*

ドバイターフ2018の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2018/04/01 海外レース考察・予想

ドバイターフ2018(メイダン 芝1800m)の予想です。

3月31日にドバイのメイダン競馬場で開催され発走時刻は日本時間で4月1日の午前0:35です。出走馬はネオリアリズム、ヴィブロス、リアルスティール、ディアドラ、クロコスミア、ベンバトル、ランカスターボンバーなど。メイダン競馬場の芝1800mで行われるGI戦です。

 

今週末はドバイミーティングがありますが、ドバイゴールデンシャヒーンとドバイターフはブログにて予想配信。ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップの2レースはメルマガ会員限定の配信という形にさせていただこうと思っております。

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

3月11日(日)阪神09R 淡路特別

3連単 04−09−05

獲得金額 1,586,100円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

これが次世代の投資競馬サイト「俺の競馬」

圧倒的実績を誇る俺の競馬が

今週も「大阪杯の予想」を無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

 

ドバイターフ 2018予想

ドバイターフの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

メイダン芝1800mで行われるドバイターフ。ゴールデンシャヒーンのところでも書いたが、今年のメイダンの馬場はとにかく速い。スーパーサタデーの前哨戦は芝ダートともに速い結果ばかりになっており、ドバイターフの前哨戦であるジェベルハッタも速い時計であった。

ただ、その前哨戦のジェベルハッタはメンバーレベルが微妙で、時計が速いのは馬場が全てという感じ。勝ち馬のブレアハウスも完璧にインを立ち回っての好走という感じでしたし、強いて通用するといえば2着馬のベンバトルぐらいか。他の海外馬を見てもブレアハウスしかGI馬がいないというかなりの低レベルなメンバー構成。近年では抜けて海外勢のレベルが低い印象です。

 

この路線はもともと日本馬が強いですし、今年もズラリと日本の強豪馬が揃いました。ひょっとすると表彰台を日本馬独占まであっていいレースじゃないかと思います。

構図的には完全に日本馬vsUAEゴドルフィン陣営の一騎打ち。クールモアの馬も2頭いますがちょっとレベル的に厳しそうで、ここはかなりの可能性で日本馬の栄冠の瞬間が見れると思います。

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

ドバイターフ 2018の印

本命 ◎ベンバトル

日本馬が強いのは認めますが本命はコース適性なども買ってこの馬にします。

前哨戦のジェベルハッタでは断然人気に推されたが高速馬場で外外を回って2着。敗因はスタートで出遅れてハイペースを終始外を周り続けた事と見て良さそうで、いくら弱い相手とはいえあの競馬では厳しかったか。

2走前のアルラシディヤSでは超スローペースからの決め手勝負で後ろを突き放して圧勝。シングスピールSでは淀みない流れを番手から抜け出して圧勝。特にシングスピールSは序盤で前に馬を置けずに折り合いつかない場面があり、あのロスがありながらあれだけ突き放したんだからこの馬は強いはず。その時の走破時計は例年のドバイターフなら好勝負になっていいものですし、スローペースでもハイペースでも後ろを突き放した2〜3走前のレース内容を評価したい。

今回は内でロスなく回れそうな枠も引けましたし、前走以外はそこそこゲートも出ている馬。スーパーサタデーのような高速馬場になるのであればインを上手く立ち回れた馬が有利になりそうですし、恐らく日本発売のオッズで一番馬券が美味しいのはこの馬と見て本命にします。

 

対抗 ◯リアルスティール

対抗はワンターンの1800mならリアルスティールがまともなら一番強いはず。

能力はレベルの高い世代でクラシックを勝ち負けしてきたように明らかだが、少し気難しいところのある馬でコーナーの多いコースはそこまで得意ではない。

今までのキャリア4戦全てがワンターンの1800mというのを見ても今回の条件は絶好なはずで、年齢に関しても使われているレース数が少ないのでそこまで関係はないだろう。単純に一番強い馬が一番このコースへの適性があるとすればここは上位評価が妥当。

恐らく鞍上と休み明けで日本のオッズではそこまで被りはしないだろうが、鞍上は欧州の若手では最上位級。あとはどれだけ仕上がっているかという部分。6歳牡馬の休み明けなので対抗評価にとどめた。

 

単穴 ▲ヴィブロス

三番手はヴィブロスにします。

前走の中山記念は内田騎手を乗せていた事を見ても佐々木オーナーからファンに対する「これはドバイへの完全な叩きなのでここで買ってはダメですよ」というメッセージだったか。昨年も中山記念を完全にたたき台に使ってドバイを勝利しており、前走内容はあんまり考えなくていい。

エリザベス女王杯は外枠で折り合いを欠いたのが全てで、府中牝馬ステークスの内容を見ても能力があるのは明白。末脚を引き出しやすいワンターンの1800mの舞台も向いていると思います。

昨年よりもワンランクぐらいレベルが落ちた外国馬という印象ですし、この相手なら間違いなく能力は上位。コース適性高いのは既に示していますし、順調にひと叩きされて良化して入れば上位争いになるでしょう。

 

特注 ☆ネオリアリズム

日本の人気馬の中ではネオリアリズムの評価は若干落とす。

前走の香港カップは内枠から完璧な立ち回りを見せて3着。競馬が上手い一方であまり末脚キレない馬で立ち回りの上手さを活かせるコースでこその馬という感じ。ワンターンの1800m戦は末脚の質が問われますし、この条件だと相対的にキレ負けしそうな匂いがします。明け7歳牡馬という点も引っかかります。

と言っても内枠を引いてのマジックマン=モレイラが乗るとなれば逆らってもこの程度が限界。他の海外馬も強い馬がいないので普通に上位争いにはなる気がします。

 

△  ディアドラ

調子を戻していたら当然ディアドラはここで突き抜けていいぐらいの馬。ただ前走内容から見ても本調子に戻っているのかがさっぱりわからない。

 

△  プロミシングラン

大穴ではプロミシングランが一撃の可能性があるか。前走のジェベルハッタはレベルがさほど高くないレースだということは理解しているが、この馬は最後の直線で進路を失っての4着。スムーズなら1着馬と着順は逆だった可能性が高く、今回は1着馬のブレアハウスが大外枠でこちらが内枠を引いたとなれば一撃の可能性はある。

 

△  ランカスターボンバー

ムーア騎乗で人気になりそうなランカスターボンバーだが、このメンバーに入れば素直に香港マイル5着の実績は立派。じわじわ伸びるタイプなだけに距離延長が合いそうな感じもありますし、オブライエン厩舎なら抑えてはおきたい。

 

△  クロコスミア

同型のジャヌービとの兼ね合いにはなるがクロコスミアも一発の可能性はあるだろう。展開に恵まれての好走が多いのは理解しているが、その展開利で好走している日本の中距離GIが今や世界のトップクラス。ハイペースになりやすい条件はマイナスではあるが抑えには入れておきたい。

 

△  モナークスグレン

未知の魅力はあるモナークスグレンだがデットーリへの乗り替わりで日本では人気になりそう。何もデットーリがリアルスティールよりこちらに勝ち目があると思っているわけはなく、ただ単に専属契約上こちらに乗るというだけか。冷静に考えて長期休養明けでここは厳しい感じがしますが、昨年のエシェムもこんな感じの位置付けから好走したので抑えてはおきます。

 

消  ブレアハウス

前走は速い決着時計だったが高速馬場だったのが全てか。今回は大外枠を引きましたし、普通に厳しいでしょう。

 

 

印まとめ

◎ベンバトル
◯リアルスティール
▲ヴィブロス
☆ネオリアリズム
△ディアドラ
△プロミシングラン
△ランカスターボンバー
△クロコスミア
△モナークスグレン

勝負度D

 

推奨馬券

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

なお今週末はドバイミーティングがありますが、ドバイゴールデンシャヒーンとドバイターフはブログにて予想配信。ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップの2レースはメルマガ会員限定の配信という形にさせていただこうと思っております。どうぞお楽しみに。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

PR【今週は春の中長距離G㈵戦!大阪杯含む2重賞】

今週は重賞2レース「ダービー卿CT」「大阪杯」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数サイト”で2重賞をチェック!

この指数はとても便利!
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えるし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーになっています。

今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは各レースの過去4年のデータです。

大阪杯は2015年の1着以外、指数上位6頭で決まっています。

赤文字のコラボ@指数」「指数30以下」に注目しましょう。
大阪杯はデータチェックだけでもらったようなものですね。

指数順位だけでなく、指数値が重要なので、まず会員登録してデータチェックすることをおススメします。

 

その大阪杯の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃、無料で公開されるんですよ。登録してない方は今のうちに!

見れるものを見ない手はないじゃないですか。

春の中長距離G㈵戦!「大阪杯」はどうなるか!?
そして「ダービー卿CT」の2重賞を
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目して獲りにいきましょう。

⇒ 大阪杯の予想を見る

関連記事

【ドバイワールドカップ2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイワールドカップ2019(メイダン ダート2000m)の考察です。 3月31日にメイダン競

記事を読む

【2016】香港カップの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われる香港カップの予想です。 土曜競馬は平場はまずまずでしたが、チャ

記事を読む

凱旋門賞2017の予想を公開!

凱旋門賞2017(シャンティイ芝2400m)の予想です。 10月1日にシャンティイ競馬場で開催

記事を読む

メルボルンカップ2018の予想を公開!

メルボルンカップ2018(フレミントン芝3200m)の予想です。 11月6日にフレミントン競馬

記事を読む

【ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイゴールデンシャヒーン2018(メイダン ダート1200m)の考察です。 3月31日にドバ

記事を読む

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。 10月20日にコーフィ

記事を読む

【凱旋門賞2017の予想ヒント】想定2番人気サトノダイヤモンド考察

凱旋門賞2017(シャンティイ芝2400m)の考察です。 10月1日にシャンティイ競馬場で開催

記事を読む

クイーンエリザベスII世カップ2017の予想を公開!

クイーンエリザベスII世カップ2017(沙田芝2000m)の考察です。 4月30日に香港の沙田

記事を読む

【ジャックルマロワ賞2018の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

ジャックルマロワ賞2018(ドーヴィル芝1600m)の考察です。 8月12日にドーヴィル競馬場

記事を読む

ベルモントS2017の予想を公開!

ベルモントステークス2017(ベルモントパーク2400m)の予想です。 日本時間の6月11日の

記事を読む

オアシスステークス2019の予想を公開!

オアシスステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

福島牝馬ステークス2019の予想を公開!

福島牝馬ステークス2019(福島芝1800m)の予想です。 4月

爆走!THEフライデー〜GI連戦の合間のオアシスも関係なし!〜

最近はGIのある週末が続いていたので、金曜日はGIレースの枠順発表後見

天皇賞(春)の登録馬を見ての1週前見解

天皇賞2019(京都芝3200m)の1週前見解です。 4月28日

【マイラーズカップ2019の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

マイラーズカップ2019(京都芝1600m)の考察です。 4月2

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑