*

アルゼンチン共和国杯2017の予想を公開!

公開日: : 重賞レース考察・予想

アルゼンチン共和国杯2017(東京芝2500m)の予想です。

11月5日に東京競馬場で開催され発走時刻は15:35です。出走馬はスワーヴリチャード、アルバート、セダブリランテス、プレストウィック、ソールインパクトなど。東京競馬場の芝2500mで行われるGII戦です。

 

PR【僕は3分で3万勝った。指数で取れるみやこSとアルゼンチン共和国杯】

使った指数は、的中率特化型指数。
ーーー
3日的中率
単勝79.2% 馬単62.5% 三連単41.7%
ーーー
市場の3連単的中率は平均10%程と言われているので、
単純に4倍以上の的中率があります。
■公式サイト⇒コチラです。

※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

3日(祝)福島12R ダート右1,150m
単勝2点 1点10,000円勝負

3日、福島ダートは12R含め5鞍。
12Rの予想をする前、4鞍中3鞍が指数1位か2位で単勝的中。
75%で当たる計算です。ほぼ外れない。
だったら・・・指数1位2位を買えば単勝は取れる。
単純な計算でした。

あとでサイトで確認してもらいたいのですが、
福島12Rは指数1位2位が指数値一緒の為、どちらも指数順位1位と表記されてます。
つまり、その2頭を単勝で買えばいいだけです。

【購入画面と結果】

みやこSについては京都11Rダート戦。
その日のデータをとって予想するのが効果的だと思いますよ。
■公式サイト⇒コチラです。

※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

アルゼンチン共和国杯については、過去3年傾向で
「枠順と、上位4人気馬まで注目」
しかし騎手を見ると、この3年では見れない面白いデータがあって、
もしかしたら今年は上位4頭で決まらない可能性が考えられます。

その激走馬候補は、コラボ指数の順位とオッズ順位に大きく矛盾がある馬!

この重賞、取りましょう!

■公式サイト⇒コチラです。

※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

 

アルゼンチン共和国杯 2017予想

予想の根拠

番組日程上、天皇賞(秋)の翌週に行われるため一線級の芝馬が集まりにくいレース。加えてGIIながらハンデ戦のため一線級の馬が出てくると斤量を背負わされるので、ジャパンカップや有馬記念を目指す上がり馬の登竜門的なレースになっている。

それが今年のメンバーはどうしたものか。最強世代と呼ばれた4歳馬が故障馬が続出したりしているせいで出走馬ゼロ。5歳の有力馬もおらず、結果的に6歳馬アルバートと3歳馬スワーヴリチャード、セダブリランテスに7歳以上馬が加わるというかなり寂しいメンバー構成に。

アルバートは普通に考えればここでは能力抜けていそうですが、58kg以上のトップハンデ馬の1番人気はなかなかこのレースでは走っておらず、外枠でシュタルケ騎手となると存分に信頼できるとは言えなそう。

かといって今年の3歳牡馬の中距離馬は極端にレベルが低く、さすがにダービー2着のスワーヴリチャードはこの程度のメンバー相手なら古馬に通用するとは思うが、セダブリランテスあたりは通用しないでしょうし、それでいてこの2頭が人気ならばここもあんまり興味は惹かれない。

 

では、7歳馬以上を狙うかといえば、このアルゼンチン共和国杯は7歳以上馬の成績が(0-0-0-39)と壊滅的なもの。なんだかんだで東京の直線での瞬発力が問われるので高齢馬に向く条件ではないんでしょう。

7歳以上馬で印がちらほらついている馬を見渡しても、デニムアンドルビー、レコンダイト、カレンミロティック、ヒットザターゲットなど、他のGIIなら無印が並ぶ馬ばかり。

ここは相当レベルが低いとみて良さそうで、フレッシュな3〜5歳馬でなおかつこの条件に絶好に合いそうな馬を狙い撃ちたい。

というわけで予想の発表。

 

 

アルゼンチン共和国杯 2017の印

本命 ◎

本命は全く人気ありませんがこの馬の一撃に期待してみます。

もともと準オープンで強い競馬を見せていた馬で、昇級後もオープン、重賞で通用すると誰もが思っていた馬。それがオープン勝ち以降の6戦が全く結果が出ておらず、今回は13番人気と完全に舐められたオッズに。ただ、その6戦の敗因は明らかで、、、

オールカマー14着=4コーナーで外に振られる致命的な不利

丹頂S4着=脚を溜めた結果、上位好走

目黒記念12着=先行策を取った結果、折り合い欠いて脚溜まらず

メトロポリタンS7着=先行策を取った結果、折り合い欠いて脚溜まらず

日経賞8着=GI級の相手に善戦、苦手な消耗戦ポテンシャル勝負も向かず

万葉S7着=先行策を取った結果、折り合い欠いて脚溜まらず

と、ご覧のような感じでほぼ全てのレースで先行策で折り合いを欠いたのが凡走要因だった。

1000万勝ちの南武特別と1600万勝ちのオリオンSのパフォーマンスは圧巻で、あれだけ走れば今回のメンバー相手なら十分に通用していいはず。改めてこの馬の好走パターン時を見てみると、、、

【オリオンS】
13.3 – 12.2 – 12.7 – 12.4 – 12.1 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.7 – 11.3 – 11.1 – 12.3 (38.2-34.7)

【南武特別】
12.8 – 11.7 – 12.6 – 12.9 – 12.7 – 12.4 – 12.7 – 12.3 – 11.7 – 11.4 – 11.4 – 11.7 (37.1-34.5)

【信夫山特別】
13.0 – 11.7 – 12.5 – 12.6 – 12.9 – 13.1 – 13.1 – 13.4 – 12.7 – 11.9 – 11.4 – 11.3 – 12.2 (37.2-34.9)

【芦ノ湖特別】
13.2 – 11.9 – 12.7 – 12.7 – 12.2 – 12.5 – 12.4 – 12.3 – 11.8 – 11.2 – 11.2 – 11.7 (37.8-34.1)

【500万勝ち】
12.7 – 11.3 – 12.9 – 13.2 – 13.1 – 12.8 – 12.5 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 11.9 (36.9-34.7)

ご覧の通りで、この馬の好走パターンは前後半が2〜3秒くらい違うスローペースからの加速力勝負ばかり。この馬はとにかく前半でしっかり折り合って脚さえ溜まれば最後に爆発的な末脚を使えるというタイプで、準オープン時代の戦績が安定していたのは1600万クラスの芝長距離戦は少頭数になりがちなのでスローペースになっていたからだろう。

そしてこの馬は準オープン時代にはほぼ全レースと言っていいぐらい内枠を引けており、インの馬群に入れる事で折り合う事ができていた。同じ血統のモズカッチャンと似たようなタイプの馬と見て良さそうで、とにかく内枠を引いて序盤でじっとしていれば直線で伸びてくるタイプだ。

今回はまずメンバーレベルが前走のオールカマーよりも落ちますし、久々に絶好と言える内枠を引くことができました。展開を見てもカレンミロティックぐらいしか行く馬がいない感じでスローペースはまず確実。陣営コメントを見ても道中は折り合いに専念して末脚を活かす競馬をするとのことですし、ポンとスタート出たなりで好位〜中団で脚を溜める競馬ができそう。血統的にもこの舞台が向かないはずがないと思います。

このパターンが全て揃うのはオープン昇級後初めてなはずですし、見立て通りの能力、適性ならば今回は激走してもなんら不思議ではないと見ます。

 

対抗 ◯スワーヴリチャード

過剰人気に目を瞑ればスワーヴリチャードは普通に信頼できそう。

レベルが低い事が明らかな今年の3歳牡馬ですが、レイデオロの神戸新聞杯の勝ち内容を見る限り日本ダービーの上位馬はそれなりのレベルにありそう。この馬はとにかく左回りコースならばどこまでも伸びていくような末脚を見せますし、今回の条件ならばある程度は信頼していいはず。

枠順も絶好ですしハーツクライ産駒でいかにも走りそうなんですが、ネックなのは1番人気のハーツクライ産駒という点。ハーツクライ産駒はとにかく伏兵で結果を出すパターンが多く、断然人気になると取りこぼすパターンが多い。そこまでレースセンスあるような馬ではないので、ミルコが京都大賞典でのシュヴァルグランのような競馬をすると一株の不安も。

 

単穴 ▲アルバート

能力だけならアルバートが恐らくは抜けている。

昨年のアルゼンチン共和国杯の内容、今年のダイヤモンドステークスや天皇賞の内容を見てもGIIレベルでは格上の馬で、前走のオールカマーは休み明けでスローペースで距離不足と全てがダメだった感じ。

普通に考えれば今回はパフォーマンスを上げるはずだが、58.5kgのトップハンデで途中で動いちゃいそうなシュタルケというのはマイナス。

 

特注 ☆レコンダイト

前走好走の反動が出なければレコンダイトは面白い。

この馬のベスト条件は東京芝2500m。左回りコースで長く良い脚を使ってこそという馬で、前走は適性外条件の京都大賞典でまさかの5着激走。普通に考えれば今回は一気のメンバーレベル落ちでパフォーマンスを上げてきそうだが、スローペース濃厚で外枠から差し脚質というのはもちろんマイナス。高齢馬だけに前走の反動も気になる。

 

△ プレストウィック

無難に買いやすそうなプレストウィックも抑え評価に。

キレる脚がないので長距離条件で相対的に活躍しているという印象で、前走の丹頂Sは距離も枠順も向いた上でルメールが完璧な競馬をした。今回は距離短縮でスローから決め手を要求される競馬になりそう。それなりに上位争いにはなりそうですが、そこまで強調はできなそう。

 

△ ハッピーモーメント

今年の目黒記念で好走したハッピーモーメントも抑えておく。

末脚キレない母父トニービンのディープインパクト産駒の代表格という感じ。今回は条件的には向きそうだが、恐らくはメイショウカドマツがいた目黒記念の時よりもスローペースになって決め手が要求されるはず。さすがにキレ負けすると見ていますが果たして。

 

 

印まとめ


◯スワーヴリチャード
▲アルバート
☆レコンダイト <穴推奨>
△プレストウィック
△ハッピーモーメント

勝負度D

 

推奨買い目

このレースの買い方に関しましては、メルマガにてのみの公開とさせていただいております。会員様はメルマガにて閲覧ください。

重賞以外の平場の予想はメルマガ限定での公開となっておりますので、そちらもご覧になりたい方はぜひともメルマガを購読してみてください。

 

ちなみに現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

 

メルマガの詳細に関しては以下に書いておきますので、ご興味ある方はお読みください。

 

今週がメルマガ購読が一番お得な日です!

さて、早いもので2017年もなんと11月になりました。

月初になったということで徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を簡単に紹介しましょう。

 

【月曜日】重賞回顧データ配布

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム

週1で良いのでコラム的なものを書いて欲しいというリクエストを多数頂きました。火曜日に競馬力に直結する週間コラムを配信させていただこうと思います。取りあえげるテーマ等はリクエスト頂ければ反映します。

【水曜日】全レース分析

水曜日には前週に行われた全レース分のデータを配布します。

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルになります。

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

 

また、エクセルでの全レース分析データの配信と同時に、メルマガ内にて前週の全レースの中で不利を受けたりペースに泣かされたりして次走は狙い目だと思われる馬を多数ピックアップしてお伝えしております。

↓こんな感じ↓

この次走注目馬リストをnetkeibaのMy登録馬に書きいれたり、JRA-VANのMy登録馬に書き込んでおけば、その馬が次に出走してきた時には狙い目が丸わかり!他のファンよりも間違いなく一歩先へ行った予想ができると思います。

【木曜日】新馬戦レビュー

木曜日は前週のレースの中でも特に新馬戦だけを抜き出して、そのレースレベルや勝ち馬の将来性についてを配信しております。

↓こんな感じ↓

水曜日に全レースの回顧を配信した上で、新馬戦に関してはここまで細かいレビューを出しています。まず他ではここまでの回顧は出していないでしょう。とにかく競馬を極めたいマニアな方のために新馬もここまでやっちゃいます。

【金曜日】重賞まとめデータ配布
金曜日は重賞のまとめデータを配布します。この時点で重賞のプレ予想を配信いたします。

arg1

arg2

このような形で週末の重賞の出走馬の全頭レビューを印付きでPDFファイルにて配信いたします。

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。

【不定期】地方競馬の予想

地方競馬の予想はメルマガ限定コンテンツとさせていただきます。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

 

いまご登録頂ければ本日の回顧号からすぐにお読み頂けますので、是非とも今週分からお試しにお読みいただければと思います。

 

なお、現在、徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」では、

初月無料キャンペーンを実施しております!

つまり、、、

月替わりの今週よりご購読頂くのが一番お得になります!!

まずはお気軽にご登録頂き、競馬予想の真髄はどういったものかを見ていただければ幸いです。

当サイトをご愛顧頂いている方、データベースを見たい方、競馬力を身につけたい方、とにかく馬券を当てたい方、皆様に満足いただけるようなコンテンツとなっておりますので、ぜひともご購読頂けますと幸いです。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

購入する!

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

購入する!

関連記事

エプソムカップ2017の予想を公開!

エプソムカップ2017(東京芝1800m)の予想です。 6月11日に東京競馬場で開催され発走時

記事を読む

アイビスサマーダッシュ2017の予想を公開!

アイビスサマーダッシュ2017(新潟芝1000m)の予想です。 7月30日に新潟競馬場で開催さ

記事を読む

京都記念2018の予想を公開!

京都記念2018(京都芝2200m)の予想です。 2月11日に京都競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【2016】根岸Sの予想を公開!

【危険】根岸ステークスは落とし穴だらけ!? ╋━…━━…━━…━━…━╋ 過去10年間ほ

記事を読む

NZT [2] レベルの低いアーリントンC組

同居人が福山雅治を愛している人間なので、今日は新譜が発売されたので朝からずーーーーっとアコギのカバー

記事を読む

エプソムC [4] 枠順発表!明暗を探る

ハリルジャパンは強かったことは強かったですがイラクが弱すぎましたね。 あれだけ中盤のプレッシャ

記事を読む

阪神カップの予想を公開!

東スポにて看板記者として活躍している虎石晃(トライシアキラ)氏の予想がネットで見れるという事で、試し

記事を読む

阪神大賞典の予想を公開!

結局、ゴールドシップは単勝1倍台ですか。 まぁこれだけの面子で人気もある馬ですから仕方ないです

記事を読む

阪急杯2018の予想を公開!

阪急杯2018(阪神芝1400m)の予想です。 2月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15

記事を読む

ラジオNIKKEI賞2017の予想を公開!

ラジオNIKKEI賞2017(福島芝1800m)の予想です。 7月2日に福島競馬場で開催され発

記事を読む

【中京記念2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

中京記念2019(中京芝1600m)の考察です。 7月21日に中

7月2週のレース回顧〜函館記念の大本線含む日曜メイン全勝の素晴らしき日〜

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マーキュリーカップの予想を公開!

マーキュリーカップ2019(盛岡ダート2000m)の考察です。

名鉄杯の予想を公開!

名鉄杯2019(中京ダート1800m)の予想です。 7月14日に

函館記念2019の予想を公開!

函館記念2019(函館芝2000m)の予想です。 7月14日に函

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑