*

【根岸S2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

公開日: : 雑記

根岸ステークス2018(東京ダート1400m)の考察です。

1月28日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:45です。出走馬はカフジテイク、キングズガード、サンライズノヴァ、ベストウォーリア、アキトクレッセントなど。東京競馬場のダート1400mで行われるGIII戦です。今回の記事では過去データやローテーション、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

個人的にも親しくさせて頂いているIKUさんのブログがリニューアルとなったそうでURLが変わりました。是非ともブックマークの変更をしてあげてください(雪で自宅に帰れなくなったらしいのでその慈悲も込めて是非とも!)

なんだか結構リニューアルされる方が多くて、うちのブログも2年ぐらいこのフォーマットのままなので、そろそろサイトデザインとかを一新したいなぁなんて思っています。

本来ならば年末年始にそういう事をやりたかったんですが、この間の年末年始はホープフルSなんかの影響もあって全く隙間時間ができなかったので見送り。どこかで時間を見つけてリニューアルやりたいですね。

 

PR【馬券になるのは不人気馬。根岸S、シルクロードSを当てる技】

1/20土曜日の全36レース対象、的中実績値です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
単勝88.9% 複勝100% 馬連69.4%
ワイド80.6% 馬単69.4% 三連複50%
三連単50%
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
このデータを使います。それではさっそく、

 

■根岸S、シルクロードSの過去結果

指数1位〜3位までの好走度が高い。

 

■根岸S細分化データ

4年連続3連単的中させる共通点が見つかりました。高配当を狙えるレース。

3年連続指数1位が単勝的中。指数1〜3位が5着までほぼ入ってきます。

毎年馬券になる馬の力が均衡するので予想が一見難しいレースではあります。しかし、
【ポイント】チェックすべき項目は、指数順位ではなく指数値32以下の馬。

4年間5着までの馬、すべて指数値32以下で決着。

万馬券だろうと15万馬券だろうと、すべて指数値32以下で決着している。
この指数は「数字が小さい方が走る馬」を示しています。

よくある他の指数は「数字が大きい方が走る馬」と示しているので間違えないようにしてください。

根岸Sの指数は日曜日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開決定。
→ 無料会員登録ページ

 

■シルクロードS細分化データ

毎年荒れてます。

順当に指数上位1位〜4位の馬が走っているように見えるが、傾向をつかむとなると難しい。というのは、2015年以外指数1位〜4位までの馬が5着以内に2頭ずつしか走っていないのだ。

つまり、根岸Sと比べてもわかるが、不人気馬の好走率が高すぎる。
ちなみにこのデータでは、馬券内になった穴馬

2017年3着指数4位→7人気単オッズ18.6倍
2015年3着指数4位→12人気単オッズ36.7倍

※同年1着、指数値が一緒だった指数4位馬は2人気単オッズ4.4倍

【ポイント】チェックすべき項目は、指数1位〜4位の馬。

今年も2015年のように指数1位〜4位の馬で馬券を組み立てて8万馬券的中。みたいなことが起こればいいが果たしてそうなるか。ワイドで攻めるべきか。悩むところです。
荒れるシルクロードSの対応策にぜひ使ってみてください。
→ 無料会員登録ページ

指数1位〜6位までで馬券を組み立て3連単15万馬券を的中させたレース

 

根岸ステークス 2018 考察

過去5年のレース傾向

過去5年のレース結果を見ても、ほぼ毎年のように4コーナー10番手以下の馬の活躍が目立っており、JRAの重賞の中でも屈指に差し、追い込みが決まるレースと言っていい。

その理由はこの時期のダート短距離路線に目指す目標がないことから、少々距離が長くてもフェブラリーステークスを目指す馬が多く、そのステップレースとしてちょうど良いこのレースに本来は1200mが主戦場の馬が多く出走してくるからだろう。

そんな背景の上に東京競馬場の長い直線が重なって差しがズバズバと決まるレースになっているんだと思います。

 

そんなレース傾向から、恐らく「差し追い込み有利」という文字が新聞やブログ等に躍ると思いますが、今年に関していえばどうなのか。

ぱっと見で逃げ先行馬がほとんどおらず、人気馬もカフジテイク、キングズガード、サンライズノヴァなど差しタイプばかり。モンドクラッセは前走で控える競馬から最速上がりの末脚を繰り出したので、そのスタイルを継続する気がしますし、有力馬で先行しそうなニシケンモノノフは59kgを背負わされるせいでシルクロードSとの両睨み。

こうして考えて行くと今年はペースが速くなるとは思えず、ダート競馬のセオリー通りに前々を狙う方が懸命な気がしています。こちらは考察2回目の展開のところで詳しく見て行きましょう。

 

 

ローテーション分析

前半ペースが速くなりやすく、最後の直線も長く末脚が活きるレースということで、このレースはとにかく距離短縮ローテが有利な舞台。過去4年の勝ち馬は全て短縮ローテになっていますし、短縮による体力補完を得られた馬が最後にビュンと伸びて差してくるレースと言えるか。

【2017年】
1着:カフジテイク 短縮→前走チャンピオンズカップ(1800m)
2着:ベストウォーリア 同距離→前走JBCスプリント(1400m)
3着:エイシンバッケン 同距離→前走ファイナルS(1400m)

【2016年】
1着:モーニン  短縮→前走武蔵野S(1600m)
2着:タールタン 同距離→前走ファイナルS(1400m)
3着:グレープブランデー 短縮→前走チャンピオンズカップ(1800m)

【2015年】
1着:エアハリファ 短縮→前走武蔵野S(1600m)
2着:ワイドバッハ 短縮→前走チャンピオンズカップ(1800m)
3着:アドマイヤロイヤル 短縮→前走武蔵野S(1600m)

【2014年】
1着:ゴールスキー 短縮→前走武蔵野S(1600m)
2着:ノーザンリバー 延長→前走カペラS(1200m)
3着:シルクフォーチュン 延長→前走カペラS(1200m)

【2013年】
1着:メイショウマシュウ 同距離→前走ギャラクシーS(1400m)
2着:ガンジス  同距離→前走ギャラクシーS(1400m)
3着:セイクリムズン 同距離→兵庫ゴールドトロフィー(1400m)

 

ざっと過去5年の短縮延長ローテをまとめてみましたが、やはり距離短縮ローテーションがこのレースでは相性抜群。特にチャンピオンズカップor武蔵野ステークスの左回りコース戦で距離が長かった馬が同じ左回りで距離の短いここに変わってズドンと短縮が決まるケースが目立ちます。

短縮ローテで好走している馬を見ると、カフジテイク、エアはリファ、ワイドバッハ、アドマイヤロイヤル、ゴールスキーとそのほとんどが差し追い込みタイプ。前走は1800m戦では前が止まらずに差しきれ図。今回は短縮ハイペースで前が止まる上に直線の長い東京コースと言う事で、少し道中置かれ気味になっても最後は短縮における体力補完でズバッと差して来れるというパターンばかりな気がします。

ただ、距離を短縮するということはその分、前半ペース負担も大きくなりますし、位置取りも悪化します。これが例年のような「前が止まる」根岸ステークスならばいいと思いますが、今年はどう考えても先行馬が少ないメンバー構成。距離延長ローテは狙いにくいですが、これならば同距離ローテで前半ペース負担も苦に感じない先行タイプを狙うのがベストだと感じています。

 

血統傾向

ミスプロやエーピーインディ系などの米国のダート血統も走っていますし、一方ではネオユニヴァース産駒などのサンデーサイレンス系の好走も目立つレース。あんまり血統的な傾向はなさそうなので、今回は気にせずに行きます。

 

考察まとめ

というわけで枠順発表前の根岸ステークスの想定オッズはこちら。

 

枠順発表前の想定オッズ(当サイト予測)

人気 馬名 オッズ
1 カフジテイク 4.2
2 キングズガード 4.7
3 サンライズノヴァ 5.1
4 アキトクレッセント 7.6
5 ベストウォーリア 9.0
6 ノンコノユメ 9.4
7 ブルドッグボス 11.2
8 ブラゾンドゥリス 17.6
9 ラブバレット 27.0
10 ノボバカラ 28.8
11 サイタスリーレッド 32.1
12 モンドクラッセ 38.5
13 マッチレスヒーロー 47.5
14 イーデンホール 82.0
15 ヒカリブランデー 145.0

 

※ニシケンモノノフはシルクロードS出走濃厚なので載せませんでした。

 

チャンピオンズカップで最後に脚を見せてからの短縮ローテになるカフジテイクとキングズガードは例年の傾向から言っても人気確実。そこにサンライズノヴァも加わっての3強人気になるか。

アキトクレッセントもここに来ての充実度から4番人気ぐらいに推されるのは確実でしょう。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


中央競馬ランキングの説明文欄で馬名公開中

<推奨根拠>

どう見ても先行勢が手薄な一戦。昨年は前がやりあってカフジテイクの豪快な追い込みが決まりましたが、果たして今年はそこまで差し向きの流れになるだろうか。

その昨年で残り1ハロン棒あたりまでは見所十分の競馬をしていたこの馬が面白そう。今回のメンバーの中ではスピード上位で逃げor二番手の競馬ができそうで、中央ダートへの適応力が疑問視されそうですが、ダート1200mを1:08:8で走れるような馬なら何も問題がないはず。

地方交流に多いコーナー4回の1400mよりも、地元コースと同じワンターンの1200m〜1400mが適性ベストなはずで、ここは人気も全くなさそうですが大駆けあっていいと見ています。積極的に乗りそうな鞍上もプラス。

 

年始購読が圧倒的にお得なメルマガお年玉特典のご案内

さて、2018年もメルマガではお年玉特典を実施します!!

皆様のご愛顧のおかげで競馬メルマガランキングの中でも1位を取れるほどのメルマガになりました。それもこれも継続購読率が圧倒的な事が理由です。

 

購読者数ランキングもPC版が2位、メルマガ版が3位という結果に。その2つを合計すれば恐らく1位になるでしょう。これだけ多くの皆様にお読み頂いているという事は本当に幸せな事ですし、長年やってきて良かったなぁと本当に思います。

 

そんな徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」ですが、、、

毎年恒例のお年玉企画を実施します!!

2018年の新しい競馬ライフの始まりにこのメルマガを読み始めければ素晴らしくお得になるような特典を色々と用意しました。

 

2017年JRA全場分の全レース分析Excelデータをプレゼント

1月1日〜31日限定で2017年分のJRAの全会場分のレース分析データをまとめてプレゼントいたします。

これから年始の予想をする上でまだまだ2017年のレース分析データは必要になると思います。それらを全会場分まとめてお年玉企画としてプレゼントいたします。

と言ってもメルマガを読まれていない方は「全レース分析データ」とは何かわからないと思いますので、サンプル版として2017年の函館競馬場の全レース分析データだけお試しダウンロードできるようにしておきます。

函館コース全レース分析データ(2017年)

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、このようにJRAの全レースのデータをExcel形式で毎週配信しております。どのレースのレベルが高いのか、どのレースを重視、軽視すればいいのか、などが一目瞭然にわかるようになっております。

その全レース分析データの2017年版を全てお年玉特典としてプレゼントいたします。期間は前述の通りで1月1日〜31日限定になります。その期間にメルマガをご購読頂ければ入手できる企画になります。

 

 

お年玉特典はこちらになりますが、それに加えて当メルマガは、、、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

年始お年玉特典+初月無料になる年明け購読開始は凄まじくお得なのです!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

また、年が明けましたら年始のご挨拶と共にお年玉特典のご紹介をさせていただきます。一応、今回は先出しのご紹介という事で。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

変遷しつつある春開催の東京馬場と東京競馬場に行ってきたよという話

昨日は久々ぶり(フェブラリーSぶり)に東京競馬場に行ってまいりました。 いつも

記事を読む

【フェアリーステークス2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

フェアリーステークス2019(中山芝1600m)の考察です。 1月12日に中山競馬場で開催され

記事を読む

距離関係ないアーモンドアイの圧巻の強さに痺れた日曜日〜その他色々雑記

土日の競馬お疲れ様でございました。 注目のオークスは断然人気のアーモンドアイがまさかの好位から

記事を読む

プリンスオブウェールズSの注目馬やその他もろもろ

今週は宝塚記念の一つしか重賞がないので週中に何を書こうかなぁと迷うところ。その中で水曜日にプリンスオ

記事を読む

土曜競馬を振り返って明日への対策!

寒い寒い土曜競馬でございました。東京競馬場でいちばん良い席へお呼ばれしたので何もないこの日に府中まで

記事を読む

名鉄杯の注目馬とその他もろもろの雑記

今週末は重賞が函館記念しかなく、火曜時点で週末の重賞のネタが尽きかけたので、もろもろの雑記を書きつつ

記事を読む

先週は3重賞全制覇!次走で絶対に狙いたい馬など

エプソムカップはあまりに東京の芝が想定と違う状態だったので、直前に印変更になりご迷惑をおかけしました

記事を読む

no image

今週末の3重賞の枠順発表後の見解などなど

今週は、ちょっと3重賞全ての枠順記事を書けるほど余裕がないので全て一本にまとめてこちらにてお送りしま

記事を読む

週末の注目2歳馬とあとはほぼサッカーのお話

さて、今夜のブリーダーズゴールドカップの予想は既に昨日載せてしまっているので、今日はブログを書くネタ

記事を読む

土曜大勝ちも重賞2つは完敗〜馬場って本当に難しい〜

先週の競馬は、土曜日に平場(ほぼ小倉芝)と新潟メインで当たっての大勝ち。 一方で日曜は重賞2つ

記事を読む

小倉大賞典2020の予想を公開!

小倉大賞典2020(小倉芝1800m)の予想です。 2月23日に

フェブラリーステークス2020の予想を公開!

フェブラリーステークス2020(東京ダート1600m)の予想です。

ダイヤモンドステークス2020の予想を公開!

ダイヤモンドステークス2020(東京芝3400m)の予想です。

京都牝馬ステークス2020の予想を公開!

京都牝馬ステークス2020(京都芝1400m)の予想です。 2月

【フェブラリーステークス2020の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

フェブラリーステークス2020(東京ダート1600m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑