*

1月3週の中央競馬レースプレビュー 〜今週は久々の道悪競馬濃厚!道悪を思い出しましょう〜

公開日: : レースプレビュー

1月3週の中央競馬レースプレビューです。

この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピックス、それぞれの会場の馬場検証などを行っていきます。

レースそのものの予想も重要ですが、その予想をする上において「今週末の競馬はどういうレースになりそうなのか」を見ていくことも非常に重要。毎週木曜日 or 金曜日に週末の中央競馬をプレビューしていきましょう!

 

※2024年からこのコーナーを新しく設けようと思います。今までも自分一人でちまちまとプレビュー資料を作成していましたが、その自分のモチベーションを上げるため+どうせなら皆様にも情報を提供できたら良いかなと。木曜午後 or 金曜午前くらいにブログに配信できればと思います。

 

[PR] 無料情報「ワイド」的中劇場

G1三連複勝ってきた無料情報ですが…

実はワイドもよく勝ってきています!

━━━━━━━━━━━━━━

無料情報:ワイド

・五条坂特別

→14,800円/296%

・琵琶湖特別

→7,000円/140%

・カウントダウンS

→13,800円/276%

━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━

無料情報:ワイド

・ジングルベル賞

→20,500円/410%

・万両賞

→10,800円/216%

・北総ステークス

→9,000円/180%

━━━━━━━━━━━━━━

今週の無料情報は…

アメリカJCC:公開

昨年秋もG1戦線勝ってきた無料情報に今年も期待です!

→アメリカJCC:無料情報

↑からメルマガ登録(無料)して、レース前夜買い目を見てください。

 

1月3週の中央競馬プレビュー

1月3週の中央競馬トピックス

今週はひっさびさに3場ともに道悪馬場になりそう

今週末は小倉、京都、中山ともに週末に雨予報が出ているので久々に道悪馬場での競馬になりそう。冬の中山芝がこんな高速馬場で続いていることからもわかるように、最近は本当に週末に雨が降っていませんでしたよね。最近いつ道悪馬場の競馬だったか記憶にないのですが、おそらく11月の福島開催以来の道悪馬場になるんじゃないでしょうか。きちんと道悪仕様の頭に切り替えて予想をしたいところです。

最近の中央競馬で圧倒的な存在となっているルメール、川田、ノーザンファームの3者ですが、この中で道悪馬場でも成績を落とさないのが川田騎手。川田騎手は馬場読みが非常に上手いですし、前々でタイトに競馬をすることが多いので末脚が削がれるような馬場でもあんまり関係ないんでしょうね。

一方でルメール騎手やノーザンファームの馬は重馬場以上になると明らかにパフォーマンスを落とします。ノーザンファーム生産馬は綺麗な馬場でスピードを活かしてこそ良さが出る馬が多いですし、そんなノーザンファーム生産馬にたくさん乗るルメール騎手もその成績に付随する感じ。2023年はルメール騎手は芝の重不良馬場で1勝しか挙げていないので、今週末もし芝が重以上になるならルメール騎手の単馬券は買わないほうがいいかもしれません。

 

短期免許外国人の予測はほぼ読み通り

先週、先々週と短期免許外国人の活躍予測と傾向を書きましたが、ほぼ書いた通りの内容になっているんじゃないでしょうか。

◎キング=当初から最高評価、芝ではベタ買いでいい

◯ルメートル=先行意識が強いので前付けする日本の中堅ジョッキーぐらいのイメージ

△ピーヒュレク&キングスコート=技術は問題なさそうだが、まだ日本競馬に順応できていない。徐々に上げていくイメージ。

×モリス=全くジャパンナイズドできていないので騎手の名前を見て消していい

 

いやぁ、とにかくキング騎手は凄いですね。もう芝のレースは戦略性があって全て考えて乗っているので見ていて惚れ惚れします。

気薄の馬しか乗っていないので、なかなか勝ち切るまでは行きませんが、トータルの複勝率で44%で芝のレースに絞れば61%ですからね・・・恐るべしです。

とにかく前に行ってくれる騎手なので、おそらく道悪馬場との相性も良いはず。今週も同じくらい活躍しそうなので、キング騎手というだけで人気するようになる前に狙い続けるのはアリじゃないでしょうか。

 

小倉競馬場のチェックポイント

小倉競馬場の芝コース (馬場レベル=D[やや重い]想定)

先週が開幕週でしたが芝は馬場レベルB(やや高速)想定。開幕週からやたらに差しが決まる馬場でしたね。路盤が柔らかそうな印象を受けました。土曜日はほぼ全てのレースで強風の影響を受けていたので、土曜と日曜のレースは分けて考えたいです。

さて、今週は木曜日から日曜日まで雨が降りそうで、先週とはまた違う馬場になりそう。

降ったり止んだりのような予報が木金土日と続いており、どれくらい馬場が渋るかは神のみぞ知る・・・という感じで。なかなかどういう馬場になるか、どこが伸びる馬場になるか難しそうですね。よほど自信がなければ天気予報が見えてくるまでは小倉芝は大勝負などは避けたほうが良さそうです。

先週の開幕週を見ても鮫島克駿騎手の存在感が圧倒的。もうローカルにいてはいけないレベルの騎手ですし、ほぼパーフェクトな戦績となっていました。愛知杯でのコスタボニータの騎乗を見ても、展開を読んで戦略的な騎乗をしていますし、どりゃーーーと勢いで乗る若手騎手が多い中で活躍するのも当然です。

また、まだあんまり結果には結びついていないのですが、<最強競馬ブログランキングで公開中>騎手は信頼して良さそう。どのレースを見ても外枠からしっかりインに入れて道中のロスをなくす騎乗を徹底していますし、どりゃーーーと勢いで外を捲る若手騎手が多い中でワンテンポ遅れて追い出しができるのでいかにもローカル向きです。

 

小倉競馬場のダートコース (馬場レベル=A[高速]想定)

先週の小倉ダートは含水率も低くてタフな馬場。土曜日は強風の影響も受けてかなり時計がかかる馬場になっていました。

今週は前述のように雨の影響を受けそうなのでまるで違う馬場になりそう。どれくらい雨が降るか次第ですが、脚抜きの良いスピード馬場になるんじゃないでしょうか。ベタに前有利な馬場になりそうです。

 

京都競馬場のチェックポイント

京都競馬場の芝コース (馬場レベル=土曜日はE[重い] 日曜日はF[かなり重い]想定)

京都芝は路盤が緩くて1回開催の開幕週から時計のかかるタフ馬場。雨の影響を全く受けていないのに土の塊がボンボン飛んでいるような馬場ですし、ここに雨が降ったらどうなるか・・・。

京都競馬場周辺は木曜にかなりの雨が降った模様で、そこから土曜日の午後に雨、日曜日の午前に雨という天気予報。ずーーっと降り続けるわけではないので雨量予測は難しいですね(汗)

京都競馬場がリニューアルしてからモロに雨の影響を受けたのは5月7日の開催ぐらい。あの時は大雨で馬場レベルFまで悪化しましたが、今回はあの時とは路盤の状態がまるで違いますし、少しの雨で超タフな道悪馬場になると思います。

今週でBコースに変わりますが、もうどこを通っても馬場が荒れているのは一緒。そこに雨が降るとなるとロスなく立ち回れる道悪巧者の馬が有利になるのは間違い無いでしょう。

どこが伸びるのかかなり難しいトラックバイアスになりそうですが、京都競馬場でバイアスを把握するために注目したいのは川田騎手と浜中騎手。川田騎手は内の馬場が荒れ始めると極端に外目のコース取りをするようになりますし、川田騎手が直線で外に持ち出し始めた=外が伸びる馬場になってきたと考えていいはずです。

浜中騎手もこういう雨の馬場の時はしっかり考えてコース取りを選んでくるので、浜中騎手が通った部分はトラックバイアス的に良い部分と考えていいかも。

 

京都競馬場のダートコース (馬場レベル=B[やや高速] or A[高速]想定)

東海ステークスのところでも書きましたが、京都ダートはリニューアル以降、雨が降っても高速馬場になるのかタフな馬場になるのかが非常に難解。

試しに2023年の京都ダートの重以上のレースを振り返ってみますが、、、

こうして見ても重馬場でも馬場レベルD(A→B→C→D→E→Fの順で徐々に時計がかかる馬場)になっている週も多いですし、リニューアル後の京都ダートは本当に意味のわからない路盤状態。大体、含水率が14%を超えている時は高速馬場になるというのは一つの目安かと思われます。木曜日の雨でどれくらい水を含んでいるかがポイントになりそうなので、金曜日の正午発表の含水率はしっかりチェックしたいです。

今週は雨量的に含水率14%を超えると思うのですが、凍結防止剤を撒くのか撒かないのかは重要なポイントになりそうですね。最近のJRAの傾向からいうと、よほどの低気温にならない限りは凍結防止剤は撒かないと思うので、単なる重不良馬場となればスピードが出る高速馬場になると読みます。

 

中山競馬場の芝コース (馬場レベル=土曜日はA[高速] 日曜日はC[標準]想定)

全く雨の影響ないために年明けのCコースになっても中山芝は高速馬場。先週は若干イン先行有利馬場にもなっていましたし、なかなかこの冬時期の中山芝でこれだけ高速設定の馬場も記憶にありません。

今週は雨が降りそうなのですが、他の2場に比べると雨の降り出しが遅そうな感じ。

現時点でのピンポイント天気予報では土曜日の競馬開催中は晴れそうですし、土曜日は良馬場の競馬になりそう。土曜日の夕方ごろから日曜までずっと雨が降りそうで、日曜だけ重馬場ぐらいでの開催になるんじゃないでしょうか。

と言っても、京都芝や小倉芝に比べるとだいぶ路盤の状態は良さそうなので、極端に時計がかかる道悪馬場になるかはちょっとわかりませんね(汗)もう少し雨量がはっきりしてから馬場を見極めたいです。

 

中山競馬場のダートコース (馬場レベル<1200m=土曜はB[やや高速] 日曜はS[超高速]><1800m=土曜はC[標準] 日曜はA[高速]>想定)

先々週は冬時期らしい超タフ馬場になったのですが、先週は良馬場発表の土曜日でもかなり時計レベルが回復。そこまで雨も降らなかったので一気の時計レベルの回復はちょっと驚きました。

土曜日は先週と同じくらいのレベルの馬場を想定。土曜日の夕方ごろからしっかり雨が降りそうなので、日曜日はベタな高速馬場になるんじゃないでしょうか。

 

さて、そんなわけで今週の中央競馬レースプレビューはこのあたりでおしまい。

それぞれの競馬場のもっと深い狙い目だったり、実際のレース予想をご覧になりたい方は、当ブログが発行しておりますメルマガをこの機会に読んでみてください。

当メルマガの予想は点数少なく、少額でも大きく配当を増やせるような予想を提供しております。あんまり投資金額が多いとそもそも賭けられなかったりリスクが大きかったりしますもんね。

 

さて、新年にもなりましたし、、、

毎年恒例のメルマガお年玉企画を実施したいと思います!

創刊9年で数多くの皆様にお読み頂いているメルマガ。メルマガ発行を依頼しているレジまぐの方でも屈指の人気メルマガとなっております。

そんなメルマガですが、この1月に読み始めるのが最もお得な期間になっております。毎年、この期間はお年玉企画として特典満載となっております。

今年のお年玉企画はコチラ・・・

 

[1]「ざっくりイメージ騎手ファイル2024」をプレゼント

昨年作成しました「ざっくりイメージ騎手ファイル」の最新バージョンを作成しました。凄まじいボリュームになったのでお正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

   

JRAのほぼ全ての騎手はもちろん短期免許で来日している外人騎手まで全て網羅しました。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

 

[2]「ざっくりイメージ種牡馬ファイル2024」をプレゼント

昨年作成しました「ざっくりイメージ種牡馬ファイル」の最新バージョンを作成しました。凄まじいボリュームになったのでお正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

 

[3] 馬券の買い方マニュアル2024をプレゼント

以前作成しました「馬券の買い方マニュアル」の最新バージョンを作成しました。お正月のお暇な時にでもお読みください。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

 

 

[4] 1月開催分(中山・京都・小倉・東京)コースガイドをプレゼント

これまでに何回か競馬場ガイドを作成配布しましたが、この度2024年バージョンにコースガイドもリニューアルしました。ひとまず1月開催の競馬場の分をお年玉特典で配信します。こちらは1/31までのダウンロード期限となっております。

 

[5] 2023年JRA全場分の全レース分析Excelデータをプレゼント

メルマガで配信しました2023年分のJRAの全会場分のレース分析データEXCELをまとめてプレゼントいたします。

これから年始の予想をする上でまだまだ2023年のレース分析データは必要になると思います。それらを全会場分まとめてお年玉企画としてプレゼントいたします。こちらは1/31までの期間限定ダウンロードとなります。

と言ってもメルマガを読まれていない方は「全レース分析データ」とは何かわからないと思いますので、サンプル版として2018年の函館競馬場の全レース分析データだけお試しダウンロードできるようにしておきます。

函館コース全レース分析データ(2018年)

 

もうお年玉特典だけで2ヶ月分の購読料に値するぐらいのものを用意しました。例年以上にボリューム満点で盛り沢山なお年玉企画となっておりますので、ぜひともこの期間にメルマガ購読をご検討してみてください!!

こちらのお年玉特典は1月2日(火)の18時に配信しますメルマガにて入手方法などご案内しますので、そちらをご参照ください。

 

「毎週大きな馬券が当たる!」なんていう誇大広告をあげているところのような派手な結果は期待できませんが、そこそこ毎週当たって2、3週に1回ぐらいドッカーンと大きい万馬券がハマるような感覚で競馬を楽しみたいなら、当ブログが発行しているメルマガ「競馬をビジネスにする」がオススメです。

もう発行して8年になりますが、いまだに発行当時からの読者もいるぐらい購読期間が長い方が多いのがウチのメルマガの特徴。一般的に競馬メルマガやオンラインサロンは誇大広告で煽って一時的にお客を集めるところが多いですが、ウチはそういうところではありません。長く読み続けたい方は長く読んでもらって、少しだけかじってノウハウを身につけたら購読をやめるなんて人も全然OK。

こういうメルマガやオンラインサロンの類の中では珍しく(?)地道に真面目にコツコツと運営していますので、あまり気張らずにお試し読みをしていただければと思います。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」のご紹介

さて、2024年になりました。

ここでは徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」の新規読者募集をさせていただきます。

 

今までサイト「競馬はビジネスである」を通して、私自身、競馬ブログサイトの中でも最上級に時間をかけた分析の上、説得力のある予想をお伝えしてまいりました。外れても納得できるだけの自慢の予想をお送りできていたかと思います。

その予想・考察に結び付くまでにどのようなデータを作成しているのか?どのようなプロセスを踏んでいるのか?そういったところまでをメルマガ「競馬をビジネスにする」では全て隠すことなくお伝えいたします。

正直な話、私は尋常ではない時間をかけて競馬のデータと考察を行っています。それを必要とされる方がいるのであれば還元できれば。そして勝ち組になっていただければ、というのがこのメルマガの趣旨でございます。

 

恐らくですが、、、

毎週、JRAの全レースの分析、回顧をコメント付きで配信しているのは当メルマガくらいだと思います

週末に私が配信する予想で的中頂くのももちろん結構なのですが、それより何より毎週配信しております分析、回顧、そして競馬予想における考え方などをお読みいただき、「自分自身で分析、予想して的中できる」能力を身につけていただくことを目指しております。

ただ丸乗りでいいや、という方は合わないのでご遠慮頂いた方が良いと思います。そうではなく「もっと競馬を知って当てたい!」「もっと競馬を楽しみたい!」という能動的思考の方にお読みいただきたいと思っております。

 

当メルマガはクオリティでどの雑誌やメルマガにも劣っていないと思っております

正直、過大広告や一度の的中を誇張するメルマガなどが多く蔓延っているのが実情。その中で当メルマガは「クオリティだけに特化して」配信しています。もしかすると2、3週連続で不調で当たらないかもしれません。ですが、その間に配信している内容にクオリティの低いものは一切ないと断言できます。

 

おかげさまで発行4年になる当メルマガですが、メルマガ発行業界大手のレジまぐ様の売上ランキングで1位になるまでになりました。

購読者数ランキングに関してもPC版とモバイル版の2つに分かれていながら、どちらも2位と3位という圧倒的な支持を頂いています。

この順位までこれたのも「圧倒的に継続読者数が多い」ということが理由です。小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持しているおかげと思っております。

もちろんこれだけでは満足せず、、、

圧倒的なクオリティ業界一を目指します!!!

 

さて、ここでメルマガの各曜日ごとの配信詳細を紹介しましょう。

 

【月曜日】先週の重賞回顧

月曜日に先週の重賞回顧を配信します。前週に行われた重賞レース出走馬全ての馬に回顧コメントをつけて配信しております。次走注目馬などもご紹介。

 

【水曜日】中央競馬の全レース回顧

水曜日には前週に行われた中央競馬の全レース分の回顧文&データを配布します。

 

各競馬場ごとに前週に行われた全てのレースの詳細と勝ち馬の評価、そしてそのレースで不利を受けた馬や次走注目するべき馬、危険な人気馬などを全て網羅して配信しております。

そんな、文章でのボリューム満載なレース回顧に加えて、、、

スクリーンショット 2015-12-31 15.45.42

スクリーンショット 2015-12-31 15.46.00

エクセルファイルにて競馬場ごとに新馬戦から上級戦まで、全てのレースの結果情報、レース回顧コメント、先週の結果分析のタイムランク情報などを載せたデータファイルを毎週配信しています!

正直言って回顧をやっているブログ、メルマガはあれど、中央競馬の全レースの回顧をまとめて配信している媒体はウチだけだと思います。

これを見れば縦比較で走破時計やレースラップがどれくらい優秀なのか把握できますし、予想の際にこれを見ればどの馬が強いレースを戦ってきたのかが一目瞭然です。

ただ、この文章だけではなかなかどういうものか伝わりにくいと思うので、2016年の函館競馬場の全レース分析データを下記リンクで無料でダウンロードできるようにしておきました。こちらを見てどんなものか確認頂ければ幸いです。

 

【金曜日】重賞プレ予想
金曜日は重賞のプレ予想を配信いたします。ここで「競馬開催日の競馬ノート」の週末のパスワードを配布いたします。ここから週末のレース予想が始まっていきます!

 

【土曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【日曜日】重賞買い目&平場の狙い目

土日は重賞の買い目と平場の狙い目を掲載します。また、リアルタイムで予想が見れる「競馬開催日の競馬ノート」というページをメルマガ読者様限定で公開しております。

 

【不定期】地方競馬の重賞予想

地方交流重賞並びに南関競馬の重賞をメルマガ限定コンテンツとして配信しております。

※以前は地方交流GI並びに南関のSIレースに関してはブログで全体公開としていましたが、今後はメルマガ限定のコンテンツとなります。

 

【不定期】海外競馬のレース予想の配信

最近では海外競馬の馬券もPATで購入できるようになりました。海外競馬のレース予想に関してもメルマガにて配信します。こちらは実施が不定期なので配信日はその時々になりますが、メルマガをご購読いただければ海外競馬まであなたの競馬ライフをカバーいたします。

 

これだけのボリュームあるコンテンツを毎日更新予定!!

サイト記事だけではわからない予想する際に使うデータベースや、結論を導くまでのメソッドをメルマガを通して余すことなくお伝えできればと思っております。

今までなんとなく馬券を買ってきたという方は、ぜひ本当の競馬力を身につけていただくためにも読んでいただければ幸いです。競馬予想の真髄をお見せいたします。

ご購読は以下のリンクよりお進みください。

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版> 

 

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>

関連記事

1月2週の中央競馬レースプレビュー 〜今週から木曜日にレースプレビューを始めます〜

1月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

1月4週の中央競馬レースプレビュー 〜冬の東京開催は穴を狙いすぎない〜

1月4週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

2月1週の中央競馬レースプレビュー 〜「能力を読む必要」ある東京、「馬場と戦法を読む必要」ある京都、小倉〜

2月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

2月4週の中央競馬レースプレビュー 〜リーディング上位騎手が全員不在で道悪馬場濃厚!もう今週末は波乱しかない??〜

2月4週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

2月3週の中央競馬レースプレビュー 〜いよいよ2024年最初のG1レースがやってきます〜

2月3週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

2月2週の中央競馬レースプレビュー 〜そろそろ解散厩舎ヤリも考えておいた方がいいかも〜

2月2週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われる中央競馬に向けて重要なトピッ

記事を読む

弥生賞ディープインパクト記念2024の予想を公開!

弥生賞ディープインパクト記念2024(中山芝2000m)のレース予想で

オーシャンステークス2024の予想を公開!

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース予想です。

チューリップ賞2024の予想を公開!

チューリップ賞2024(阪神芝1600m)のレース予想です。 3

3月1週の中央競馬レースプレビュー 〜引退調教師と新人騎手、別れと出会いが一挙に到来〜

3月1週の中央競馬レースプレビューです。 この記事は週末に行われ

【オーシャンステークス2024の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

オーシャンステークス2024(中山芝1200m)のレース考察です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

  • Amazonでの購入ページはコチラから

PAGE TOP ↑