*

【2016】シンザン記念 / レース考察(京都芝1600mで行われるGIII戦を徹底考察します)

公開日: : 重賞レース考察・予想

今日は1/10(日)に行われるシンザン記念のレース考察を行います。京都芝1600mで行われる3歳限定のGIII戦です。その前に余談を少し。

 

CX8lv95UEAAhntj

昨日はブロガーさんたちと中山金杯を見に行ったので、その帰りに西船橋で宴会。本当に帰りどうやって帰ったのかも覚えていないくらい泥酔しまして、今日も朝起きてまだ酔っ払っているというような状態でした。

宴会の後半では、隣の座席に座った今日初めて競馬を見に来たというカップルとワイワイ騒いだりしていたみたいですが、あんまり記憶がありません。。。残アルコール感が半端ないので、ちょっと今日は1日1食の掟を破って今からラーメンを食べに行こうと思います。

 

そう昨日泥酔して帰宅したせいで、騎手キャラデータリストを5日まで限定公開のを削除するのを忘れておりました(汗)

 

(1)騎手キャラデータリスト

リプライサミット時に配布させていただき、ご好評をいただいた「騎手キャラデータリスト」を1/2にメルマガ読者の方全員に配布させていただきます。
こちらは今回で配布は終了させていただくので是非この機会に読んでみてください。

こちらは1/2〜1/5までの限定公開!

これを過ぎると入手できませんので、お早めの登録をお願いいたします。

 

急に消すのもあれなので、

今日1/6(水)中まではお年玉特典配布とします!

メルマガをご購読頂き、1/2の新年のご挨拶号の中に騎手キャラデータのダウンロード先とパスワードが記載してありますので、そちらから入手ください。

今が一番お得な期間ですので、メルマガ入会してみてください!

当メルマガでは「すぐに競馬力が身につく!」といったようなス◯ードラーニング的な内容はありません。ですが、確実に一歩ずつでもレベルアップできる内容のもとにほぼ毎日配信しております。競馬予想のスタンスでお迷いの方には真の競馬予想をお教えできるかと思います。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」への登録はコチラから

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

過去5年のレース傾向

スクリーンショット 2016-01-06 10.47.40

内枠、先行絶対有利の1回京都開催らしく、昨年を除けば内枠天国といった感じのレース傾向。その昨年はレースレベル、特に内枠の馬のレベルが極端に低く、有力馬が全て外枠に固まった感じでした。あれでは外枠の馬が来るのも仕方がないか。

2014年以前の外枠からの好走馬を見ても、ミッキーアイルは逃げた馬ですし、ヘミングウェイは池添騎手が完璧にインを突いた好騎乗でした。今年は頭数がどれくらいになるかわかりませんが、基本的に内枠重視の考えでいいでしょう。

好走脚質は基本的には先行タイプ。京都金杯でテイエムタイホーが粘ったように、前へ行けて渋とく粘れるタイプがいいと思います。ただ逃げ馬の期待値はそこまで高くなく、馬券に絡んだのはミッキーアイルとエーシントップの2頭のみ。そのどちらも1番人気に支持されていた馬ですから、あんまり伏兵の逃げ切りというのは期待できないレースかもしれません。

ミッキーアイルはその後NHKマイルカップを制しましたし、ジェンティルドンナはご存知3冠牝馬に、ウインフルブルームも皐月賞3着と好走し、オルフェーヴルは3冠、マルセリーナも桜花賞馬と、このレースを好走した馬がクラシック路線で活躍する傾向にあります。

ということは素質ある馬はそのまま能力が発揮しやすいレースとも言えるので、あなたがクラシックで期待している馬をそのまま買っても面白いレースではないでしょうか。

 

血統傾向

スクリーンショット 2016-01-06 10.47.45

とにかく父サンデーサイレンス系の独壇場といったようなレース。父も母父もサンデー系が入っていない馬で好走したのはエーシントップだけですし、そのエーシントップが逃げ馬だったことを考えても、差すエネルギーを使う馬はサンデー系の血がないと厳しいでしょう。

今年のメンバーだとドゥーカやノーブルマーズは狙いたい穴馬なんですが、どちらもサンデーサイレンスは保持しておらず、その辺をどう考えるかがネックです。

2012年〜2014年まではダンジグを持っていた馬が3連勝。先行タイプの馬が多いこともあり、スピードを最後まで持続させるためにこの血統が役に立ったのかも。今年も持っている馬がいたら注目。

ノーザンテーストを持っている馬も過去5年で毎年馬券に絡んでいます。底力ある血統だけにこの辺も注目してみるといいでしょう。

 

レースラップ傾向

スクリーンショット 2016-01-06 10.47.49

2、3歳戦の京都マイル戦ですから、もっとスローでの加速ラップになって良さそうですが、意外にこのレースはペースは流れます。ただ全体のペースが流れているというよりは、大逃げ馬が出やすいレースでその馬が飛ばすラップになることが多いという印象。

ミッキーアイルとエーシントップが勝ったレースは逃げ切り勝ちですから、最後の1ハロンでガクッと時計がかかりながらも凌ぎ切った内容。他の年では最後の1ハロン計測地点くらいで差し馬が大逃げ馬を交わしているので、あんまり最後のラップもかからなくなっているケースが多い感じです。

恐らくある程度レースラップが流れるおかげで、このレースから出世する馬が結構出てくるのかも。フロックでは差してこれないレースと言えそうです。フロックがあるとすればマイネルアトラクトやプレミアムブルーのように逃げ馬の後ろでゆったりと追走して1回京都開催の馬場を利用してなだれ込むようなタイプか。

 

レース傾向まとめ

今日のところはこの辺りにしておきます。

今回の出走予定メンバーはこんな感じ。

 

スクリーンショット 2016-01-06 11.08.43

1番人気は素質を買われてラルクあたりになるでしょうか。その次にアストラエンブレム、ピースマインド、ジュエラーあたりが差がなく続き、中穴帯にショウナンアヴィド、レオナルド、レインボーラインあたりが続くと見ています。

 

今日の考察を見た感じでの注目馬はコチラ。

その馬の名はブログランキングで公開中

恐らく今回は3、4番人気で買えると見ていますが、新馬戦の強さはこの世代でも屈指のものがありました。上位人気馬であんまり決め手に秀でた馬が見当たらないので、相対的に決め手ではこの馬がナンバーワンか。

この血統は初戦が走らず2戦目に一変する傾向があり、その初戦でほぼ追わずにあの圧勝劇ならここでも勝ち負けになるんじゃないでしょうか。血統面で人気が嫌われることを祈りたいです。

 

関連記事

京都牝馬ステークスの予想を公開!

絶賛引越し中で競馬はあまり見れていませんが、狙い目のレースはグリーンチャンネルwebでなんとか見てい

記事を読む

どう考えても上位人気馬が危ないキーンランドCの有力馬総括

さて、今日はまず先週の競馬を見ていて非常に印象に残ったことを書いておきます。 ↓↓のバナーのク

記事を読む

小倉記念 [3] 枠順確定!明暗を探る

今日は横浜スタジアムにてDeNA×阪神を観戦してきます。 と、金曜日なのに余裕でいられるのも、

記事を読む

武蔵野S [1] 次の大舞台で走らなそうな馬に期待

音楽の話になってしまいますが、今年のベストアルバムというのを決めなければいけない企画がございまして、

記事を読む

京都牝馬S [1] ディープ×福永騎手のジレンマ

昨日の京都最終レース。断然人気は福永騎手騎乗のフミノファルコン。その単勝オッズは1.7倍。戦績的に見

記事を読む

京王杯SC [3] 平場戦より差しが決まる

ベイスターズは昨日も中日相手に逆転勝ち。中日は今季表ローテと裏ローテの落差が激しいので、裏ローテなら

記事を読む

シルクロードS2017の予想を公開!

シルクロードS2017(京都芝1200m)の予想です。 1月29日に京都競馬場で開催され発走時

記事を読む

【2016】京都記念 / 有力馬考察(レーヴミストラル、ヤマカツエースなどの徹底分析)

今日は2/14(日)に行われる京都記念のレース考察を行います。京都芝2200mで行われるGIII戦で

記事を読む

エプソムカップ2018の予想を公開!

エプソムカップ2018(東京芝1800m)の予想です。 6月10日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

富士S [1] 東京の外差し馬場と先週のハイペースの影響

最近新しくやりたいこと、というより2016年に挑戦したいこととして「登山」と「釣り」をやってみたいな

記事を読む

宝塚記念含む週末競馬の総括と頑張れ日本代表!セネガル戦

さて、今週も土日の中央競馬が終了いたしました。お疲れ様でした。

パラダイスステークス2018の予想を公開!

パラダイスステークス2018(東京芝1400m)の予想です。 6

宝塚記念2018の予想を公開!

宝塚記念2018(阪神芝2200m)の予想です。 6月24日に阪

大沼ステークス2018の予想を公開!

大沼ステークス2018(函館ダート1700m)の予想です。 6月

今週末の新馬戦注目馬とワールドカップについて少し

今週末に行われる2018-2019年シーズンの新馬戦の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑