*

【平安ステークス2023の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

公開日: : 重賞レース考察・予想

平安ステークス2023(京都ダート1900m)の考察です。

5月20日に京都競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はグロリアムンディ、ハギノアレグリアス、ヴァンヤール、タイセイドレフォンなど。京都競馬場のダート1900mで行われるGIIIです。今回の記事では過去データやレースラップ、血統、予想オッズなどを考察いたします。

 

[PR] 平安Sはここに注目です

G2・G3強い無料予想

京王杯SC・京都新聞杯で連勝!

当たると高配当狙える買い目です。

━━━━━━━━━━━━━━

無料予想:G2G3

・京王杯SC

【払戻】190,700円【収支】151,700円

・京都新聞杯

【払戻】111,560円【収支】72,360円

・アーリントンC

【払戻】66,600円【収支】27,600円

・金鯱賞

【払戻】115,040円【収支】75,840円

・中山牝馬S

【払戻】185,800円【収支】146,800円

・共同通信杯

【払戻】160,000円【収支】120,800円

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

毎週重賞公開とは限りませんが…

公開された重賞での勝率はヨシ!!

平安Sもここに注目してください(^_-)

無料予想←こちら

三連複・三連単の券種組み合わせなど選ぶレース含めて上手く勝ちを拾う無料予想です!

 

平安ステークス 2023 考察

先出し本命候補(せっかちな方はこちらから)

下記のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

 

平安ステークスのレース概要

京都ダート1900mで行われる帝王賞の前哨戦的な位置付けのレース。GIII格付けではありますが、別定戦になるので実績馬も使いやすいレースで、オメガパフュームやゴールドドリームのような一線級の馬でも始動戦としてここを使ってくることがあります。

もともと京都ダート1900mはタフな条件で差しもよく決まっていましたが、どうもリニューアル後の京都競馬場のダート馬場は以前と比べてもタフさが増している印象。かなり雨が降っても高速馬場になりませんし、なんだか他のJRAのダートコースと比べてもちょっと異質な馬場になっている感じがします。

 

データ的な見地からの考察


※京都開催で行われた近5年の平安ステークスの所属別成績

以前に京都開催で行われていた時のデータを見ると関東馬は近5年でさっぱりな成績。もう本当に関西馬しか走れていないので関東馬はマイナスとしていいか。

 


※京都開催で行われた近5年の平安ステークスの斤量別成績

斤量別の成績で見てみると、最近のファンからは嫌われそうな斤量を背負った馬の成績が優秀。今年から負担斤量の設定が変わりましたが、それでも重い斤量を背負っている馬は嫌わなくていいと思います。

 


※京都開催で行われた近5年の平安ステークスの前走距離別成績

また、前走距離別成績で見ると距離短縮組の成績が圧倒的。なんだかんだでスタミナが問われるレースですし、距離延長ローテの馬よりも距離短縮ローテの馬の方が有利と見て良さそうです。

 

ラップ的な見地からの考察

直線部分が平坦ということもあって阪神コースに比較すれば上がりはかからないのが京都ダートの特徴。こうして近5年のラップ推移を見てもレース上がりは37秒前後で収まっています。それでも差しが決まっていますが、それだけ速い上がりを使える馬が突っ込んできているということでしょう。

リニューアル後の京都ダートはこれまで以上に時計がかかっている感じがするので、以前よりもレース上がりは掛かりそうな感じがします。

 

血統的な見地からの考察

京都開催で行われた近5年の血統傾向を見てみますが、スタミナが問われる条件ということもあってロベルトの血を持っている馬が優勢。2017年に大穴を開けたマイネルバイカも大系統は同じヘイロー系のローズインメイ産駒でしたし、とにかくバテずに最後まで伸びてくるタイプの血統が有利です。

 

レベルや馬場、展開などを踏まえて今年はどんなレースになりそうか?

前述の通りでリニューアル後の京都競馬場のダートコースはやたらに時計のかかるタフな馬場。雨が降っても高速馬場になりませんし、JRA全場の中でも最もタフな馬場設定になっていると見ていいか。

帝王賞を見据える上でグロリアムンディ、ハギノアレグリアスという後のGI候補が出走してきましたし、メイショウフンジン、ロードヴァレンチ、テリオスベルなど徹底先行タイプの馬も多い。ほぼ間違いなくハイペースの消耗戦になるんじゃないでしょうか。

 

考察まとめ

【レース質】タフ馬場でのハイペース消耗戦。<□■□■>

【波乱度】上位人気馬が強そうなので大きな波乱はないか。

【ラップ特徴】今年は先行馬多数でハイペース消耗戦になりそう。

【血統特徴】ロベルトなどのスタミナ血統が走りやすい。

【狙えるタイプ】関西馬が優勢(関東馬はダメ)。

【狙えるタイプ】短縮ローテの馬が有利。

【狙えるタイプ】ハイペース消耗戦向きの差し馬。

 




 

考察まとめ

枠順発表前の平安ステークスの想定オッズを当サイト独自で考えてみます。

【1番人気】グロリアムンディ    [2.7倍]
【2番人気】ハギノアレグリアス   [3.1倍]
【3番人気】ヴァンヤール      [8.2倍]
【4番人気】タイセイドレフォン   [9.4倍]
【5番人気】メイショウフンジン   [10.8倍]
【6番人気】ノットゥルノ      [15.0倍]
【7番人気】カフジオクタゴン    [21.0倍]
【8番人気】テリオスベル    [22.0倍]
【9番人気】サンライズホープ  [26.0倍]
【10番人気】ロードヴァレンチ   [32.0倍]
【11番人気】ホウオウルバン    [37.0倍]
【12番人気】ソリストサンダー  [44.0倍]
【13番人気】ハイエンド      [77.0倍]
【14番人気】カテドラル      [92.0倍]
【15番人気】ゲンパチルシファー  [114.0倍]
【16番人気】デルマルーヴル    [158.0倍]

帝王賞の前哨戦としてかなりの好メンバーが揃った一戦。その中でもグロリアムンディとハギノアレグリアスが人気の中心になりそうだ。活きの良い3歳馬が多く揃ったので今後に向けても重要なレースになりそうです。

 

最後に現時点で面白いと思う馬をピックアップ!

↓↓のバナーのクリック先で馬名は公開しておりますので、どうぞ応援クリックよろしくお願いします。


最強競馬ブログランキングへ

<推奨根拠>

近2走はことごとく高速馬場が向いていなかった感じ。今回は距離延長もタフな京都ダートも良いと思いますし、あとは揉まれない外枠さえ引ければ・・・

ここは相当に面白そうなレースになるかもなので、大きく勝負するかもしれません!!

 

一方でちょっと危ういと思っている馬はこちら。

↓↓↓

特になし

上位人気馬はどれも強そうですし、普通に危険と言い切れる人気馬はいないんじゃないだろうか。

 

ただいま4月から絶好調を維持しており、ここ3週は東京競馬場で重賞を連続的中継続中!!

 

<青葉賞 レース結果>
1着:◯スキルヴィング   1番人気
2着:◎ハーツコンチェルト   2番人気
3着:△ティムール     11番人気

<NHKマイルカップ レース結果>
1着:◯シャンパンカラー  9番人気
2着:△ウンブライル    8番人気
3着:△オオバンブルマイ  3番人気

 

<京王杯スプリングカップ レース結果>
1着:◯レッドモンレーヴ  2番人気
2着:消ウインマーベル     7番人気
3着:◎ダディーズビビッド 6番人気
4着:▲アヴェラーレ    4番人気

 

ほぼ毎週、土日どちらもプラス収支で負けない期間を続けられていますし、この好調をしばらく続けていけるようにがんばります。

好調の要因はいろいろある感じがしますが、一番大きいのはいま競馬が非常に楽しめているので日常のほぼ全ての時間を競馬に注ぎ込めていることかなと思います。やはり好きこそ物の上手なれ、だと思いますし、好きだということに勝るパワーはないでしょう。この情熱を5月、6月と持って続けていけば、気づいたら大得意としている夏競馬シーズン。そんな感じで突っ走っていきたいと思います。

というわけで、今週もブログおよびメルマガの方を何卒ご贔屓いただけますと幸いです!!オークスも楽しみましょう!

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して6年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2023年も5月になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

【マーメイドステークス2018の予想ヒント】レースラップや馬場、展開などを分析考察します

マーメイドステークス2018(阪神芝2000m)の考察です。 6月10日に阪神競馬場で開催され

記事を読む

スプリングステークス2023の予想を公開!

スプリングステークス2023(中山芝1800m)の予想です。 3月19日に中山競馬場で開催され

記事を読む

【阪急杯2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

阪急杯2019(阪神芝1400m)の考察です。 2月24日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

キャピタルステークスの予想を公開!

とにかく今日のジャパンカップのポイントは馬場状態!昨日はマイネオーラムが勝っちゃうような(本命にして

記事を読む

シンザン記念 [3] スピード寄りのノーザンダンサーが走る

ロゴタイプが根岸ステークス→フェブラリーステークスに行くそう。親父のローエングリンもダート路線は失敗

記事を読む

函館記念2017の予想を公開!

函館記念2017(函館芝2000m)の予想です。 7月16日に函館競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

アイビスサマーダッシュ [1] なんだかんだ能力が要求されるレース

「週刊ベースボール」っていう雑誌を毎週読んでいるんですが、それの特集が「Bay Dream Come

記事を読む

スワンステークス2017の予想を公開!

スワンステークス2017(京都芝1400m)の予想です。 10月28日に京都競馬場で開催され発

記事を読む

ローズS2017の予想を公開!

ローズステークス2017(阪神芝1800m)の予想です。 9月17日に阪神競馬場で開催され発走

記事を読む

【小倉大賞典2018の予想ヒント】過去データやローテ、血統などを分析考察します

小倉大賞典2018(小倉芝1800m)の考察です。 2月18日に小倉競馬場で開催され発走時刻は

記事を読む

アンタレスステークス2024の予想を公開!

アンタレスステークス2024(阪神ダート1800m)のレース予想です。

皐月賞2024の予想を公開!

皐月賞2024(中山芝2000m)のレース予想です。 4月14日

アーリントンカップ2024の予想を公開!

アーリントンカップ2024(阪神芝1600m)のレース予想です。

4月2週の中央競馬レースプレビュー 〜皐月賞の枠順確定ー今週末は全人馬無事故で終わりますように〜

4月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【アーリントンカップ2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

アーリントンカップ2024(阪神芝1600m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑