*

プリンスオブウェールズステークス2022の予想を公開!

公開日: : 海外レース考察・予想

プリンスオブウェールズステークス2022(アスコット芝1990m)の予想です。

6月15日にアスコット競馬場で開催され発走時刻は日本時間23:40です。出走馬はシャフリヤール、ベイブリッジ、ロードノース、ステートオブレストなど。アスコット競馬場の芝1990mで行われるGIです。

 

[PR] ユニコーンS無料予想

ダート重賞もお任せです!

先日は平安Sを的中しました(^_-)

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想:平安S

三連複BOX(10点500円)

馬番:2,3,4,5,12

着順:4-3-5/33.5倍

【払戻】16,750円

ケイアイパープル7番人気入れてました!

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想の戦績

・鳴尾記念→12,350円/247%

・天皇賞春→7,900円/158%

・青葉賞 →27,450円/549%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

昨年は7人気スマッシャーが一着…

今年も波乱展開はあるでしょうか?

人気馬3頭・穴馬2頭で三連複BOXを組む

ここの無料予想に注目してみましょう!

→ユニコーンS・無料予想

さらに高配当を狙うなら『Gショック』という重賞プラン情報もおすすめです(^_-)

 

プリンスオブウェールズステークス 2022予想

プリンスオブウェールズステークスはどんなレースになりやすいのか?

欧州2000m路線の上半期を代表するビッグレースにして、ロイヤルアスコット開催2日目のメインレース。過去に名馬を何頭も輩出しているレースで、近年で言えば2019年なんて雨中の中で行われましたがクリスタルオーシャンとマジカルの壮絶な追い比べは見応え十分でした。

昨年は非常に小粒なメンバーになってしまって落ち目のラヴが相対的に勝利。今年も当初はアダイヤー、ミシュリフと世界最強クラスのメンバーが揃いそうでしたが、最終的には5頭立てで日本のダービー馬シャフリヤールが実績的には最上位に近いようなメンバー構成に。逆に言えばシャフリヤールには日本馬初のロイヤルアスコット開催での勝利の可能性は高まったと言えるでしょう。

 

アスコット競馬場は「とにかくタフ」なイギリスのチャンピオンコースで、凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場の2倍の高低差があるコース設定になっています。もう日本の競馬場では中山競馬場でも比較にならないほどで、過去にこのロイヤルアスコット開催に挑戦した日本馬はどれも成すすべなく大敗しています。やはりタフなヨーロッパ競馬への適性が高い馬でないと好走は厳しいと言えるでしょう。

 

一応、過去5年の血統傾向も載せておきます。そりゃヨーロッパ競馬の主流血統であるガリレオ=サドラーズウェルズの活躍が顕著なのは当然という感じ。それ以外にも主流であるダンジグを持つ馬だったり、ミルリーフを持つ馬の好走が目立っています。

ただ、今年は珍しい事に父にも母父にもガリレオやサドラーズウェルズを持っている馬が皆無。コテコテの欧州スタミナ血統を持っている馬はいないですが、そんな馬たちの中でも相対的にタフなレースへの適性が高い馬はどれかをセレクトする必要はあるでしょう。

 

今年はどんなレースになりそうか?

どうもここ最近の英国はお天気にも恵まれて絶好の馬場コンディションで開催されそうとの事。ただでさえ舞台がタフなわけですからシャフリヤールにとっては良馬場でできそうなのは間違いなくプラスじゃないでしょうか。

5頭立てでどう考えても超スローペースは確実ですが、どれが逃げるのかを予想するのも難しい印象。潜在的にスピードを秘めているステートオブレストが行く可能性もありますが、どうも前走のドバイシーマクラシックのレースぶりを見てもシャフリヤールが押し出されてハナに立ちそうな感じもしています。

 

考察まとめ

【レース質】アスコットを舞台にした超タフな瞬発戦。 <□□□■>

【狙えるタイプ】欧州競馬への適性が高い馬。

 

 

プリンスオブウェールズステークス  2022の印

本命以下の予想全文、印及び買い目はメルマガにて!

2022年の海外競馬の予想は基本的にメルマガ限定での配信となります。もしご興味ある方はメルマガにてパスワードを配布しておりますので、この機会にメルマガにご登録してみてください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2022年も6月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【クイーンエリザベスII世カップ2017の予想ヒント】過去データや血統などを分析考察します

クイーンエリザベスII世カップ2017(沙田芝2000m)の考察です。 4月30日に香港の沙田

記事を読む

クイーンエリザベスII世カップ2017の予想を公開!

クイーンエリザベスII世カップ2017(沙田芝2000m)の考察です。 4月30日に香港の沙田

記事を読む

BCターフ2021の予想を公開!

BCターフ2021(デルマー芝2400m)の予想です。 11月7日にデルマー競馬場で開催され発

記事を読む

香港カップ2019の予想を公開!

香港カップ2019(シャティン芝2000m)の予想です。 12月8日にシャティン競馬場で開催さ

記事を読む

【凱旋門賞2020の予想ヒント】過去データや血統、想定オッズなどを分析考察します

凱旋門賞2020(ロンシャン芝2400m)の考察です。 10月4日にロンシャン競馬場で開催され

記事を読む

ドバイターフ2018の予想を公開!

ドバイターフ2018(メイダン 芝1800m)の予想です。 3月31日にドバイのメイダン競馬場

記事を読む

クイーンエリザベスII世カップ2019の予想を公開!

クイーンエリザベスII世カップ2019(シャティン芝2000m)の予想です。 4月28日にシャ

記事を読む

【ドバイゴールドシャヒーン2019の予想ヒント】過去データや血統、前哨戦などを分析考察します

ドバイゴールデンシャヒーン2019(メイダン ダート1200m)の考察です。 3月30日にメイ

記事を読む

ベルモントS2017の予想を公開!

ベルモントステークス2017(ベルモントパーク2400m)の予想です。 日本時間の6月11日の

記事を読む

ドバイターフ2019の予想を公開!

ドバイターフ2019(メイダン芝1800m)の予想です。 3月31日にメイダン競馬場で開催され

記事を読む

ラジオNIKKEI賞2022の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2022(福島芝1800m)の予想です。 7

TUF賞2022の予想を公開!

TUF賞2022(福島芝1200m)の予想です。 7月2日に福島

芝ダート共に上半期のグランプリは晩成タイプが成長を見せて頂点に!〜今こそ見つめ直したい競馬の基本〜

先週行われた宝塚記念は2番人気のタイトルホルダーが勝利。1番人気のエフ

【CBC賞2022の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

CBC賞2022(小倉芝1200m)の考察です。 7月3日に小倉

帝王賞2022の予想を公開!

帝王賞2022(大井ダート2000m)の予想です。 6月29日に

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑