*

秋華賞 [4] 枠順とペースからレースを考察する

公開日: : GIレース考察・予想

私の秋の京都のGIレースのモットーとして、

「枠順が出るまでは無闇に本命馬を決めたり予想をしない」

というのがあります。

もう秋の京都のGIは枠順で全てが決まる感じがあります。内枠が圧倒的有利なのは当然ですから、そこで駆け引きも変わりますし、人気馬の枠順次第で展開も変わります。というわけで、木曜午後に登録馬が発表されてもなるべく予想をしないように心がけています。

昨日も予想したい気持ちを抑えて、ひたすら夜にハイボールと一刻者の水割りを飲み続けて我慢。おかげで昨晩はほぼ出馬表を見ずに、朝もけろっと起きてランニングも完了。ベストコンディションで枠順発表を迎える事ができました。

さぁ、秋華賞の予想を始めましょう!!

今年もサクッと当てたいですねー。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」

arg1  全レースデータ

サイトだけでは伝えきれない筆者の競馬予想のメソッドを皆さんへお届け。競馬予想の真髄をあなたへ伝授いたします。詳細はコチラから。  

↓↓↓ココからが本題↓↓↓  

枠順とペースからレースを考察する

さて、第20回秋華賞の枠順が発表されました。

スクリーンショット 2015-10-16 10.22.36

1番人気のミッキークイーンが大外枠ということで、競馬ファンを悩ませそうな枠順になりましたねー!

違う表でも枠順を見てみましょう。

スクリーンショット 2015-10-16 10.43.39

本日配信の重賞まとめデータからの抜粋となります。

金曜日になると週末のレースも近づいてきて、そろそろデータを纏めたくなる頃でしょう。読者の皆様方の予想整理のために分析まとめデータをお届けいたします。

印刷も可能なA4用紙1枚サイズに出走全頭の血統、適性、脚質、状態などの評価を記載。レースの特注血統や予想ペースなどのデータも完備しており、これさえあれば週末の重賞予想は完璧!なデータとなっております。

スクリーンショット 2015-10-16 10.44.01

裏面は出走馬全頭の見解にレース後には全頭回顧を追記して再配布。今までなんとなく予想をしてきた方に、印をつけるまでのメソッドを大公開しちゃいます!

私の考察、予想の真髄を1ページにまとめた力作を毎週、重賞レースすべてにお送りします。

本日18:00に秋華賞、府中牝馬Sのまとめデータを配信予定!

ご興味ある方はメルマガにご登録ください。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」への登録はコチラから

ちなみにお問い合わせ多かったので、10/17(土)は全レース予想もメルマガで配信予定です!お楽しみに。

 

さて、予想に戻ります。

どの馬が良い枠順を引いたのか、はひとまず置いておいて、過去のレースの決着をもう一度振り返ってみます。思い出すために今朝15年分を見直しました。

 

【2001年】ティコティコタック (先行押し切り+イン立ち回り2頭)

【2002年】テイエムオーシャン (イン立ち回り2頭+外差し)

【2003年】スティルインラブ (先行押し切り+外差し2頭)

【2004年】スイープトウショウ (外差し2頭+イン立ち回り)

【2005年】エアメサイア (イン立ち回り2頭+外差し)

【2006年】カワカミプリンセス (先行押し切り+イン立ち回り+外差し)

【2007年】ダイワスカーレット (先行押し切り+外差し2頭)

【2008年】ブラックエンブレム (先行押し切り+イン立ち回り+外差し)

【2009年】レッドディザイア (イン立ち回り3頭)

【2010年】アパパネ (イン立ち回り+外差し2頭)

【2011年】アヴェンチュラ (イン立ち回り3頭)

【2012年】ジェンティルドンナ (先行押し切り+外差し2頭)

【2013年】メイショウマンボ (外差し3頭)

【2014年】ショウナンパンドラ (イン立ち回り1頭+外差し2頭)

 

秋華賞はもともと差し馬が強い、と言われるようにレースを見返しても2000年代前半は勝ち馬の決め手は外差しの馬が多かった印象。

それが2008年頃からインの立ち回り勝負が多くなってきているんですよねー。色々とJRAが馬場を見直し始めた時期と重なってきている気もします。

その象徴がブラックエンブレムのインベタ立ち回り勝ちだった感じも。あの勝利は岩田騎手から中央競馬に対しての「単純に外をぶん回すだけじゃダメだよ」というメッセージのようにも感じました。

それ以降は基本的には立ち回り勝負が多い秋華賞ですが、別に外差しが決まっていないというわけではなく、ペース次第では普通に差しが決まります。2013年なんて大外ぶん回した3頭で決まっていますしね。

 

恐らく現代競馬は玄人ファンが多くなってきているので、とにかく「イン立ち回りタイプ」の馬が過剰に売れるはず。しかも昨年にショウナンパンドラが完璧なイン突きをしたわけで、そのイメージはファンの中にも強いはずなんですよね。

そういう事もあってタッチングスピーチのような外差し馬は売れず、人気馬でいうとトーセンビクトリー、穴馬でいうとマキシマムドパリのような立ち回りが上手いタイプが過剰に売れるはず。

まぁ基本的には「現在の京都コースは内枠有利の立ち回り勝負」という考え方で良いと思うんですが、競馬ファンの7割くらいがその方向に向いている現状。それ以外のパターンもきちんと考えなければいけません。

 

ペースを考えてみると、例年早いペースになりがちの傾向に加えて、今年は例年以上に先行タイプが揃った印象。

シングウィズジョイ、ノットフォーマルと前へ行かないと勝負にならない逃げそうな馬に加えて、アースライズ、アスカビレン、クイーンズリング、ディアマイダーリン、ホワイトエレガンス、マキシマムドパリ、と立ち回りで勝負したい馬がかなりいると思うんです。

 

そこに加えて、今年はレッツゴードンキという馬の存在があります。

この馬は恐らくですが岩田騎手は2、3番手のインから十八番の抜け出し競馬をしたいはずですが、今のこの馬では折り合いがつかないはず。

京都芝2000mは1コーナーまでの距離が短いですから、ある程度押していかないと位置は取れないでしょう。そうなるとレッツゴードンキを2000m折り合って走らせるのはほぼ不可能だと思うわけです。

そうなるとノットフォーマルあたりと競り合ってかなり早いペースで行く可能性はありそう。折り合わなかったら岩田騎手も行かせてしまうでしょうから、その可能性は十分にありそうです。

そうなった場合にレッツゴードンキの能力は他の馬も認めているでしょうし、当日も2、3番手に推されるでしょうから、後ろもそう放ってはおかずについていくはず。こんな感じで結構早いペースで推移する可能性も結構ありそうなんですよねー。

 

毎日王冠や京都大賞典の際に、「現代競馬の8割はスローペースだから迷ったらスローと判断するほうが賢明」という風に述べました。

これは正しいと思いますが、その分、私が本命を打ったディサイファもサウンズオブアースは皆が買っていた馬でもあり、妙味自体はそこまでなかった。どちらも4番人気と2番人気でしたしね。

逆にスプリンターズステークスは誰しもがハイペースを想定していたからこそ、時計面で不安のあったサクラゴスペルは妙味が生まれた。

大衆が想定しているペースと真逆になる事で、オッズ妙味が生まれることが現代競馬では度々あります

今回の秋華賞はどこも内枠の立ち回り勝負を推してくるでしょうし、京都のセオリーで行けばそれが正しいでしょう。ただし、レースは生き物。今年のペースを考えるとそう簡単にはいかないと思います。

だからこそ、

大衆のほとんどがショウナンパンドラの二番煎じを狙う裏をかく

というのが秋華賞で狙うべき買い方のようにも感じます。

このあたりはオッズが出てきてからの判断になりますね。内枠の立ち回りタイプが過剰に売れないのであれば、そこから入るかもしれませんし、そこに藤原竜也勢が集中するのであれば上記のように二番煎じの裏をかくかもしれません。

 

何度も言うように「レースは生き物」です。

昨年、ショウナンパンドラのイン突きが決まったからといって今年もそうなる保証なんてゼロです。今年のメンバーやペースを全て判断した上で、一番妙味ある馬を狙うことを心がけることをオススメします。

 

というわけで、枠順を見た上で一番恵まれたなぁと思う馬はこの馬。

その馬の名はブログランキング(E)で公開中

これで好走確率が一番高い馬はこの馬になった気がします。ただ、それがイコールで本命を打つ馬とは限りません。全ては馬券妙味次第!!

 

またか・・(><)

毎週ご紹介しているサイトが先週に引き続き3連単20~30点で
クリーンヒットを出していました。。

先週実際配信された買い目は・・


10月11日(日)東京11R 毎日王冠(G2) 

結果は・・
1着:エイシンヒカリ(1番人気)
2着:ディサイファ(4番人気)
3着:イスラボニータ(7番人気)

馬単(6点) 32.1倍的中
3連複(15点) 67.2倍的中
3連単(30点) 282倍的中

有力馬が多く混戦でしたが、見事にエイシンヒカリを本命にして
3連単30点で280倍的中・・

さらにその日の東京12レースで実際配信された買い目は・・


10月11日(日)東京12R 3歳以上1000万円以下

結果は・・
1着:サノイチ(2番人気)
2着:プリサイスエース(1番人気)
3着:イクラトロ(8番人気)

馬単(5点) 21.3倍的中
3連複(10点) 64.6倍的中
3連単(30点) 334.1倍的中

中央競馬では未勝利戦しか勝利した事のないイクラトロの能力をしっかり
読み切って3連単30点で3万馬券的中。


秋華賞、府中牝馬ステークスを含む今週の予想は
こちらからご覧ください(メールア
ドレスのみ(無料)で見れます)。


※入会金・年会費永久無料です。新規登録の方に限り秋華賞の馬連3点が

当日の朝8時に無料で配信されます。


さらに無料コンテンツも充実していて必見です!

【無料コンテンツはこの5つです】

・新規登録の方に限り秋華賞の馬連3点を無料プレゼント
(すごくレベルの高い買い目と理由が配信されます)

今週の注目レースと注目馬(よく当たります)

的中実績レース回顧(鋭い視点か
らのレース回顧です)

無料軸馬情報+買い目(鉄板の軸馬とその軸馬を含めた買い目です)

無料穴馬情報+買い目(とっておきの穴馬とその穴馬を含めた買い目です)


秋華賞、府中牝馬ステークスを含む今週の予想は
こちらからご覧ください(メールアドレスのみ(無料)で見れます)。

※入会金・年会費永久無料です。新規登録の方に限り秋華賞の馬連3点が
当日の朝8時に無料で配信されます

 

関連記事

天皇賞(秋) [8] 全頭診断その2 フェノーメノその他

サトノノブレス 父ディープインパクト 母父トニービン 総合評価 C 血統的には特注血統

記事を読む

皐月賞は波乱の結果!これは私が見た中で史上最強の世代かも

さて、皐月賞に行ってまいりました。金土と予想したり色々していて睡眠時間が2時間くらいだったので、昨日

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】キタサンブラック、サトノクラウンなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part1です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

【宝塚記念2017全頭診断】シャケトラ、シュヴァルグランなど

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の全頭診断part2です。 6月25日に阪神競馬場で開催さ

記事を読む

高松宮記念 [1] 外枠有利の概念を変えざるを得ない馬場

先週末は「中山馬場が全くわからない」状態だったので勝負薄で臨んだフラワーCとスプリングSに対して、フ

記事を読む

天皇賞(春) [6] 有力馬の状態診断

土曜競馬は東京は全レース参戦。京都はちょくちょく、新潟はたまーに買ってましたが、東京の馬場が完璧に読

記事を読む

【朝日杯フューチュリティステークス2018の予想ヒント】ローテーションや馬場、展開などを分析考察します

朝日杯フューチュリティステークス2018(阪神芝1600m)の考察です。 12月16日に阪神競

記事を読む

【桜花賞2018の予想ヒント】枠順から見るレース見解

桜花賞2018(阪神芝1600m)の考察です。 4月8日に阪神競馬場で開催され発走時刻は15:

記事を読む

マイルチャンピオンシップ2018の予想を公開!

マイルチャンピオンシップ2018(京都芝1600m)の予想です。 11月18日に京都競馬場で開

記事を読む

【宝塚記念2017の予想ヒント】枠順や展開、馬場などを分析考察します

宝塚記念2017(阪神芝2200m)の考察です。 6月25日に阪神競馬場で開催され発走時刻は1

記事を読む

【天皇賞(春)2019の予想ヒント】過去データやラップ、血統などを分析考察します

天皇賞(春)2019(京都芝3200m)の考察です。 4月28日

4月3週のレース回顧〜GI狭間の週は重賞3戦3勝でいざ天皇賞へ!

さて、週末の競馬の回顧を書こうと思いますが、正直な話、ちゃんとした時間

マイラーズカップ2019の予想を公開!

マイラーズカップ2019(京都芝1600m)の予想です。 4月2

フローラステークス2019の予想を公開!

フローラステークス2019(東京芝2000m)の予想です。 4月

オアシスステークス2019の予想を公開!

オアシスステークス2019(東京ダート1600m)の予想です。

→もっと見る

  • arg1

    競馬予想の真髄をメルマガにて公開!ご興味ある方はコチラから!

PAGE TOP ↑