*

ビジネス的馬券論②

以前、馬券の基本概念①を記載したところ大反響を頂いた。加えて私が思うところを第二弾として記載したい。

1 競馬は専用口座で運営する

回収率がプラスな方、人気競馬ブログのライター、など馬券収支が安定している人は、

ほぼ100% 競馬専用の口座を持っている

いないとは思うが、今ある自分の生活用口座でPATを使っている人いませんか?

例えば、いま使っているのが東京三菱UFJ銀行だから、その口座でとりあえずPAT登録をして、今もそれを使っています、なんて人。断言します。

今すぐに、新規口座を開設して、PAT口座を移してください

具体的な馬券収支改善策の一つ目はこれです。もう、これができているとできていないでは、収支が全く違ってきます。

こうすることによって良いメリットは、

 

①馬券収支が生活に影響を与えない

普通口座と一緒の口座で馬券を買っていると、まぁ負けたら生活に影響を与えます。

今日は負けたから夕食はカップヌードル。勝ったから寿司。こんな事をしていたら貯金もできませんし、人生計画たてられません。馬券収支どうこうよりも人生プランを疑います。

専用口座にすれば、基本そこにあるのは競馬の収支で得た金額ですから、いくら使おうが生活用口座のお金は減りません。普通口座は通常に計画的に運営しながら、競馬を楽しむ。そのためにも絶対に専用口座を開設してください。

 
②午前中に負けても午後のレースで勝負ができる

普通口座で運用を行っていると良くあることだが、午前中に1万負けて、午後は生活の事も考えて賭け額を小額にしなきゃなーと思い、狙っていたメインレースの買い目点数を減らして、予想が当たっていたのに馬券を外すということ。

まさに愚の骨頂

そんな事にならないためにも、絶対に専用口座を開設してください。

 

③口座残高を見るだけでどれだけ勝っているかがわかる

これはもうわかりやすいです。その口座にあるのは競馬で勝った金額だけなのですから、マイナスになっていなければ、それがあなたの競馬での勝ち分なわけです。もし、PATでなくて競馬場で馬券を買いたいなぁってときも、その口座からおろしていけば、別に何万おろしても問題ないでしょう。あなたの日常生活に影響を与える口座ではありません。事実、私も有馬記念時には○○万を専用口座からおろしていきましたが・・・(笑)

 

④賭け額をあげられる

これは回収率が100%を超えている人限定の話ですが、回収率が100%を超えているのであれば、1点100円で買うよりも、1点1000円で買う方がリターンが大きいのは簡単な話ですよね。でも、それをするには多額の資金が必要。それは普通口座で生活に影響を与える環境ではできませんし、絶対にやってはいけません。それをするためにも「競馬で儲けたお金で大きく次に投資できる環境を整える」ことが非常に大事なのです。

こうして4つほどメリットをあげたが、本当に当ブログを読んでいる人は、これだけは絶対にやってほしい。もちろん、予想力が全くなくてすぐに預金残高がゼロになって普通口座から継ぎ足しなんてしてたら絶対にダメ。そういう人は予想力をあげる努力も並行してやってください。

でも「ある程度、予想には自信あるんだけど回収率がなぁ」なんて人は、

専用口座を開設するだけで収支がぐんとあがります!

本当に騙されたと思って、明日、専用口座を申し込んでください。

おすすめはやはり楽天銀行。楽天競馬というコンテンツもやっていますからねー。

本当に生活用口座しか持っていない人は今すぐ↓↓から競馬専用口座を作ってください!

ベストなのは競馬に関連する支出(例:グリーンチャンネル視聴費、競馬新聞購読費、JRA-VAN費)なども、すべて専用口座から引き落とせばよいのです。そうすれば競馬での粗利益に加えて、経常利益も算出できます。そうすればあなたの副収入として立派な口座ができあがります。

私の場合は「口座残高が20万円を超えたら端数分を普通口座へ移動してよい」とルールを作っています。

さすがに、100万馬券を当ててそれを全て専用口座の資金として置いておくなんていうのは、競馬で儲ける意味がないですよね。ある程度の金額はプールしておいて、それ以上は好きに使用していいという風なルールを作るのが大事です。私の場合は「20万円あればそれがなくなるまでに20万馬券なら当てられる」という最低限の自信があるので、その金額を20万円に設定しています。

このサイトを読んでいるなら、まず、専用口座を開設して、新年は絶対に回収率100%以上を目指してください。

 

2 収支会計をつける & 競馬を会計視点で考える

競馬の収支をつけている人はどのくらいいるだろうか?

負けていれば今日いくら負けたかは見ない、勝ったらだいたいこのくらい勝ったから、まぁぱーっと行こうぜ、なんてやってたらいつまでたっても素人のまま終わる。

(競馬で勝った時に奢ることに関しては一切否定しない。私も競馬プロ級の友人たちに、大きく当てた時に奢られているし、その見返りに自分が勝った時には奢ったりもする。大事なのはいくら勝ったということを把握して奢ることだ)

まずは競馬収支をつけてください

PAT限定でやっている人はA-PATで収支が見れるからそれでいいでしょう。これだけでだいぶ違います。

その上で会計視点で競馬、馬券を考えるのも大事だと私は思います。

会計視点で馬券を考えるとはどういう事か?例えば下のような馬券戦略を見てください。

 

<会計視点での馬券とは・・・?>

◎を単勝30倍の穴馬につけるとしましょう。考察を重ね自信絶大、ここは大きく勝負したい。そのような場合に会計視点で馬券を組み立てると下記のようになる。

【短期会計】

複勝◎

ワイド◎→○▲

その日の会計収支をプラスにするための抑え馬券。

その日に3,4回これを当てればプラスで乗り切れるように設定すると良い。

 

【中期会計】

単勝◎

馬連◎→○▲

3連複◎○→▲△△

その週の会計収支をプラスにするための本線馬券。

これを1度当てればとりあえずその週はプラスで乗り切れるように設定すると良い。

 

【長期会計】

三連単◎→○▲△△

半年スパンの会計収支をプラスにするためのボーナス馬券。

これを1度当てればとりあえず半年はプラスで乗り切れるように設定すると良い。
上記例でおわかりいただけただろうか。基本概念①で私は、競馬とは予想が的中したら確実に馬券も的中しなければいけないと記載した。
私は基本的に中期会計を頭に置きながら、数発当たれば1日はプラスになる短期会計視点でおさえを買い、自信がある時は半年スパンでプラスになるボーナスを買うようにしている。

その場の勝ち負けだけでなく、会計視点で考えられるか、られないかは素人と玄人を分けるかなり大きなファクターだと思っております。

 

3 少点数で高配当を狙うことこそ競馬の極意

私は常々、

三連単を一点で当てることこそ競馬をやっている人が目指すべき道

だと思っております。

だって、そうでしょう。

競馬の予想と言うのは、そのレースにおける馬の強さや適性を考慮して着順を決める作業です。それならば最強のプロは三連単を1点でおさえられる人になるはずです。競馬を趣味以上にしたい人なら、まずそこを目指すべきというのはわかりますよね。

私はまだまだそのレベルには程遠いですが、本当に予想が的中したという快感と、高配当を得られるのは、

三連複1点的中

これを当てたときです。

例えば2013年だと、

帝王賞の◎ニホンピロアワーズ ○ホッコータルマエ ▲ワンダーアキュート

JBCクラシックの◎ホッコータルマエ ○ソリタリーキング ▲ワンダーアキュート

もっと高額な万馬券はいくらでも当てていますが、一番、予想力として誇れるのは三連複1点的中と考えております。

 

そうした予想の良し悪しを私なりにまとめますと、

×多点数で少額配当狙い

△少点数で少額配当狙い

○多点数で高額配当狙い

◎少点数で高額配当狙い

の順で良い狙いだと思います。

 

×多点数で少額配当狙い

まず、×の狙いをしている人は明日からやめてください。

人気馬を絡めた多点数BOX、人気馬から多点数への流し、人気馬から多点数へのマルチ馬券

こういう人たちのおかげで回収率100%以上の人は収入を得ています。

抑えでもおんな馬券買ってはいけません。予想を放棄して、お金をどぶに捨てているだけです。

 

△少点数で少額配当狙い

これはあながち間違ってはいません。競馬を始めたばかりの人にはこの買い方をおすすめします。競馬を「当てる」ことの楽しさを知ってもらうにはまずこれがいいかなと。

複勝100円 ワイドBOX3点など

こういう馬券は先ほどの短期会計視点で抑えにも使えるので悪くありません。ただ、年間プラス収支にするにはあまりにもパンチ力が弱く、これを主力としてプラスにもっていくためには神クラスの予想力が必要になります。

 

○多点数で高額配当狙い

先ほどは多点数買いを完全否定しましたが、それは本命からはいっている件に限りです。本命を大穴に設定した場合ならば、多点数買いに関しては否定はしません。

本命を単勝40倍に決めたら、そこから5頭相手の三連単1頭軸マルチで6000円。確かに多点数になりますが、それだけハマった時の威力は凄まじく、帯単位での配当も期待できます。これを予想力がない人がやったら確実にマイナスになりますが、予想力がある人がやれば年に数回のドカンでプラスに持っていけるはずです。

 

◎少点数で高額配当狙い

やはり、競馬で稼ごうと思う人が狙うべきはこれ。最終的に行きつくべきはこの買い方を目指すべきだと思います。これを実践するうえでの馬券テクニックは色々とあるのですが、それはまた別の機会で馬券の買い方専門の記事を書こうかと思います。
纏めますと、絶対にやってはいけないのは、

多点数BOX

多点数流し

多点数マルチ

 

特に人気馬から上記を行っている人なんて、WINSや競馬場で見かけたら「かわいそうだなぁ」と思ってください。友達でいたら明日からその買い方をやめさせてください。

特にマルチは穴馬からやるから効果を発揮するのであり、人気馬では絶対にやらないこと人気の馬同士が1着になろうが3着になろうが、そこまで配当は替わりません。ですが、単勝40倍の馬が1着になったときの破壊力は凄まじいものがあります。

マルチというのはそういうのを狙うべき買い方であり、人気馬の順位の入れ替わりを抑える馬券ではありません。

 

馬券の基本概念②はこれくらいにしておきましょう。

①では基本的な競馬の考え方について、②では少し具体的に競馬で収支をあげるためのコツをお教えしました。馬券の具体的なテクニックは別で書くとして、③はレースの性格やどうやって勝負レースを見極めるかなどを記載する予定です。

 
※参考になりましたら下記バナーをクリックして応援いただけると幸いです。


公開日:
最終更新日:2016/12/31

2017年6月24日の厳選予想 (花のみちS)

2017年6月24日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。

宝塚記念2017の予想を公開!

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の予想です。 6月25日に阪

2017年6月24日の厳選予想 (夏至S)

2017年6月24日の中央競馬の平場・特別レースからの厳選予想です。

大沼S2017の予想を公開!

大沼S2017(函館ダート1700m)の予想です。 6月24日に

今週末の馬場とパラダイスSの注目馬

話が長くなりそうなので最初に今週末の注目馬を書いておきます。日曜日のパ

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑