*

【2016】阪神大賞典 / 有力馬考察(シュヴァルグラン、トーホウジャッカルなどの徹底分析)

公開日: : 最終更新日:2016/03/17 重賞レース考察・予想

今日は3/20(日)に行われる阪神大賞典のレース考察を行います。阪神芝3000mで行われるGII戦です。その前に余談を少し。

bn_03_640x113

 

今週末は4重賞ということで、早めに回顧やら分析をしなければ間に合わない!と思いまして、月曜日から気合い入れてだーーっと色々終わらせたところ、結構早めに片付いてしまったので、水曜と木曜は結構自由に時間を使えております。

時間を自由に使えるとなると、普段はできない読書やら映画鑑賞をしたいところ。もう少しするとドラマの新クールも始まるので、そうなると最初の1話を全部見なければいけないのでまた忙しくなります。読書やら映画鑑賞ができるのは今の時期くらいなんですよね。

先日「ユージュアルサスペクツ」の話をブログに書いたら予想以上に反響が大きかったので、皆様映画が好きなんだなぁというのと私が見ていた世代の作品を見ている人が多いんだなぁと思いました。

俳優でいうと一番好きなのはクリスチャン・ベールで、次点がケビン・スペイシーなんですが、同じケビンでも、ケビン・コスナーが大好きだったんですよね。特に好きだったのがパーフェクトワールド。ああいうきちんと演技できるイケメンって好きなんです。アンタッチャブルもいい映画でしたね。

本当にここ最近映画が観れていないので、来週ぐらいからはなんとか時間を見つけて1週間に1回くらいは映画館に足を運べるようにしたいところ(そもそも住んでいるところが田舎すぎるので厳しいのですが、、、)

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

【2016】阪神大賞典 予想考察

阪神大賞典 有力馬考察

シュヴァルグラン

 

名前がカッコイイのとヴィルシーナの半弟という血統から基本的に過剰人気タイプの馬。ただ2歳時からクラシック級と評価していましたし、能力はある馬だとは思います。

優等生タイプで好位からしっかりと脚を伸ばしてくるタイプで不発が少ないタイプ。変な癖もないので長距離も問題ないと思います。もともとグレイソヴリンが良く走るレースですし、今回は特に強い相手もいない。それならここは十分に勝負になっていいでしょう。

ただ、不発が少ないタイプであると同時に重賞ではワンパンチ足りなそうなイメージのある馬。京都大賞典でもレーヴミストラルにキレ負けしましたし、1番人気のハーツクライ産駒はとにかく取りこぼすイメージがあります。優等生で伸びてくるも何かにやられて2、3着というイメージでいいんじゃないでしょうか。

 

トーホウジャッカル

菊花賞をレコードで制したように間違いなく強い馬。2着のサウンズオブアースはその後に有馬記念2着。3着のゴールドアクターは有馬記念1着ですから相手も弱くありませんでした。

ですが、その時は強かったとしてもその後強いかとは別問題。社台の後押しもなく、厩舎力もない状態では名馬もその能力を伸ばせませんでした。もともとデビュー時に調整が遅れたのも今となっては疑問視できる感じですし、とにかく状態面や能力は疑ったほうが良さそう。

今になって酒井学というロマンを捨てて、デムーロを乗せてくるとはどういうことか。スペシャルウィーク産駒の後継種牡馬として社台が狙いをつけているので活躍させたいとかそういうことなのかわかりませんが、それでも今回信頼するには値しない馬でしょう。どうせデムーロおじさんのおかげで人気するでしょうし。。。

 

タンタアレグリア

どうも毎回好走するけれども何かパンチに欠ける印象の馬で、マイネルフロストのような馬のイメージ。前走は道悪は向かなかったはずで、今回はどのような馬場になるかはポイント。ただ前走ほど悪い馬場にはならないんじゃないだろうか。

ワンパンチ欠けるのは実情だが、今回出走するどの馬もワンパンチ欠ける感じで、そうなれば長距離レースのうまい蛯名騎手が乗るというのは相当プラスに働きそう。乗り方一つで一番上の着順になってもいいと思っています。

 

アドマイヤデウス

前走は不得手な道悪競馬でも渋とく伸びての3着。能力はあることはわかりきっている馬なので、ここでも能力は最上位レベルだろう。陣営が昨年圧勝した日経賞ではなく阪神大賞典を使ってきた意味がよくわからないが、それも天皇賞制覇を考えてのものだろうか。

天皇賞惨敗で距離適性を疑問視される方もいるかもしれないが、きちんと映像を見直せば敗因は明確で、外枠で壁を作れずに折り合いがつかなかったことが全て。日経賞のレコード勝ちの内容を見てもスタミナは全く問題なく、阪神芝3000mはベストコースに近いだろう。ここは好勝負必至。あとは不調の岩田騎手がどう乗るかだけだ。

 

カレンミロティック

天皇賞とジャパンカップは全く向かない条件で大敗も仕方なし。京都大賞典では向かないギアチェンジ戦を3着に粘っており能力はこの中ではトップクラス。

昨年のこのレースは直線で前が完全に詰まって度外視できる内容。天皇賞(春)は近年でも稀に見るスタミナを要求されるレースになった感じで、そこで3着好走は素直にスタミナがある証拠だろう。

ゴールドシップがいなくなった今年は特に強そうなメンバーもいなそうで、楽に先行できそうなメンバー構成でもある。ここは好勝負必至ではないだろうか。

 

 

スプリングSは勝負度Aで大勝負予定ですが、ここも馬キャラがある程度しっかりとわかっているので買い方次第では非常に面白いレースになりそう。今のところ勝負度Bくらいで勝負する予定でおります。

その中でも一番勝利する可能性が高い馬はこの馬かなと思っております。

その馬の名はブログランキング(2)で公開中

 

ゴールドシップが引退したいま、この馬以上のステイヤーを探すのは難しいんじゃないでしょうか(たぶんフェイムゲームくらいだと思います)

このレースの特注血統であるグレイソヴリンも持っていますし、メンバーを見ても展開にも恵まれそう。まず先手を奪えればこのメンバーなら勝ち負けに持ち込めると見ています。

 

関連記事

共同通信杯2021の予想を公開!

共同通信杯2021(東京芝1800m)の予想です。 2月14日に東京競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

毎日王冠 [1] 天皇賞から逆算してこのレースの意味合いを考える

さて、今週はGIこそないですが、3日間開催で重賞が3つあるというかなり忙しい週末になりそう。しかも明

記事を読む

【2016】新潟記念 / 有力馬考察(アルバートドック、ダコールなどの徹底分析)

今日は9/4(日)に行われる新潟記念のレース考察を行います。新潟芝2000mで行われるGIII戦です

記事を読む

北九州記念 [2] 上位人気馬の総評

ちょっと最近忙しくて本読んだりする時間が取れなかったんですが、今週は比較的ヒマなのでレースの復習など

記事を読む

【弥生賞2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

弥生賞2018(中山芝2000m)の考察です。 3月4日に中山競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

【2016】紫苑Sの予想を公開!

今日は9/10(土)に行われる紫苑ステークスの予想です。今年からGIIIに格上げされてメンバーも揃っ

記事を読む

アンタレスステークス2019の予想を公開!

アンタレスステークス2019(阪神ダート1800m)の予想です。 4月14日に阪神競馬場で開催

記事を読む

阪神大賞典 [3] ラブリーデイは展開利を受けるのか?

サッカー界で大きなニュースが2つありましたね。 と言ってもハリルジャパンのメンバー選考ではなく

記事を読む

鳴尾記念 [2] ジャスタウェイを探せ!

皆さんは全仏オープンはご覧になられているでしょうか? 世間的には錦織圭がツォンガに負けた時点で

記事を読む

きさらぎ賞2017の予想を公開!

きさらぎ賞2017(京都芝1800m)の予想です。 2月5日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

皐月賞2021の予想を公開!

皐月賞2021(中山芝2000m)の予想です。 4月18日に中山

アンタレスステークス2021の予想を公開!

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の予想です。

アーリントンカップ2021の予想を公開!

アーリントンンカップ2021(阪神芝1600m)の予想です。 4

【アンタレスステークス2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アンタレスステークス2021(阪神ダート1800m)の考察です。

【皐月賞2021の予想ヒント】枠順から見るレース見解

皐月賞2021(中山芝2000m)の考察です。 4月18日に中山

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑