*

メルボルンカップ2018の予想を公開!

公開日: : 海外レース考察・予想

メルボルンカップ2018(フレミントン芝3200m)の予想です。

11月6日にフレミントン競馬場で開催され発走時刻は日本時間の13:300です。出走馬はユカタン、ベストソリューション、マルメロ、ザクリスオブモハーなど。フレミントン競馬場の芝3200mで行われるGIです。

 

海外競馬はメルマガ限定配信という事になっていますが、後述します通り、今回のメルボルンカップはロジカルに予想するのが極めて困難な超難解なレース。つきましては、私も全く自信がなく、週末に是が非でも買いたいエリザベス女王杯がある中でこのよくわからないレースに突っ込む事が良いとは思えず、ここは静観して数百円だけ賭けてメルボルンの採点を楽しむレースにします。

というわけで、このレースは全体公開とさせていただきます。メルマガの方では明日行われる平和賞の予想を配信する予定です。

 

PR)元調教助手田端氏、エリ女の見解語る。

今週末に行われるエリザベス女王杯に向けて、
田端氏が熱い見解をしているのでシンジケートは見逃せない!

エリザベス女王杯」のステップレースを的中させてます!


しかも全部万馬券超えですよ。

無料買い目も提供してるので是非チェックして下さい。
エリザベス女王杯(G1)+[船橋]平和賞も ”0円提供”

現役記者の見解を無料コンテンツで情報GETしましょう!
エリザベス女王杯は「シンジケート」を覗いてみませんか?


⇒現役記者見解を無料で見る


 

メルボルンカップ 2018予想

予想の根拠

「国を止めるレース」とまで言われているほど人気があるメルボルンカップ。世界でも指折りのレースだと思うので個人的に近々見にいきたいとは思っているのですが、それと馬券的に面白いレースかというのは別の話。

日本では考えられない24頭立てでしかもハンデ戦。その上で3日前に前哨戦が行われるために直前になるまで出走馬が確定しないというとんでもない出走条件のレース。不確定要素だらけのレースで、過去のレース結果を見ても結果を見た後で「こんな馬買えないよ」と思った年がいくつもあった。

これだけの頭数が一斉に走る長距離戦という事で当然内枠が有利。と言っても日本の菊花賞や天皇賞(春)ほど極端に内枠が有利というわけでもなく、外枠からもたまに大穴を開ける馬が出て来たりしているのが厄介なところ。

加えて今年はメルボルン地方が雨天のために不良馬場で行われるという事で・・・もうただでさえ日本競馬よりも知識が薄いところに不確定要素を全て詰め込んだような一戦。これはまず深入りするべきではないと思うが、お仕事の昼休みにリアルタイムで見れる方も多そうなので予想は出してみようと思います。

というわけで予想の発表。

 

 

メルボルンカップ  2018の印

本命 ◎ヤングスター

本命は前走を人気で裏切った分、今回はハンデが軽くなったこの馬に期待する。

メルボルンカップはハンデ戦のため、前哨戦のコーフィールドカップを活躍しない方がハンデが軽くなるというジレンマが生じているレース。ちょうど巴賞と函館記念の関係に近いレースと見て良さそうで、巴賞で勝った馬は函館記念でハンデを背負わされるために全く本番で好走しない。メルボルンカップもそれに似たようなジレンマを抱えている。

前走のコーフィールドカップは1番人気を裏切る結果となったが、スローペースで外を回しての敗戦なので悲観する必要はないだろう。コーフィールドカップも多頭数で枠順や展開だけでほとんどが決まってしまった一戦。今回は逆にこの馬は内寄りの枠が引けましたし、ハンデも裸同然の斤量。相対的に人気を落とした今回はわからないなりに買うならば1番の妙味がありと見ました。

 

馬券は本命馬の単複をシンプルに

ここは深入りせずにメルボルンの競馬の祭典を楽しみましょう!

 

11月初旬からの購読が史上最大にお得なメルマガのご紹介

さて、早いもので2018年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

それに加えて、5周年記念の11月には特別プレゼントも実施中!!

(1)「回収率100%を越えるための必須メソッドとその思考法」をプレゼント (11月末迄)

(2)「2歳馬データベース 2018-2019」をプレゼント (11/15迄)

今だけのプレゼント企画を入手するチャンスになります。詳細はコチラからご覧いただけると幸いですが、、、

今、ご購読頂くと実質2ヶ月分お得な時期になります!!

年始にもお年玉企画など毎年やっておりますが、おそらくブログ&メルマガ創設史上、ここまでお得な期間はないかと思われますので、まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

 

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

【2016】ブリーダーズCフィリー&メアターフの予想を公開!

今日は11/5(土)に行われるブリーダーズCフィリー&メアターフの予想です。 レースが

記事を読む

コーフィールドカップ2018の予想を公開!

コーフィールドカップ2018(コーフィールド芝2400m)の考察です。 10月20日にコーフィ

記事を読む

【凱旋門賞2017の予想ヒント】想定2番人気サトノダイヤモンド考察

凱旋門賞2017(シャンティイ芝2400m)の考察です。 10月1日にシャンティイ競馬場で開催

記事を読む

【2016】香港マイルの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われる香港マイルの予想です。    

記事を読む

【ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

ドバイゴールデンシャヒーン2018(メイダン ダート1200m)の考察です。 3月31日にドバ

記事を読む

ジャックルマロワ賞2018の予想を公開!

ジャックルマロワ賞2018(ドーヴィル芝1600m)の予想です。 8月12日にドーヴィル競馬場

記事を読む

ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想を公開!

ドバイゴールデンシャヒーン2018(メイダン ダート1200m)の予想です。 3月31日にドバ

記事を読む

【2016】香港カップの予想を公開!

今日は12/11(日)に行われる香港カップの予想です。 土曜競馬は平場はまずまずでしたが、チャ

記事を読む

クイーンエリザベス2世カップ2018の予想を公開!

クイーンエリザベス2世カップ2018(シャティン芝2000m)の予想です。 4月29日に香港の

記事を読む

ドバイワールドカップ2017の予想を公開!

ドバイワールドカップ2017(メイダンダート2000m)の考察です。 3月25日にメイダン競馬

記事を読む

【ジャパンカップ2018の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

ジャパンカップ2018(東京芝2400m)の考察です。 11月2

11月3週のレース回顧〜外人騎手の凄さと日本人騎手の意地と

さて今月からブログの方できちんとレース回顧を書いています。 重賞

福島民友カップ2018の予想を公開!

福島民友カップ2018(福島ダート1700m)の予想です。 11

マイルチャンピオンシップ2018の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の予想です。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想を公開!

東京スポーツ杯2歳ステークス2018(東京芝1800m)の考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑