*

ジャパンカップ2020の予想を公開!

公開日: : 最終更新日:2020/12/04 GIレース考察・予想

ジャパンカップ2020(東京芝2400m)の予想です。

11月29日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:40です。出走馬はアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトなど。東京競馬場の芝2400mで行われるGIです。

 

土曜競馬はあんまり買いたいレースがなかったのですが、土曜メインがどちらも的中でまずまずの滑り出しに。

<京都2歳S 結果>
1着:◎ワンダフルタウン 3番人気
2着:△ラーゴム 2番人気
3着:◯マカオンドール 7番人気

ここは綺麗に次走注目馬だった本命対抗の2頭が馬券に絡んでくれてワイド本線が当たってくれました。とは言っても、まぁそこまで買いたいレースではなかったので少額。

 

<キャピタルS 結果>
1着:◎ピースワンパラディ 1番人気
2着:無印ロードマイウェイ 5番人気
3着:▲ミラアイトーン 9番人気

こちらは今の東京芝にいかにも合いそうだった◎ピースワンパラディから穴馬▲ミラアイトーン狙いでしたが、ワイドは的中したものの馬連があと一歩だったんですがねぇ・・・この辺りの運がもう少しついてくればポンポンと当たりそうな感じがします。

 

東京も阪神も馬場傾向が割とはっきり掴めているので、日曜日も期待できそうな感じ。まずはその日曜の最大注目レースであるジャパンカップの予想からまいりましょう!

 

[PR] 絶好調の予想サイトがジャパンカップの情報も無料でお届けします!

3連複ワイド好調

3連休3連勝締め

マイルCS~東スポ杯2歳S

そして姫路ステークスと・・

とにかく好調な無料情報!

━━━━━━━━━━━━━━

◆11/23 無料情報的中実績

東スポ杯2歳S

3連複2-3-10(5,1,3人気)的中

4900円→1万5910円/回収率310%

姫路ステークス

3連複5-10(1,2人気)1点買い

5000円→1万7000円/回収率340%

↓買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

◎G1も手堅く的中

11/22 マイルCS

3連複4-7-8(1,5,3人気)的中

5600円→6440円/回収率115%

↓買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

直近の無料情報まとめました↓

無料情報:集計画像

地方重賞も好調ワイドで的中

▼今週の無料情報▼

25日:浦和記念

29日:ジャパンカップ

→中央地方の無料情報

今もっとも勢いがある!

…そう言っても過言ではありません。

 

ジャパンカップ 2020予想

先出し本命馬(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

ジャパンカップの週中分析記事はこちらから

 

予想の根拠

さぁいよいよやってきました、2020年最大のスポーツイベント(競馬以外の色々なスポーツに精通していると思いますが、間違いなく今年最大のスポーツイベントだと思います)にして、日本競馬史上で最も崇高で偉大なレースと言っていいだろう今年のジャパンカップ。

もうこうして私ごときが盛り上げなくとも競馬ファンは皆、湧き立つワクワク感を抑えられないとは思いますが、ここまで凄まじいメンバーが揃ったレースもなかなかありません。せっかくの機会ですから、皆さんの周りの新規ファンも巻き込みましょう。私は周りの競馬に無知な知り合いに「競馬界の天下一武道会みたいなもんだからとりあえず見ろ」と、ここ数週間言い続けています。

どんな結果になるかは分かりませんが、今回のジャパンカップは最大限に楽しみ抜いた人が勝ちだと思います。当たるかどうかは神のみぞ知りますが、どうぞ日曜日の15:40まであなたの頭の中で考え尽くしてみてください。

 

さて、ここから予想の本題に入ります。

長丁場の東京芝2400mということで前半部分はゆったりと流れることが多いですが、意外にこちらが思っているよりも中盤ペースが緩まず、その上でスパート位置が早くなるのが特徴。どうしても東京芝2400mというとダービーのイメージからスピードと瞬発力が重要に見えますが、このジャパンカップに関しては「ロングスパート性能」が全てと言っていいでしょう。

毎年のように天皇賞(秋)で凡走してジャパンカップで巻き返す馬が出てきますが、それもそれぞれの後半3Fを比較すれば明らかで、凄まじく速い上がりが問われる天皇賞(秋)に対して、ジャパンカップはレース上がりが35秒前後になるので上がり34秒台の馬でも差してこれるのです。昨年の天皇賞(秋)で完全にスピード負けしていたスワーヴリチャードが道悪だったとは言えジャパンカップで一変したのが一番の好例ではないでしょうか。

 

そんな感じで古馬GIの中ではスタミナ、ロングスパート性能が問われやすいジャパンカップですが、今年は馬場がその傾向に拍車をかけそうな感じ。

今開催の東京芝は開幕から2週に大雨が降ったことで一気にタフ馬場化が進みましたが、Bコース替わりの頃からは顕著な外差し馬場に変貌。先々週ぐらいまでは外からズバッとキレる馬が差してこれるような馬場が続いていましたが、どうも3日間開催で使い倒された影響から馬場の外側の部分も荒れ始めてきた感じ。

もちろんインは全く伸びないので全馬がインを開けて走るのですが、Bコースor Cコース開幕週の時のようにインを避けたキレる差し馬が外からズバッと差してこれるような馬場にはなっておらず、もう馬場の中どころから外側までどの部分も荒れているおかげで、相対的にタフ馬場をこなしてロスなく運んでこれるような馬が有利になっている感じ。

もうその傾向は土曜日の東京芝の血統傾向を見ても明らかで、1日を通して父サンデーサイレンス系で馬券に絡んだ馬は3頭だけ。明らかに非サンデーサイレンス系の欧州血統の活躍が目立っていましたし、こうして見てもロベルト、キングマンボ、トニービンなどの欧州血統がどれだけ走っていたかが一目瞭然でしょう。

そんなわけで今の東京の芝はキレる馬の末脚が削がれるような馬場と言ってよく、その一方でキレないけれどもタフ馬場を苦にせずにバテずに伸びてくるような馬が有利になっています。相対的にスタミナ馬が有利な馬場傾向と言っていいでしょう。

 

レース傾向、現在の馬場傾向がスタミナ寄りになっていることに加えて、今年のジャパンカップは展開面もスタミナ寄りに傾きそう。

以下、前に行きそうな馬の陣営コメントの抜粋になるが、、、

【トーラスジェミニ】
「2400メートルは未経験だが、血統的には持つのかな。枠は関係ない。やることは同じだから」

【ヨシオ】
「行くしかない。最内を逃げてどこまで粘れるかですね」

【カレンブーケドール】
「去年は重馬場で最内を通らないと駄目な状況でしたが、今回はレース直前まで芝の状態を見ながらどこを通るか考えたい。誰も行かないなら、僕がハナへ行ってもいいと思っている。強い馬はいるが、それを考えても仕方がないのでこの馬のペースとリズムを最重要に考えて、この馬の競馬をするだけです」

【キセキ】
「前走で瞬発力勝負で分が悪いのがハッキリとした。心肺機能が優れているので、それを発揮できれば」「ある程度前の競馬になると思う。3頭がけん制し合ってくれるのが理想。菊花賞から(勝ち鞍が)遠ざかっているけど、出走する限りはできれば負かしたいと思って挑戦したい」

こうして見ても、トーラスジェミニとヨシオはどちらもハナ宣言。トーラスジェミニは何が何でもハナを譲らなそうですが、一方のヨシオはダート短距離で先行できるような馬ですし、この2頭は後ろを引き離して行ってしまいそうな感じ。

その番手につけそうなカレンブーケドールとキセキも積極策を示唆していますし、グローリーヴェイズも鞍上が川田騎手ということを考えれば積極策が濃厚。化け物たちになんとかして挑むにはと考える陣営が多いからこそ、縦長の隊列でのミドル〜ハイペースになることはほぼ間違いないか。

アーモンドアイ、コントレイルの2頭は自在タイプですが、今回は無理して前に行くこともないでしょうから縦長の隊列の中団ぐらいのポジションになりそう。枠並びを考えてもデアリングタクトも2頭に近い位置での競馬になると思います。

縦長の隊列の前目につけるだろうカレンブーケドール、キセキ、グローリーヴェイズと言った馬も実力馬なので、直線に入るまで前を放っておくわけにはいかないと思いますし、中団馬群につけたアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトは4コーナーぐらいから3頭ともにじわーっと上がっていくような展開になりそう。まず上がり3ハロンだけの瞬発力勝負のような展開になるとは思えず、道中ペースも流れた上でスパートも早くなっての究極のロングスパート勝負のような展開になるんじゃないでしょうか。

そうなると、もともとスタミナ、ロンスパ適性が問われやすいレース傾向で、なおかつ馬場も展開もスタミナ寄りになりそうな感じ。今年のジャパンカップで穴を開けるとすれば、スピードや瞬発力勝負なら絶対に勝てないだろう化け物たちに、タフ馬場適性、ロングスパート性能、スタミナの部分で真っ向勝負で挑んでいけるような馬じゃないだろうか。

というわけで予想の発表。

 



 

 

より詳細な予想考察はメルマガにて

arg1

arg2

メルマガでは金曜日に重賞まとめデータと称して、その週の重賞の全頭診断などを含むより詳細な予想を公開、配信しております。

推奨買い目などもメルマガ限定の公開となっておりますので、ご興味ある方はコチラより詳細をご確認ください。

 

ジャパンカップ 2020の印

本命 ◎キセキ

海外遠征で厳しい競馬を経験した影響からか一度は気性面に課題を抱えてしまったが、そこは日本を代表する名伯楽。しっかりと折り合い面を矯正することで近3走は再びこの馬のポテンシャルを発揮できるようになってきた。もう気性面に不安がなくなった前走では積極的な競馬から一発を狙ったが、レース上がりが33.6という完全な上がり勝負になってしまってキレ負けした感じ。

その前走内容からも全盛期から衰えたと考えている人も多いと思うんですが、それに関してはちょっと個人的には意見が違う感じ。競走馬の適性や能力の方向性というのは加齢によって変わっていくはずで、ダイワキャグニー、スワーヴリチャード、クルーガーなど、若駒時代はスピード勝負にも対応できていた馬が、年齢を重ねてスタミナ勝負向きに馬が変わっていくというのはよく見られることです。この馬も4歳時は凄まじいスピードの持続力性能から2:20:6の超高速決着のジャパンカップに対応できるような馬でしたが、現在は上がりのかかるスタミナ勝負でこそ良さが活きる馬に変わってきたんでしょう。

レース考察のところでも書いた通りで、今年のジャパンカップは馬場も展開もスタミナタイプの馬に向くレースになりそうで、この馬はタフ馬場は相対的に絶好な上に陣営コメントを見ても積極的に前目の位置を取りに行くことが濃厚。天皇賞(秋)のような速い上がりを問われる瞬発戦では3強を筆頭とする化け物たちに敵うとは思えませんが、今のタフな東京芝でレース上がりが35秒台後半ぐらいになるロングスパート勝負になれば、この馬も化け物級のパフォーマンスを発揮できていいはず。この馬はもう終わったと思っている人たちにトニービンの血の恐ろしさを見せつけてほしい。

 

【対抗 ◯6 コントレイル】

菊花賞は全く向かない舞台ながらタイムランクAの好時計で勝利して3冠達成。今回は圧勝したダービーと同舞台ですしどう考えても条件的には良化。能力的にもサリオスとの物差しから古馬化け物級に十分に通用すると思いますし、3強の中で最も評価できるのはこの馬か。

あとは誰もが考えている通りで、菊花賞で厳しい競馬をしてからの間隔の短いローテで、どこまでパフォーマンスを落とすか次第。ただこの馬は想像を超えたスーパーホースだと思いますし、3強の中で馬券圏内を外さない可能性が最も高いのはこの馬じゃないでしょうか。ここまで勝ち切ったら父ディープインパクトを超えるかもしれません。

 

【単穴 ▲5 デアリングタクト】

秋華賞はぶっつけローテで体調6割ぐらいの仕上がりで勝ってしまった感じ。3強の中では状態面は最も心配がいらなそうですし、ジャパンカップはとにかく3歳牝馬が強い舞台。データ面でも買えるのはこの馬だろう。土曜日の馬場を見てもとにかく非SS系の好走が目立っていましたし、その中でもロベルト系の激走はかなり目立っていました。

ただ、マイナス要素としては、コントレイルと比べると今まで戦ってきた相手のレベルが微妙。メジロラモーヌやアパパネなど、3冠牝馬でも牡馬相手ではさっぱり通用しなかった馬もいましたし、果たして今回の相手にガチンコ勝負で通用するのか、という部分はある。頭まで一気に突き抜ける魅力もあれば通用しないパターンもあるだろう。

 

【特注 ☆1 カレンブーケドール】

昨年のオークス以降、勝ち味には遅いが常に化け物級の馬たちと接戦してきたような感じ。東京芝2400mは2回走ってどちらも2着ですし、今回も1枠からスムーズに立ち回れば上位争いだろう。血統的にはオークスの時のような高速馬場の持続力勝負がベストだろうが、昨年のジャパンカップや今年の京都記念を見てもタフな馬場は問題なさそう。ただ、昨年のジャパンカップに関してはタフ馬場適性というよりは内枠先行馬しか来れなかった馬場が向いた感じも。今年の方が明らかにメンバーレベルが上でなおかつ地力が問われそうですし、それでいてどこまでやれるかという部分は気になります。

 

【△15 グローリーヴェイズ】

ラッキーライラック、エグザルタントを突き放した香港ヴァーズ、化け物フィエールマンと接戦を演じた天皇賞(春)の内容からも能力は相当。ロンスパタイプの馬だがディープ産駒なのである程度前半は溜めた方が良さそう。条件的には合いそうだが、川田騎手となるとあんまり溜めるイメージはなく、この大外枠だとさすがにロスの大きい競馬になりそう。近年で大外枠から馬券に絡んだのはシュヴァルグランぐらいですし、この枠から川田騎手が積極的に出していって化け物相手に通用するかは半信半疑。それでいて4番人気まで支持されるならこれぐらいの評価で。

 

【△2 アーモンドアイ】

天皇賞(秋)と比較すれば「距離延長」「タフ馬場」「詰まったローテーション」と何も良い要素がありません。ベスト条件だった天皇賞(秋)でフィエールマンとクロノジェネシスと接戦だったわけですから、今回はこの馬よりも適性が向く化け物クラスの馬が3頭ほどいれば馬券圏外もあるでしょう。

キャリアの中で唯一大きく負けた有馬記念も「2500m」「タフ馬場」「ハイペース」に屈した感じでしたし、今回もトーラスジェミニの作る大逃げを早めに追いかけるロンスパ戦になりそう。今のタフ馬場で長く脚を使うような競馬になってしまうと、若干衰えたこの馬には厳しいんじゃないでしょうか。ちょうど昨年の天皇賞(秋)でのサートゥルナーリアのような感じで、直線入り口ではデッドヒートかと思わせるも最後に脚が鈍って3〜6着ぐらいで終わりそうなイメージがあります。

 

【×3 ワールドプレミア】

いかにも友道厩舎らしい晩成のスタミナ型ディープインパクト産駒。そこまで強いとは思っていなかったが、ハイペースで展開が向いたとはいえ有馬記念でここまで走れたのは驚き。今回も条件や馬場、展開は向きそうだが、さすがに昨年の有馬記念以来の休み明け。今回のメンバーを考えるといくらなんでも厳しいか。まぁ有馬記念の時もそう思って切って走られた馬ですし、この条件が大得意の友道厩舎という点も踏まえて最後に抑えた。

 

【×7 ミッキースワロー】

もともと抜群の決め手を武器にしていた馬だが、どうも年齢を重ねていくうちにトニービンの血が強くなってきてスタミナ型に変化している感じ。日経賞は強い勝ち方でしたし、天皇賞(春)も序盤で折り合いを欠いたにしてはまずまず。JCはレコード決着時に強い内容で5着に差してきていますし、何よりトニービンの血を持っているという点だけでも抑えておいた方が良さそう。

 

【×13 ユーキャンスマイル】

もともと左回りコースが得意な馬で、昨年の天皇賞(秋)のパフォーマンス及び、今年の春の2戦の内容から秋の東京GIでは面白い存在になると見ていたが、ARG共和国杯の内容が微妙。外伸び馬場でインを通ったにしても微妙ですし、能力的にここではどうなのか。どう考えてもここはベスト条件ですし、ジャパンカップが大得意な友道厩舎となれば印は打った方がいいだろう。

 

印まとめ

◎キセキ
◯コントレイル
▲デアリングタクト
☆カレンブーケドール
△グローリーヴェイズ
△アーモンドアイ
×ワールドプレミア
×ミッキースワロー
×ユーキャンスマイル

勝負度 D

 

買い目

ジャパンカップの買い目はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2020年も11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【火曜日】先週の重賞回顧

火曜日に先週の重賞回顧を配信します。後ほど下記に詳細を書いておりますが、金曜日に配信する重賞まとめデータに結果を書き入れた形のPDFファイルとしても配信します。

 

【水曜日】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。だいたい地方競馬の重賞は水曜日に行われるので、水曜日にメルマガにて予想を配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【木曜日】中央競馬の全レース回顧

木曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【ダービー全頭特集】タンタアレグリア

レアル・マドリーがアンチェロッティ監督を解任しました。 あーあ、やっちゃったよ感しかないわけで

記事を読む

【2016】菊花賞 / レース考察(京都芝3000mで行われるGI戦を徹底考察します)

今日は10/23(日)に行われる菊花賞のレース考察を行います。京都芝3000mで行われるGI戦です。

記事を読む

オークス [5] 枠順発表!明暗を探る

球団史上初の8カード連続の勝ち越しはならず・・ ただ、2位の巨人が負けましたし、ここ数戦の苦戦

記事を読む

桜花賞は岩田騎手の神騎乗でレッツゴードンキ圧勝

マリノスはギリギリでロスタイムにファビオのゴールで追いつきましたが、内容から考えて今日は勝たなきゃい

記事を読む

【スプリンターズS2017の予想ヒント】想定2番人気セイウンコウセイ考察

スプリンターズステークス2017(中山芝1200m)の考察です。 10月1日に中山競馬場で開催

記事を読む

【2016】天皇賞(秋) / 枠順&展開考察(モーリス、ルージュバック等の枠順は如何に)

今日は10/30(日)に行われる天皇賞(秋)のレース考察を行います。東京芝2000mで行われるGI戦

記事を読む

天皇賞(秋)の予想公開!

さて、いよいよ天皇賞(秋)当日を迎えた。 昨日は終日雨模様だったが、きっちりとアルテミスステー

記事を読む

宝塚記念はゴルシ暴走で大波乱決着

結構、真面目に今週末は競馬に取り組みました。おかげで金土とほぼ寝れていないので、12Rが終わったら泥

記事を読む

ホープフルステークス2018の予想を公開!

ホープフルステークス2018(中山芝2000m)の予想です。 12月28日に中山競馬場で開催さ

記事を読む

マイルCS [5] フィエロに安易に飛びつくのは危険

昨日見たテレビで豊田真奈美特集をやっていた。昔、女子プロを見ていたころ、豊田真奈美はそれこそテレビか

記事を読む

京成杯2021の予想を公開!

京成杯2021(中山芝2000m)の予想です。 1月17日に中山

日経新春杯2021の予想を公開!

日経新春杯2021(中京芝2200m)の予想です。 1月17日に

愛知杯2021の予想を公開!

愛知杯2021(中京芝2000m)の予想です。 1月16日に中京

【京成杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

京成杯2021(中山芝2000m)の考察です。 1月17日に中山

【愛知杯2021の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

愛知杯2021(中京芝2000m)の考察です。 1月16日に中京

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑