*

【2016】東京プリンセス賞の予想(モダンウーマンらの評価は?)

公開日: : 地方レース考察・予想

今日は4/21(木)に行われる東京プリンセス賞のレース予想を行います。大井1800mで行われるSI戦です。

 

2016年からは地方競馬の予想記事はメルマガ会員限定公開としておりますが、当初の告知通りにGI=Jpn1は総購入数が多いのでサイトにて全体公開とさせていただきます。

なかなか南関クラシックというものが、まだ中央競馬のファンの間でも浸透はしていないと思うので、これをきっかけに南関クラシックを楽しんで行って頂いたらなぁと思います。

というわけで、東京プリンセス賞の予想へ。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

東京プリンセス賞 考察

スクリーンショット 2016-04-18 22.03.42

過去4年で1番人気は全て馬券に絡んでいるものの、勝利したのはカイカヨソウのみ。やはりこのレースも中央のダービーとオークスと同じで、牝馬にとっては1800mって結構未知な距離ではあるので、1番人気馬が能力的には上位で好走はするけれども勝ちまでは行かないという傾向が強そうです。

基本的には4コーナーで5番手以内にいる馬たちの勝負になります。ここ2年は追い込みが2頭ほど決まっていますが、能力上位の差し馬だったので余程の穴追い込みは決まらないと見て良さそうです。

 

スクリーンショット 2016-04-18 22.05.44

距離不安がある馬が多いせいか、羽田盃よりはペースが落ちます。それでもこの距離では牝馬はどの馬も最後は厳しくなるので最後は時計がかかるレースに。ある程度前目につけていかに粘れるか、という耐久戦になりやすいレースとも言えるでしょう。

 

スクリーンショット 2016-04-20 14.42.51

恐らくここは桜花賞では出負けしてまともな競馬ができなかったスアデラが逃げの手を打つはず。それを徹底マークする形でモダンウーマンが2番手でしょう。羽田盃のタービランスとは違って、逃げ馬を目標に出来る形ですし、枠順も絶好なところですし、不安は少ないと思います。

その直後にモダンウーマンを徹底マークするだろうリンダリンダ、ラッキーバトル、ポッドガゼールが続く形か。正直ここの位置と後ろでは能力差が結構ある気がします。

スアデラが強気に逃げてそれをモダンウーマンが交わす形は東京2歳優駿牝馬と同じ。恐らくはあんな感じのレースになると思いますが、今回はモダンウーマン目標でどの陣営も競馬をしてくるはず。

東京2歳優駿牝馬の内容を見ても、モダンウーマンはスピードが勝ったサウスヴィグラス産駒ではなさそうなので、恐らくタイニーダンサーと同じで距離延長も大丈夫だとは思いますが、この血統なので200m伸びて最後に伸び脚がどうなるかは少し気になります。

 

東京プリンセス賞 予想

羽田盃は1番人気のタービランスを嫌うところから予想に入りましたが、このレースはモダンウーマンを嫌いすぎるのは良くなさそう。前走の桜花賞はイン抜けで着差は少差でしたが、東京2歳優駿牝馬を見ても追って追って良さそうなんで大井コースに替わるのは良さそうなんですよね。

ただ、今回は1800mという未知の距離はポイント。なんだかんだでサウスヴィグラス産駒です。いくら地方で能力抜けているとしても適性はまず短距離ダートのこの血統を断然人気で信頼しきるのは怖い。能力上位で馬券は外さないと思いますが、今回は別の馬から入りたい感じがします。

恐らく逆転の最有力候補は人気通りにリンダリンダになるはず。この馬はフレンチデピュティ産駒で距離延長は全く問題なさそう。ユングフラウ賞でモダンウーマンに突き放されたところから桜花賞で一気に着差を詰めてきたのも、距離延長がどちらかといえばリンダリンダに向いたという感じが見受けられました。今回はさらに200m距離が伸びますし、そうなれば逆転できても不思議ない感じはします。

ただ、リンダリンダを逆転の候補に指名したところで、どうせこの馬も断然の2番人気なんですよね。強いのはわかりきっていますが、ここを買っても正直面白味はなさそう。ここを買うとなるとリンダリンダに逆転する馬券を買わなければ元は取れなそうなので、そこまでリンダリンダを信頼しきれるかは微妙なところ。

1800mという牝馬には未知の距離、展開、枠順を考えて、羽田盃と同じく東京プリンセス賞も少し捻ったところから狙ってみたいと思います。

というわけで予想の発表。

 

 

 

本命はに期待します!

今回は前走の大敗で人気を落としそう。ですが、前走は浦和1600mの大外枠という「死に枠」で、もう物理的に好走は不可能というレースで度外視可能。2走前は展開が抜群に向いたとはいえリンダリンダを差し切っていますし、能力はここでも十分に通用するのは証明済み。

今年の南関牝馬クラシックは門別勢が強いのはわかりきっていますが、この馬とて門別勢ではありませんが、中央のダートで牡馬に揉まれてきた馬。そして何より強調したいのは中山ダート1800mで好成績を残してきたことです。

未勝利勝ちは中山ダート1800mを好位付けから押し切る楽勝でタイムランクはC。その後に500万の昇級戦にも挑みましたが、現在の3歳ダートの最強馬と言えるストロングバローズが勝ったレースで6着好走。その内容も秀逸なもので、牡馬混合戦で向こう正面からスパートの始まる厳しい競馬を、4コーナーで自分で捲って動いて行っての6着でした。最後は脚色が同じになりましたが、仕掛けどころ次第では十分に3着があった内容。成長分を加味しなくても、あれぐらい走れれば同距離の右回りコースの消耗戦になりやすいこのレースなら好走できるでしょう。

そして何より心強いのが乗っている騎手。個人的に今の中央、地方の全ての騎手を合わせてもこの騎手より上手い騎手なんてそういないと思います。特に能力が一つ落ちるくらいの馬を走らせるのが抜群に上手く、4コーナーまで全くコースロスなくインを回ってきて、直線で外に出して最後まで脚を使い切る競馬をしてくれます。カキツバタロイヤルでの一連の騎乗なんて芸術の域だと思いますし、ここは内枠を引いてモダンウーマンを見れる絶好位を取れそうな感じ。前走の敗戦で人気も落とすでしょうが、ここは頭まであっていいんじゃないかと見ています。

 

対抗は◯モダンウーマンで仕方ないでしょう。

サウスヴィグラス産駒ということで距離延長に不安はありますが、コーリンベリーのようにスピードの立ったサウスヴィグラス産駒ではなく、追って追って渋とく伸びるタイニーダンサーと同じようなタイプのサウスヴィグラス産駒。そのタイニーダンサーも北海道2歳優駿でタフな1800mを勝利していますし、恐らくこの馬も大丈夫だと思います。

と言える根拠は東京2歳優駿牝馬の内容。直線半ばでスアデラを地力で競り落としてからも伸び続けたあの走りを見れば、南関牝馬クラシック路線ではこの馬は別格。今回は距離延長で脆さを見せたとしても馬券外にはならないと見ています。

 

三番手は▲リンダリンダが強いでしょう。

モダンウーマンと同じく門別出身のこの馬ですが、戦績を見てもモダンウーマン以外にはほとんど負けていません。ユングフラウ賞では4コーナーでこちらの方が手応えがよかったのに完敗という結果。あれは1400mの距離適性でサウスヴィグラスの方が上だったということか。

前走の桜花賞では距離が伸びてその着差を一気に短縮。更に200m伸びればモダンウーマンを競り落とす可能性も無きにしもあらずといった感じ。この馬もモダンウーマン同様に馬券外になるイメージはあまり湧きません。

 

四番手に☆ラッキーバトルを置きました。

ユングフラウ賞では完敗の結果でしたが、恐らくあれは距離不足なだけ。京浜盃では明らかに早仕掛けの捲り競馬ながら牡馬相手に大健闘の結果。明らかに力をつけてきており、今なら牝馬クラシックの上位勢とも互角にやれていい可能性はあります。距離が延びることに関する不安が全くないので、その点も強み。

 

ワカチナは前走は物理的に無理な浦和1600mの大外枠で度外視可能。しかもスタートで出負けしており、あれでは走れるわけがない。2走前にはラッキーバトルを競り落としており、能力的にはここでも通用していいものはあるはず。一枚落ちるが抑え筆頭としたい。

 

スアデラは能力自体は上位だと思うが、今回も東京2歳優駿牝馬と同じくモダンウーマンに徹底マークされる競馬が濃厚。その競馬をされて残れるとはあんまり思えず、好位にも強い馬が控える展開になりそうで、差されて5着ぐらいが濃厚か。

 

オルキスリアンは正直全くの未知数。全レース見直したが、確かに強いとはいえこの相手ならねという内容。ロジータの孫で父がキングカメハメハという良血馬だが未知数すぎるので抑えで良いはず。

 

恐らく無理だとは思うが雪崩れ込みの複穴としてマテリアメディカは少し可能性があっても良さそう。抑えの抑え程度で。

 

印まとめ

(ブログランキング内で公開!)
◯モダンウーマン
▲リンダリンダ
☆ラッキーバトル
△1ワカチナ
△2スアデラ
△3オルキスリアン
△4マテリアメディカ

勝負度D

勝負度Cにしようかとも思いましたが、まぁ南関重賞なので私もレースは見たり復習はしていますが、そこまで専門家でもないので勝負度Dくらいにしておきます。

 

推奨馬券

<本線>

三連複 ◎◯→▲☆△1

馬連 ◎→▲☆△1

<抑え>

三連複 ◎◯→△2△3△4

<ボーナス>

三連単 ◎→◯→←▲☆

三連単 ▲→◎◯→◎◯

 

 

恐らくモダンウーマンは信頼できると思うので、本命馬とモダンウーマンの2頭軸の三連複本線でいいはず。もし万が一モダンウーマンが飛んだ場合は馬連を上位印3点でも本線で買っておきます。これならモダン3着なら両取りできますし。

△2以下は抑え程度にしておいて、ボーナスでモダンウーマンに本命馬が勝った場合の三連単ボーナスと、リンダリンダが勝って本命馬とモダンが2、3着の三連単だけは買ってみたいです。

中央のクラシックと同様に南関のクラシックも楽しんでいきましょう!

 

関連記事

北海道2歳優駿2017の予想を公開!

北海道2歳優駿2017(門別1800m)の予想です。 10月31日に門別競馬場で開催され発走時

記事を読む

北海道2歳優駿2018の予想を公開!

北海道2歳優駿2018 (門別ダート1800m)の予想です。 11月1日に門別競馬場で開催され

記事を読む

黒船賞2019の予想を公開!

黒船賞2019(高知ダート1400m)の予想です。 3月21日に高知競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

東京スプリント2018の予想を公開!

東京スプリント2018 (大井ダート1200m)の予想です。 4月18日に大井競馬場で開催され

記事を読む

浦和記念2017の予想を公開!

浦和記念2017(浦和2000m)の予想です。 11月23日に浦和競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

東京記念の予想を公開!

なんだか最近、中央競馬だけじゃなくて地方競馬もやたら調子良いなぁ、、、と思って、改めて最近の結果を見

記事を読む

平和賞2018の予想を公開!

平和賞2018 (船橋ダート1600m)の予想です。 11月7日に船橋競馬場で開催され発走時刻

記事を読む

エーデルワイス賞2017の予想を公開!

エーデルワイス賞2017(門別1200m)の予想です。 10月12日に門別競馬場で開催され発走

記事を読む

東京ダービー2017の予想を公開!

東京ダービー2017(大井2000m)の予想です。 6月7日に大井競馬場で開催され発走時刻は2

記事を読む

名古屋グランプリの予想!

今年の有馬記念・・ 何だか荒れる予感が・・ しませんか? そう思って今年の

記事を読む

TCK女王盃2020の予想を公開!

TCK女王盃2020(大井ダート1800m)の予想です。 1月2

【AJCC2020の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

AJCC2020(中山芝2200m)の考察です。 1月26日に中

1月3週のレース回顧〜タフすぎる3場開催は非常に難解でした〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

日経新春杯2020の予想を公開!

日経新春杯2020(京都芝2400m)の予想です。 1月19日に

京成杯2020の予想を公開!

京成杯2020(中山芝2000m)の予想です。 1月19日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑