賀記念のレース予想を行います。佐賀2000mで行われるJpnIII戦

記事を読む

全日本2歳優駿 [2] 徹底的能力比較

ものまね王座決定戦みたいなのが日テレでやってましたが、優勝した青木隆治さんのLet It Goはすご

記事を読む

浦和記念2021の予想を公開!

浦和記念2021(浦和ダート2000m)の予想です。 11月23日に浦和競馬場で開催され発走時

記事を読む

かきつばた記念2021の予想を公開!

かきつばた記念2021(名古屋ダート1400m)の予想です。 5月3日に名古屋競馬場で開催され

記事を読む

東京2歳優駿牝馬2017の予想を公開!

東京2歳優駿牝馬2017(大井ダート1600m)の予想です。 12月31日に大井競馬場で開催さ

記事を読む

【中日新聞杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中日新聞杯2021(中京芝2000m)の考察です。 12月11日

【阪神ジュベナイルフィリーズ2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪神ジュベナイルフィリーズ2021(阪神芝1600m)の考察です。

12月1週のレース回顧〜師も走ると書く月ですが、怒涛の週末でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

チャンピオンズカップ2021の予想を公開!

チャンピオンズカップ2021(中京ダート1800m)の予想です。

ステイヤーズステークス2021の予想を公開!

ステイヤーズステークス2021(中山芝3600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑