*

フェアリーステークス2023の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2023/01/12 重賞レース考察・予想

フェアリーステークス2023(中山芝1600m)の予想です。

1月9日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はヒップホップソウル、ディナトセレーネ、エナジーチャイム、メイクアスナッチなど。中山競馬場の芝1600mで行われるGIIIです。

 

金杯デーが終わってから中1日で3日間開催ということで、本当に慌ただしい時間を過ごしておりますが、馬券の方は中京ダート中距離が完全に読めている感じで高額配当を取れております(^^)

<1/7(土) 中京1R レース結果>
1着:▲サンデーヒーロー 3番人気
2着:◯セザンワールド
  1番人気
3着:◎アンクルブラック 5番人気

<1/7(土) 中京8R レース結果>
1着:◎キングスフィリア 7番人気
2着:▲メイショウミズモ
 3番人気
3着:△ジャルジェ    5番人気

 

<1/8(日) 中京7R レース結果>
1着:◎ウインザナドゥ 3番人気
2着:▲グリューヴルム
 2番人気
3着:◯シャンバラ  1番人気

3日間開催のプラス収支はもう確定しましたが、残る月曜日開催でも中京ダート中距離戦を積極的に狙ってがっちりマンデーと行きたいところです!

そんなわけで平場の予想にご興味がある方はぜひこの機会にメルマガを読んでみてください。

 

[PR] フェアリーS:無料予想

昨年のフェアリーSは5-1-7人気的中!

そ・し・て…シンザン記念も無料で的中~

勢いそのまま2年連続的中を狙います!

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想:シンザン記念

三連複BOX10点500円

馬番:2,3,4,6,7

着順:2-7-4/12.9倍

【獲得額】6,450円【回収率】129%

無料予想:フェアリーS2022

三連複BOX10点500円

馬番:1,2,3,8,9

着順:8-3-2/82.5倍

【獲得額】41,250円【回収率】825%

━━━━━━━━━━━━━━

細かく的中するので適度に当てながら競馬を楽しめますよ(^_-)

三連複5頭BOXで人気馬3頭・穴馬2頭が基本の買い目で、穴馬絡んで高配当もあります!

→フェアリーS無料予想

有馬記念は21年22年と2年連勝的中なのでフェアリーSも続くか注目です\(^o^)/

 

フェアリーステークス 2023 予想

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

フェアリーステークスのレース概要

年明けの中山芝1600mで行われる牝馬重賞。以前は2勝馬が全く出走して来ずでほぼ1勝クラスの条件戦と同じくらいの低レベル戦になりがちでしたが、近年はノーザンファーム生産馬の使い分けなどもありレースレベルは上がってきている感じ。過去5年の好走馬を見てもプリモシーン、スマイルカナ、ファインルージュ、ライラック、スターズオンアースあたりはのちにGIでも好走していますし、以前よりもなんでもアリなレースではなくなってきています。

本当は以前は低レベルすぎてなんでもアリなレースでしたが、最近はそれなりに常識的な結果になっている印象。とは言ってもキャリア1、2戦の馬しか出走してこないのでこの時点でどの馬が強いのかをファンも理解していないのが当然。レースレベルは上がってきていも波乱は起きるレースと見ていいでしょう。

 

データ的な見地からの考察

そこまでデータ的な傾向は出ていないレースですが、最もはっきりとデータで出ているのは関西馬不利という点じゃないでしょうか。基本的には西高東低で関西馬が有利になるレースが多いですが、フェアリーステークスはまだキャリアの浅い3歳牝馬同士の戦いということで輸送のない関東馬の方が成績が良くなっています

 

また、このレースは若駒にとってはタフな中山マイルで行われるということもあり、坂路オンリーのスピード調教の馬は大不振。坂路オンリー調教でぶっ飛んだ馬はテンハッピーローズやテトラドラクマなど人気馬もゴロゴロいますし、坂路調教は嫌って併用調教馬を買いたいレースです。

 

ラップ的な見地からの考察

中山マイルは向こう正面から下り坂になるので中盤ラップが緩みにくい条件ではありますが、フェアリーステークスは3歳の牝馬限定戦ということもあってそこまで速いペースにはなりません。それでもまだキャリアの浅い3歳牝馬にとって過酷な舞台であるのは間違いなく、先行馬も馬券に絡んではいますがイメージ以上に差しも決まっています。

 

血統的な見地からの考察

もっとコテコテなスタミナ血統が走るレースかと思いきや近年は王道血統が割と走っている感じ。ディープインパクト系やキングマンボ系の馬がこうして見ても順当に走っています。

これも前述の通りで、近年はレースレベルが上がってGIでも好走できるような馬が出走してくるために、ポテンシャルの高い血統が走りやすくなっているのかもしれません。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

年明けからのレースを見ても、中山芝マイルは外からの差しはほとんど効かない立ち回り馬場。持続力と立ち回りセンスに優れた馬ばかり走っており、溜めて直線で外を回すようなタイプの馬は壊滅的な成績になっています。

そんな冬時期のタフな芝質での立ち回り馬場になっているからか、中山芝マイルは本当にロベルト系とキングマンボ系の活躍が顕著。好走している馬はほとんど全てがロベルト系かキングマンボ系を持っている馬ばかりですし、持続力と立ち回りに優れた血統が走りやすい馬場ということでしょう。

 

近年はメンバーレベルの上昇により素質馬がズバッと差し込んでくることが多くなってきているフェアリーステークスですが、今年の馬場やメンバー、枠並びを考えると、中山マイル適性が高くて自在に立ち回れるタイプを狙いたいです。

 

考察まとめ

【レース質】タフな馬場で近年は地力も問われるマイル戦。<□■■□>

【波乱度】近年はレベルが上がってきているがそれでも波乱傾向。

【ラップ特徴】古馬戦に比べれば中盤ラップは緩むがそれでもタフ。

【血統特徴】今の中山芝マイルはロベルトとキングマンボ。

【狙えるタイプ】関東馬(関西馬はダメ)。

【狙えるタイプ】併用調教馬(坂路オンリーはダメ)。

【狙えるタイプ】中山マイル適性が高くて自在に立ち回れるタイプ

 




 

フェアリーステークス 2022の印

【本命 ◎7 ディナトセレーネ】

この馬はとにかく2戦目の中山マイルの勝利内容が圧巻。雨の影響を受けた不良馬場にしてはかなり時計も速いですし、雄大なフットワークで不良馬場をあっさりと突き抜けたあたり能力とパワーは相当なものがあるはず。前走は合うはずがない東京マイルのスロー瞬発戦でもよく頑張っていましたし、ハイレベル戦で上位と差のない1:34:2の時計で走れていれば負けて強しの内容でしょう。

ここ2戦を見てもスタート速くてレースセンスが抜群ですし、いかにも多頭数の中山マイルでその強みを活かせそうな感じ。自在に立ち回れる枠が引けたのも良いですし、鞍上も中山競馬場なら現役でもナンバーワン級に信頼できる騎手ですから文句なし。

父、祖母、祖母の父が全て中山芝GIを勝っているパワーの塊のような血統背景ですし、これだけ好走要素が揃った馬を3番人気ぐらいで買えるなら十分に妙味があるんじゃないだろうか。

 

【対抗 ◯4 アンタノバラード】

デビューから2戦は1800mで伸びを欠いていたが3戦目で使われたマイル戦でパフォーマンス一変。この日の中山芝は大雨の影響を受けて決して軽い馬場ではなかったはずで、そんな馬場でスローだったとはいえ加速ラップを踏んで1:35:3の時計で突き抜けたんだからこの馬は普通に強いだろう。その時のレース回顧でも「フェアリーSで面白い」と書いていた。

前走の京王杯2歳Sはスタートこそ抜群だったがさすがに1400mでは距離不足だったようで位置を落として何もできず。今回は未勝利を勝ったのと同じ舞台に戻りますし、この枠から前走のようなスタートを切ればそれなりの位置は取れるはず。追走面を考えれば前走で1400mを使った点も良いと思いますし、ここは大穴で期待していいか。

 

【単穴 ▲8 イコノスタシス】

初戦は超ハイレベルだったリバティアイランドの新馬戦で上がり2位の32.1を記録。この時の勝ち馬リバティアイランドが阪神JFを圧勝し、2着馬クルゼイロドスルがジュニアカップを圧勝したのを見てもレースレベルは高かったはずで、この馬も十分に重賞で走れるだけの素質があるはず。

その後の2戦は折り合いに課題が出て勝ち上がれなかったが、前走でマイルで折り合って逃げて大楽勝。倒した相手も時計も優秀でしたし、やはりこの馬は初戦のレベル通りに強い馬なんでしょう。

折り合いの不安さえ解消すれば操作性は抜群に高い馬ですし、父ロベルト×母父ロベルトの配合で中山マイルが苦手ということはなさそう。自在に立ち回れる絶好枠を引くこともできましたし、ここは好勝負になっていいはずです。

 

【△1 スピードオブライト】

血統やデビューから2戦のレースぶりを見ても本質はスプリンター。テンスピードは抜群に速くてあっさりとハナを奪えそうですし、今の馬場に合った競馬はできそう。ただ、前走の東京芝1400mでも最後は止まり気味でしたし、今回はマイルの距離と直線の急坂にどこまで耐えられるか。

 

【△2  リックスター】

初戦は超スローペースを好位から完璧な競馬ができており何も評価できない内容。ただ、レースセンスは高そうで自在に立ち回れるタイプには見えました。

今回は絶好枠が引けて血統的にもロベルト×キングマンボで今の馬場バイアスにも合致。近年のフェアリーSは前走新馬組の活躍が目立ちますし、名門の鹿戸厩舎がわざわざ使ってきたことから2戦目で一気のパフォーマンス上昇には警戒しておく。

 

【△3 マイレーヌ】

非常に地味な馬だが先行してほとんど崩れたことがない馬。前走もイン馬場とペースに恵まれているのでここでどうかという感じはするが、直線の短い中山マイルは合いそうで、今の馬場を考えると経験値の高い内枠先行馬の粘り込みは警戒しておく。

 

【△15 ミタマ】

レースセンスが高くて経験値もあり、なおかつ1400mの激流も経験しているということもあってシンザン記念に出てきたら本命予定だった馬。牝馬限定とはいえフェアリーSの方に使ってきたのは判断ミスな感じがしますし、このレースは関西馬の成績が悪いのでなかなか重い印を打ちにくい。シンザン記念から逃げた故に大外枠を引かされた感じもします(汗)まぁ岩田騎手ならこの枠でも考えて乗ってきそうですし、大穴で抑えておきたい。

 

【推奨買い目】

単勝 7 ディナトセレーネ 本線

ワイド 7→4,8 本線

馬連 7→4,8 ボーナス

三連複 7→4,8→4,8,1,2,3,15(7,4,8は重ね買い) ボーナス

ワイド 4→8 抑え

 

【買い目及び予想のポイント】

ここは次走注目馬ディナトセレーネが本命で良いとして買いたい相手もアンタノバラードとイコノスタシスの2頭しかいない。人気馬が割と全部怪しい気がするので単勝とワイド2点を本線に、人気馬が飛んだ場合に1枠他が埋めるなら内枠先行組のイメージで三連複まで当たってくれればドカン。

 

関連記事

エプソムカップ2019の予想を公開!

エプソムカップ2019(東京芝1800m)の予想です。 6月9日に東京競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

チューリップ賞 [3] 人気馬の個別評価

今日も相変わらず花粉が酷いですね。本当に外に出たくないのですが、外に出なければ生きていけないのが人間

記事を読む

【平安S2017の予想ヒント】過去データや血統、ラップなどを分析考察します

平安S2017(京都ダート1900m)の考察です。 5月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

【2016】中山金杯 / 枠順&展開考察(フルーキー等が出走するGIII戦です)

今日は1/5(火)に行われる京都金杯の枠順&展開考察を行います。京都芝1600mで行われるハ

記事を読む

ダービー卿CT2017の予想を公開!

ダービー卿チャレンジトロフィー2017(中山芝1600m)の予想です。 4月1日に中山競馬場で

記事を読む

【京都2歳ステークス2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京都2歳ステークス2018(京都芝2000m)の考察です。 11月24日に京都競馬場で開催され

記事を読む

京阪杯2021の予想を公開!

京阪杯2021(阪神芝1200m)の予想です。 11月28日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

カペラステークス2020の予想を公開!

カペラステークス2020(中山ダート1200m)の予想です。 12月13日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

【日経賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

日経賞2018(中山芝2500m)の考察です。 3月24日に中山競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

【平安ステークス2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

平安ステークス2022(京都ダート1900m)の考察です。 5月28日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

謹賀新年!2023年のブログ変更点&メルマガお年玉企画のお知らせ

あけましておめでとうございます!   みなさま、

1月4週のレース回顧〜雪の影響もあり非常に馬場読みが難しい週でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

根岸ステークス2023の予想を公開!

根岸ステークス2023(東京ダート1400m)の予想です。 1月

シルクロードステークス2023の予想を公開!

シルクロードステークス2023(中京芝1200m)の予想です。

白富士ステークス2023の予想を公開!

白富士ステークス2023(東京芝2000m)の予想です。 1月2

【シルクロードステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

シルクロードステークス2023(中京芝1200m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑